コロナ ウイルス スピリチュアル。 コロナウイルスとスピリチュアルについて|イトケンのスピリチュアルブログ

新型コロナウイルスに感染しないための方法

コロナ ウイルス スピリチュアル

こんにちは。 波動カウンセラーの林 昭裕です。 前回はウイルス不安の影響なのか、またスピリチュアル業界でよく言われるようになってきた「アセンション(次元上昇)」について取り上げてみました。 不思議なもので、こうやってブログで情報発信してからネットを眺めていると、「アセンション」という言葉が目に飛び込んできますね。 なので、今回も前回に引き続き「アセンション」について取り上げます。 なお、今回も 【次元=意識レベル】 【アセンション=次元上昇=意識レベルが高まること】 と一応の定義をした上で進めていきましょう。 スピリチュアル業界の言葉は曖昧に使われることが少なくないので、こうしてある程度の意味を決めておきますね。 地球は本当にアセンションしていると思いますか? さて、まずあなたにお聞きしましょうか。 おそらく、スピリチュアルに関心のある方の大半が、「アセンション」という言葉を一度は言葉にしたことがあるはずです。 あなたがもしそうであるなら、 「そもそも、本当に地球は、アセンション(次元上昇)していると思いますか?」 と聞いてみたいですね。 今の私はそれほど関心を持っていません。 「林さん、私は本当にアセンションを感じてますよ!」 「ウイルス騒動で地球全体が大変なことになってるけど、それでも私は地球はアセンションの真っただ中だと信じてるよ!」 と本当に感じたり信じたりしておられるなら、それでいいと思いますよ。 感じたり信じたりしているものは、正しいとか間違いとかでは測れないから、何とも言えないのよ。 その一方で、 「うーん・・・本当に地球はアセンションしているの? なんて言われると、なんとなくそう思ってるだけかな」 「うーん・・・いろんな人がアセンションアセンションって言うから、たぶんそうなんだろうなって思ってただけかも」 と答える方がおられてもいいですよね。 そういう方は、とても正直です。 もちろん「無条件に信じる」「疑いがない」のも一つのあり方だけども、私は個人的にはこの種の正直さを持っていた方が良いかなと思いますよ。 なんでかというと、さっきも言った通り、スピリチュアル業界の中って言葉の意味が曖昧だからです。 前々回述べた 「『宇宙元旦』について述べたブログ」もそうですね。 ここでの「宇宙」という言葉の解釈は、こう言っちゃ悪いですけど、めっちゃ限定的なんです。 でも、占星術に興味のある一部の方は、「宇宙」という言葉をあまり掘り下げず、偉い先生やブロガーやYouTuberが言っているからという理由で、「宇宙元旦ってめっちゃスゴイ!」って信じているわけでしょ? もちろん「信じるのは自由」だし、「信じるものは救われる」のもある意味では真実なんです。 ただ、私としてはある程度は考えること、疑うことをオススメしたいですね。 まぁ、考えたって答えの出ないことの方が多いんですよ。 でも、無批判で受け入れてしまう方がいるから、スピリチュアルにさほど関心のない方から「スピリチュアルが好きな人は洗脳されやすい」なんて言われちゃうんですって。 そして、同じように、アセンションじゃなくて、 「ア ホンション」 なんて言われてしまうんです(汗) これ、某先生の造語・・・わかる人は誰かすぐわかりますよね(笑) 私は別にこの先生の発言内容を100%肯定はしているわけではありませんが、この小バカにした発言は「確かにそう言われる理由はあるわな・・・」と思います。 だから職業柄「アセンション」は何度も聞いてきたけど、いまだにしっくりこないんです。 ただ、これだけ言えば「個人的な感覚」で終わるので、もうちょっとしっかり述べておきましょう。 「そもそもアセンションって何なのさ?」