かきたま汁 レシピ。 かきたま汁のレシピ/作り方:白ごはん.com

かきたま汁のレシピ/作り方:白ごはん.com

かきたま汁 レシピ

こんにちは、マイルス・スマイルです。 今回検証する料理は「 かきたま汁」 薄味の汁に片栗粉でとろみをつけて、溶き卵を加えたシンプルでおいしい汁物です。 さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに、美味しく作る方法を調べ上げました。 ボールの底を菜ばして大きくこするように動かして、白身をしっかりと切ると、黄身と白身がよく混ざり、仕上がりが良くなる。 必ず卵を加える前に片栗粉を加えること。 一度に卵を加えると、汁の温度が下がってしまい、卵がうまく固まらない。 2回に分けて加えることで、これを防ぐ。 〇 それでは、3つのコツでかきたま汁を作ってみましょう! 《材 料》 2人分 卵 1個 干し椎茸 1つ 長ねぎ 少々 だし汁 350cc 干し椎茸の戻し汁 50cc 醤油 小さじ1 みりん 小さじ1 塩 適量 水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1 水小さじ2 《作り方》 1.干し椎茸を水で戻しておく。 冷蔵庫で半日くらいおいて、時間をかけて戻すとおいしくなる。 2.卵をボールで溶く。 ボールの底を菜ばして大きくこするように動かして、白身をしっかりと切る。 3.鍋にだし汁、干し椎茸の戻し汁を加えて火にかける。 4.煮立ったら醤油、みりん、刻んだ干し椎茸を入れて、塩で味を調える。 5.弱火にして、水溶き片栗粉を加えて混ぜあわせ、強火で20秒ほど煮る。 6.溶き卵を半量加える。 細い液の状態で、重ならないように回しながら加える。 7.10秒ほど時間をおいて、2回目の溶き卵を加えて、菜ばしで軽くかきまぜる。 8.お椀にもりつけて、刻んだ長ねぎをそえてできあがり。 さて、お味のほどはどうでしょう? 心が温まる、美味しい汁物です。 片栗粉のとろみのおかげで冷めにくく、熱々でおいしい汁物です。 細かくふわっと固まった卵がとてもいい食感。 派手さはないですが、こういう料理は本当にいいですね。 以前に紹介したもそうですが、だし汁にとろみをつけた汁物は、冷めにくいので寒い季節にぴったりです。 本当に温まります。

次の

【みんなが作ってる】 かきたま汁のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

かきたま汁 レシピ

だし汁の温度が下がらないように「 箸を伝わせて少しずつ回し入れる」ことも重要です。 慣れないうちは、溶き卵を「穴あきお玉」を通して、鍋の上に丸く円を描くように流し入れるときれいなかき玉ができます。 卵をゆっくり混ぜる 卵を入れたあと、まだ固まらないうちに混ぜると、スープが濁る原因になります。 卵をすべて溶き入れて、 一呼吸おいてから、お玉でやさしく底から全体を混ぜあわせましょう。 卵がふわっとして綺麗にかたまります。 混ぜ合わせたら、すぐに火を止めます。 何度も温め直すと、ふわふわの卵が固くなる原因に。 出来たてをいただきましょう。 まとめ かきたま汁をふわっと澄んだスープで作るには• 片栗粉でとろみをつける• だし汁が煮立ったところに卵を入れる• 一呼吸置いてからやさしく混ぜる ことがポイントです。 かきたま汁もふわっとしたものや糸のような細いものなど、色々ためしてお好みのかたまり具合を見つけてくださいね。 コツをつかんだら、きのこやお豆腐、お豆に春雨など色々な食材をプラスしたり、お味噌汁や中華風、コンソメスープなどの他のスープにも応用しちゃいましょう。 簡単なようでいて、奥が深いかきたま汁。 ゆで卵や目玉焼きなどのたまご料理も簡単に作れますが、火の通し具合はそれぞれの好みによってこだわりが強くでますよね。 それだけみんなに愛されている身近な食材ということでしょうか。 私も卵は大好きです。 今回の記事が何かのお役に立てましたら、幸いです。

