ランド ロック アイボリー。 【ランドロックvsランドロックアイボリー】この2つは何が違うの?

ランドロックアイボリー(TP

ランド ロック アイボリー

Features ランドロックの特長 リビングと寝室をひとつでまかなえる、合理的な2ルームシェルター。 設営・撤収時間が大幅に縮小されます。 中でもランドロックは、風に強いフレームワークと快適な居住性により、オールシーズンでキャンプを楽しめ、お客様の満足度もトップクラスです。 悪天候時にも心強い、丈夫なフレームワークも魅力です。 インナーテントには大人2人と子ども3人が余裕をもって寝る事ができます。 またインナーテントを外して大人数に対応するリビングをレイアウトする使い方もおすすめです。 大型パネルを跳ね上げて空間を拡張。 前後のパネルは、オプションのアップライトポールを使って跳ね上げることも可能。 日差しや雨をよけながら、開放感のある快適な空間を創出します。 オプションでアップライトを使用すればパネルを跳ね上げることができ、よりワイドな空間を用意できます。 大人数を収容できるリビングスペースとしても活躍。 インナールームなしで、大人数に対応するシェルターとしても使用可能。 グループキャンプなどのシーンで、にぎやかに食卓を囲むことができます。 リビングスペースに直結する出入り口を用意しています。 家族で寛げる十分な広さのリビングスペース。 インナールームをセットしても、リビングスペースは広々。 余裕のあるレイアウトが可能です。 インナールームをセットしても余裕のレイアウトが可能です。 Function ランドロックの主な機能• 両サイドにも出入口を用意。 出入りのしやすい大型のサイドパネル。 メッシュウィンドウも備えており、開放的な空間を創出します。 天井高190cmのインナールーム。 インナールームは吊り下げ式。 各コーナーを本体と接続し、フロントをペグダウンして固定します。 天井高190cmで、着替えの際にもストレスを感じません。 ライト類を吊り下げられるループ。 インナールームや本体の天井には、ループが付いています。 ライト類を吊り下げたり、カラビナやロープを通して自分仕様にアレンジして使うことができます。 便利なポケット インナールームの室内には、小物や貴重品を入れるのに便利なポケットが備わっています。 通気性に優れた設計で夏も快適。 本体のサイドウォールにメッシュウィンドウを備え、インナールームの左右にもそれに合わせた位置にファスナーを施しており、換気口として機能します。 電源コードを引き込める小さなファスナー。 インナールームに施した小さなファスナーは、電源サイトで役立つ電源コードの引き込み口。 扇風機や電気毛布などを使って快適に過ごしたい方に重宝します。 ファミリーで快適に過ごせるサイズ インナールームは、「キャンピングマット2. 5w」4枚がフィット。 大人4人がゆったりと快適に過ごせる広さです。 キャンプをより快適にするシールドルーフ。 強い日差しから本体を守り、室内に濃い影を落とすシールドルーフは、夏場の快適なキャンプにす役立つ重要なオプションです。 外気の侵入を妨げるスカート。 本体のボトムに備わっているスカートは、寒い季節に、外気の侵入を防いでくれます。 さまざまな天候に対応可能な頼もしさ。 本体、インナールームともにメッシュパネルを多用しており、オールシーズンで快適に過ごすことができます。 前後のパネルを跳ね上げ可能。 両サイドのパネルを跳ね上げれば、開放感ばつぐんの広々とした空間が出来上がります。 リッジポール Aフレームと接続するリッジポールは、センターに張力を持たせるランドロックの背骨です。 大型ベンチレーション 左右のサイドドア上部に換気効率を上げる大型のベンチレーションを備えています。 フレームケースは別体です 本体とインナーテントは大きいサイズの収納ケース、フレームは細い専用の収納ケースに仕舞います。 車への積み下ろし、保管時にも分けて収納できます。

次の

ランドロックの使い勝手や実際に使った感想!夏は暑いの?

