ポケモン 炎上。 【ポケモンソード・シールド】現在大炎上中。なぜポケモンがリストラされたのか。

【ポケモンソード・シールド】現在大炎上中。なぜポケモンがリストラされたのか。

ポケモン 炎上

完成度の高いピカチュウ/イラスト:大沖( daioki)• 味わいのあるニャース/イラスト:大沖( daioki) 『ポケモン』は1996年2月27日に発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』以降多くの関連作品を展開。 「ピカチュウ」などお気に入りのかわいいポケモンを育成し、しかも進化するというシステムが画期的で、関連ゲームの累計出荷数は全世界で3億4600万本以上(2019年9月末時点)となっている。 アニメ版は97年4月1日よりテレビ東京系列にて放送。 数日前にもポケモン映画23作目となる『劇場版ポケットモンスター ココ』(7月10日公開)が発表され話題になったばかり。 また、数々の映画やグッズ展開ほか、スマホ向け位置情報ゲーム『ポケモンGO』なども世界的人気を誇っている。 新作では890種のポケモンのうち半分が未登場、「推しポケモンリストラ」への批判も• リストラされたミュウツー/イラスト:大沖( daioki) 昨年11月15日には、3年ぶりとなるシリーズ完全新作『ポケットモンスター ソード・シールド(以降、剣盾)』が発売。 Nintendo Switchソフト史上最速・最多となる初週世界販売本数600万本を突破するなど、その人気ぶりを改めて証明した。 一方で、世界的な人気作ゆえの批判も発生した。 それは、『剣盾』に登場するポケモンの数がおよそ400匹であり、これまで同シリーズに登場した890種類の約半数のポケモンが本作に登場しないことが原因だった。 また、16年に公式で行われた『ポケモン総選挙』1位のゲッコウガ、2位のアルセウスも登場しないことがファンの間で話題となった。 思い入れが強いがゆえの「推しポケモンリストラ」への批判がSNSでは見られた。 その点について『剣盾』プロデューサーの増田順一氏は、『ファミ通. com』のインタビューにて「グラフィックをハードの変化に適応したクオリティにすることのほか、バトルの面でも、新たな個性を持ったポケモンを活躍させることや相性のバランス調整をすることが非常に困難になりました。 今回の決断の理由にはそうした事情があり、これから先の作品ではすべてのポケモンを登場させるのは難しいという決断に至ったのです」と明かした。 制作サイドとしても800匹以上ともなればその作業は膨大。 そして、推しポケモンへの愛情を持つファンがいる一方で、新作ならばと新ポケモンの登場を望むファンもいる。 まさに、注目されている長期タイトルならではの宿命が浮き彫りになった。 この『ポケモンリストラ問題』がSNSを賑わせた昨年末、漫画家の大沖氏が「初代なら完璧に描けるよ」とポケモン『赤・緑』に登場した151匹を描いたイラストをTwitterに掲載。 ポケモンファンの心を癒し話題となった。 記憶だけを頼りに151匹を描いた力作/イラスト:大沖( daioki) そんな大沖氏は、『はるみねーしょん』(まんがタイムきららキャラット)、『たのしいたのししま』(別冊少年マガジン)、『ひらめきはつめちゃん』(月刊コミックブレイド)、『わくわくろっこモーション』(コミック電撃だいおうじ)といった代表作を手掛けた人気漫画家。 そこで、ORICON NEWSでは「初代ポケモン再現イラスト(?)」を書いた意図について聞いた。 ネットでバズったことについては、「『ここが違ってて面白い』『ゆるくて可愛い』など嬉しい反応も多い中、『この並び順はもしかして!? 』と『ポケモンいえるかな?』の順番であることに反応している方もいました」と、ポケモン愛に満ちた反響が多かったと明かした。 大沖氏のポケモンへの思い出を聞くと、「おばあちゃんにもらった1万円で親に内緒でゲームボーイとポケモンを買い、学習机の鍵付き引き出しに忍ばせてこっそり遊んでいた覚えがあります」と振り返った。 ただ「地元では周りにポケモンを遊んでいた友人がおらず、交換や対戦はやったことがありませんでした…」と残念がった。 初代ポケモンについては、「僕は交換や対戦相手がいなかったのであまりやりこんだとは言えません。 では、151匹の中でTOP3を選ぶなら?と聞くと、大沖氏はまずはリザードンをチョイス。 「最初に選んだポケモンです。 彼と共に旅をしました」と笑顔でコメント。 次はラッキー。 「『もしかしてこいつ、育てればめちゃくちゃ強いんじゃないか』と可能性を感じて育てていましたが、肝心の対戦相手がいませんでした」と残念な告白。 最後はメタモンで「変身にロマンを感じました。 唯一無二の能力っていいですよね」と、思い入れタップリに当時の話を聞かせてくれた。 『リストラ問題』で炎上していたポケモンファンの心を和らげた大沖氏のイラスト。

