目の下 の クマ 解消 法。 目の下のクマ解消法

男性の目の下のクマに多い原因・種類と解消法 |セオリークリニック(東京・銀座)

目の下 の クマ 解消 法

クマには種類があるんです まず、目の構造についてお話します。 眼球の周りには、たくさんの毛細血管が通っています。 目への栄養や酸素はその毛細血管を血液が流れて送り込んでいます。 目を守るために眼窩脂肪(がんかしぼう)がクッションの役割になっていて、その眼窩脂肪をまぶたが支えています。 まぶたの皮膚はほかのところに比べて非常に薄く、皮脂腺も少ないので、乾燥しやすくデリケートです。 少しの刺激や摩擦でも色素沈着のトラブルになりやすいです。 クマの種類 クマの種類は大きく分けると3つあります。 1. 茶グマ 2.青グマ 3.黒グマ 1.茶グマの原因は「色素沈着」です 茶グマにも2種類あり、皮膚の表面の表皮にできたシミと同じようなレベルの茶グマと、皮膚の奥の真皮でメラニンが沈着した深いレベルのものです。 茶グマの主な原因は「色素沈着」になります。 紫外線でのダメージ、目をこすりすぎること、メイクが落ち切れていない蓄積、乾燥によるかゆみ、化粧品かぶれ…などで色素沈着は起こりやすくなります。 解消法 この場合のクマは、美白効果の入ったコスメでケアする必要があります。 美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸などがあります。 美白成分の効果は、「メラニンの生成を抑制する」「メラニンの排泄を促進する」「メラニンを還元する」です。 今後色素沈着やシミをできないようにするメラニン抑制もしつつ、できてしまった色素沈着やシミを薄くするメラニン排出、還元もしていかないと意味がありません。 できてしまったシミに効果ある成分はダントツで、「ハイドロキノン」です。 肌の漂白剤とも呼ばれるほどの美白効果です。 2.青グマの原因は「血行不良」です 青グマの原因として挙げられるのは、血流の滞り、冷え、生活習慣、ホルモンバランス、睡眠不足、疲労、目の疲れなどです。 3.解消法 ホットパックやマッサージなどで血流をよくすることが効果的です。 目の周りのマッサージは、アイクリームなどをつけて薬指で優しく行うようにしましょう。 強い力が入らない薬指でするのがコツですよ。 また、目の周りだけでなく全身の血流を良くすることが大事です。 適度な運動やストレッチも行うようにしましょう。 3.黒グマの原因は「皮膚のたるみやへこみ」などです 黒グマの原因には、加齢により目の周りの脂肪が委縮したり、皮膚が、凹んで見え、影になります。 また、加齢には関係なく、もともと生まれつき目の下の脂肪が少ない方もいらっしゃいます。 解消法 黒グマの場合は、とにかく目の下にハリ、ふくらみを作ってあげることです。 日ごろの保湿はもちろん、皮膚のリフトアップと内側のコラーゲンを増やしてあげるような化粧品をつかいましょう。 目の下のクマ、たるみ、シワなどで「おばさん」扱い決定してしまうのは嫌ですよね。 疲れてないのに疲れて見えたり、化粧しても目がしょぼしょぼだったり…。 隠すために化粧厚塗りで余計にシワシワに見えてしまうこともよくある話です。 気になったときには本格的な目元ケアを、気になる前には予防目元ケアをしておきましょう。 とにかくどのクマにも、「保湿」が大事です。 夜は、 目の周りにクリームを塗るというより「のせる」イメージでのたっぷり使いましょう。 美容オイルなどで保護するのもオススメです。 乾燥させないことが大事になります。 パソコンやスマホなどを毎日使う人は、目薬を活用するのも大事ですので、こまめに潤い補給してくださいね。 単品スポンジアパウダー(シリカニードル)• スポンジアトリートメント ホワイトクレイセット• スポンジアトリートメント グリーンクレイセット• スポンジアトリートメント ハードクレイセット• スポンジアトリートメント(4種クレイセット• 《プレミアムホワイト5点セット》スポンジアトリートメント&美容液&美容オイル&ハケ• 《スペシャルグリーン4点セット》スポンジアトリートメント&プロテオクリスタル美容液&ハケ• 《スペシャルハード4点セット》スポンジアトリートメント&プロテオクリスタル美容液&ハケ• 《スペシャルホワイト4点セット》スポンジアトリートメント&プロテオクリスタル美容液&ハケプレゼント• 《プレミアムハード5点セット》スポンジアトリートメント&美容液&美容オイル&ハケ.

