ポケモン剣盾環境。 【鎧の孤島】ガラルでは物理ゾロアークが強い!?環境を先取り考察!【ポケモン剣盾】【育成論】

【鎧の孤島】ガラルでは物理ゾロアークが強い!?環境を先取り考察!【ポケモン剣盾】【育成論】

ポケモン剣盾環境

先日、 ポケモン剣盾のDLC第1弾『鎧の孤島』がリリースされた。 100体近いポケモンが解禁されたことにより対戦環境が変化するが、それに負けないくらい育成環境も大きく変化したので、それについて書く。 金について DLC前同様、 ドーピング(タウリンなど)くらいしか使い道がない。 ワットを支払って導入できる自販機を導入すれば購入レートも良くなるので、金の価値は落ちたと言える。 ワットについて 前の項で触れた、ドーピング自販機導入のための道場への投資のために大量に必要となる。 その量実に40万W。 しかし一方で、ドーピング自販機の40万Wを支払い終えると、DLC前同様、 技レコードと穴掘りくらいしか使い道がなくなる。 最初に瞬間的に大量に必要となるため、ワットの必要性が増したかのように錯覚するが、実際そうでもない。 むしろ、ウッウロボの技レコードレシピ開拓によっては、 役割を失う可能性すらある。 ヨロイ鉱石による ワット掘りについては、個人的にはあまり有用でないと思っている。 ワットは最初しか使わない上、それによって節約できる金も元々のコストが低いため、優先度はそれほど高くない。 ヨロイ鉱石について 技教えに5個、努力値リセットに10個要求されるくせに、 レイドをひたすら回る以外に安定した調達手段がない。 継続的に集めていく必要がある。 7個消費してワットを掘ることができるが、前述した理由に加え、ヨロイ鉱石の価値が高いことから、あまりオススメしない。 レイド周回と言えばヌケニンレイドだったが、ヨロイ島では確認されておらず、ヨロイ鉱石を兼ねることができない。 もっとも、相変わらず経験アメも必要なので、併用していくのがベターか。 ダイキノコについて ヨロイ鉱石ほど頻繁に必要にはならないが、 ヨロイ鉱石以上に集めにくい消耗品。 レイド巡りの合間にマップを探索する必要がある。 短時間で大量に集めるのは困難なので、余裕をもって備蓄しておきたい。 ウッウロボについて DLCのダークホース。 一部の 技レコードやBPアイテムのコストを爆下げし、さらに、 1ロムで入手できる数が限られているアイテムも大量に作ることができ、革命を起こした。 以下にレシピの例を示す。 研究に期待。 素材にはワットを使った穴掘りが有用なので、ウッウロボのレシピによってはワットの価値が高まりうる。 全てはウッウロボ次第。

次の

【鎧の孤島】ガラルでは物理ゾロアークが強い!?環境を先取り考察!【ポケモン剣盾】【育成論】

ポケモン剣盾環境

先日、 ポケモン剣盾のDLC第1弾『鎧の孤島』がリリースされた。 100体近いポケモンが解禁されたことにより対戦環境が変化するが、それに負けないくらい育成環境も大きく変化したので、それについて書く。 金について DLC前同様、 ドーピング(タウリンなど)くらいしか使い道がない。 ワットを支払って導入できる自販機を導入すれば購入レートも良くなるので、金の価値は落ちたと言える。 ワットについて 前の項で触れた、ドーピング自販機導入のための道場への投資のために大量に必要となる。 その量実に40万W。 しかし一方で、ドーピング自販機の40万Wを支払い終えると、DLC前同様、 技レコードと穴掘りくらいしか使い道がなくなる。 最初に瞬間的に大量に必要となるため、ワットの必要性が増したかのように錯覚するが、実際そうでもない。 むしろ、ウッウロボの技レコードレシピ開拓によっては、 役割を失う可能性すらある。 ヨロイ鉱石による ワット掘りについては、個人的にはあまり有用でないと思っている。 ワットは最初しか使わない上、それによって節約できる金も元々のコストが低いため、優先度はそれほど高くない。 ヨロイ鉱石について 技教えに5個、努力値リセットに10個要求されるくせに、 レイドをひたすら回る以外に安定した調達手段がない。 継続的に集めていく必要がある。 7個消費してワットを掘ることができるが、前述した理由に加え、ヨロイ鉱石の価値が高いことから、あまりオススメしない。 レイド周回と言えばヌケニンレイドだったが、ヨロイ島では確認されておらず、ヨロイ鉱石を兼ねることができない。 もっとも、相変わらず経験アメも必要なので、併用していくのがベターか。 ダイキノコについて ヨロイ鉱石ほど頻繁に必要にはならないが、 ヨロイ鉱石以上に集めにくい消耗品。 レイド巡りの合間にマップを探索する必要がある。 短時間で大量に集めるのは困難なので、余裕をもって備蓄しておきたい。 ウッウロボについて DLCのダークホース。 一部の 技レコードやBPアイテムのコストを爆下げし、さらに、 1ロムで入手できる数が限られているアイテムも大量に作ることができ、革命を起こした。 以下にレシピの例を示す。 研究に期待。 素材にはワットを使った穴掘りが有用なので、ウッウロボのレシピによってはワットの価値が高まりうる。 全てはウッウロボ次第。