次の

“ポケモンリストラ”で炎上、愛情溢れる『初代151匹』イラストに見る「ポケモンは共通言語」

ポケモン 炎上

先日紹介した夢咲楓VSキズナアユ あゆみん氏 の動画だが、1、2戦目はまだ良かったものの3戦目がやけに批判されている。 動画を評価した人の半分以上が低評価を押すほどだ。 最早「 炎上」と言っていい。 この記事では何故あんなにも夢咲楓が批判されたのか、その理由を考察してみたい。 夢咲楓VSキズナアユ あゆみん のバトルまとめ 1戦目 夢咲楓のPTはキズナアユ曰く「遊び心一切ない」。 6世代の対面構築、ガブガルゲンを今風にアレンジした感じの構築だ。 どのポケモン、どの並びでも強力だ。 対してキズナアユはアブソルを活躍させたいというエンターテイメント性重視のPT。 しかしながら、レートでは中々見かけないアブソルは何をやってくるか読めないという強みもある。 夢咲楓 先発:ガルーラ 裏:ギルガルド、ランドロス あゆみん 先発:アブソル 裏:カプ・レヒレ、ランドロス メガアブソルの「おにび」をメガガルーラに当て、若干キズナアユがリードかと思いきや、メガガルーラの「やつあたり」が急所に当たりメガアブソルが落ちてしまう。 まあ、メガアブソルからも有効打が無かったので、この対面自体がもうすでに夢咲楓ペースだったとも言えなくない。 深い精神的ダメージを負ったキズナアユ、その後もレヒレ・ランドで上手く立ち回って粘るのだが、レヒレの「しぜんのいかり」が外れたのが痛かった。 互いにゲームメイクの上手さが光る互角の勝負ではあったが、僅差で幸運にも夢咲楓が勝利した試合となった。 夢咲楓が「やつあたり」のことを「おんがえし」と言ったり「やつあたり」と言ったりしているが、正直どっちでもいいことだ。 「きのこの山」と「たけのこの里」が大差ないのと同じだ。 夢咲楓は細かいことは気にしない性格なのだろう。 細かい負け筋はよく気にするがね。 それよりも高校生の現国を指導したこともある私にとっては、「細い針」を読み間違えて「細かい針」と言っているのが気になる。 2戦目 まさかのポケモン5体被りに、キズナアユは「こいつ俺のことを舐めてやがるな」と少しキレ気味で、不穏な空気が漂う。 この時点ではまだジョークの範囲内だったが。 夢咲楓 先発:メタグロス 裏:グライオン、ポリゴン2 あゆみん 先発:グライオン 裏:ポリゴン2、ジュナイパー ほぼミラー耐久パ同士の長期戦の末、ジュナイパーの「のろい」やポリゴン2の「トリックルーム」展開が上手く決まって、キズナアユの勝利となった。 今回はジュナイパーとポリゴン2に良い仕事をさせたキズナアユの勝利となった。 この試合はPTや選出、立ち回り共にキズナアユが優勢に見えたが、実は最後の方まで択を迫られ、互いにとってかなり難しい試合だった。 長かった。 3戦目 この試合の前に、夢咲楓がルールを勘違いしていたとキズナアユは語る。 キズナアユ側はPTを3つ用意する戦いを想定していたようなのだが、夢咲楓は2つのPTで負けた方同士で3戦目を行うルールだと誤解していたらしい。 あくまでキズナアユ側の主張ではあるが、いよいよ不穏な状態で始まった3戦目だった。 夢咲楓 先発:グライオン 裏:ドヒドイデ、ウツロイド あゆみん 先発:アブソル 裏:ランドロス、ナットレイ 既にご存知の通り、あまり面白い試合ではなかった。 選出で夢咲楓が優位にたっていたが、キズナアユはなんとか立ち回りでカバーしていた所を、「ハサミギロチン」が一発で当たり試合が終わった。 何故、3戦目があれほど批判を受けたか。 何故夢咲楓がこれ程までにバッシングを受けたかというと、台本だからとか、運勝ちとか、受け回し戦法が気に入らないとか、そういう次元の話ではない。 その点を批判している人は、とりあえず目立つ点だから指摘したくなるのだろう。 お互いに「ハサミギロチン」を使っていたことなどすっかり忘れているようだし。 そんなことよりも、問題の根底にあるのは、キズナアユ あゆみん氏 と夢咲楓の温度差だ。 3戦目でグライオンの「ハサミギロチン」が当たった瞬間、キズナアユは思わず我を忘れる程取り乱してしまって、画面がブラックアウトまでした。 