金華サバ。 そもそも金華鯖ってどんな鯖?

鯖の生食と華ずしのアニサキス対策について

金華サバ

宮城県石巻港の水揚げ量の約4割がマサバと言われていますが、その中から厳選された1割にも満たない大型のマサバが『金華サバ』です。 一体どれだけのマサバがふるいにかけられたのか、想像するだけでビックリですよね(笑)。 サバの脂にはもともと、 ・EPA(血液をサラサラにする、血中の中性脂肪を減らす) ・ビタミンD(カルシウムの吸収をサポートする) ・DHA(脳の機能を活性化・記憶力を向上させる) などの栄養素が含まれています。 普通のマサバより多くの脂を蓄えている金華サバは、当然栄養分も他のサバより多く含まれているわけですね。 希少価値が高くてなかなかスーパーに出回ることがない存在なのが、実に惜しい健康食品が金華サバであるとも言えますね。 ・南三陸金華山周辺海域で漁獲されたマサバであること ・定置網・一本釣り・巻き網のいずれかによって漁獲された高品質のマサバであること ・脂のりが抜群によい大型のマサバであること この3点すべてをクリアして初めて金華サバと名乗ることが出来るなんて、かなりのハードルの高さですね。 日本が誇る最高級のサバの一つといって差し支えない存在です。 石巻魚市場で認証された金華サバは認証シールが貼られたり、シリアルナンバーが付けられて出荷されていくことになります。 出荷された後も厳選された最高級のサバであることが一目でわかるようになっているわけですね。 万が一上記の基準に満たないマサバを金華サバとして出荷したことが発覚した場合はどうなるのでしょうか。 その場合はなんと、認証シールの没収と以後のシールの配布を停止するという措置が取られるそう。 実質、ブランド価値を失うように追い込まれてしまうようなものですよね。 厳密な定義はされていないものの『500g以上の大型のマサバで、その脂乗りは15%以上』が目安と言われています。 これは大型ではないマサバだと脂があまりのらない特性があることが関係しています。 脂が醤油をはじくサバと言われるのも納得です。 金華サバの生息域はどのあたり? マサバは回遊魚であるにも関わらず、 回遊せずに三陸沖にとどまるのが金華サバの特徴と言われています。 では一体なぜ、回遊しないのでしょうか? 黒潮と親潮がぶつかり合う金華山周辺の海域は世界三大漁場のひとつと言われる栄養分の多い海です。 当然魅力的なエサを求めて多くの小魚たちも集まってくる、魚たちにとってはパラダイスのようなところなんですね。 そのため、本来であれば餌を求めて回遊するマサバが回遊する必要がないのです。 豊富なエサをたっぷり食べたサバだからこそ、上質な脂をもつサバに育つんですね。 衛生面でもクオリティーが高いことから、現地ではお刺身や寿司などの生食としても食べられるのが金華サバの強みと言えます。 金華サバはいつが旬の時期? 旬は 秋ごろで10月~11月が一番美味しい時期。 サバの産卵期は3月~8月と言われており、それを終えた9月以降は金華山沖の漁場の豊かな栄養分を含んだエサをしっかりと食べ脂が乗ってきます。 10月以降は東北のいち早い寒さがやってくる影響で海水温がグッと下がり、身が引き締まったサバが仕上がってきます。 そのため、10月・11月が一番美味しい時期と言われているんですね。 金華サバの値段と相場はいくらくらい? 1匹あたり2万~3万円程度の高級魚。 