お 大事 に なさっ て ください。 「お大事に」に関連した英語例文の一覧と使い方

お大事になさってくださいの類語と使い方|ご静養ください/ご自愛ください

お 大事 に なさっ て ください

Contents• 「御身お大事に」「御身大切に」の意味と用例 「御身お大事に」と「御身大切に」の後半の部分、「お大事に」と「大切に」の意味は誰もが知っています。 しかし、前半の「御身」となると読み方もよくわからないという人が多いのではないでしょうか。 「御身」とは「おんみ」と読みます。 「身」に敬称の「御」を付けていることからもわかるように、「お体」という意味です。 相手の体調や健康を気遣う時に用います。 また、古い時代では「御身」は二人称として呼びかけにも用いられていました。 この用法は現在の日常の口語ではほぼ見られず、文章語としてわずかに残っているだけです。 「お体」という時の「御身」も現在口語で使われることはほとんどなく、もっぱら文章語として用いられると考えてよいでしょう。 ですので、「御身お大事に」や「御身大切に」と用いるのは、おもにかしこまった手紙や挨拶状などにおいてです。 用例を挙げると、「ご多忙とは存じますが、御身お大事になさってください」や「時節柄、御身お大切に」などがあります。 「御身お大事に」「御身大切に」の使い方 先ほども述べたように、「御身お大事に」や「御身大切に」と頭に「御身」を付ける表現は、手紙やメールなどの結びの言葉として用います。 「お大事に」や「大切に」は日常会話でも頻繁に使いますが、「御身」と付けるのは書簡等においての定型句と考えてよいでしょう。 「お体」、すなわち相手の健康状態を気遣って用いる言葉で、「自分を大切にしてください」のように相手を諭すような意味合いにはなりません。 そ の点は誤解が生じる心配はないでしょう。 ただし、ビジネスレターでは、いつでも結びの句として使用できるわけではありません。 入院中の取引先の相手にお見舞いの手紙を書く場合など、相手の健康や体調を気遣う必要がある場合にだけ用いましょう。 親しい人物に私的な意味合いの強い手紙やメールを書くときには、「ご多忙とは存じますが」や「時節柄」などの言葉とともに用いると、相手が特に体調を崩していない場合にも結びの挨拶として通用します。 「御身お大事に」「御身大切に」の言い換え表現 「御身お大事に」や「御身大切に」のように、書簡で用いる同じ意味の表現をいくつか挙げてみます。 相手の体調を気遣うのなら、「お体おいたわりください」で十分真意が通じます。 「お大事にしてください」よりも相手に対する敬意や配慮が伝わりやすいです。 これより少し固い表現になりますが、「ご養生なさってください」という言い方もします。 「養生」の読み方は「ようじょう」です。 病気やケガからの回復に努める意味があります。 簡単に言えば「休んでください」ということですが、単に休憩というより治療のために体を休める意味合いで、相手の病気からの回復を願う時などに使用するとぴったりです。 もう一つ、「お体お厭いください」という表現もあります。 「厭う いとう 」とは「嫌う」や「いやなことを避ける」という意味の言葉ですが、「お体お厭いください」と書くと「体から嫌なことを遠ざけてください」というニュアンスになります。 ただ、現在では一般的にあまり用いられない言葉なので、無理して使うよりは上記の別の表現を使うとよいでしょう。 まとめ 「御身お大事に」や「御身大切に」は、口語ではほぼ使用しない言葉です。 しかし、ビジネスレターにおいてはこちらの配慮を示すのに適している場合があります。 言い換え表現も含めて、ある程度は知識として備えておくようにしましょう。