衝撃であり、視聴する側も心揺さぶられた場面であった。 一方の夢咲楓は、軽く喜んだ程度でリアクションが薄く、「今キズナアユさんがどんな反応してるのかちょっと気になるなー」と言わなくてもいいことまで言って畳み掛けた。 果たして、キズナアユのリアクションを実際に目の当たりにしても、このような軽口が叩けただろうか。 参照: まあ、私は心の広い人間だしブラックユーモアも大好きだから、別にこんな発言程度で怒りを覚えたりしない。 が、残念ながらここはイギリスではない。 日本である。 しかも肉体的にも精神的にも未熟な人間が多いポケモン界である。 完璧すぎる夢咲楓のキャラクターは妬みを買いやすい。 夢咲楓が、初めからウザ可愛いキャラや傍若無人なキャラだったら、そこまで非難されなかっただろう。 完璧な才女キャラで売っているのも、逆に嫉妬心を煽る結果となった。 夢咲楓とキズナアユは、まるで出木杉君とのび太のようだったのだ。 かたや容姿端麗の美少女で真面目そう、かたやヒゲとグラサンで性格にもクセありそう。 どちらを応援したくなるかは、各々の好みもあるだろうが、のび太 キズナアユ 派の人が多かったというわけだ。 完璧で運にも恵まれた秀才が勝利し、欠点だらけで運もない凡人が敗北した。 スポ根アニメだったら、勝敗は逆になって視聴者をスカッとさせていた所だろうが、そうはならなかった。 つまり、夢咲楓の動画でたくさんの人間が劣等感を煽られてしまったのだ。 それが夢咲楓の動画に、多くの低評価がついた主たる理由だ。 もちろん夢咲楓自身にはそんなつもりは無かっただろうが。 テレビで東大生をオモチャのように扱うクイズやバラエティ番組があるが、東大生というのはそれだけで妬みの対象なのだ。 だからテレビは東大生の非常識っぷりや知らないことなど弱点・欠点を探したがる。 東大生の失敗を見せて視聴者に安心させたいのだ。 今回の夢咲楓は、そんな悪趣味バラエティに出演する東大生のように妬みの対象となった。 しかし彼女は失敗することなく、幸運にも恵まれたので、更なる妬みを買った。 哲学用語で言うところの ルサンチマンを持った人が大量発生したのだ。 後は夢咲楓の中の人の演技力の問題もある。 滑舌が今一つなのもそうだが、個人的に言えば「〜ねー」と繰り返し言う喋り方が、少し鼻につく時がある。 また以前の記事でも書いたが、「もこう氏」の真似や論者口調は、彼女のイメージに似合わないから本当にやめた方がいい。 感想戦を行えばよかった。 前述したようにキズナアユ あゆみん氏 と夢咲楓の動画に温度差があったことも、釈然としない原因を作った。 私はこの温度差を埋めるために、「感想戦」を行なえば良かったと考えている。 将棋を見習い、対戦後にお互いの感想を言い合うのだ。 「選出はこうすべきだった」 「このターンでは別の選択も考えていた」 「ギロチンが当たった瞬間は切断しようかと思った」 そんな感じでジョークも交えて談笑していたら、無意味なコンプレックスを感じていた人達も、少しは冷静になれただろう。 もちろん、夢咲楓は台本だから実際に対話することは難しいだろう。 中の人 対戦者 とあゆみん氏が対談して、中の人 声優 がアフレコする形になるか。 まあ若干不自然な談話になってしまうだろうが、コラボの結末として和やかな雰囲気にはなったはずである。 マリー・アントワネットのように "批判され過ぎ"の夢咲楓 男の嫉妬ほど、見苦しいものはないという言葉もある。 そこに更に大衆心理が加わると恐ろしいことになる。 先ほど貼ったWikipediaの「ルサンチマン」の項目に書いてあったように、嫉妬心は時に権力者をも滅ぼす。 それはまるでフランス革命が起きた様子を見ているようだった。 強く優秀で真面目で手堅くて、台本を読んでいて、しかも幸運な夢咲楓は「悪」と決めつけられ、滅ぼさねばならないと決意した民衆の手によって炎上した。 炎上の原因?結局それは夢咲楓が(少なくとも表面上は)完璧で、民衆があまりにも弱かったことだ。 夢咲楓は、実は民衆のために活動していたとも言われるマリー・アントワネットのように「悪人」と決めつけられ、徹底的に叩かれた。 それを善しとするか否かは、まさにこれを読んでいる一人一人が決めることであろう。

