電気 切り替え 比較。 沖縄でおすすめの電力会社は?電気料金の比較表

電力会社375社、電気料金プランの比較表【3286プラン】|新電力ネット

電気 切り替え 比較

従来は契約が可能な電力会社は地域ごとに定められていました。 電力自由化によって電力を販売する企業が増え、消費者は100社以上の企業の中から電力を選べるようになりました。 電力の発電方法や契約プランはそれぞれの企業ごとに異なるので消費者は自分が重視するポイントを絞って検討する必要があります。 環境に良い発電方法の会社の電力を選びたい、費用の安い会社を選びたいなど、選択は人によってさまざまです。 各企業のホームページには、どのようなエネルギーで電力を作っているのかがわかる「電源構成」という情報が公表されています。 また、企業によっては電気を一番多く使用する時間帯を絞ることで電気料金を抑えるプランもあります。 どの会社の電力も従来と変わらず、同じ送電網を通して届けられています。 送電線や電柱などの送電線に関わるトラブルについては送電会社が修理を担当しています。 送電会社は消費者に安定した電力を届ける義務があるため、従来と変わりのないメンテナンスを行っています。 そのため、新しい会社に切り替えたからといって、電力の質が低下したり、頻繁に停電が起きるようなことはありません。 消費者はこれまでと同じように電力を使用することができます。 また、契約している企業が倒産したからといって、いきなり電気が止められてしまうことはありません。 その時は消費者保護の観点から、一時的に従来の電力会社から電力を購入して使用することになりますが、消費者は改めて別の会社と契約を結ぶことが可能です。 新しい電力会社を決めたら、希望する会社に申し込むだけで手続きができます。 申し込む際には、住所や連絡先の他に、どこに電力を届けるかを示す「供給地点番号」を教える必要があります。 この番号は電気の「検針票」に記載されています。 手続きを申し込む際には検針票があると便利です。 従来の電力会社への解約手続きは必要ありません。 電力自由化以降、新しい会社と初めて契約する際は、電気使用量を測定する機械式のメーターをスマートメーターに交換する必要があります。 従来の円盤が回転することで電気使用量を計測するメーターは人間が現地で電気使用量を確認していましたがスマートメーターは通信機能が備わっているため、電気使用量の確認は遠隔地からも可能になりました。 電力会社を変更しても、スマートメーターは同じものを使います。 また、スマートメーターは持ち家、借家を問わず交換ができます。 既にスマートメーターを設置済みという場合は、4~5日ほどの期間で済みます。 スマートメーターの交換工事自体は20分ほどで済みます。 立ち会いの必要は特にありません。 また、スマートメーターへの機器交換に伴う費用は一切ありません。 ただし、会社によっては中途解約時に違約金が発生するケースもあるので、契約前にはしっかりと内容を確認する必要があります。 スマートメーターは電気使用量を30分ごとに計測しているため、インターネットから使用時間帯をチェックできるサービスを提供している会社もあります。 そのため、より自分のライフスタイルに合う費用の抑えられた契約プランの選択が可能です。

次の

電気は何で選ぶ?リスクとデメリットから学ぶお得な切り替え法! | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

