真田 ナオキ 恵比寿。 イケメン演歌歌手・真田ナオキの新曲「恵比寿」が好調!

真田ナオキのプレイリスト~元気を出したい時に聴きたい10曲~

真田 ナオキ 恵比寿

生年月日:1989年12月22日 出身地:埼玉県さいたま市 血液型:O型 身長:177cm 特技:極真空手初段、野球 趣味:野球、競馬 好きな言葉:精神一到 真田ナオキさんは小学校と中学校の時は、野球と空手に全てを懸けるスポーツ少年でした。 野球に関しては、小学5年のころ、今をときめく田中将大さんと、坂本勇人さんと共に日本選抜として世界大会にも出場。 そして、大人になってからは建設業の道を歩みます。 建設業としてトップになる気持ちで仕事をしていたところ、家族に歌手の道を奨められます。 体育会系の真田ナオキさんは歌手への転身など、頑なに拒否していたそうです。 しかし、2011年3月に東北大震災が起きて、そこに多くの歌手が集い、歌の力で被災者を励ましている光景を目撃し、歌の偉大な力をまのあたりにしました。 それから真田さんは歌手への道を志すようになり、家族を説得し晴れて2016年4月27日に演歌歌手としてデビューします。 デビュー曲は『れい子』、作詞作曲は、吉幾三さんです。 吉さんはジャニーズ系の真田ナオキさんのルックスを気に入り、楽曲提供にふみきったようです。 吉さんは真田ナオキさんを非常に気に入っており、デビュー曲は「おまえの曲なんだからオレのマネはするな!」と言われ、真田ナオキさんも吉さんのことを師匠と思ってるようです。 真田ナオキさんの将来の夢は、北島三郎さんや、前川清さんのような演歌歌手になることだそうです。 スポンサーリンク 真田ナオキの本名について まずは、真田ナオキさんの本名を紹介しましょう。 真田さんの本名は、松谷大介です。 結構普通の本名ですね、個人的には真田ナオキが本名と思っていたんですけど芸名と本名どちらも少し地味かな。 真田ナオキの父は誰? 真田ナオキさんの父親は、桂竜士さんです。 桂竜士さんは、ナオキさんと同じく、演歌歌手であります。 父の公式ブログには、息子の真田ナオキがイベントで成功したとか、新曲の宣伝だとかナオキさんを想う記事が多数あり、真田ナオキさんを愛していることがうかがえます。 ただ、演歌歌手デビューの裏には父の壮大なる力が動いていそうですね。 真田ナオキの彼女は誰? イケメン演歌歌手の真田ナオキさんですが、現在彼女はいないとみていいですね。 なぜなら、ツイッターを確認すると・・・。 友人と地元をブラブラって・・・演歌歌手も普通の若者ですね~。 他にも・・・。 いろんなところで歌手活動を行なっていて仕事が非常に忙しそうです。 他にも・・・。 一人焼肉に、一人映画って!絶対彼女いないやん! 他にも・・・。 クリスマスに一人で、コスプレって!絶対彼女いないやん! 以上の様子から、真田ナオキさんには彼女はいません! 女性ファンにとっては嬉しいことでしょう。 しかし、女性との2ショット写真が多くあり、真田ナオキさんがいかに女性歌手に好かれているかが分かります。 彼女はもう時期できるでしょうね。 ちなみに真田ナオキさんは、中学生のころ、埼玉から東京に遊びに出ると、街を歩けないくらい芸能界からのスカウトが多かったんだとか。 スポンサーリンク 真田ナオキの筋肉について 真田ナオキさんといえば、演歌歌手。 なのに、TBSの最強スポーツ男子頂上決戦という筋肉系番組に出演したりしてるんです。 ということで、真田ナオキさんの筋肉は・・・。 細いですね~。 いや、細くみせて意外に筋肉があったりして・・・。 極真空手初段ですし、野球もやってましたから、体力系には自信があるのでしょう。 演歌歌手って草食系のイメージがあるんですけど、真田ナオキさんは建設業の経験もあるので、肉食系演歌歌手といえるでしょうね。 ちなみに真田ナオキさんはボクシングの経験もあり、自宅にはサンドバッグもあるといいます。 まとめ いかがでしたか? 現在話題沸騰中の演歌歌手、真田ナオキさんに迫ってみましたが、公式SNSを見る限り、本当に歌手活動に精を出されていることが確認できます。 まだお若いのに、遊びなんかそっちのけで、自身の歌を広めたい気持ちがうかがえます。 今後氷川きよしさんのような、イケメン演歌歌手の頂点に立つことでしょうね。 当サイトでは、真田ナオキさんを応援します!.

