創業支援 小平市。 取手市/取手市の創業支援等事業計画(産業競争力強化法)

創業者・創業希望者の支援/東村山市

創業支援 小平市

更新日:2020年6月30日 東村山市創業支援事業計画を策定 東村山市では、起業を目指す方への支援体制を強化するため、産業競争力強化法(平成26年1月20日施行)に基づく「創業支援事業計画」を策定し、平成27年10月2日に国から第6回認定を受けました。 この計画に基づいて市や創業支援事業者が実施する「特定創業支援事業」による支援を受けた人(セミナー等に参加した人)は、市が発行する「市長の認定証明書」を受け取ることができます。 特定創業支援事業のご活用について これから創業予定の方、創業したばかりの方に対する継続的な支援で、事業経営に必要な「経営」「財務」「人財育成」「販路開拓」という4項目の知識を習得することを目的とした事業のことです。 具体的にはセミナー、創業塾、有知識者(東村山市商工会・多摩信用金庫職員)との個別相談等のことです。 特定創業支援事業を1カ月以上かけて受講した方が東村山市に申請すると、「特定創業支援事業を受けた創業者」として市から市長の認定証明書を発行いたします。 特定創業支援事業 (1)東村山市商工会における特定創業支援事業 (2)多摩信用金庫における特定創業支援事業 多摩地域で行われる創業塾や各種セミナー、交流会などの情報が掲載されております。 (3)西武信用金庫における特定創業支援事業 市の証明書をもらうと、このような支援が受けられます。 会社設立時の登録免許税が半額になります。 東村山市内で、会社(合名会社、合資会社、合同会社、株式会社)を設立する場合、または、創業後5年未満の個人の方が会社設立時の登記にかかる登録免許税が軽減されます。 (a) 株式会社・合同会社は資本金の0. 7%が0. 35%に減免。 (株式会社の最低税額通常15万円のところ7. 5万円に、合同会社の最低税額通常6万円のところ3万円に軽減されます。 ) (b) 合名会社・合資会社は、1件につき6万円のところ3万円に軽減されます。 対象の要件• 特定創業支援事業による、東村山市発行の市長の認定証明書を有した方のうち、創業前の方。 東村山市内で、会社を設立される方。 注意 他の市区町村で創業する場合には、登録免許税の減免を受けることはできません。 証明書の提出先 株式会社の設立登記を行う際、法務局に、 市長の認定証明書の原本を提出してください。 信用保証協会創業関連保証の特例• 創業関連保証申込み時期の前倒し 事業開始2か月前の方までであった特例の対象が、事業開始6か月前まで拡大します。 東京都・日本政策金融公庫融資の優遇措置• 東京都中小企業制度融資 「創業融資」を利用の場合、融資利率が0. 4%優遇されます。 日本政策金融公庫 「新創業融資制度」を利用の場合、申込要件となる創業資金総額の10分の1以上の自己資金を満たしている方として利用できます。 東村山市独自の創業者優遇制度• 「特定創業資金」を利用の場合、通常の創業資金より融資利率を0. 175%優遇。 返済期間は7年と、創業資金より2年長く設定。 保証料と支払利息の1年目は全額市で補助いたします。 市長の認定証明書の交付申請手続き 証明申請書に必要事項を記入の上、東村山市役所産業振興課の窓口にご提出ください。 申請内容の確認・審査を行い、概ね1週間以内に証明書を発行します。 (注記)平成30年9月25日の法改正により、申請書の様式が変更になりました。 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の

