レーザー 式 移動 オービス。 光オービスって何?レーザー式移動オービスの実態を調査!

移動式オービスと最新のレーザー&レーダー探知機についての情報公開【第2弾】|有限会社パソヤのプレスリリース

レーザー 式 移動 オービス

すべての道路には制限速度が設けられています。 これを超過した際には当然、交通違反として罰則を受けることになります。 こうした取り締まりは警察官の乗るパトカーおよび白バイ、または主に高速道路に備え付けられた「オービス」 自動速度違反取締装置 によって行われるのは皆さんご存じのとおりです。 特に、オービスによる取り締まりは「気づいたときには遅かった!」というケースが多いことでしょう。 もちろん、制限速度を超えるような走り方は絶対に推奨できるものではありません。 こうしたオービスは、スピードの出しやすい幹線道路、高速道路への設置が常です。 そのタイプも数種類あります。 レーダー式オービス ループコイル式オービス Hシステムオービス LHシステムオービス 移動式 車載型 オービス 新型レーザー式オービス このように類別できます。 かつてから主に使われていたのが、レーダー式オービスです。 こちらは走行中の車にレーダーを照射し、そこから電波の跳ね返りで速度を計測する仕組みです。 ですから常に電波を出しているため、市販の探知機反応してくれるので、見つけやすいといえます。 しかし、現在では磁場を利用するループコイル式、レーダーの照射パターンを変更させていくHシステム、それらを組み合わせたLHシステムオービス、といった探知機に反応しにくいタイプが主流となっており、また撮影もデジタル化がなされているので、フィルム切れの心配もなく、低コストかつ精度が高くなっているのです。 とはいえ、近年のオービス探知機もなどを使用し、こうしたオービスエリアに近づくと警報を出すような対策がなされています。 また熟練ドライバーであれば、オービスの位置を把握している、という方も多いのではないでしょうか。 しかし、最新のオービスは一筋縄ではいかないものが出てきているのです。 狭い道路や住宅街でもフレキシブルに設置できるオービスを…という用途で開発されたのが、新型の「レーザー式オービス」。 2017年4月、東京航空計器がレーザー式オービス「LSM-300」を発表しました。 可搬式、タテ型仕様となっており、ストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサーが内蔵されています。 車両検知区間は30m~70m、速度違反の判定区間は25m~30m、撮影ポイントは20m、とされています。 可搬式であることから、このオービスは神出鬼没。 またレーダー式と違い、従来の探知機に反応しないのがポイントになっています。 しかし探知機メーカーもさるもので、レーザー受信機能を実装した探知機も発表しています。 このあたりはかねてよりイタチごっこというべきでしょうか。 昨今、クルマの事故が社会問題になっています。 高齢ドライバーによる踏み間違え事故などが議論の対象となっていますが、同時にやはり速度超過による事故も多いのが事実です。 市街地の直線路などは、たとえ住宅街であっても速度超過が頻出し、通学する児童生徒や生活者にとって危険なものになっているのも事実。 生活道路ではパトカー等を設置して大がかりなねずみ捕りを行うのは難しい。 そこで前述の可搬式のオービスは威力を発揮、抑止力となるわけです。 探知機についてもさまざまな見解はあろうと思いますが、先にも述べたように注意喚起と速度抑止につながれば、重大事故の発生リスクは抑えることができる、という考え方もできます。 とにもかくにも、皆様どうか安全運転で楽しいカーライフを送ってください。

次の

[レーザー式]新型可搬型小型オービスへの3つの対処法

レーザー 式 移動 オービス

3独自の判定アルゴリズムによるレーザー識別機能! <特許出願中> AL-01は、赤外線やレーザー光を使用した機器など誤報となりやすい受信と レーザー式オービスからのレーザー受信を高い確率で識別が可能です。 熱反射ガラスの使用の有無は車両のディーラーやメーカーへお問い合せください。 必ず車内へ取り付けてください。 また禁煙車など、シガーソケットが装備されていない車の場合には、別売の直結配線用DCコードを使用してください。 お買い求めになられた販売店などでの取り付けをお薦めします。 ・取締機が直接視界に入らない形状の道路を走行中のとき。 ・自車の前方に、車両、バイク、自転車や車道に飛び出した街路樹などが存在するとき。 ・本体のレーザー受信部に朝日や西日などが直接入射しているとき。 ・過度な悪天候のとき(豪雨や大雪、濃霧など)。 ・降雪時、ワイパー動作で払拭されない領域により本体の受光窓が隠れるとき。 ・レーザー光を使用した車両検知器や衝突回避システムなど安全運転支援装置を装着した車両に近づいたとき。 これにより本体の電源が落ちる場合があります。 海外ではご使用にならないでください。 また保証なども一切ありません。 くれぐれも、速度の出し過ぎや飲酒運転は絶対におやめください。 また、緊急車両が接近した際には速やかに道をお譲りください。 ,Ltd•

次の

SCOOP!! レーザー式移動オービス、LSM

レーザー 式 移動 オービス

L型(新旧)の開口部は2つ。 ちなみに上がストロボ、下がカメラ用だ。 今まで、オービスに限らず、スピード取り締まりの速度測定方式と言えば、レーダー、ループコイル、光電管の3つが定番とされてきた。 固定式オービスに限定すれば、レーダーとループコイルのどちらかであり(過去には光電管式も稀に存在していたが)、最近、可搬式移動オービス(有人取締)にレーザー式が導入されたものの、無人取締機に採用されたのはもちろん、今回が初めて。 移動オービスで実績を積んだ上での採用と思われる。 なにしろ路面にループコイルを埋める手間と費用が節約できるうえに、もちろん、レーダー探知機は無効。 警察にとってはまさに願ったり叶ったり。 今後も順次、いたるところに設置されていくに違いない。 が、問題は果たして測定精度は大丈夫なのか、ということ。 事実、警察庁が導入した生活道路対応の新型オービス、「センシスSSS」を開発したスゥエーデンの測定器メーカー、センシス・ガッツォグループの役員、フィリップ・ウィジャース氏はレーザー式オービスに関してこんな疑問を投げかけている。 「弊社がレーザー式に手を伸ばさないのは精度の問題です。 ある中東の国ではレーザー式を採用しようとしましたが、雨が降ると全然ダメだった。 それで結局、当社のレーダー式を採用した経緯があります。 それに、今回導入されたレーザー式は測定中にミラーがずっと動いているタイプ。 果たして耐久性はどうなのか気になります」。 ちなみにレーザー波による速度計測の原理はこうなっているそうだ。 「LIDAR(英語:Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging、「光検出と測距」ないし「レーザー画像検出と測距」)は、光を用いたリモートセンシング技術の一つで、パルス状に発光するレーザー照射に対する散乱光を測定し、遠距離にある対象までの距離やその対象の性質を分析するものである。 日本語ではライダー、ライダとカタカナ書きされることも多い」(Wikipedia参照) 素人目に見ても、雨や雪、その他浮遊物に影響を受けるんじゃないの? と突っ込みたくなるというもの。 レーダー式であるHシステムが、その測定精度疑惑により撤退を余儀なくされた経緯があるだけに、ぜひ、実験に裏付けされた測定精度を公に公開すべきだろう。 それともまた、論理的な証拠もなく、警察と計測器メーカーがタッグを組み「正確だ」と言い張るつもりなのだろうか。 とはいえ、ドライバーにとってはレーザー方式だからといって注意点は従来と同じ。 ループコイル式と同様、レーダー探知機は効かないので、手前の警告板等に十分、注意して安全運転を心がけるべし。 最新交通取締情報はこちら!.

次の