次の

イケメン演歌歌手・真田ナオキの新曲「恵比寿」が好調!

真田 ナオキ 恵比寿

2016年にデビュー以降、その甘いルックスと唯一無二の男らしい歌声で年々人気を増している歌手・真田ナオキが20日、恵比寿にあるホテルにて新曲『恵比寿』(2020年1月22日発売)の発表会を行った。 この楽曲は恩師であり、師匠の吉幾三が作詞作曲を手掛けており、テイチクレコードへ移籍してから初のシングル。 自身の名前の由来でもある大好きな戦国武将・真田幸村を意識して甲冑姿で登場した真田。 キレのある動きで報道陣を沸かせた殺陣はこの日、発表会前に教わったばかりだそう。 極真空手(初段)や野球(日本選抜選出)、ボクシングに打ち込んだ経験が活きる。 刀身を鞘に上手く入れられず思わずはにかんでしまう姿に若手らしいフレッシュさが垣間見られる。 そこまで重くなかったと話す甲冑について「 今後も甲冑を着たい。 いつか甲冑を着て殺陣をしながら歌えたら」とも話した。 この日はドレススーツに着替えて再登場して歌唱を披露。 明るい曲調にあまり会えないカップルの一晩を描いた歌詞がのった楽しい曲で新たな門出にふさわしい、真田ナオキの声が活きた作品になっている。 今後、全国の横丁で自身でギターを弾きながらの流しを行うキャンペーンも予定しているとのこと。 とはいえ、恵比寿にはあまり来たことが無かったそうで、「 この曲を歌うにあたって、歌詞に登場する場所を訪れましたが、大人な雰囲気の街ですね。 早くこの街が似合うような大人になりたいなと。 あと、(小声で)家賃が高そうだなあと……」と報道陣の笑いを誘った。 「 いつかは恵比寿に住みたい」と話す真田の夢は「 たくさんの笑顔に出会うこと。 お客さんが笑顔で帰ってくれたら、冥利に尽きる」と真剣な表情。 5月には「東京キネマ倶楽部」にて初ワンマンライブが決定している。 バラエティにも出たいし、出た暁にはパイ投げのパイにあたりたいし、スポーツ関連の仕事にも携わってみたいと、希望に満ちた新たな門出。 今後の更なる活躍を期待せずにはいられない。

次の

真田ナオキの本名と父と彼女ついて!筋肉やwikiプロフィールも!