次の

【ポケモンサンムーン】レビュー炎上・批判の声多数!ユーザーの不満点まとめ【ここがダメ】

ポケモン 炎上

ついに、ポケモン剣盾が発売されましたね。 広大なガラル地方。 洗練されたグラフィックと、生き生きと描かれている人々とポケモン。 やる前からワクワクが止まりませんね。 ポケモン剣盾がついに発売されましたが、何やら不穏な話が出ているようです。 リストラ?グラフィック?それもあるかもしれませんが、他にも炎上している要素があります。 以下よりネタバレです。 ご注意ください。 構わないという方は、そのままスクロールしてください。 それは、新作ポケモンに登場する化石ポケモンです。 体半分のみが復元されており、はたまた他の肉体とくっついているように見えます。 このキメラ的な姿が倫理的にアウトであると、そう騒いでいる人がいるらしいです。 ガセネタじゃありませんよ。 事実です。 本当に、このポケモンがゲーム内で登場して入手出来ます。 リークはガセであると騒がれていたようですが、そんなことはありませんでした。 実際にプレイされれば、これが真実であるということが分かるはずです。 この記事では、そんな化石ポケモンについての個人的な意見について書いていきます。 あくまで個人的な意見ですので、鵜呑みにしなくて結構ですよ。 倫理に関する意見 どのような問題があるのでしょうか? このデザインに、何の倫理的問題があるのか全く分かりません。 なぜ批判されているのでしょう? 確かに奇っ怪な姿をしてはいますが、それだけです。 上半身や下半身のみが復元されれば、それは当然このような姿になるでしょう。 仮に何かしらの人為的なミスがあれば、こんな感じにくっついてしまうことも有り得るでしょう。 それがモラルに反しているというのは、変な話であるように感じます。 まさか、合成されたポケモン キメラ が倫理に反するというつもりなのでしょうか? エキドナ、キメラ、スフィンクスなどの、神話に登場する合成魔獣や、女神転生の悪魔合体のシステムも糾弾されるおつもりで? その話で進めると、過去作に登場した、ブラック・ホワイトキュレムや、ソルガレオ・ルナアーラと合体したネクロズマもキメラとなり、倫理的にアウトになってしまいます。 カッコイイからOK!は通りませんよ。 ミュウツーの誕生経緯や、かつてのフジ老人がやったことも、倫理的に危ないかもしれません。 初代ポケモンの、ポケモンと合体してしまったマサキの実験はどうでしょうか? 仮にそれらがアウトならば、とっくに叩かれているはずです。 そして、次作はそのような要素を入れることなく作られるはずです。 しかし、新作の剣盾でもキメラポケモンが登場しました。 要するに、今作を含めたこのようなポケモンの存在は批判の対象外であるということです。 断面が見えることについて この化石ポケモンが炎上していることの1つとして、体の断面が挙げられます。 スライスされたように断面が見えていて、気持ち悪いと主張する人が多いらしいですね。 これも投稿者の意見ですが、リアリティがあって面白いと思います。 初めて見た時は驚きましたが、斬新なデザインに関心しましました。 今の時代、ゲームであってもある程度のリアリティが求められています。 剣盾も、その流れに乗っただけです。 もしも、体が欠落した状態で復元すれば、その断面が見えるに決まっています。 はたまた、元々断面丸見えの姿で太古生きていたのかもしれません。 リアリティを追求したからこうなった。 