電気 切り替え 比較

電気とガス、どちらも自由化されたことで新規参入が可能となり、さまざまな企業がお得なプランを打ち出しています。 なかでも注目なのが電気とガスのセット販売。 バラバラの会社で契約するよりもセットにしたほうが「セット割」が発生してお得になるのです。 そこで今回は、電気は東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力)、ガスは東京ガスで契約しているというご家庭に向けて、東京電力の「電気+ガス」セットと東京ガスの「電気+ガス」セット、乗り換えるならどちらがお得かを検証してみました。 割引額や付与されるポイント、オプションとして用意されているサービスなど、1つ1つをチェックしていきましょう。 また、お住まいの地域や契約プランによって価格が異なる場合があります 目次 それぞれのプランの概要 東京電力と東京ガスのそれぞれの「電気+ガス」のセットは以下のようになっています。 「電気+ガス」セットにするためには「従量電灯B」を「スタンダードS」契約に切り替える必要があります。 また、「スタンダードL」プランは60A以上の場合の契約です。 「ずっともガス」プランは一般料金に比べ、ガスの使用量0~10㎥までの単価が高いものの、ガス料金1000円につき5ポイントのパッチョポイントが付与されるプランです。 では、ここからは利用世帯が多いと想定される代表的なプランを例に、いくつかの項目にわけて、詳しく見比べていきましょう。 2017年11月に料金が改定されて、これまでの従量電灯Bとほぼ同一の料金体系となりました。 違いは電気料金1000円につき5ポイント付与され、毎月届く検針票が紙ではなくウェブ化されるという点です(ポイントについての詳細は後述)。 違うのは1段料金、2段料金、3段料金の区切りと各単価です。 東京電力のほうが1段料金の単価が安く、一方、3段料金に入ると高く設定されています。 つまり、 電気をある程度たくさん使う家庭では東京ガスの電気に切り替えたほうがお得、逆に1段料金でとどまっている 1人暮らしや少人数世帯では東京電力のほうがお得という計算になります。 基本料金、単価とも東京ガスの一般料金に比べて約3%ほど安く設定されているのが特徴です。 開始から1年間、ガス料金が5%引きになる「スタート割」も実施中です。 一方の「ずっともガス」プランはガス料金1000円につき5ポイントのパッチョポイントが付与されるものの、ガスの使用量が一定以下の場合、一般料金契約よりもガス料金が高くなる場合があるので、一度シミュレーションしてから選択するとよいでしょう。 そのためほとんどガスを使わない家庭でも、たくさん使う家庭でもお得になります。 特に、ガス暖房を使っていたり、ガスコンロによる煮炊きが多かったり、ガス給湯器のお風呂に毎日入っていたり……といった家庭では、「とくとくガスプラン」に乗り換えると、初年度は 「3%+スタート割5%割引」で年間にするとかなりの額が節約できます。 ただし、東京ガスの275円割引を受けるには、契約アンペアが30A以上の「ずっとも電気1」プランへの加入が条件となっており、現在15Aや20Aなどを東京電力で契約している家庭では乗り換えるメリットは小さいでしょう(電気使用量が少ない家庭向けプラン「ずっとも電気1S」もありますが、その場合のセット割は電気代の合計額から「0. このポイントは電気料金の支払いにも利用できます。 ガスが「ずっともガス」プランの場合は毎月のガス料金1000円につき5ポイント付与。 どちらのポイントも1ポイント1円相当で、Pontaポイント、Tポイント、WAONポイント、nanacoポイントなど主要なポイントに交換できます。 ガスコンロ、ガス給湯器、ガスファンヒーターなどが故障した際に、無料の修理が受けられます。 新品設置から10年以内の機器なら最大50万円(税込)の修理まで費用自己負担がありません。 何台でも何回でも修理OK、しかも24時間365日修理を受付けてくれるという非常に頼もしいサービスです。 また、電気設備や水まわり、カギ、窓ガラスのトラブルなどがあった際に24時間365日いつでもかけつけてくれる「 生活かけつけサービス」(月額330円・応急処置費用は上限2万円まで無料)のオプションも用意されています。 「 TEPCOメンテナンスセンター」は、「シャワーからお湯が出ない」「エアコンが効かない」といった住まいのトラブル全般、修繕やリフォームの相談など幅広い悩みに対応してくれるサービス。 専門スタッフが電話で24時間受付してくれます。 また、現地調査のあとに見積もりを提示してくれるので安心です。 24時間365日受付し、一次対応の出張費・30分以内の作業費が無料。 ただし、設備取替などの二次対応での費用や、部品代・特殊作業代といった別料金が発生する場合があります。 また、「ずっとも電気」の契約者は「電気トラブルサポート」も月額無料で受けられます。 これは「停電」「分電盤やブレーカーの不具合」「照明器具の不点灯・チラつき」などのトラブルが起きた場合、専門スタッフが応急対応を行うサービス。 無料の範囲は一次対応の出張費・60分以内の作業費となっています。 ほかには、レシピ動画サイト「クラシル」の「人気順検索」「人気ランキング」が同社のWEB会員サービス「myTOKYOGAS」内で無料で利用可能になるという面白いサービスも。 料理好きには見逃せませんね。 【おまけ】キャンペーン情報 現在、東京電力はウェブからの電気+ガスの申し込みで最大2000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中(キャンペーン期間2020年2月1日~5月10日)。 一方、東京ガスも新規で「ずっとも電気」に申し込むと電気代の基本料金が3か月無料になるキャンペーンを実施中だ(キャンペーン期間2020年1月6日~4月30日)。 【結論】東京電力か、東京ガスか? それは月々の電気代&ガス代が決め手! ここまで細かくチェックしてきましたが、東京電力と東京ガス、どちらのセットに乗り換えるのがお得なのかは、それぞれの家庭の電気とガスの使用状況で変わってくるため一概には言えません。 本稿で紹介しきれていない料金プラン含め、両社のサイトで細かいシミュレーションができるので、片方だけではなく双方の試算を出して比較・検討するのがオススメです。 ただ、ざっくりまとめると、 電気をたくさん使っていて、電気代が高いと感じている人は東京ガスの電気に乗り換えれば、3段料金に突入した場合の単価が安く、セット割も275円引きなのでメリットも大きいです。 逆に電気は節約していて電気代はそれほどではないものの、ガスファンヒーターや、ガスオーブン、ガス給湯器などを使用していて ガス代が高いという家庭では、「スタート割」の恩恵が大きく、ガス料金も約3%安い東京電力の「とくとくガスプラン」に乗り換えたほうがお得になる可能性が高いです。 どちらにせよバラバラの契約よりも、大部分の家庭で「電気+ガス」のセットに変えたほうがお得なことは確か。 これを機に家計の見直しを進めてみては? 東京電力、東京ガス以外の「電気+ガス」セット ちなみに東京電力、東京ガス以外にも「電気+ガス」のセット契約で割引になるサービスを行っている企業がいくつかあります。 以下に例を挙げてみました。 電気とガスの「ペア割」で毎月の電気基本料金から173円が割引になります。 「でガ割」では、「電気セット割引」で月額料金が300円割引になります。 セット契約「ガスセット割引」は、電気使用量1kWhあたり1. 02円が電気料金から割引となります。