武蔵野市融資あっせん制度(コロナ特例利率実施中)|武蔵野市公式ホームページ

創業支援 小平市

ページ番号1005798 更新日 令和2年6月29日 武蔵野市制度融資に関するページです。 武蔵野市事業資金特別融資および武蔵野市小口零細事業資金特別融資について、本人負担利率を0. 1%引き下げます あっせん申請受付期間は、令和2年4月1日から令和2年9月30日まで。 利子補給対象者は、あっせん申請し、市・金融機関・東京信用保証協会の審査に通ったかたです。 既にこれらの融資を受けているかた、また、令和2年3月31日までにあっせん申請し、その後融資が実行されたかたについても、お申し出により0. 1%引き下げを行います。 (対象者には令和2年4月以降に申請書をお送りしますので、その申請書にてお手続きください。 ) 引き下げ内容は、下記リーフレットをご覧ください。 詳しい内容や要件等は、下記「制度の概要」以降の説明をご覧ください。 取扱金融機関 みずほ銀行 吉祥寺支店、三鷹支店、武蔵境支店 三菱UFJ銀行 吉祥寺支店、吉祥寺駅前支店、武蔵境支店、武蔵境駅前支店 三井住友銀行 吉祥寺支店、三鷹支店 りそな銀行 吉祥寺支店 群馬銀行 荻窪支店 山梨中央銀行 吉祥寺支店 八十二銀行 三鷹支店 きらぼし銀行 武蔵野支店、三鷹支店、富士見ヶ丘支店、上石神井支店、調布支店、武蔵境南支店 西京信用金庫 西荻窪支店 西武信用金庫 吉祥寺支店、武蔵境支店 東京信用金庫 武蔵関支店 多摩信用金庫 武蔵野支店、成蹊学園前支店、武蔵境南口支店、吉祥寺支店、境支店 大東京信用組合 吉祥寺支店、三鷹支店 制度の概要 武蔵野市では中小規模事業者のかたを対象に事業資金の融資あっせんを行っております。 本制度により融資が実行された場合は、市がその利子の一部を補助するとともに、東京信用保証協会に支払った信用保証料の半額または全額を補助します。 武蔵野市中小規模事業者事業資金融資あっせん制度 融資種類一覧 融資種類 一般融資 特別融資 小口一般 小口特別 創業資金 融資限度額 1,250万円 1,000万円 1,250万円 1,000万円 運転 500万円 設備 800万円 併用 800万円 融資利率 1. 小口一般、小口特別は全国統一の小口零細企業保証に基づく融資あっせん制度です。 (注意1) いずれの融資種類も運転と設備の併用が可能です。 また、原則、無担保の融資となります。 (注意2) いずれの融資種類も東京信用保証協会が行う債務保証が必要となります。 (注意3) 個人事業者の場合は、原則、保証人不要です。 法人の場合は、原則、代表者1名が連帯保証人となります。 (注意4) 各利率について、ページ上部の添付ファイル「リーフレット」をご参照ください。 各制度の詳細 各制度種類の要件や必要書類などは、以下の案内をご覧ください。 融資あっせんの対象 各融資種類のご利用にあたって、指定の要件を満たす必要があります。 一般融資 1~8の要件• 特別融資 1~9の要件• 小口一般 1~8及び10の要件• 小口特別 1~10の要件• 創業資金 1、3~8、11の要件 要件• 市内に住所を有すること。 個人事業主のかた:市内に住所を有すること。 法人のかた:市内に本店の所在地を有すること。 (注意)法人の場合、代表者が市内に住所を有し、かつ、都内に本店所在地を有する場合でも可 創業資金は不可。 東京都内で引き続き1年以上、同一事業を営んでいること。 (注意)融資対象除外業種があります。 詳細はお問い合わせください。 一般融資、特別融資については常時雇用する従業員が50人 商業・サービス業の場合は30人)以下であること。 小口一般、小口特別及び創業資金については常時雇用する従業員が20人 商業・サービス業の場合は5人 以下であること。 サービス業のうち、宿泊業、娯楽業は20人以下であること。 資本金が5,000万円以下であること(法人の場合に限る)。 最終納期限が到来している税を完納していること(非課税の場合も可)。 