次の

【みんなが作ってる】 かきたま汁のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

かきたま汁 レシピ

先日のイベント()で久しぶりにかきたま汁を作りました。 味わってみたところ、やっぱりおいしい。 リンク先に有賀さんのレシピがまとめられていますが、基本の味の大切さを見直したので、自分でもレシピを書いてみました。 総塩分量はほとんど同じなのですが、有賀さんバージョンが醤油が少なく塩が多めで、ぼくのバージョンが醤油が多くて塩が少ない配合です。 ま、このあたりは好みですね。 今回は三つ葉を使います。 具材によってかきたま汁は作り方が微妙に変わってくるのですが、共通するポイントは〈 片栗粉でとろみをつけてから卵を入れる〉ということ。 出汁は鰹(今回はマグロ節)と昆布の合わせ出汁を使います。 出汁が薄い場合はみりんを加えて、味を補うとおいしくできます。 卵が入ったお椀の場合は多少甘めの吸い地(汁のことです)のほうがバランスがとれるので。 卵は白身と黄身が完全に混ざるまで溶いておきます。 出汁が沸いたら、弱火に落とし、塩と醤油で味をつけます。 水溶き片栗粉を投入しますが、左手で片栗粉を注ぎつつ、お玉を右手に持ってかき混ぜるようにします。 そこに卵を投入していくわけですが、昔ながらの作り方は穴杓子を使う方法。 穴杓子っていうのはこういう形の茹でた野菜を引き上げるときなどに使う道具です。 この道具を使うと糸のように細く卵を溶き入れることができます。 網杓子でも同様に使えます。 アク取りみたいな目の細かい網だと卵が通らないので、使えません。 その場合は菜箸に伝わせるようにして、細く流していくというやり方になります。 一つの道具がなくても方法だけ知っておけばいいのです。 少し火を強めて、必ず沸いたところに卵を入れます。 今回は三つ葉が具材なので、ちょっと穴杓子の位置は低めです。 3cm長さに切った三つ葉を入れて、火を止めます。 わりと低めの位置から卵を投入すると三つ葉と同じくらいの大きさ、薄さに卵が広がり、固まります。 逆に具材をなにも入れず〈吸い地を味わせたい〉という場合は高めの位置から卵を投入して、糸のように細い卵が散った状態をつくるのがコツ。 何事も具材とのバランスです。 吸い地には吸口(薬味)がないと日本料理として成立しません。 春なら山椒、冬ならゆずという具合になんでもいいんですが、かきたま汁には生姜のすりおろしがよくあいます。 上品に仕上げるなら絞り汁を使いますが、仕上げに加えることで味が引き締まります。 ほかには胡椒なんかも吸口としていいですね。 卵が広がって沈まないのは片栗粉を入れているから。 片栗粉のデンプンが網目構造をつくり(=とろみ)そこに卵が引っかかるので、均等に広がり沈まないのです。 片栗粉の量は全体の 0. 5〜1. デンプン濃度が低すぎると網目があらくなるので卵がしずみ、逆に高すぎると卵が浮いてしまいます。 デンプンの性質を使いこなすことでかきたま汁は成立しているのです。 かきたま汁に薄くとろみをつけるメリットは他にもあります。 それは〈冷めにくい〉ということ。 とろみをつけているために嚥下しやすいので高齢者向けの料理でもあります。 そういえば以前、病院食の献立を作成している管理栄養士の先生から「かきたま汁はみそ汁に比べると残食率(食べ残しのこと)が低い」と聞いたことがあります。 嚥下の問題もあるでしょうが、地域差があるみそ汁と比べてかきたま汁は万人受けする料理といえるかもしれません。 冬の寒い日などにはそういった汁物もいいでしょう。

次の