菅野美穂 ヌード。 菅野美穂…なぜ「ヌーディ」発売で号泣したのか?

菅野美穂のヌード写真はいまでも見応えある芸術的なイキ顔

菅野美穂 ヌード

今から17年前の1997年、菅野美穂といえば純正派アイドルとして活躍していました。 そんな菅野美穂は、20歳の誕生日を迎えた8月20日に突然 ヘアヌード写真集『NUDITYヌーディティー』を発表しました。 アイドルの突然の発表に、世間や各メディアは大混乱に陥りました。 これがいわゆる、菅野ショックと言われる社会を揺るがす大ニュースとなりました。 水着姿にすらならない第一級のアイドル菅野美穂が20歳の誕生日に合わせ、ヘアヌード写真集発売ということで、現在に例えるなら堀北真希や新垣結衣がヘアヌードになるようなものだと思います。 それほどこのNUDITYヌーディティーは衝撃的であり、老若男女問わず菅野美穂ブームとなりました。 ヘアヌード写真の記者会見にて、「菅野さんはなぜ突然、ヘアヌード写真集を発表したのか?」の質問に対して、「女優としての限界を感じていたので、一番やりたくない事をやろうと思った。 」と、菅野美穂自身の説明がありました。 しかし、なぜかこの会見で、涙を流して嗚咽を漏らしており、ヘアヌード写真は自分の意志ではない裏の事情があるのではないかと、マスコミを中心に騒がれていました。 菅野美穂のヘアヌード『NUDITYヌーディティ』は好調に売れていった これだけ騒がれた菅野美穂のヘアヌードですから、今まで菅野美穂のファンでなくともNUDITYヌーディティーは飛ぶように売れていました。 未成年の19歳の菅野美穂はまだ少女の面影が残っており少女写真のように受け取られて、宮沢りえのサンタフェのような売れ方をしていたのを覚えています。 ただ、「ヌードと無縁な普通な日常的ショット」「モノクロページが大半でカラー写真が少ない」「ソフトフォーカスが多くてボケた感じの写真」等々結果的にカラーでヘアヌードがしっかり見れるのは数ページと、期待外れといった意見や、非難する声もありました。 20年近く前のヘアヌード写真とは思えない今でも見応えのある写真集 エロを全面的に出したようなグラビア写真と違って 菅野美穂の日常の姿をそのまま写した、自然な表情です。 写真自体はエロく見せようと思えばエロく、綺麗に見ようと思えば綺麗に見える芸術的な写真集とも言えます。 全身を写したヌード写真は少なく、また菅野さんは体型的にも「痩せ型」で骨が浮き出て見えるものもあるので、エロさではない魅力があります。 身長158cmと小柄ながらB81-W54-H82のスタイルの良さは、綺麗なもののグラマラスとは遠い体型です。 巨乳とかナイスバディというわけではなく、ただ若々しい肉体を綺麗に撮っている作品でもありません。 大半はプライべートフォトの趣きで、自宅と思われるキッチンなどが撮影場所に選ばれていて、菅野美穂自身のヘアヌードをさらけ出すと同時に、女優の生活含めて全てをさらけ出した感じの斬新な写真です。 イキ顔の代名詞となった菅野美穂のイッた感じの顔 ちなみに、イキ顔というのはセックス中にあまりの快感に、気持ちよさが顔に出てしまう女性の顔のことです。 アヘ顔とかイキ顔とか言われます。 この菅野美穂のイキ顔もまた、話題になりました。 多少顔がくずれても、それでもなお美形だった菅野美穂のイキ顔は「イキ顔の代名詞」となりました。 発売された当初はただただアイドルのヌードということで、衝撃に圧倒されていました。 ただ、いまから冷静に見てみると、日常的で何も飾らない素朴な菅野美穂が写っている芸術的な写真集だったと感心しています。 ヘアヌードから連想されるエロやいやらしさよりも、世間のイメージから開放された「飾らない」菅野さんの姿に感動しました。 改めていい写真集だと再認識しました。 ぜひ、中古でお買い求めください。 【番外編】菅野美穂のヌード写真にはいろんなウワサ話がつきまとう 記者会見では、写真集『NUDITY』の発売日前に、無断で掲載ヌード画像を使った一部マスコミに対抗するかのように、「法的措置を取らせていただきます。 」と強気で話し始めた菅野美穂でしたが、友人からの手紙をもらった事を話し始めた時、それまで抑えていた感情が溢れ出る様に、突然泣き出しました。 涙の会見もあって、この写真集発売の裏には何かあるとまことしやかうわさ話がささやかれるようになりました。 数年間にわたってプライベート写真を撮影していたカメラマンの宮澤正明氏との恋人説や、極秘裏の出版で所属事務所の借金問題説、彼女自身の独立説などさまざまな噂が流れました。 でも、いまでも現役で大女優であることを考えると、ただの噂に過ぎなかったんだろうと思います。 番外編:菅野美穂の小学生時代といま 菅野美穂は13歳の時にオーディション経由で芸能界デビューを果たし、気づけばもう芸歴20年オーバーの大女優です。 ヌードになったり、映画の主役を張ったりマルチに活躍しています。 大女優の中でもかなり積極的にバラエティー番組に出演する数少ない女優でもあります。 だからカンちゃんカンちゃんと老若男女問わず人気があるのでしょう。 菅野美穂は夫である俳優・堺雅人さんとの子供 第一子 を2015年に出産した後も、テレビドラマに出演するなど大女優として活躍し続けています。 2000年代には元SMAPの稲垣吾郎との熱愛が報じられていたのを覚えている人も多いでしょう。 8年に渡る交際は、2008年に破局しました。 その原因は子どもが欲しいという菅野美穂と、子どもはいらないという稲垣吾郎との意見の食い違いにあったと言われています。 結婚して、子宝にも恵まれた大女優の今後が楽しみです! 2020-03-27追記: 菅野美穂と堺雅人には2019年頃から離婚説が定期的に囁かれていますが、2020年の年初にはハワイで仲良く旅行しているところが目撃されるなど、噂に過ぎないと思われます。 この菅野美穂、そして堂々第二位のランキングが崩れるかもしれません。 というのも、田中みな実の写真集が、宮沢りえ「Santa Fe」、菅野美穂「NUDITY」に続く歴代写真集発行部数3位になったからです。 トップ10は崩れないと思っていましたが、まさか写真集が売れない時代に食い込んでくるとは驚愕です。 菅野美穂の写真集は、傑作中の傑作ですので、ぜひトップ2をキープしてもらいたいです。 再販は難しいと思うので、祈るばかりです。