事業に必要な許認可等を取得していること 創業しようとする場合にあっては、創業する時までに当該許認可等を受ける見込みがあること。 法律に基づく資格を必要とする事業の場合は、その資格を有する者であること その資格を有する者と共同し、又はそれらの者を雇用し、その事業を行う者を含む。 現在、同じ種類の融資を既に利用していないこと。 (注意)売上発生から15カ月以上経過している必要があります。 新たに申し込む融資あっせん制度の保証を含め、保証協会の保証付融資の合計残高が1,250万円以下であること。 (注意)申請前に、銀行又は保証協会で残高の確認をしてください。 これから東京都内で創業しようとする者、又は東京都内で創業してからの期間が1年未満の者であること。 ただし、引き続き1年以上、当該事業以外の事業を行っている者を除く。 手続きのながれ• 産業振興課又は商工会議所にて申請 (注意)創業資金の場合は、 申請前創業計画書にご記入の上、むさしの創業支援コーナーの個別相談 事前予約制)を行ってください。 創業資金の申請窓口は、産業振興課のみとなります。 審査後、産業振興課窓口又は商工会議所にて市が申請者に対して承認書を交付 申請した窓口にて交付• 取扱金融機関へ承認書等を提出し、融資を申し込む。 審査後、取扱金融機関を通じて東京信用保証協会へ保証を申し込む。 審査後、東京信用保証協会が保証を承諾 信用保証書を取扱金融機関へ発行• 取扱金融機関が融資を実行• 産業振興課又は商工会議所にて信用保証料の補助を申請 留意事項 各機関の審査 市、取扱金融機関、東京信用保証協会の各々が、各基準に基づき審査を行います。 (注意)市の審査により、承認されない場合もあります。 また、取扱金融機関及び東京信用保証協会の各審査にて否決又は減額される場合もあります。 取扱金融機関 市があっせんする金融機関。 詳細は取扱金融機関一覧表をご覧ください。 資金使途の制限 次の事項のいずれかに該当する場合は申請することができません。 事業資金以外の費用 (生活資金など)• 許認可等及び資格を取得するための費用(創業の場合のみ)• 既存の借入金返済のための費用• 既に支払った設備費用• 融資実行前に支払い予定の設備費用• 見積書に記載された金額を超える設備費用 設備資金を申請する場合 融資が実行となった場合、申請した設備を申請金額にて購入したことを証明する書類(領収書など)を支払い後1カ月以内に提出してください。 書式のダウンロード 融資あっせん申請に必要な書類は案内をご確認ください。 なお、申請書類等に押印する印鑑は、必ず実印(法人の場合は代表者印)を用いてください。 市所定の書式は、以下からダウンロードできます。 融資あっせん申請書 3通。 ただし1通は本書、2通は写しでも可。 月別売上表(創業資金を除く)• 売上高比較表(特別融資、小口特別のみ) 売上高比較表の売上高が照合できる書類(試算表、確定申告書、法人事業概況説明書、帳簿などの写し)を添付してください。 照合書類の空きスペースに住所、法人名(屋号)、代表者名を記入及び実印押印のうえ、提出してください。 創業計画書 創業資金のみ 創業計画書作成の相談については、下記をご参照ください。 株式会社マネジメントブレーン 電話番号0422-70-2123 多摩信用金庫 創業支援センターT A M A 電話番号042-526-7766• 事業者情報の取扱いに関する同意書• その他の経営資金に関する相談窓口 武蔵野商工会議所 吉祥寺本町1-10-7 電話番号:0422-22-3631• 東京都産業労働局金融部金融課 電話番号:03-5320-4877• 東京信用保証協会 立川支店 電話番号:042-525-6621• 日本政策金融公庫 三鷹支店 電話番号:0422-43-1151• 商工組合中央金庫 新宿支店 電話番号:03-3340-1551• 中小企業基盤整備機構関東本部 電話番号:03-5470-1620•