真田 ナオキ 恵比寿

そんな真田ナオキさんが生まれたのは1989年の12月のことでした。 (平成元年生まれなんですね!) 子供の頃の真田さんは、小学校1年から中学生くらいまで野球に打ち込んでいました。 知り合いが少年野球団の監督をやっていて誘われたことから始めたそうです(ありがちなパターンですね)。 しかし小学4年生くらいまでは砂遊びばかりして、野球にはあまり真面目に取り組んでいなかったとか(笑)。 ところが、5年生からはエースだった同級生と仲良くなったのをきっかけに真面目に取り組むようになります! そうして真面目に取り組むようになるとメキメキと頭角をあらわした真田さん! 実は彼が所属していたのは、野球の名門・ 浦和リトルシニア! そこで、年間最優秀選手賞を取ったり、日本選抜に選ばれて、 田中将大さんや 坂本勇人さんと共に世界大会に出場するなど、非常に輝かしい活躍ぶりだったそうです。 ポジションはセンターで、野球に打ち込む日々でした。 ところが・・・そんな彼を怪我が襲います。 日本代表に選ばれた直後に右ひじの靭帯を痛めてしまったのです。 それでもだましだまし野球を続けていたのだそう。 しかし、やがて遠投もままならないようになり、野球を離れることになります…。 当時はプロ野球選手になることしか考えずに過ごしてきたという真田さん。 その夢が絶たれる辛さは察するに余りあるのですが、彼はインタビューでこのように答えています。 ーー 野球を通じて得たものはどんなことがありますか? 人生で一番最初に挫折を味わえたことですね。 優勝や選抜などの栄光を味わせてもらったのも野球、それを失って挫折したのも野球で。 僕の場合それがすごく早い時期だったので、そこからいろんな経験、景色が見られた。 今考えるとよかったなと思います。 何かつらいことがあってもその時と比べて全然つらくないと考えられる。 「なんとかなるさ」精神が培われましたね(笑) 引用元:オリコン 栄光と挫折。 野球をやっていたことで両方経験したこと、そして早い時期に経験できたことは結果的に良かったと言っています。 プラス思考で前を向く、そんな精神力の強さが野球で培われたのでしょうね! スポンサーリンク 真田ナオキはどんな性格? 真田ナオキさんは、ご本人曰く 「根暗な性格」 なんだとか。 ファンクラブ発足イベントでも 声も低いし、もともと根暗な性格だから、暗い曲の方が自分には合っていると思うが、様々な歌番組への出演をきっかけに明るい曲にもチャレンジすることが増えてきている と語っていました。 しかし、彼の周囲からは 「彼は謙虚だし、オチャメ!」 なんていう声もきこえてきます。 とあるイベントで、出演者が多く楽屋がギュウギュウ詰めの大混雑だったとき、デビュー間もない彼は外に止めた車で謙虚にそっと着替えていたそうですよ。 しかも、目撃者の言うことには、彼はパンツ一丁にまでなっていたとか?! そんなあれれもない姿なのに、目があった瞬間、にっこりと笑ってくれたという真田さん。 なんともオチャメですよね(笑)! 歌手を志したきっかけとは? 少年時代は野球に打ち込み、怪我で野球を離れた後も、空手やゴルフ、ボクシングなど、身体を動かし続けていたという真田さん。 それまで、まったく音楽に興味がなかったんですけど、たまたまテレビでまだデビュー前の臼澤みさきさんの歌声を聴いて、歌の力を実感して、涙が止まらなくて。 あれがなかったら歌の道に進むことはなかったので、人生180度変わったなって感じです。 歌の道に行くんですが、なぜか「僕は(歌の)プロになるんだ」という根拠のない自信がありましたね。 引用元:オリコン 実は真田ナオキさん、10代の頃からずっと、父親から歌手の道を強く勧められていたそう。 当時、中学卒業後に建築業に就いていた真田さんは、頑なにその勧めを拒み続けていたのだとか。 そんな中、2011年に東日本大震災が発生。 近くのさいたまスーパーアリーナが避難所となり、多くの歌手が慰問に訪れる姿に心を打たれたのだそうです。 歌が人々を癒やし、救うところを目の当たりにして、歌手を目指そうと決めたのですね! まとめ 今回は、今注目の ギャップ萌えイケメン演歌歌手 真田ナオキさん について、彼のプロフィールや家族、性格、経歴など、彼の人物像に深く迫ってまいりました。 少年時代は野球に打ち込み、一度は栄光を手にしながらも怪我で挫折。 東日本大震災を機に「歌の力」を目の当たりにして歌手を目指し、血の滲む努力で唯一無二の 「極上のダミ声」 を手に入れた真田さん。 吉幾三さんの弟子になるチャンスをガッチリと掴み取り、26歳でデビュー。

次の