ウインディ。 ゴーディ・ウィンドホーン

ウインディ

ウインディ

特性 効果 いかく 戦闘に出ると相手の 攻撃ランクを1段階下げる。 もらいび 相手からの炎技を無効化し、 炎技の威力を1. 5倍にする。 隠 せいぎのこころ 悪タイプの技を受けると 攻撃ランクが1段階上がる。 高水準でバランスのいい種族値を持ったポケモンです。 覚える技も豊富であり、ワイルドボルト、インファイトでギャラドスやバンギラスの4倍弱点を突けます。 また、優先度2の先制技である しんそくを覚えます。 性格 いじっぱりでも最速ギャラドス 81族 を抜けるため、ギャラドス対策にワイルドボルトも候補に挙げられらます。 特性について• いかくは、場に出た時に発動する特性で、相手の攻撃を1段階下げます。 これにより 物理耐久を疑似的に上げることができます。 使いやすく強力な特性と言えます。 もらいびは、 相手からの炎技を無効化し、炎技を強化することができます。 手持ちの先頭にいると、 炎タイプの野生ポケモンと出会いやすい効果があります。 せいぎのこころは、相手の悪技に対して発動します。 うまく悪技を読んで交代できれば、特性の発動を狙えます。 先制で おにびを当てることで相手の攻撃を耐え、 弱点保険発動後の攻撃で倒します。 ギャラドスは ラムのみ持ちが多いですが、先制で ダイバーンをして晴らすことで、余裕をもって水技を耐えます。 素早さ 実数値155で、最速ドリュウズ抜き。 先発で対面したときは、特性の発動順でドリュウズの持ち物がわかります。 フィールドに出た時に発動する特性は 素早さ順に表示されるので、ドリュウズの特性が先に発動した場合、相手はこだわりスカーフを持っていることになります。 攻撃面 通常時、.

次の

【ポケモンGO】ウインディのレベル別CPと個体値一覧

ウインディ

ダイマックスを消費することで、こだわりはちまきの効果を気にせずに別のタイプの攻撃もできるので、非常に多くのポケモンに対して役割を持てます。 また、他のポケモンにこだわりハチマキを持たせている場合は、火力は少し「」をもたせるのもありです。 もくたんの場合は、こだわりはちまきより威力が低くなることと、炎技以外の威力は上がらないことには注意しましょう。 ウインディの広い技範囲も相まって、本来は不利な岩タイプや水タイプにも大ダメージを与えられます。 特性の「いかく」や持ち物の「とつげきチョッキ」の効果も相まって、多くの技を受けられます。 また、一応「ようきギャラドス」の「たきのぼり」や「こだわりメガネ」以外を持った「ウォッシュロトム」の「ハイドロポンプ」も耐えることができます。 素早さは最速の「ジュラルドン」「ゴリランダー」準速の「サザンドラ」「ミミッキュ」より先に行動できるように調整しました。 ウインディの役割と立ち回り バランスの良い炎タイプアタッカー 「ウインディ」は種族値の全体的に高く、アタッカーも耐久もできる優秀なポケモンです。 また、「」や「」「」などの優秀な他タイプ攻撃技も覚えるので、多くのポケモンに対して効果抜群の技をうつことができます。 ウインディの対策 タイプ相性の良い防御の高いポケモンで受けよう 「ウインディ」は物理型が多いので、防御の高い岩タイプやドラゴンタイプ、水タイプのポケモンで対処するのがおすすめです。

次の

ウインディの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ウインディ

第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が『ほのお』タイプではない時は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 第8世代からは、音系の技。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 10 USUM〜BW2 ,ガーディ:Lv. 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 [ガーディ:Lv. 31 BW ,ガーディ:Lv. 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。

次の