次の

創業者・創業希望者の支援/東村山市

創業支援 小平市

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 当面の間、市役所での個別相談は休止いたします。 再開の時期につきましては、本ページにてお知らせいたします。 ご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご了承ください。 場所 市役所 西棟7階 産業振興課内 時間 午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く) 業務内容• 創業支援等に関する情報提供• 特定創業支援等事業認定申請受付、認定書交付• 武蔵野市創業資金融資あっせん申請受付 (注意)申請前に、個別相談にて創業計画書を完成させてください。 創業アドバイザーによる個別相談(週1回、事前予約制) 創業アドバイザーによる個別相談について 相談時間 毎週水曜日午前10時から午後4時まで(60分1コマ) 事前予約 前の週の金曜日までに産業振興課へ電話(0422-60-1832)で予約してください。 相談内容• 事業計画書作成支援• 金融、財務に関する相談• 相談者の事情に合った支援事業のコーディネート 特定創業支援について 特定創業支援とは 特定創業支援とは、創業を希望されるかたを対象とした創業に必要な4つの知識(経営・財務・人材育成・販路開拓)の講習です。 講習後、市役所から認定書発行を受けます。 講習を提供する事業者にその後も相談でき、また、認定書によって、法人設立の際の登録免許税の軽減や、資金調達のために融資を受ける際の優遇、補助金の審査の際の加点措置等のメリットがあります。 講習受講については、各事業者へお問い合わせください。 武蔵野市の特定創業支援 武蔵野市の特定創業支援は、下記のとおりです。 参考のため、終了した事業に関しても情報を掲載しています。 武蔵野商工会議所• むさしの創業塾 令和2年8月20日(経営)、8月27日(販路開拓)、9月3日(人材育成)、9月10日(財務) 多摩信用金庫• 創業相談 (通年で実施)• 創業塾• セミナー・交流会 西武信用金庫• 創業塾 令和元年度は終了しました。 令和2年度につきましては、決まり次第お知らせいたします。 ) 株式会社マネジメントブレーン• 吉祥寺創業塾 令和2年3月18日(経営)、3月27日(販路開拓)、4月3日(人材育成)、4月10日(財務)• 創業セミナー• シェアオフィス「i-office」 (通年で実施) 特定創業支援を受けたかたへの支援 特定創業支援を受けたかたは、国による下記の支援を受けることができます。 支援を受けるには、市の交付する証明書が必要です。 創業前の個人が株式会社を設立する際の登録免許税が半額に軽減されます。 創業5年未満の法人成りや合名・合資・合同会社の設立も対象となります。 通常、創業の2カ月前から対象となる創業関連保証が創業6カ月前から利用できます。 (信用保証協会の判断による。 東京都「創業融資」において、融資利率が0. 4%優遇されます。 特定創業支援等を受けたことの証明書について 市は、特定創業支援等事業を受けたかたに対し、申請に基づき、創業支援等事業者に支援内容を確認の上、証明書を発行します。 4分野の知識すべてについて支援を受けることができれば、複数の特定支援等事業を受けた場合でも証明書を発行できます。 証明書の交付要件 武蔵野市の特定創業支援等事業を受けたかたで、次のいずれかに該当するかた• 創業前の個人• 創業後5年未満の個人、会社 必要書類• 申請書• 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)• 証明書を郵送希望の場合のみ、返信用切手 注意 申請受付から証明書の交付まで、通常3~7日程度かかります。 連携する創業支援等事業者 武蔵野商工会議所 電話番号:0422-22-3631• 日本政策金融公庫(三鷹支店) 電話番号:0422-43-1151• 多摩信用金庫 創業支援センターTAMA 電話番号:042-526-7766• 西武信用金庫 電話番号:03-3384-6111• 株式会社マネジメントブレーン 電話番号:0422-70-2123• 一般財団法人 武蔵野市開発公社 電話番号:0422-22-0381•

次の