水揚げ量自体が減っていることや品質にこだわりぬいていることが影響し、金華サバは一匹2~3万円と言われています。 過去には築地でキロ1万円の値段が付いたこともありますが、普通のマサバがキロ593円程度(2018年東京都中央卸売市場10月データより)であることを踏まえると、それがいかに高級品として認知されているかがよくわかりますね。 大きさ、味わい、風味のどこをとっても一流である金華サバなので、値段が高いことは少し目をつぶっていただいて、一度食べて納得をしてもらえればと個人的には思います。 勿論缶詰や干物などのお値打ち加工食品が多数ありますので、お値段が気になる方はそちらからお試しいただければ幸いです。 金華サバのおすすめの食べ方は? 脂を活かした炙り寿司がイチオシ! 他のサバとは全く異なる、脂がのった金華サバ。 その脂を楽しむのに筆者が一番オススメしたいのは、ずばり『炙りの金華サバ寿司』です。 日本を代表する米どころである宮城の新米と秋が旬で脂がのりに乗った金華サバのハーモニー。 この組み合わせで間違いが起こるはずがないと思いませんか?(笑) 少し炙った分、香ばしい香りがプラスされ食欲を掻き立てる一品です。 昔からお祝いの席にふるまわれてきた料理としても有名なので、高齢の方にも喜ばれるプレゼントとして人気です。 もう一つオススメしたいのは、 『しめ鯖』です。 サバ好きにはたまらない、魚本来の旨味と風味がしっかりと堪能できる一品ですね。 こちらはサバの臭みが気になるからサバが苦手だという方にこそチャレンジしていただきたい料理になります。 傷みやすいサバを長く保存でき、栄養価も失われにくいのでお土産にうってつけの商品ですね。 金華サバのおすすめの購入方法は?通販で買うならこちらのお店がイチオシ! サバは足が速い魚の代表格ともいわれています。 そのため、もし食べるのであれば石巻まで行くのが勿論ベストです。 ただ簡単に行けない方がいらっしゃるのは文明の利器である、通販を利用しましょう! 〇『本田水産』の金華サバの加工食品 こちらのページでご紹介した、しめ鯖などのほかにも漬け丼などの商品が手に入ります。 凝った商品が手に入るのはとてもうれしいですよね。 また楽天などの大手通販サイトから商品を探したい方にオススメしたいのはこちら! 〇石巻こだわりや本舗 A post shared by manabu. okubo1115 on Apr 7, 2019 at 11:50am PDT 2010年に水産庁長官賞を受賞した名品でありながら、意外とお手頃な値段であることや、前菜にもメインにも使いやすい商品であることが贈り物に適しているのではないでしょうか。 特におつまみのレパートリーにマンネリ感を感じている方や女子会で友達と被らないおしゃれなメニューをお探しの方にこそオススメしたい一品です。 結構塩味が効いている商品なので、生ハムのように薄く切って召し上がることと、小さいお子様がいる家庭では誤って食べさせないようにだけ注意してくださいね。 まとめ 金華サバの魅力、いかがでしたでしょうか? 石巻と言えば、東北の震災では壊滅的な被害をうけた地域でもありますよね? まだまだ復興への道半ばである今の時期に、私たちができることの一つが観光と特産品を味わうことではないでしょうか。 難しいボランティアはしり込みしてしまいますが、ともにウィンウィンの関係が築ける観光は始めやすい復興へのお手伝いかと思います。 ご興味の方はぜひ、金華サバを通しての復興支援にご協力くださいね。