ただそれだけです。 ポケモンは生き物なのですから、こういった生々しい要素があってしかるべきです。 過去のポケモンについて 化石ポケモンにのみ焦点が当てられているようですが、前々からポケモンは、モラルに反するがごとく道具として使われていたことがあります。 ロケット団に従うポケモン達は、完全に金儲けの道具として扱われていましたし、イシツブテの初代の図鑑説明によれば、イシツブテ合戦と呼ばれる、各々がイシツブテを投げあう遊びがありました。 ラプラスに関しては、人の手によって乱獲されていたという過去があります。 剣盾以前のデスマスは、ポケモンになる前の自分のデスマスクを持ち運んでいます。 ポケモンは、これまでずっと作品のどこかにブラックなユーモアを盛り込み、プレイヤーの肩を震わせてきました。 今回の件はそれに該当すると投稿者は思っています。 見た目が個性的なだけであり、今作の化石ポケモンの姿もユーモアとして笑って流すべきでしょう。 「変なの~アッハッハッハ」 という具合に。 いちいち怒ったってしかたがありませんからね。 他の化石ポケモンについて このポケモンに腹を立てている方は、当然他の化石ポケモンについても文句を言っているのでしょう。 プテラ、カブト、アノプス、ズガイドス、チゴラスなど、古代に生きていたため、本来ならば現代で暮らすことは出来ないはずです。 ところが、ポケモン界の技術において何度も復元されています。 大幅に歪んだ見方をすれば、人の手によって身勝手に復元されているということになりますよね? 彼らが望んでもいないのに、人の都合で次々と現代に蘇えらせられています。 化石ポケモンたちの意思の決定権は蔑ろにされたままです。 これは批判されて炎上するでしょう。 しかし、そんなことを言って、世間を騒がせた人はいませんでした。 今回の化石ポケモンのみを叩くというのは不思議なものです。 可能性の話について この項目で書くことは全て投稿者の憶測です。 まず、かつてのかせきポケモン達は、本当にあのような形をしていたのでしょうか? 例えばプテラには、本当に翼が生えていたのでしょうか?元々は陸で暮らすポケモンだったかもしれませんよね? パズルのように骨格を組み合わせていき、たまたまそれっぽくハマっただけかもしれません。 実はまだ発掘されていない、他のパーツが存在しているという可能性だってあります。 さらに図鑑の説明によれば、プテラの体の一部は岩で補われているとのこと。 完全体ではないらしいですね。 つまり、広く知られてるプテラの姿は異質であり、事実と異なる形をしている可能性だってあります。 意図的にしろ、そうでないにしろ、本当の姿なのかどうかさえ分からないのに、プテラは受け入れて今回のポケモンは受け入れないのですか? かわいそう、かわいそうではないという、個人の価値観なんて、ポケモンからすればどうだって良いんですよ。 彼ら化石ポケモンは人が誕生する前から存在していたとされ、人の思考や倫理観に左右されて生きていたわけではありませんからね。 ゲーム内で説明がありますが、ガラルで発見される4種類の化石はどのように組み合わせても復元が出来ます。 ならば、本来の姿がそれらであると考えることも出来ますよね? 不気味とされている今作の化石ポケモンも、元々あのような姿であった可能性だってありますよね? 現実世界の古代には、異様な姿をした動物が多数生息していました。 そんなリアリティをゲーム内で表現しただけだと思います。 