と聞かれると、私はたったひとこと、 「変化」 と答えることが多いです(あともう一つか二つありますが、小難しくなるのでカット)。 「大宇宙というのは、無限に変化変滅、生成発展している」 なんて難しいこと言わなくたって、私たちの日常を振り返れば、日々「変化」しているのがわかりますよね。 特に最近はコロナウイルスの登場により、人類全体が半ばパニック状態を起こしています。 今年の正月の時点では、まさかこんなパニックになるとは誰も思わなかったはず。 それだけ「変化」が激しくなっているわけですな。 もっとも、世の中の「変化」が激しくなったのは、あまり詳しくはないですが、歴史的には産業革命以降ですね。 産業革命の技術革新で生産能力が圧倒的に高まることによって、世の中の「変化」はそれまでよりずっと激しくなった。 そして、最近では情報技術の革新によって生まれたインターネットが、地球人類のコミュニケーションの量を爆発させたことで、世の中の変化はさらにさらに激しくなった。 そうして人々が地球規模でコミュニケーションを取ることによって、技術革新のスピードはさらに加速化していっているのはご存知の通り。 さっき、たまたま何かの拍子で「mixi」を見てたんですが、「そういえばこんなのあったなー」って感じですよね・・・。 そして、このグローバル化によって「ヒト・モノ・カネ・情報・技術」の流れがより自由になったおかげで、もちろん恩恵はあるけれど、同時にコロナウイルスも圧倒的加速度でもって世界中に蔓延してしまっているわけですよ。 ・・・これ、全然スピリチュアルじゃねえ(笑) 単なる「事実の認識」であって、別に「信じる・信じない」ではないんです。 だから、さっき「別に信じてへん」って言ったわけ。 もし「アセンション=変化」とするのであればね。 だから、スピリチュアル好きの方から 「最近は地球のアセンションが進んでる!もうすぐ新しい次元に向かうよ!宇宙のゲート?が開くらしい!」 なんてテンション高めで言われたら、 「あぁ、これってつまり『変化が激しくなってるよ』って言いたいんやな」 とまずはシンプルに翻訳するようにしています。 ・・・素っ気ない? でも、だから私は「洗脳」されないし、あなたを「洗脳」することもないんですよ。 それが当ホームページのタイトル「マジスピ」(真のスピリチュアル)に込めている意味なんです。 スピリチュアル業界って「過剰な意味付け」がホンマに多いんで、ちゃんと考えて接しましょうね。 コロナウイルスは「地球のアセンション」によって生まれたのか? ただ、アセンションの意味をただ「変化」とだけ言ってしまうと、「次元上昇」の意味が落ちてしまうので、もうちょっと説明しておきますね。 では、もう一度「地球は次元上昇していると信じますか?」と聞かれたら、 別に信じてへん と、また答えるよ(笑) 冒頭で述べた通り、 「次元上昇=意識レベルが高まること」 と決めるとすれば、別に人類の意識レベルがこの何十年かで高まっているとは、個人的には感じません。 もちろん、例えば ・第二次世界大戦後「途上国」と言われた国も、現在はかなり豊かになっている。 日本の戦後の経済発展も同じ。 ・世界の平均寿命は今や約70歳であり、これは医療や食料やある程度行きわたっている証拠。 ・世界での自然災害での被害者は、インフラや建築物の発展によって、実はこの100年で半減しているらしい(日本にいたら想像つかないけどね)。 などの「物質的な進歩発展の事実」を踏まえれば、確かにある種の「上昇」だとは言えますね。 約75年前、我が日本では空から爆弾が降ってきていたわけですから。 しかし、物質的な進歩だけで「次元上昇=意識レベルが高まること」だとみなすのは、少し違うのかなと思います。 まぁこれを信じる信じないはおまかせしますけど、試しに自分の波動(エネルギー)を観る能力でもって 〈 1900年当時の人類意識の波動〉 と 〈 2020年当時の人類意識の波動〉 とを比較すると、 率直に言って、それほど違いがあるとは感じないんです。 