ディー ティーピー。 ティピー

ティピー

ディー ティーピー

のティーピー(カール・ボドマー画、1833年) ティピー( Tipi または Teepee )とは、アメリカのうち、おもに平原の部族が利用する移動用の一種である。 ティピ、 ティーピーと表記されることもある。 ティーピーはを始め、カナダ南部、北米平原部、北西部の、移動しながら狩りを行う文化を持つ部族の野営用の住居である。 小さいものでは1~2人、大きいものでは数世帯が居住できる巨大なものもある。 たいていの場合、入り口は太陽の昇る東向きに建てられる。 と決定的に違うのは、中で火を焚くことが出来ることである。 天幕は折りたためば、座布団程度の大きさになり、また構造が簡単であるため、必要となる建材も極めて少なくて済む。 においては生活のために風雨を避ける(避難場所)が必要となるが、ティピーはその簡便性において理に適っており、の軍事教練のうちサバイバルを扱ったには、の布と紐とを使ってこのティピーを作る方法も記載されている。 平原部族は一年中ティピーで暮らしていたわけではなく、夏の間ティピーを使って移動狩猟をおこない、平原が雪に覆われる冬の間は、「冬の村」(の集落)で生活していた。 のティーピーの内装。 (1907年) 形構造で、一端を束ねた木のを広げて地面に建てて支柱とし、その周囲にバッファローのなめしや布を被せ、十数本の木の杭で前面を留めたものである。 天幕にはバッファローの皮が使われたが、19世紀になって軽い布が交易で手に入るようになると、そちらに取って代わっていった。 大きなティピーにはそれだけたくさんのバッファローの皮が必要であり、ティピーの大きさは個人の勢力をも表した。 構造が簡単で、しかも頭頂の開口部が排気口となるため、内部で火をくべて暖房や煮炊きが可能である。 長年いぶされた頂点部分の革は、(革製の袋状になった靴)の底革に再利用された。 普段は頭頂部を襟のように折り返して棒で支えているが、雨や強風の際には、風上の側の折り返しで覆うことでこれを防ぐことが出来る。 内部には、裾に内張りを張り、夏には外部の裾をめくり上げることで風を通すことが出来る。 かつて有力な戦士は、ティピーに自らの戦功、武勲や所有する馬達を、美しい色彩で描いた。 天幕画の一例。 ワイオミング州の「バッファロー・ビル歴史センター」の常設展示物 出入りには、円形に開けられた出入り口をまたいで通る。 入り口の覆いにはバッファローの毛皮が使われることが多かった。 また、バッファローのひづめが呼び鈴代わりに吊るされた。 (これが鳴るたびに、バッファローを呼び寄せるという呪いの意味もあった) 床面は中央部分は炉のために地面を露出させ、それ以外は敷物を敷いて居住空間とする。 入り口と反対側には、祭壇を作る。 解体・移動と設置 [ ] 移動の際には周囲を囲む天幕を外して畳み、支柱は束ねて括り、敷物を片付けるだけで済み、設置も撤去も短時間のうちに行うことが可能である。 平原部族はかつてバッファローなどののため移動を繰り返していたため、モンゴルののように(むしろゲルより頻繁に)移動することが当然の生活スタイルとして定着していたため、このような住居が発達した。 の家族とトラボイ。 後部の丸い籠に、背負子に結わえた赤ん坊や荷物を入れた(1890年) 柱は一まとめにされて()として犬や馬に引かせる荷台(末端を地面につけて引きずるのようなもの)とし、荷物や赤ん坊を載せた。 車輪よりもこの引きずり方式のほうが、あらゆる地形に対応できた。 このような使用のため、柱は擦り減って次第に短くなるものだった。 時代になると、ティピーはみんな大型のものばかりになっていったが、これは移動生活が白人によって禁止されたために、柱が磨り減ることがなくなったためである。 ティピーを建てるのは女性の仕事だった。 19世紀にインディアン戦士たちと狩りに出た白人が、野営の際、男たちがティピーの建て方を全く知らなかったという記録を残している。 画、1830年代 正式なティピーの建て方は、まず地面に穴を開ける許しを精霊に請い、呪い師が清めの儀式を行い、柱を挿す穴を円形に掘り、柱を円錐形に立てる。 これをロープ(昔はバッファローの腱)で巻いてまとめるが、この際、柱の周りを一回りするごとに祝詞を上げる。 その後ロープの先端を中央部に下ろし、木の杭でしっかりと地面に留める。 それから天幕を被せる。 マナー・エチケット [ ] ティピーでは、独自のエチケットが要求される。 これは現在でも変わらない。 用向きの際は、まず入り口の前で咳払いをして、主人に気づかせ、入る許しを得る。 いきなりティピーに入ることはマナー違反である。 入口の覆いが開いている場合は、友人ならそのまま入っても良い。 男の訪問者なら、中に入ったらまず右側へ寄って、客席(奥にある主人の席の左側)に座る許しを主人が出すまで待つ。 女の訪問者は、男の後から入り、左側でこれを待つ。 中に入ったものは、先に座ったものの外側を通り、円形に座っていく作法である。 食事に招かれたら、スプーン・食器を持参し、出されたものは残さず食べる。 客は中央の焚き火と他の客の間を通らずに、座っている人の後ろ側を通る。 座っている人も身体を倒して、通りやすいようにしてやる。 男はあぐらをかいても良いが、女はあぐらをかいてはいけない。 正座するか、少し膝を崩す程度なら良い。 男衆の集まりなら、話を始めるのは必ず年長者に限られ、若年者は年長者の許しを得るまでは黙っていなければならない。 主人がパイプの掃除を始めたら、「帰れ」という合図である。 現代のティピー [ ] 1960年代からのインディアン権利回復要求運動「()」では、ティーピーはインディアンたちの権利のシンボルとして使われた。 1969年のや、1977年に始まったインディアンのロング・ウォーク運動(サンフランシスコからワシントンDCまでの抗議の歩行行進)では、終着点のホワイトハウスの門前に、ティーピーが建てられた。

