名言 さんま。 明石家さんま 大量メッセージの理由は?生い立ち、名言から志村けんへの思い

落ち込む人っていうのは【明石家さんまの名言】|関野泰宏|note

名言 さんま

あっそうなの?君がこしらえたものだと思ってたけど。 と言ったが、さんまはそう断言し、師匠への敬意を払った。 ちなみに、さんまの娘である『IMALU(いまる)』という名前は、明石家さんまこの『 生きてるだけで 丸もうけ(い、まる、が含まれている)』から取って命名された。 実は、この『いまる』という名前、そのどちらの主張を考えてみても『禅の教え』に接触していることになる。 PRESIDENTにはこうもある。 『歳月不待人(さいげつひとをまたず)』 今日という一日は二度と帰ってきません。 やる気が起きず、ダラダラと過ごしてしまうのは、確実に明日があるという思い込み。 『今』を大事に生きることです。 さらなる詳細は上の記事に書いたが、禅の教えとは、『今を生きる』についても、『足るを知る』についても説いていて、卓越されているのである。 もこの禅の教えを学び、『自分は何をやりたいのか』を考え抜き、生きる道を見出した。 ちなみにさんまが生まれたというのは、このスティーブ・ジョブズ、、等の超ビッグスター揃いで、さんまが頭一つ抜けて実力を発揮し続けるのは、実力以外の何かの力が働いていると考えても、何らおかしなことではない。 さて、そんな『何かに恵まれている』という印象を浮かべることもできる明石家さんまの人生だが、それはただの結果論であり、後付け的に評価しているだけに過ぎない可能性がある。 ネット上の情報をどこまで信用するべきかは問題だが、それは紙でもテレビでもどんな媒体でも同じことだ。 もし私が得た情報が本当なら、明石家さんまの母は3歳の頃に亡くなり、弟は19歳の頃に火事で亡くなった。 また、一歩間違えれば 日本航空墜落事故に巻き込まれていた可能性があり、たまたま収録が早く終わってその便を変更したことで、九死に一生を得たという。 さんまが別れた妻、大竹しのぶのことを毎度の様にネタにするのは、自分の家族ネタをひた隠すための、ダミーだという話もある。 さんまを古くから知る、浅田美代子がそう言ったというのだ。 さんまはナインティナインの岡村に、.

次の

明石家さんまの弟の真相?マジ?名言の意味?壮絶な生い立ち

名言 さんま

たけしさんは、本当に後輩に優しい人だなって。 もちろん僕は軍団さんみたいな距離感じゃないですし、随分丸くなってからお会いしたからかもしれないですけど。 「今度ネタ番組をやるから、2人のネタを送ってくれ」と言われてDVDをお送りしたら、本当に見たのかな?っていうぐらい、すぐにオファーが来て。 たけしさんに「どうだ?」と言われたら、もう二つ返事じゃないですか。 「やります! よろしくお願いします!」って。 すごいのは 「手伝ってよ」って言うんですよ。 普通言わないですよね、こんなペーペーに。 「手伝ってよ」とこちらを立てつつ、 「気楽にな」って。 周りの対応も急に変わりました。 「あれ? この2人、たけしさんが…」って。 そうやって、いいラベルを貼って、ブランド力上げてくれるというか。 本当にビックリしましたね。 「頭がいい奴は、売れるという保証のないものに人生を賭けられない」 ある年のお正月、タモリさんに言われたんですね。 「イワイガワ」のジョニ男さんがタモリさんの付き人をしていた関係で、1月2日だったかな。 「ちょっとタモリさん家に一緒に行きませんか」と声をかけていただいて。 タモリさんや奥さんのつくった料理をみんなで食べて、ゆっくり飲んでいる時にジョニ男さんが聞いたんです。 「タモリさん、もう一皮二皮むけて、上に行くにはどうすればいいですかね?」 そこでその言葉が出ました。 最初に思いついた奴が一番強くて、それを追いかけてもやっぱり薄いですよね。 乗っかり癖がついちゃうと「じゃあお前一体何やりたいんだよ?」となっちゃうじゃないですか。 僕ら時代を読む力もないし、先見の明もない。 「これからこの流れがくる」なんてわからないから、相方のやすとおじさん2人で喫茶店で話して、ゲラゲラ笑ったことを盛り込みながら商品化していますね。

次の

明石家さんまが説く、含蓄ありすぎる「失敗」学

名言 さんま

たけしさんは、本当に後輩に優しい人だなって。 もちろん僕は軍団さんみたいな距離感じゃないですし、随分丸くなってからお会いしたからかもしれないですけど。 「今度ネタ番組をやるから、2人のネタを送ってくれ」と言われてDVDをお送りしたら、本当に見たのかな?っていうぐらい、すぐにオファーが来て。 たけしさんに「どうだ?」と言われたら、もう二つ返事じゃないですか。 「やります! よろしくお願いします!」って。 すごいのは 「手伝ってよ」って言うんですよ。 普通言わないですよね、こんなペーペーに。 「手伝ってよ」とこちらを立てつつ、 「気楽にな」って。 周りの対応も急に変わりました。 「あれ? この2人、たけしさんが…」って。 そうやって、いいラベルを貼って、ブランド力上げてくれるというか。 本当にビックリしましたね。 「頭がいい奴は、売れるという保証のないものに人生を賭けられない」 ある年のお正月、タモリさんに言われたんですね。 「イワイガワ」のジョニ男さんがタモリさんの付き人をしていた関係で、1月2日だったかな。 「ちょっとタモリさん家に一緒に行きませんか」と声をかけていただいて。 タモリさんや奥さんのつくった料理をみんなで食べて、ゆっくり飲んでいる時にジョニ男さんが聞いたんです。 「タモリさん、もう一皮二皮むけて、上に行くにはどうすればいいですかね?」 そこでその言葉が出ました。 最初に思いついた奴が一番強くて、それを追いかけてもやっぱり薄いですよね。 乗っかり癖がついちゃうと「じゃあお前一体何やりたいんだよ?」となっちゃうじゃないですか。 僕ら時代を読む力もないし、先見の明もない。 「これからこの流れがくる」なんてわからないから、相方のやすとおじさん2人で喫茶店で話して、ゲラゲラ笑ったことを盛り込みながら商品化していますね。

次の