次の

金華さば わらやき 寿司 金治

金華サバ

こんにちは華ずしの板橋です。 今日は鯖の生食についてとアニサキス対策についてのお話です。 先日パックになった生サバのお刺身を見かけました。 鯖の刺身って聞くと鯖の生食文化のない宮城の人には、不思議な感じがしますよね。 鯖を生で食べる文化はゴマだれにつけて食べる九州方面のイメージが強いです。 青魚のお刺身って鮮度の絡みがあって、一昔前までは地元の人しか口にする事ができませんでした。 今は普通にスーパーでも見られるサンマの刺身も何十年か前までは、食べる事ができず。 流通の進歩で今では一般的になっています。 サバやいわしなどの青魚は、自身が持つ消化酵素の働きが他の魚より強力な為に足が早いという事。 また、アニサキスという寄生虫がいる為、一般的に生食は避けられています。 今日は世間一般ではまだ馴染みが少ない生サバについてと、アニサキス報道があったので、その辺の心配点も含めまとめていきたいと思います。 鯖を生で食べるのは難しい? まずは、普通にお魚屋さんで売られているサバでお刺身を作るのは難しいと思います。 お魚屋さんに置いてある丸のサバはお煮つけや塩焼きなど調理した上で食してください。 では今日のテーマ、どうやったらサバを生の刺身で食べる事が出来るの? 前述したとおり、サバを生で食べる為には2つの難関が立ちふさがります。 1つは、鮮度の問題 2つめは、アニサキスの問題です。 漁師町や、釣り舟などではサバを生で食した方もと思いますが、一般に流通している鯖を刺身にして食べられないのは、これらの問題があるからです。 鯖には鮮度足が早いというところと、アニサキスという寄生虫がいて、アニサキスが人間の胃に入ってしまうと、胃酸に苦しむアニサキスが胃壁を破って逃げようとする為、激しい胃痛に襲われてしまします。 その為、一般的に鯖は生で食べる事ができないと言われています。 ちなみに アニサキスの処理と対策としては、加熱処理、冷凍処理(-18度48時間)で死滅。 また、生食で食べる時は、目視で確認し取り除き、良く噛む事と言われています。 アニサキスが多い食材でイカなどが有名ですが、正味肉の部分を包丁で切れ目を入れる事が多いのは、食感を柔らかくする意味とアニサキスを切る意味もあるようです。 アニサキスを退治して鯖を安心して生で鯖を食べる方法 さて、少し話が逸れてしまいましたが、生サバの刺身を扱っている業者さんにどう処理しているか話を聞く機会があったので、処理方法をまとめてみます。 まず サバを刺身用として出荷する為には、スピードが命です。 サバが水上げ後、素早く工場に運び氷水に浸す。 これによりアニサキスの動きを鈍らせる事ができます。 というのは、 アニサキスは水分の多い内臓に潜んでいて、宿主の死後内臓の腐敗による変化に耐えられず身に潜るという習性を持っています。 内臓にいるアニサキスを身に潜む前に処理し、内臓を取り出せばアニサキスのリスクは取り除けるという事です。 動きを鈍らせた後、素早く内臓を取り出し、卸し、真空パックする事により酸化を抑制。 大変な企業努力により生の状態でサバを刺身で出荷するというのが実現しているようです。 ざっくり手順をまとめただけでも、水揚げしてから港に到着し処理するまでの時間など恐らく厳密に設定しているのだと思われます。 素晴らしいですね。 となると、個人で鯖を釣り、 水揚げ次第内臓処理すればアニサキスリスクはかなり抑えられるということですね。 華ずしのアニサキス対策 さて、アニサキスの報道があり、お問い合わせもいただきましたので、華ずしのアニサキスに対しての対策をここでしっかりと示しておきたいと思います。 華ずしの鯖は、10月から12月の旬の一番美味しい時期の金華鯖を年間量確保し、石巻にて冷凍状態で保管します。 その為、時期によって味の変動がなく常に脂の乗った金華鯖をお客様に提供できるという事と、冷凍処理をする事により アニサキスリスクを排除できます。 また、鮮度管理もしっかりと行っておりますので安心して口にしていただければと思います。 今回は少し長めの記事になりました。 最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

次の

金華サバ

金華サバ

とろっとろだそうです。 試食している芸能人が とても美味しそうに食べているのを見て、 食べたくなりました 笑 金華サバはどうして美味しいのか? テレビで、黒川さんが 金華サバについて色々話していたんですが、 金華サバって石巻でしか捕れない ブランドサバみたいですね。 私、知りませんでしたが(汗) 金華サバを作る工程なんかが紹介されていました。 通常缶詰にするサバって、 小さいものだったり、キズがあるB級品のようなもので 作るイメージですよね? ですが、金華サバの場合 サバ缶用に油ののったサバをわざわざ仕入れ、 生のまま缶詰に入れ、 その後に加熱処理をするんです! だから、旨味が凝縮されていて 美味しいんだそうですよ。 みそ煮の方が、食べやすいという人も多いですが、 みそ煮って、少し味が濃くなっているので、 健康を気にしている方は水煮の方がいいかもですね。 まとめ 金華サバ。 いつかは食べてみたいですが、 私が毎日食べているサバ缶は150円以下で買えるもの。 それに比べると2倍以上しますから なかなか手が届きません。 実は私、毎日サバ缶を食べるようになってから、 LDLコレステロール値が劇的に下がりました。 これびっくり!! 健康診断では、 毎回赤い字で数字が記載され、要経過観察だったのに。 健康番組で、何度も取り上げられるくらいですから、 やはりサバ缶おそるべし! って感じです。 金華サバは、なかなか毎日食べられる価格ではないので、 自分の誕生日とか、何か特別な日に、 大人買いして味わうことにします 笑.

次の