次の

目の下のクマを1分で解消できる超簡単マッサージ方法

目の下 の クマ 解消 法

そもそも、目の下のクマの原因って?「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」それぞれの特徴は? 目の下の「クマ」は、目の下に影があり黒ずみ、暗くなっている状態のこと。 血流のうっ滞、メラニン色素の沈着、脂肪突出、皮膚のたるみや骨の萎縮など様々な原因があり、「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」と3つに分けられます。 【青クマ】 特徴:目の下が青紫色に見えるクマのこと 原因:皮膚の下にある血管が透けていることによるもの 【黒クマ】 特徴:目の下がくぼみ、影に見えるクマのこと 原因:皮膚のたるみや目の下の脂肪が突出していることによるもの 【茶クマ】 特徴:目の下が茶色~褐色に見えるクマのこと 原因:メラニン色素や血液に色素をつけるヘモグロビンの古くなったヘモジデリンという色素が沈着したもの 下記の方法で自分が何クマなのか判断してみましょう。 (1) 物差しやクリアファイルなど透明な板で軽く圧迫する。 圧迫した時に色素が消えるなら「青クマ」、消えなければ「茶クマ」、目立たなくなるなら「黒クマ」です。 (2) 目尻方向へ皮膚を引っ張る。 引っ張るとクマと皮膚が共に動いたら「茶クマ」、皮膚のみ動いたら「青クマ」、引っ張ってクマが消えたら「黒クマ」です。 「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」、それぞれ自分でできる効果的な対処法って? 原因が違えばそれぞれ効果的な対処法も変わってきます。 自分が何クマか分かったら、それぞれに合った対処法を取ってみてくださいね。 【青クマ】血流のうっ滞が主な原因 1. 温めてマッサージ 温めて血流の改善を促すために、下まぶたのマッサージをしましょう。 目尻(外側)から目頭(内側)に向かって、クリームなどで血流を促すようにマッサージするのがおすすめです。 不規則な生活習慣や偏った食生活を改善 睡眠不足や冷え性などを改善し、ビタミンやポリフェノールなどを多く含んだ食事を摂取するように心がけましょう。 【黒クマ】皮膚のたるみと脂肪突出が主な原因 1. 1日1分くらいが目安です。 マッサージ 耳の上の皮膚(生え際)を繰り返し引っ張り、マッサージをしましょう。 【茶クマ】色素沈着が主な原因:一番厄介です! 1. 保湿 色素沈着を改善するため、皮膚の新陳代謝を促すように保湿を心がけましょう。 刺激を避ける スキンケアを行う際に摩擦を避け、色素沈着を増強させないのがポイント。 ビタミンC ビタミンCを内服したり、外用でも取り入れましょう。 美白スキンケア ビタミンC同様、美白成分を配合されたものを使用しましょう。 紫外線対策 日焼け止めをしっかりと使用して、可能な限りメラニンの生成を促しましょう。 目の下のクマに対して、クリニックではどんな治療が行われるの? クリニックでもそれぞれのクマによって治療法は異なってきます。 【青クマ】には、血流の改善を促す「Nd-YAGレーザーによるレーザートーニング」や、「ヒアルロン酸注入」で血管を目立たなくさせる治療が効果的。 【黒クマ】でもヒアルロン酸注入が治療として行われますが、こちらはヒアルロン酸注入により皮膚にハリを持たせるのが目的。 また、黒クマには「眼窩脂肪の除去」も効果的です。 目の周りにある眼輪筋が緩んでいくと下垂(たるみ)により、眼球も下垂してしまうので眼下の脂肪が押し出されてしまい、これが黒クマと原因となります。 なのでこの脂肪を炭酸ガスレーザーや手術で除去するのも一手です。 そして【茶クマ】は、とにかく色素沈着を改善&増強させないのが大切。 ハイドロキノンや美白剤を処方したり、摩擦を避けるよう意識してもらうために患者さんにとにかく伝えます。 茶クマは3つの中でも一番厄介! 日々のご自身の行動がかなり重要になってきます。