次の

【ポケモン剣盾】バトル使用率ランキング【最強】

ポケモン剣盾環境

ランクマッチでも相当数いるように感じます。 僕自身も結構使っていて、一番使いやすく強い並びだと思っています。 強い1番の理由は種族値の高さで火力、耐久とも高く トゲキッスのこのゆびとまれとドラパルトの高い素早さからの高火力です。 さらには トゲキッスはてだすけ、あくびなどの補助技も豊富であるため、てだすけ、いのちのたまによりかなりの高火力を出すことが可能なのです。 基本戦術は トゲキッスでこのゆびとまれをしながらダイマックスドラパルトで暴れることです。 中にはドラパルトがサポートして弱点保険トゲキッスで殴るパターンがあったり、ドラパルトが特殊のパターンがあったりするため何をしてくるのか分かりづらいというのがあります。 味方にふくろだたきを打ったり、攻撃して弱点保険を発動させるというのを妨害できるこのゆびとまれという技が強いため、このゆびとまれを覚えて耐久力が安定するトゲキッスは強いのです。 エルフーン関連 エルフーン関連と書きましたが、エルフーンと組むポケモンが多様化しているためこういう書き方をしました。 エルフーンはいたずらごころによりおいかぜを先制で打つことが出来るため味方をサポートするのが得意なポケモンです。 また ムーンフォースなどフェアリータイプの技でドラパルトに打点を持つことも出来るため、攻撃面も悪くないのです。 弱点のタイプはかくとうとじめんタイプですが、このようなタイプの技には物理技が多いためジュラルドンの物理耐久の高さにより問題なく受けきれることが可能なのです。 ジュラルドンはすじがねいりという特性によりこのゆびとまれの影響を受けずにドラパルト、トゲキッス両方に対して弱点をつけるのです。 エルフーンのふくろだたきをせいぎのこころウインディに打つことで攻撃力を4段階upさせてダイマックスウインディで暴れるという並びです。 このゆびとまれにより妨害されるのがきついが決まると強いです。 リザードンはサンパワーと日本晴れによりほのお技の威力がめちゃくちゃ高いのです。 ねっぷうにより相手両方を攻撃するのとダイマックスして単体高火力で攻撃するかの選択もできるのが強いと思います。 その他エルフーンと一緒に入りやすいポケモン エルフーンが追い風を使うことが出来る関係から素早さがそこまで高くないが火力がめちゃくちゃ高いというようなポケモンがよく入る。 ウオノラゴンのエラがみやパッチラゴンのでんげきくちばしは先制すれば威力170という高火力技でさらにウオノラゴンのがんじょうあごやパッチラゴンのはりきりの特性によりめちゃくちゃ火力が高いのだ。 しかしこういう技もこのゆびとまれされると威力が下がってしまうがパッチラゴンはトゲキッスの弱点をつけるのが強いところだ。 ヒヒダルマはごりむちゅうという特性でこだわりハチマキの効果があるためこちらもめちゃくちゃ火力が高い。 こだわりハチマキを持たせてさらに火力を上げるかこだわりスカーフを持たせて素早さを上げるかどちらかのアイテムを持つことが多い。 こちらも こおり技でトゲキッスやドラパルとの弱点をつけるのが強いところです。 ドリュウズのタイプ一致ダイマックス技はダイスチルが防御アップ、ダイアースが特防アップと耐久をあげられるのが強い。 さらにドリュウズがダイマックスするパターンだけでなくバンギラスがダイマックスするパターンがあったり、ドリュウズがすなかきではなくかたやぶりであるパターンがあったりと戦術が豊富なのも強いところです。 ドリュウズの弱点のじめんをトゲキッスが無効。 トゲキッスの弱点のでんきとどくをドリュウズが無効であったりするためサイドチェンジするだけで色々すかせたりする並び。 トゲキッスでサポートしながらドリュウズでつるぎのまいをしたりすなかきで上から攻撃するということが多い。 ドラパルトと違い ドリュウズはジュラルドンに対してそこそこ強いためジュラルドン対策に一緒に入っていることも多いです。 トリックルーム系 起動役 トリックルームを起動するポケモンはこういうポケモンたちという印象です。 エスパータイプが被っているにも関わらず弱点は全く被らないので相性がいい。 年明けからバタフリーのキョダイマックスも解禁されるので期待 不安。 ねむりは起きないときついのでやめてほしい。 サマヨールは進化の輝石により耐久が高く、おにびやいたみわけでサポートする。 ドータクンはタイプが優秀というイメージです。 いずれもサイドチェンジによるサポートも警戒しなければならない。 トリックルームアタッカー トリルアタッカーはこういうポケモンたちというイメージです。 ドサイドンは弱点保険による圧倒的火力と高い耐久によりダイマックスするとすごく止めづらいポケモンです。 味方のじならしなどで弱点保険を発動させつつ攻撃してくる。 対策としてはいわタイプとじめんタイプの技をうまく半減で受けながら威嚇やおにびで火力を下げること。 弱点をついても特性ハードロックもあるためダイマックス中はほぼ一撃では倒せない。 なのでダイマックターンをなんとか耐えてその後倒すのが効率的。 コータスはふんかという全体高火力技がめちゃくちゃ強い。 ほのお耐性がないと一瞬でパーティが全壊してしまう。 トリトドンは特性よびみずで味方に飛んでくるみず技を吸って火力を上げられるのが強いところ。 カビゴンははらだいこまたはのろいで火力を上げて攻撃してくる。 キョダイマックスも解禁されるので、はらだいこの隙を見せないことが大切。

次の