ランド ロック アイボリー

Contents• ランドロックの使い勝手や感想は? ランドロックをこんな家族構成で使ってます 我が家の家族構成はこのイラストと同じ。 主人と私、2人の子どもと犬(小型犬)でランドロックを使っています。 詳細は後ほど詳しくご紹介しますが、この人数だと荷物と愛犬の大きめのケージをおいてもかなり余裕で快適です。 設営がとにかく楽チン! ランドロックを購入する前はスノーピークのアメニティードーム(L)とメッシュシェルターを連結してツールームとして使用していました。 長さはランドロックよりあるし、広さ的にも快適だったのですが、やはりテントを2つたてて連結させるので設営時間が結構かかります。 まあ、分けられることでのメリットもあるのですが… それに比べてランドロックは大きな外幕さえ張ってしまえばインナーは吊るすだけ! 設営がかなり楽チンです。 慣れてしまえばパパと2人でペグダウン入れても1時間かからないほどです。 ランドロックは広くて快適 ランドロックの魅力はなんといっても幕内の広さ。 前室もかなり広いので椅子やテーブルなど寝るときはすべてテント内に運び込んでもまだ余裕があります。 雨キャンプになっても前室をお座敷スタイルにしてゆったり過ごせるのも魅力的です。 よくキャンプに行く友人数家族もそれぞれ他メーカーのツールームですが、やはりランドロックの内部に入るとその広さに驚かれます。 写真はインナーテントを吊るしていない状態の内部です。 奥行きはもちろんのこと、幅の広さに注目していただきたいです。 ランドロック インナーテント すみません、きちんと吊るせていない状態ですが、インナーテントには前面に左右それぞれに出入り口、後面に出入り口一箇所、左右ににメッシュの窓があります。 黒い部分がメッシュになる部分ですね。 内部は3畳のホットカーペットを敷いてもまだ余裕があります。 ランドロックのインナーテント内は台形なのですが、3畳のホットカーペットを敷いて、左右の台形の恥の部分が残るイメージです。 我が家は車に荷物を取りに行くのが面倒なので衣類含めてすべて寝室に運びますが、1m以上あるペットのケージをおいてもこの通りかなりの余裕です。 耐水性もバッチリ 過去何度か豪雨や長雨に見舞われたこともありますが、雨が浸透してくるなどのトラブルはいまのところないですね。 Sponsored Link ランドロック実際に使ってみたマイナスポイントは? さてここまでは良い点ばかりをご紹介してきましたが、ここからはマイナスポイントもちょっと。 大きいのでサイトに入るか事前の確認が必要 最近できたばかりのキャンプ場は大きめのサイトが多いので特に問題はありませんが、昔からあるようなキャンプ場はサイト一区画が結構小さめになっています。 そうなるとランドロックはちょっと厳しい。 安いキャンプ場なら隣り合わせに二区画借りるという方法もありますが、まずは予約するまえに設営できるかキャンプ場に問い合わせておくことが大切です。 収納後のテントがかさばる 収納袋は幕とポールで2つにわかれます。 しかもそれぞれが結構大きいしかさばります。 ライトなどを吊るす場所が意外に少ない 特に前室の天井にライトを吊るす場所がありません。 まあ天井が高いので上に輪っかがあっても背の低い私では届きそうもありませんが。 ランドロック夏は暑いの? 窓が多く比較的風が通りやすいランドロックですが、やはりテント内で真夏の日中に過ごすのは熱がこもって暑いです。 やはり真夏の日中は写真のようにタープ下が一番! もちろん夜は窓を開ければ気持ち良い風が入ってきて真夏でも快適に過ごせますよ。 まとめ とにかく広くて快適!これにつきます。 家族4人と小型犬一匹には少し大きすぎるテントかもしれませんが、余裕がある広さでかなり快適です。 これからも大切に使っていこうと思っています。 Sponsored Link 最後まで読んでいただいてありがとうございます。 もしこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。 人気のある記事はこれ• どんなに晴れ男、晴れ女であってもキャンプをしていると必ずは経験してしまう雨キャンプ。 撤収時... 今回ここでは我が家でリピ買いしている100均の便利グッズを一挙にご紹介したいと思います。 真夏のキャンプは暑そうだからちょっと…という話を時々聞きます。 確かに夏は暑いですが、暑い時... 2017年夏休みの第一弾は長野県の木曽にある『亜寺渓谷キャンプ場』に行ってきました。 キャンプで使う調味料入れ何をお使いですか? 一箇所にまとめられて使い勝手が良いもの。... スノーピークの定番といえばアメニティードームですよね。 入門用テントとして販売されていますが... スノーピークの定番のテントといえばアメニティードームですね。 設営のしやすさや、機能性、耐久... キャンプで皆さんどんな食器を使っていますか? これから購入を検討されている方は機能性... テント撤収時に雨に降られてしまうと、大変な片付け作業がさらに面倒になりますよね。 雨での撤収... ここでは春休みに行った久しぶりのキャンプ『アーバンキャンピング朝霧宝山』についてご紹介して... カテゴリー• アーカイブ アーカイブ• Facebook.

次の

ランドロックアイボリー(TP

ランド ロック アイボリー

いかがでしたでしょうか。 価格・大きさ・機能性・デザイン・メンテ 上記の5項目で比較してきましたが、変化があったのは、 価格と 機能性でした。 ランドロックより後に発売されたランドロックアイボリーの方が価格が高いと思いきや、なんとルーフシート込み価格で同じ条件にすると、 ランドロックの方が 1980円ほど高いことが分かりました。 ぱっと見はアイボリーの方が高そうに見えて敬遠されていた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は僅差ではありますが、ランドロックの方が価格が高いのです。 あと、違いで言いますと 耐水圧が違っていましたね。 アイボリーカラーが故の障害と言いますか 遮光ピグメント塗装が施せないので、その結果、 ランドロックの方が耐水圧が 高いという結果になりました。 【ランドロックのマイナスポイント】 ・アイボリーよりは内部が暗い。 ・フライシートが別売。 しかも高い。 【ランドロックアイボリーのプラスポイント】 ・遮光性が抑えられているので、室内が明るい。 ・光を通しやすいので、夜は光が漏れて綺麗。 ・ルーフシートが付属している。 ・ランドロックよりは、周り人と被らない。 【ランドロックのマイナスポイント】 ・遮光性が抑えられているので、夏場は日差しを通す。 ・天井面の耐水圧はランドロックより劣る。 ・汚れが目立ちやすい。 ・夏の夜、白幕は虫を寄せ付きやすい。

次の