次の

一人暮らしに発生する電気料金

電気 切り替え 比較

電気料金プランはいくつかの種類に分けられます。 最も一般的なプランは、「従量電灯プラン」と呼ばれるものです。 他に、「」や、「基本料金がないプラン」もあります。 現在契約している電気料金プランがどのタイプかは、検針票や請求書で確認が出来ます。 従量電灯プラン 契約者数が最も多くて一般的な電気料金プランです。 特に 電気料金プランを選んだ記憶がない方はこのを契約していると思われます。 従量電灯プランの特徴をまとめました。 「従量」という名の通り電気を使った分だけ支払うプランです。 また、電気を使った分だけではなく、毎月固定の「基本料金」もしくは「最低料金」もかかります。 契約アンペアによって基本料金が変わる「」の電力会社と最低料金を定めた「最低料金制」をとっている電力会社があります。 地域によって、どのタイプなのかは異なります。 時間帯や季節によって電気料金1kWhあたりの料金単価が変わることはありません。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 主に、で、夜の時間帯の電気料金が安く設定されています。 これにより夜にお湯を沸かす電気給湯器(エコキュートなど)はこの電気料金の安い時間帯に使用することができます。 選ぶプランによっては、夜だけでなく土日祝日の料金が安く設定されていたり、季節によって1kWhあたりの料金が変わるものもあります。 ただし、ピークの時間帯の料金は従量電灯よりも高く設定されている点には注意が必要です。 基本料金もしくは最低料金がゼロのプラン 新電力の中には、もしくはがゼロのプランもあります。 毎月払わなければならない固定料金がないのはお財布に優しいですね。 基本料金がないと、電気料金がどのくらい差が出るのかを表にしてみました。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 電気料金が安くなる電気料金プランを選びたい場合、電気の使用量が重要なポイントになります。 なぜなら、多くの新電力は、電気の使用量が300kWh以上の場合が割安になるように設定しているからです。 ここでは、電気の使用量が多い場合と少ない場合にわけて、電気料金の選び方とおすすめのプランを解説します。 電気の使用量が多い場合 電気の使用量が多いご家庭の場合、注目すべきは電気の使用量「1kWhあたりの料金」です。 特に300kWh以上の部分が多くなると思われるのでここの料金単価を比べる事がポイントです。 また、電気の使用量が多い場合、基本料金も高くなっている事が多いので、 電気料金を選ぶ時に基本料金もしっかりチェックしましょう。 40A契約で毎月の電気使用量が450kWhの場合、東京電力と比べて電気代が年間いくら安くなるかも計算してみました。 関東エリアの1kWhあたりの料金比較(税込) 電力会社名 東京電力 従量電灯B 基本料金 40A 1144. 00円 0円 1144. 00円 1144. 00円 電力量料金 1kWhあたりの料金 120kWhまで 19. 88円 26. 40円 19. 85円 19. 88円 120kWh超えて300kWhまで 26. 48円 25. 35円 24. 54円 300kWh以上 30. 57円 27. 48円 26. 22円• は基本料金がゼロ円です。 電気の使用量が多ければ多いほど、電気料金が安くなります。 は、電気の使用量が多いご家庭ほど安くなります。 は、東京ガスの都市ガスを使っている方におすすめです。 またこの3社は関東エリアなら、電気と都市ガスのセットプランがあります。 割引額やガス料金はそれぞれ特徴が異なります。 詳しくはしたの記事から確認しましょう。 今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しならば、セレクトラまでご相談ください。 それでも電気代が安くなるプランは存在します。 大手電力会社よりも一律で安くなる、というタイプのプランが確実でおすすめです。 また、「電気の使用量が多いほど安くなる。 」タイプのプランでも、料金が安くなる可能性はあります。 電気料金が一律で安かったり電気の使用量が少なくても電気代が安くなるような、おすすめの電力会社をピックアップしてみました。 電気の使用量が少なくても安くなる電力会社 電力会社 特徴• 沖縄以外の日本全国で申し込めます。 ただしアンペア契約の場合20A以下の契約はありません。 基本的には電気の使用量が多いほど安くなるプランですが、基本料金がゼロ円なので電気の使用量が少なくてもほとんどの場合電気料金が安くなります。 契約できるアンペア数に制限はありません。 沖縄を除く全国で利用できます。 東京電力・関西電力・中部電力エリアで利用できます。 