次の

菅野美穂…なぜ「ヌーディ」発売で号泣したのか?

菅野美穂 ヌード

本当の自分と役(を通して観られている)自分が、乖離(かいり)しているなって。 高校生だった頃は、学校に行けば素の自分に戻ることができたけど、高校を卒業して戻るところがなくなった19歳の頃はやさぐれていましたね」。 「お芝居も仕事も好きなことばっかりだった。 それが、学校もなくなって、仕事も好きなことばかりではなくなって、あれ?って。 精神的にタフにならなきゃいけないと思って、(写真集の出版は)ショック療法みたいになってしまった。 人にはおすすめできないけど、それを経験したおかげで精神的に強くなりましたね。 タフになりすぎちゃった」と明るく話していた。 今やいぶしぎんの演技が光る俳優の藤達也さん。 今から40年前に公開された映画「愛のコリーダ」に出演。 映画の内容は、愛する男性の局部を切り落とした事で有名な「阿部定事件」。 事件もセンセーショナルでしたが、映画の内容もかなりセンセーショナルで、公開に当たり裁判沙汰になった映画でした。 その映像は、藤さんの局部がモロ映し出されていて、射精場面もあるそうです。 芸術映画と歌っているだけあって結合部分は写ってはいませんが、あまりの過激な内容にオリジナルの上演は今でもNGだそう。 最近リバイバルで上映された時に、藤達也さんは回想して「出演後、もう俳優としてはやれなくなるだろう」と思ったそうで、「今でも後悔はしていない」と語ったとか。

次の

栗山千明、菅野美穂、吉高由里子……若くしてヌードを披露し物議を醸した芸能人(2020/04/05 12:00)|サイゾーウーマン

菅野美穂 ヌード

自己決定できない年齢の子に何させてんだという怒り 女優の栗山千明が3月23日、Twitterアカウントを開設。 30年以上所属していた芸能事務所の退社を報告した。 栗山は「幼く何も分からない私を30年にわたりご指導いただきました事務所関係者様には感謝しかありません」と投稿し、今後は自身で事務所を立ち上げるようだ。 「5歳で芸能界に入った栗山は、ティーン向け雑誌『ピチレモン』(学研プラス)や『ニコラ』(新潮社)などのモデルとして活動していました。 1997年に写真集『神話少女〜栗山千明〜』(同)を発売しましたが、のちに物議を醸し絶版となっています。 写真集の中には栗山のヌードが数枚収録されているのですが、撮影当時、彼女は11歳だったとか。 99年に児童ポルノ禁止法が施行されたため、出版社が自主規制および絶版にしています」(芸能ライター) この騒動は今もネット上で語り継がれており、「子どものヌード写真が普通に流通してるって、どんな時代だったの……」「写真集出版にOKした事務所もおかしいし、何よりも親の気が知れない」といった批判的な声が多い。 女優の菅野美穂が97年に発売した『NUDITY』(インディペンデンス)は、現在も「歴代女性写真集発行部数ランキング」2位をキープする大ヒット作。 「当時、人気女優が次々とヌード写真集を出版していた時代背景からか、菅野も『NUDITY』でヘアヌードに挑戦。 清純派アイドル的な存在だった菅野のヌードは、世間に大きな衝撃を与えました。 ところが、写真集発売後の会見で、記者から『ヌードになったことを友達はどう思っているか?』と質問された菅野は、突然号泣し、約10分も泣き続けたんです」(同) このとき菅野は、『NUDITY』発売前に収録写真が漏えいしたことに不服を訴え、無断で掲載したスポーツ紙と雑誌に対して抗議するために会見を開いていた。 しかし、この号泣が大きな話題となってしまったため、今でもネット上では「菅野は本当にヌード写真撮りたかったんだろうか?」「女優がカメラの前で泣き続けるなんて、撮影のとき何かあったんじゃないの?」などと言われている。 「女優の吉高由里子も、08年公開の映画『蛇にピアス』でヌードと濡れ場を披露しています。 吉高は当時19歳でしたが、体当たりの演技は高い評価を得て、『第32回日本アカデミー賞』新人俳優賞に輝きました。 ネット上でも、『映画自体が面白いけど、何よりも吉高さんの演技に心打たれた』『女優としての執念が伝わる!』など、称賛の声を集めましたが、一方で『18歳以上ではあるけど、未成年だと思うとちょっと……』といった戸惑いの声も聞かれました」(同) 当時の時代背景があるとはいえ、写真集や映画など形に残る作品なだけに、彼女たちの姿がいたずらに消費されないことを願うばかりだ。

次の