次の

【口コミ掲載中】DPT(ディーピーティー)の評判ってどうなの?

ディー ティーピー

スポンサードリンク 昔ながらの「デー、テー」から「ディー、ティー」へ そもそも、科学技術などでは英語由来の外来語が多く入ってきています。 昔の日本人は、このような外来語を表現するのに"D"を「デー」、"T"を「テー」と発音していました。 小さい「イ」を入れる発音がそれまでなかったので、すでに大人になっていた人は「ディー、ティー」と言えなかったんでしょうね、おそらく。 私のばあちゃんは、「テーシャツ」、「キャンデー」と言っていました。 私のばあちゃんは言っていませんでしたが、女性の下着は「パンテー」だったそうです。 そのうち、もともとの英語の発音に近い発音にすべく、"D"を「ディー」、"T"を「ティー」と発音するようになってきます。 こういう動きは若い世代から始まり、おじさんたちやおじいさんたちは、古い「デー、テー」を使い続けます。 こうなってくると、昔のように"D"を「デー」などという発音の仕方がかっこ悪い、恥ずかしいという風潮になります。 おじさんくさい、じじくさい、といってもいいと思います。 「ディー」、「ティー」だと正しく伝わらない問題 しかし、"D"を「ディー」などと発音することにすると、電話などで連絡するときに聞き間違いが起こりやすいという問題がでてきます。 例えば、話し手が「ディー」と言った場合、聞き手は「イー」なのか、「ビー」なのか、「ピー」なのかわからず、うまく伝わらないということです。 このような場合、いくら言い直しても伝わらず、例えば「エービーシーディーのディー」みたいにしてなんとか伝えることになるのですが、だいぶ面倒です。 また、言い直しの機会があればまだましで、聞き間違えたままで受け取られると問題になります。 情報が誤って伝わることになるので、ビジネス上でトラブルの原因にもなりえます。 そこで、聞き間違いを極力避ける必要があります。 特に電話だと、相手の声が少しひずんだりするので、この重要性が高かったと想像します。 正しく伝えるための一種のノウハウと言えます。 このようにして、口頭で正しく伝えるために「デー」、「テー」の発音などが使われると考えられます。 この問題を認識している人同士であれば恥ずかしくもなく、むしろ当然のように使うことができて便利です。 これだけなら、通信業界に限らず、外来語が入っているさまざまな業界に共通のことです。 このような事情に加えて、通信業界特有の事情があると、私は思います。 情報技術業界では「デー」が消えかけ、通信業界では残存 上記のような風潮がある中でも、時代が進み、どんどん若い人が社会に供給されてきます。 若い人は、電話で正しく伝えるため、というようなノウハウなんかかまわずに、「ディー」、「ティー」の発音を使い始めます。 また、ビジネスシーンで外国人とのやりとりを行う人も昔より増えています。 その結果、情報技術業界全体的には、「ディー」、「ティー」の発音が優勢になってきていると思います。 しかし、通信業界はこの流れが遅いと思うのです。 情報技術業界全体から見ると、それほど人気というわけでもない分野であるせいか、若い人の供給が少なく、またベテランの人の活躍が大きいので、新陳代謝が遅いのではないでしょうか。 新しく入った人も、最初は違和感があるとは思うのですが、「デー」、「テー」と読むんだよとおじさんに教えられ、仕事上のノウハウとして語り継がれていることもあるかもしれません。 このように、正しく伝えるための「デー」、「テー」の発音が根強く残っているのだと思います。 "D"を「デー」、"T"を「テー」と読む人が通信業界に多いと私が思う理由はこれです。 通信業界での「デー」「テー」 通信業界の用語で「デー」や「テー」が使われる言葉は、たくさんありますが、例えば以下のものがあります。 HTTP エイチテーテーピー• FTP エフテーピー• ADSL エーデーエスエル• DB デービー ちなみに、NTTは「エヌテーテー」とするより、「エヌテッテー」と発音するのがマニアックです。 この読み方は、通信業界の中でも、NTTとの関連がある会社の人だけかもしれませんが。 特に「ッ」がポイントです。 今日のみどころ ビジネスシーンではあえて日常会話と異なる言葉遣いをすることがあります。 このような言葉遣いをする理由を自分なりに考えてみるのもおもしろいです。 おじさんくさい言い方にも理由があったりしますからね。