1つ例を挙げます。 過去の地球に「オパビニア」という生き物が存在していました。 今でこそ当たり前のように知られていますが、初めてその姿が公表された当時の学会内は、爆笑の渦に包まれたそうです。 笑い声が止まらないために、急遽学会を中断する程の騒ぎになったとのことです。 誰もが、「そんな姿は有り得ない」と思ったとのこと。 ですが、オパビニアは実在していたことが後に証明されて、今では様々な図鑑に姿が描かれ説明がされています。 剣盾の化石ポケモンも同じです。 その姿は通常よりも変わっているというだけであり、復元されたあの姿は紛れもない事実であるかもしれない。 あの姿で過去に生きていて、1つの個体として動いていたのかもしれません。 誰も真実は分かりません。 その当時を見た人は誰もいないのですから。 見た目が嫌いだからと言って、頭ごなしに叩くのは控えてほしいと投稿者は思います。 孵化作業について ポケモン廃人ならば誰しもが経験した孵化作業。 様々なポケモン達を交配させて、強い個体を厳選します。 個体を厳選です。 実際のところ、倫理に反している感じがしなくはありません。 ですが、ポケモンというゲームはそんなものです。 現実でもそうですよね? 優秀な畜産物を作るためには、優良な個体同士を交配させますし、植物の品種改良もまた、様々な品種の花粉を用意して改良を行います。 ちなみに金魚は、フナを人工的に改良して出来た個体ってこと知ってます? 現実の厳選やポケモンの厳選が叩かれないのは、皆それを承知しているからです。 多くの人の中にある倫理観と照らし合わせ、それが許される範囲にあるのです。 ポケモンにおける孵化厳選が許されているならば、今回のキメラポケモンの件は、大多数の人にとっての許容範囲内でしょう。 個人的には、倫理には一切触れていないと思っているのですがね。 だからこそ、このポケモンを登場させることをゲームフリークが許可したのでしょう。 メガシンカについて メガシンカもまた、ブラックなことで有名です。 例えば、メガガブリアスは、メガシンカによって自分の手が溶けたことに苛立って暴れ回るそうですし、メガオニゴーリは、体内のエネルギーが溢れたためにアゴが外れてしまったと図鑑に書かれています。 メガシンカは、1部伝説のポケモンを除けば不要なことです。 なぜ使われているのかと言えば、人が対戦で勝つためです。 トレーナーは、自分のポケモンに無理やり力を注ぎ、一時的に能力を強化させてその姿を変えさせていました。 ポケモン達が望んたことでしょうか?違いますよね。 勝ちたいというトレーナーの主観的願望により、メガシンカをさせられているのです。 投稿者自身は、ポケモンは戦わせるものだと思っていますし、メガシンカによる代償は、あくまで強化による副産物ようなものであると考えています。 トレーナーを信用しているからこそ、ポケモンはメガシンカすることを受け入れて正面の敵と戦うのです。 しかし、悪い面だけ見れば、この要素もモラルに欠けていると言えます。 ポケモンが苦しむことを、トレーナーが進んで行っているのですからね。 剣盾の化石ポケモンの誕生、存在が倫理的にアウトと言うならば、メガシンカも叩かれるべきです。 しかし、現実にそのようなことは起こっていません。 メガシンカに関して倫理問題で叫ぶ人はどこにもいません。 強いて言えば、メガシンカというシステムと、そのフォルムに対する苦言程度です。 誰も、非人道的だと騒いではいないのです。

次の