東京電力の従量電灯と比較すると、使用量が多いほどよりお得になりますが、切り替えて高くなることはありません。 中部電力の従量電灯と比較すると、使用すればするほどお得になり、切り替えて高くなることもありません。 関西電力の従量電灯と比較すると、基本料金(最低料金)と従量料金がそれぞれ安くなるので、切り替えるだけで安くなります。 携帯電話料金が割引になる電力会社 電力会社 電気料金の特徴 特徴• 電気料金の額に応じてTポイントが貯まります。 おうち割で、ソフトバンクの携帯料金やソフトバンク光(インターネット)が割引になります。 FITでんき(再生可能エネルギー電気料金プラン)も販売しています。 提供エリア 北海道エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、北陸エリア 特徴• 電気料金自体は大手電力会社と同じです。 提供エリア 北海道エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、北陸エリア、東北エリア、中国エリア、九州エリア、四国エリア 環境に優しい電力会社 電力会社 電気料金の特徴 特徴• 基本料金がなんとゼロ円。 再生可能エネルギーの普及を目指しています。 提供エリア 、、、、、、、、 特徴• 自然でんきを提供。 森林保全活動をソフトバンクが毎月支援します。 提供エリア 北海道エリア、東北エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、四国エリア、九州エリア 特徴• コープさっぽろの組合限定 電力エリア 北海道エリア 特徴• 売上の一部を環境保全に募金するプランがあります。 電力エリア 北海道エリア、東北エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリア 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 電気の質は同じです。 に切り替えると電気の質が悪くなったり停電になったりしないか心配な人もいるでしょう。 実際には、そのような心配はありません。 なぜなら、新電力は電気の小売り部分のみを担当するからです。 発電や送配電、ご家庭のなどインフラを担当するのは大手電力会社のままです。 どの電力会社を選んでも同じ品質の電気が届き、停電時の対応も同じです。 電力が不足する心配もありません。 だから、電力会社を変えても大丈夫です。 は、料金が安くないと選ばれませんから、出来るだけ無駄なコストをカットしてよりも安い電気料金プランを販売することで顧客を増やしています。 また、切替え手続きは、検針票さえあれば5分程度で完了します。 カンタンで手間もかかりません。 このように、電力会社の切り替えには大きなメリットがあるのです。 電気の契約先を変えても大丈夫• どの電力会社でも同じ電気が届く。 電気の質は変わらない。 供給も不安定にならない。 送電は引き続き大手電力会社が担当。 「」が行っているのは電気の「小売り」の部分のみ 電力会社を選ぶ時の「失敗」を避けるポイント 電力会社選び成功のコツは内容をしっかりと確認すること。 電力会社を選ぶ時に失敗はしたくありませんね。 そのために、気をつけるべきポイントをご紹介します。 電力会社を選ぶポイント1 ・その料金は本当に今より安い? 電力会社を切替えたら必ず電気料金が安くなるわけではありません。 電力会社によっては、電気の使用量が少ないとかえって高くなる場合もあります。 心配であれば、 、やなどを選ぶと良いでしょう。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 契約期間や解約金・違約金の有無は確認してから申し込みましょう。 また、複数年契約すれば電気料金が割引になるプランは、途中で解約をすると違約金がかかる事があるので、契約内容をしっかりと確認する必要があります。 なら解約金・違約金がゼロ円。 なので安心して切り替えることができますね。 電力会社を選ぶポイント3・支払い方法も忘れずに確認しよう の中には、支払い方法がクレジットカードのみというところも少なくありません。 集金の手間を少なくしてその分電気代を安くするためです。 クレジットカード払いにはしたくない、という方は支払い方法を確認しておきましょう。 どこで電気料金を比較できるの? 電気料金、電力会社を選ぶ方法がわかったら、プランや電気料金を比較して申し込みましょう。 今ご自分がお使いの電力会社の電気料金と気になる電力会社の電気料金を比べる場合、各電力会社のサイトにあるシュミレーターで料金を比較することができます。 もちろん、セレクトラのシュミレーターでも比較出来ますよ。 お気軽に電気料金を比較してみてください。 電気料金を比較できます• で比較する。 で比較する。 のシュミレーターで比較する。

次の