次の

ティピー

ディー ティーピー

新規ポジションを設立。 コアメンバーとして迎えます! 株 アシックス 、 株 イッセイミヤケなど、 大手をはじめとした200社以上のアパレル企業に 様々なIT系システム・サービスを提供する当社は、 自社商材の販促強化に向け新規ポジションを設立! 営業支援の立場から、商材の販促を目的とした 各種コンテンツ企画・PRを手掛けて頂きます。 赤坂の本社オフィスはワンフロアのため、 商材を熟知した営業メンバーと即座に連携し スピード感を持って業務を進めることが可能。 映像・記事などのメディアを駆使しながら 「どうすればより多くの人にリーチできるか」 「次はどんな手法で反響を高めるか」など、 効果分析も交えた企画立案をお願いします。 自社商材のPRを目的とした各種コンテンツの企画・制作、販促プロモーション、広告宣伝・効果分析など 【具体的には】 <<主な業務>> ・自社サービスの認知度拡大に向けたプロモーション企画 ・各種コンテンツ(映像・記事)の企画・作成 ・出稿メディアの選定(広告宣伝) ・効果分析・改善 など 集客を目的とした各種コンテンツ企画・制作のため、 主に商材を扱う営業チームと連携しながら業務を進行。 顧客へのメール対応(インサイドセールス)も行います。 <<裁量ある新設チーム>> また今回採用する2名のスキル次第では、 どちらかが企画中心、制作中心といった形で、 担当業務の割合を組み替えることも可能。 新設ポジションだからこそ一定の裁量を持ち、 自分たちの力で業務フローを構築していけます。 社員インタビュー• 今回募集するのは営業部内に新設予定のポジション。 営業メンバーと連携しつつ、自社商材の認知拡大や集客を目的としたコンテンツ企画・PRをお任せします。 企業様へのインタビュー動画の公開、商材の特徴をアピールする記事の作成など、様々な形で商材の価値を高め、営業部全体の成果へと結びつけて頂きたいと思います。 採用担当• 当社は年間休日121日以上、完全週休2日制(土日)と十分な休日休暇を用意しているため、オンオフの切り替えを十分に、メリハリを持った働き方を実現できる環境です。 BtoB向けのプロモーション・コンテンツ企画が中心となるため、この領域に詳しい方は大歓迎。 この機会にぜひご応募いただければと思います。 採用担当 当社は一人ひとりの意見発信を歓迎しています。 特に今回の募集は新設ポジションのため、どうすれば効率的に業務を進められるか、どのような戦略のもとPRを行うのが効果的か、といった様々な意見をまわりに発信しながら、業務フローの構築や成果の追求を行っていただきたいと思います。 必要なソフト・ツールなどは申請内容に応じて随時支給しますので、入社後まずはコミュニケーションを意識して業務を進めてみてください。 在庫管理システムなど、アパレル業界に向けた様々なIT商材を販売しています。 業界問わずECサイト運営に携わっていた方は、特に早期から活躍できます!• 自社システムを使用しているショップを取材・撮影するなど、ユニークな経験も。

次の