むしろアセンション=次元上昇とは逆の ディセンション つまり「次元下降」しているんじゃないかとすら感じるぐらいですな(もちろん個人個人で見れば上昇している方もおられるでしょうが)。 確かに、第一次対戦や第二次対戦のような大量殺戮は、今はなくなりましたね。 でも、それは例えば「核の抑止力」によって、なんとかギリギリのところでバランスを保っているだけかもしれません。 そのバランスも一歩間違えれば、国のリーダーの指示一つで、大量の死者が一瞬で出るわけです。 実際、某国のある沿岸には、今も「敵国」に向けて核弾頭が何十発も並んでいるらしいですから。 たとえ核がなくとも、今はテロによる脅威もあります。 パワーだけが強い、国際ルールや人権を無視するような某国もある。 (こういった「現実の姿」を見てもなお、「それでも地球はアセンションしている!」って言えますか?) そして、今回のコロナウイルス騒動は「もはや第三次世界大戦だ!」と言う国のリーダーまで出てきました。 そんなコロナウイルスの波動(エネルギー)を観察してみると、まるで憎悪のようなものが重たく混じっている、粘着質の非常に強い波動のように感じます。 こうしたウイルスが誕生するのは、それが生物兵器として軍事利用で開発されたものであろうと、偶然に発生したものであろうと、「人類の意識エネルギー」が関わっているんですね。 もちろん「人類の意識エネルギー」と言ったって、直接的に関わっているのは、一部の「凶悪な波動」を持つ組織や集合体でしょう。 でもね、これは私たち一人ひとりの意識も関わっているんです。 それを忘れたらあかん。 「一人の意識は、世界とつながっている」 それを学ぶのが、スピリチュアルの道ですからね。 物質的な進歩発展だけでは、アセンションとは言えない 今回のブログテーマはスピリチュアル鉄板ネタの「アセンション」のくせに、ずいぶん現実的な話が多くなってますね(汗) まぁ私は現実的なものを大事する「スピリチュアル系カウンセラー」ってことで、お付き合いください。 ここで言いたいのは、 「物質的な進歩発展をもって、アセンションとは言わない」 ということなんですよ。 よく言われることですけど、物質的なものを使いこなす「魂」や「精神性」というものが伴わなければ、やはりアセンションとは言えないんですね。 とはいえ、地球人類の進化のプロセスとしては、まず物質的な繁栄が先じゃないといけなかったんでしょう。 そんな物質的な繁栄はかなりのレベルまで高まったものの、実際はグローバリズム資本主義によって「たった2ケタの人数の大富豪が、世界の富の半分を持っている」いびつな世の中になり、我が日本でも「格差社会」がどんどん進行しているわけです。 コロナウイルスの発生は、もちろん不幸なことではあるけれど、もしかしたらそんな歪んだ世界の構造を変えてくれるかもしれません。 ただ、コロナのウイルスの発生をもって「地球はアセンションしているんだぁぁぁ!」と、(おそらく不安や怖れの反動として)浮かれるのはまだ早い。 今回の「大きな痛み」を胸に、私たち人類がこの災いをどう活かしていくかによって、アセンションできるか、逆にディセンションになってしまうかが決まるんです。 いま日本では、マスコミのネガティブな情報によって、不安や恐怖がより増幅されています。 ・パンデミック(pandemic=感染症の世界的流行)ではなく、 ・インフォデミック(infodemic=主にデマ・フェイクニュースの流行) にも注意しないといけなくなりました。 そんな中、このコロナウイルスの「深い意味」について考える余裕は、あまりないかもしれません。 ただ、もしこのブログをここまで読んでいただいたなら、コロナウイルスの 「災い転じて福となす」 という気持ちを、一緒に持っていこうではありませんか。 そんな「深い意味」について考える材料、また最近ではコロナ対策の情報なども、無料のメールマガジンで述べるようになりました。