次の

「お大事になさってください」とはどういう意味?使い方や目上の人に使って良いかなど用例を解説します

お 大事 に なさっ て ください

お見舞のフレーズ お見舞のお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 くれぐれもお大事になさってください。 まだまだ寒い日が続きます。 くれぐれもお大事になさってください。 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 心からお見舞い申しあげます。 地震により被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。 慰めの言葉もありません。 残念な結果には、慰めの言葉もありません。 慰めの言葉もございません。 ご家族の皆様のご心境を思いますと、お慰めの言葉もございません。 ご同情に堪えません。 皆様のご心痛を思い、ご同情に堪えません。 ~はいかがかとご案じ申し上げます。 大雨による被害が甚大とうかがいました。 支店の皆さまはいかがかとご案じ申しあげます。 ~はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 皆様のご様子はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 おかげんはいかがですか。 体調不良にて休暇をとられているとのことですが、その後おかげんはいかがでしょうか。 ~とのことで、大変心配しております。 死傷者も出ているとのことで、大変心配しております。 大変驚いております。 ご病気にて入院と承りまして、大変驚いております。 ただただ驚くばかりです。 突然の悲報に接し、ただただ驚くばかりです。 突然のことに言葉もありません。 突然のことに言葉もありません。 心身ともにおつらいところ、お知らせいただき本当にありがとうございます。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 死傷者も出ているとうかがいました。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご家族が入院されたとうかがいました。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 被害に遭われたとうかがいました。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 長引く復旧作業で、何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 ご傷心のこととお察し申し上げます 思いもかけないご災難に、さぞご傷心のこととお察し申し上げます。 お仕事が気にかかることとは存じますが お仕事が気にかかることとは存じますが、この際十分にご静養なさってください。 ご多忙の御身でしょうが ご多忙の御身でしょうが、どうぞ十分にご加療なさいまして、一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。 ここしばらくは健康回復につとめられ お仕事が気にかかることとは存じますが、ここしばらくは、健康回復につとめられ、一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。 この際十分にご養生に励まれ この際十分にご養生に励まれ、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 この際十分なご静養をなさるよう願っております。 この際ですから、いままでお休みになれなかった分、十分なご静養をなさるよう願っております。 十分のご加療とご静養で くれぐれも十分のご加療とご静養で、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 一日も早いご回復をお祈り申しあげます。 ご病状はいかがでしょうか。 一日も早いご回復を、心からお祈りしております。 一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします。 一日も早くお元気になられ、お顔を拝見できますよう、お祈りしております。 元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 ご自愛のほどお祈りしております。 何かとご苦労が多いことと存じますが、どうぞご自愛のほどお祈りしております。 ご静養のほどお祈りしております。 気がかりなことも多いかと存じますが、ご静養のほどお祈りしております。 ご養生のほど念じております。 1日も早く回復されますように、ご養生のほど念じております。 お見舞いの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 お見舞い• お大事にどうぞ• くれぐれもお大事になさってください• 心よりお見舞い申し上げます 調子はどうですか• おかげんはいかがですか• ~とのことで、大変心配しております• ~はいかがかとご案じ申し上げております 大変ですね• 大変驚いております• ご心痛のほどお察しいたします• 突然のことに言葉もありません 早く元気になってください• 一日も早いご回復をお祈り申し上げます• このさい十分なご静養をなさるよう願っております• 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします.

次の

【大切】と【大事】の意味の違いと使い方の例文

お 大事 に なさっ て ください

具合の悪い人には「お大事に」と、声を掛けてあげたいですね 「ハックション! ちょっと風邪を引いてしまいました……」。 「風邪を引く」は、「감기에 걸리다(カムギエ コルリダ)」。 なので、「風邪を引きました」は、「감기 에 걸렸어요(カムギ(エ) コルリョッソヨ)」ですね。 そんな風に言っている韓国の方がいたら、「早く治るといいですね」なんて声を掛けてあげたいものです。 そんなときは、こんな風に言ってみましょう。 具合の悪い人でも、あなたの一言でホッと癒されるに違いありません。 手紙やメールの結びの挨拶にも使える韓国語表現 E-mailや手紙の結び文句にもなる、便利なひとことは? 日本語でも、メールや手紙の最後に「お体ご自愛ください」、「風邪を引かないように」なんて書いたりしますよね。 韓国語にも似た表現があるんですよ。 メールや手紙、電話を切るときなどによく使われます。 早速見てみましょう!• 「감기 조심하세요」 カムギ チョシマセヨ/風邪に気をつけてください• これは早速使えそうですね! 最後に、相手の方が80歳以上くらいのおじいさん、おばあさんの場合は、こんな表現もありますよ。 「오래오래 사세요」 オレオレ サセヨ/長生きされてください お年寄りを敬う儒教精神が根強い韓国ならではの挨拶ですね。 いかがでしたか? 今回は、意外と知られていない相手の体を思いやる表現を取り上げてみました。 普段の会話でとっても使えると思いますよ。 メールや手紙、お電話で早速使ってみてくださいね! 【関連記事】•

次の