カルダモン ロール。 優しい酸味ともっちり食感がおいしい北欧風パン!谷中『VANER』のサワードウブレッド

香り・食感に感動。パン野ゆりが幸福感に包まれたカルダモンロール(パン野 ゆり)

カルダモン ロール

おすすめのアイテムはこちら 下準備• 牛乳・卵・フィリングの無塩バターを常温に戻します。 卵を溶いておきます。 天板にオーブンシートを敷きます。 作り方• 小鍋に生地用の無塩バターを入れて弱火にかけて溶かしたら、火を止めます。 牛乳を加えます。 *牛乳の温度が低く、バターが固まってしまう場合は、弱火にかけて人肌まで温めます。 ボウルに強力粉からカルダモンパウダーまでを入れてざっと混ぜたら、2と卵を加えて混ぜます。 粉っぽさがなくなってまとまってきたら、台に取り出してこねます。 生地がなめらかになったら丸めてボウルに戻し、乾燥しないようにぬれ布巾などをかけて、一次発酵させます。 2倍に膨らんだら、一次発酵終了です。 丸め直してぬれ布巾をかけ、15分間休ませます。 生地を横長に置きます。 奥側の縁の部分2cmぐらいを残してフィリング用のバターを一面に塗り、砂糖とシナモンパウダーを散らします。 生地を手前から巻いていき、とじ目をしっかりとじます。 台形になるように、包丁で10等分します。 台形の狭い部分が上になるように置いて、指や菜箸などで中心を押さえつけます。 卵を塗って、ざらめを散らします。 「フィンランドのシナモンロール かもめ食堂風 」の詳しいレシピページは。 成形のポイント この形のシナモンロールは、フィンランド語で「コルヴァプースティ」と呼ばれます。 意味は「平手打ちされた耳」。 たたかれてつぶれた耳をイメージして、生地をギュッと押しつぶしましょう。 映画では両手の小指で押しつぶしていましたよね。 小指でやりにくければ、人差し指や菜箸を使う方法がおすすめです。 形いろいろ 北欧のシナモンロール 今回ご紹介したフィンランドのシナモンロールの他にも、北欧にはさまざまなシナモンロールがあります。 カタツムリのようなスネイル形や、ねじった生地を結んで作るノット形など、形もいろいろ。 フィンランドのお隣の国・スウェーデンでは、「毛糸玉」と呼ばれている形も人気。 くしゃくしゃっとした形が愛らしいシナモンロールです。 アメリカのシナモンロールとの違いは? 北欧のおやつといえばシナモンロールとご紹介しましたが、シナモンロールはアメリカでも定番のおやつです。 アメリカのものはカルダモンを入れず、砂糖が多めの甘いパン生地。 成形は渦巻き形。 生地をひとつずつ丸型に入れて焼くこともあれば、大きな型に並べてちぎりパン風に焼き上げているものも。 特徴はアイシングをたっぷりかけること。 粉糖と水で作るアイシングの他に、チーズクリームを加えたアイシングも、とても人気があります。 手作りならではのシナモンロールを楽しみましょう 日本では、アメリカ風のシナモンロールはよく見かけますが、北欧風のものはまだそこまで浸透していないよう。 ぜひ手作りしてみてください。 家族みんなで作って、誰が押しつぶしたシナモンロールが一番つぶれた耳に見えるか、なんてことを競うのも楽しそうですね。

次の

北欧在住民のレシピ!簡単「とっておきカルダモンロール」の作り方

カルダモン ロール

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

スウェーデン風シナモンロールのレシピ 世界のレシピスウェーデン料理編

カルダモン ロール

生地を伸ばす時は、できるだけ綺麗な長方形になるよう、途中生地をひっぱりながら丁寧に伸ばしましょう。 綺麗な長方形にすることで、端の生地のロスが少なくなり、全体が均等な大きさに仕上がります。 5. 生地にフィリング用のバターを塗り、その上からグラニュー糖とカルダモンをパラパラと満遍なく振り掛けます。 生地を、写真のように3つに折り畳んでから横に向きを変え、さらに麺棒で縦に伸ばします。 縦の幅が大体20cmぐらいになるように伸ばしてください。 ここでの伸ばし方ができ上がりの大きさを左右し、長いほど大きくなります。 7. 生地を包丁(またはピザカッター)で幅約2cmにカットします。 くるくると巻き込んで成形します。 成形の仕方は、分かりやすいように動画をご覧下さい。 スウェーデンでは有名な料理家、Martin Johanssonさんの動画です。 スウェーデン在住のkeikoです。 北欧ヴィンテージ生地を使った布小物や、北欧生地で作るオーダーメイドのお仕立など、、日本の皆さまへお届けしています。 shop-pro. blogspot.

次の