次の

目の下のクマ解消法

目の下 の クマ 解消 法

[目次]• 目の下のたるみには筋肉を鍛えるストレッチを• 目をギュッと閉じて5秒間キープ• 目を思い切り大きく広げて5秒間キープ これを 5回ほど行います。 目の周辺には眼輪筋(がんりんきん)という表情筋があり、 眼輪筋が弱まるとたるみの原因になります。 まばたきで眼輪筋を積極的に動かし鍛えましょう。 目の下のクマを解消する目元マッサージ方法 マッサージの際は、すべりやすいクリームなどを使いながら行いましょう。 目の周りはデリケートな場所のため、 強く押し過ぎたり、こすり過ぎると眼球や皮膚にダメージを与えてしまいます。 特に、強くこすったことが刺激となって色素沈着を起こし、それが原因で起こる茶くまの場合、マッサージを行うのは避けておきましょう。 おすすめの目元マッサージ方法の手順は以下の通りです。 両手の人差指から薬指までの3本指をおでこの真ん中に当て、気持ちよいと思える程度の圧力をかけながらこめかみまで移動します。 両手の中指の腹を左右の目尻に当て、目の下の骨の縁をなぞるように目頭まで移動させ、目の上の骨の縁をなぞるように目尻へ移動します。 両肘を肩と並行に張って、中指と薬指の腹を目の下に当て、目頭から目尻、こめかみへと圧力をかけながら移動します。 それぞれを状況に合わせて 3~5回くりかえしましょう。 目の下のクマ解消には目元のツボ押しも効く ツボを押す際は、気持ちがよい程度の強さで 5秒ずつ3セットが目安です。 睛明(せいめい) 鼻の根元と目頭の間のくぼんだ場所にあるツボで、 眼精疲労に効果的です。 両手の人差指の腹を使って左右のツボを押します。 瞳子膠(どうしりょう) 目尻から親指の幅半分ほど外側の骨の際のわずかなくぼみにあるツボで、 眼精疲労や目尻のシワ改善にも効果的です。 両手の人差指の腹で左右それぞれのツボを押します。 四白(しはく) 左右の瞳の中心から下にたどり、骨のへりから親指の幅1本分ほど下にある骨の際のわずかなくぼみにあるツボで、 眼精疲労や目の下のたるみ改善に効果的です。 両手の中指の腹で左右それぞれのツボを押します。 太陽(たいよう) 左右の目尻の少し外側のこめかみのあたり、骨がくぼんだ場所にあるツボで、側頭部の血行を促し クマの改善や頭痛に効果的。 両手の中指の腹で左右それぞれのツボを押します。 リンパマッサージで顔全体の血行を促進 リンパの流れが滞ると 余分な水分や老廃物が溜まってむくみが生じ、目の下のくまも目立ちやすくなります。 顔周辺のリンパの流れをよくするマッサージを行い、むくみ・たるみを改善しましょう。 耳の後ろの骨の部分にある「耳介後(じかいこう)」というリンパ節をゆっくりと押します。 両方の耳たぶを持って真横に引っ張り、気持ちがいいところでキープ。 耳の真ん中や耳上部も同じように行いましょう。 耳たぶをつまみ、下から上へと揉むように移動します。 耳の手前のフェイスラインに指の腹を当て、頭頂部に向かって側頭部の頭皮をゆっくり持ち上げるように移動させます。 額の生え際に指の腹を当て、頭頂部に向かって前頭部の頭皮をゆっくり持ち上げるように移動させます。 首筋から鎖骨に向かって手のひら全体で撫でながらリンパを流し、最後に脇の付け根のリンパ節をゆっくり押します。 これらのマッサージやツボ押しは、少しずつでよいので 毎日根気よく続けることが大切です。 ご自身・ご家庭でいわゆるマッサージや指圧(ツボ押し)などをする際の注意点• マッサージや指圧などは身体に影響を及ぼす行為です。 ご自身・ご家庭で行う場合は、部位の把握や力の加減が難しく、身体への影響には個人差があります。 病気やケガ、痛みがある場合は、マッサージや指圧などをするまえに医師の診断やアドバイスを受けましょう。 食後、飲酒時、妊娠中など、普段と異なる体調の際は、自己判断によるマッサージや指圧などは避けましょう。 マッサージや指圧などをしたことで体調が悪くなったり、痛みなどが出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。 また、症状が改善しなかったり悪化したりするようなら、医療機関を受診しましょう。

次の