次の

高次元からの新型コロナウイルス最新メッセージ(癒しのヒーリングメッセージ・スピリチュアル日本語吹き替え朗読2020年最新) ※途中で音が小さくなる所あり

コロナ ウイルス スピリチュアル

スポンサーリンク 今、新型コロナウイルスが世界中に拡散し、多くの方が感染し亡くなられています。 異常な状況が続いています。 悲惨な状況はいつまで続くのでしょうか? きっと、私達が重要な何かに気付くまで続くのだと思います。 コロナウイルスの猛威を目の当たりにし、今、重要な何かに気付くべきだと思いませんか? 最近、芸能人などがコロナウイルス対策のための手洗いの動画などを流しています。 家の中でできるトレーニングを紹介するアスリートもいます。 そういった動画には共通する思いが込められています。 その共通するものは「 自分を守り、大切な人を守り、世界を守る」という思いです。 私はこれこそが、世界中の人々が気付くべき重要な何かだと思います。 まさにワンネスの世界が広がろうとしています。 コロナウイルスは悪者ではない? 私はコロナウイルスは決して 宇宙的に見れば 悪者ではないと思います。 なぜかというと、私たちに多くの学びをもたらしたからです。 では、何が問題なのでしょうか? 宇宙には、良い悪いはありませんが、それは私たちの自分本位な思考と行動ではないでしょうか? 「自分は大丈夫だろ…」 「少しくらい構わないだろう…」 「自分さえ良ければ…」 という自分本位な思考と行動が、コロナウイルスの感染拡大に火をつけ、多くの人の命を奪ってきたのだと思います。 コロナウイルスが問題ではなく、私たちの思考と行動を変え、悪い生活習慣を改める必要があるのではないでしょうか。 地球人は、そのことに気付き、自らを改める必要があります。 そこが変わらない限り、コロナウイルスの問題は完全に終息しないでしょう。 もしコロナウイルスが終息したとしても、また新たな問題がでてきます。 全体的にも、個人的にも色々な面で、問題が出てくるでしょう。 でも今、多くの人は重要な何か気付きました。 スポンサーリンク その証として、多くの人が手洗いを厳行することで、自らの健康を守り、外出自粛をし他人を守り、皆で力を合わせて世界を守ろうとしています。 何かを解決するときに、他人や物に依存するのではなく、自分ができることに気づき、行動を改めました。 私も、今までの悪い生活習慣を見直し、自分の健康管理を心掛けるようになりました。 大きな意識の変化だと思います。 今まさに何かが大きく変わろうとしています。 地球はワンネスに向かい動き始めました。 ワンネスへ向けての世界の人々の意識の進化を感じています。 ワンネスは、大きなお話ですが、それに向かって一人一人が出来ることは、行動を変えるということです。 一人一人が、自分を守るために何が出来るのか、大切な人を守るために何ができるのか、世界を守るために何ができるのか、そのことを考えて行動を変えていくことです。 手を洗うという、小さな一つの行動の中にも、深い意味が込められています。 ただ手を洗うということではなくて、大切な人を思いやるという、 愛の表れです。 その一つの行動が、自分を変え、世界を変え、愛に満ちたワンネスという世界へ向かうことになります。 そういうと、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ワンネスという、大きなことの実現は、私達の小さな行動の積み重ねで達成できるものです。 自分ができる、小さな行動を積み重ねていきたいですね。 私がコロナウイルスから学んだことです。 明日は天秤座の満月です。 宇宙のエネルギーがバランスします。 さらにスーパームーンなので、そのパワーが増します。 今はコロナウイルスの問題で、人々の心が不安の方向へ傾いてしまっていますが、天秤座のエネルギーを受けて、調和の方向へバランスするといいですね。 そのためには、一人一人の思いと行動が大切です。

次の

コロナウイルスのスピリチュアルな意味をスピこじ的に解説! | スピリチュアルをこじらせた人のための処方箋【スピこじ】

コロナ ウイルス スピリチュアル

新型コロナウイルスはいつまで続く? 前にアメリカの スピリチュアル超能力者シルビア・ブラウンが、著書で新型コロナウイルス発生を12年前に予言していたという記事を書きました。 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 収束時期については3月から収束に向かう、という楽観的なものから、何年も繰り返し起こる、という悲観的なものまでさまざまで何とも言えませんが、一度収束してもまた余波が来るというのが大方の見方です。 100年前に流行ったスペイン風邪は収束に2年以上かかったと言われています。 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 スピリチュアル超能力者の予言 ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ ババ・ヴァンガは1911年に生まれ1996年に84歳で亡くなったブルガリアの予言者。 「ババ」とはブルガリア語で「おばあちゃん」という意味だそうです。 ヴァンガは12歳のときに竜巻に飲み込まれ、両目を傷つけられて失明してから予知能力が身についたそうです。 今までに第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊、ダイアナ妃の死去、アメリカ同時多発テロ事件、数々の地震、イスラム国の台頭などを予言したといわれています。 新型コロナウイルスについては亡くなる数年前に、「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」と語ったらしいです。 そのコロナが今回の新型コロナウイルスのことか?と言われているのですが真偽は定かではありません。 ババ・ヴァンガについてはの記事にも書いています。 【2020年】ノストラダムスがコロナウイルスを予言【都市伝説・オカルト】 — NAVER まとめ — タカヒサ XIwaJkcxr8eekwq また、1999年の予言は20年の誤差で、恐怖の大王は2019年の新型コロナウイルスのことではないかとも言われています。 ノストラダムスの大予言って解釈を変えると新型コロナの話みたいな気がするけどどう思います?。 アンゴルモアの大王=コロナ(王冠) 1999年=コビット19 歓喜のうちに=オリンピック その他原文の解釈でやったら符合するところが出るのでは? — 田中 皇介 kaettkita ビルゲイツや作家の新型コロナウィルスの予言 ビル・ゲイツ ビル・ゲイツは超能力者ではないですが、未来に起きるであろう疫病を予言していたようです。 これ、3年前のビルゲイツの予言。 3300万人が感染症で死ぬとな。 実現してしまうのか? 的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 さんから — m3alp 雪降ったぜいぇーぃ m3alp 2015年にビルゲイツ氏がウイルスについて話してて、これぞ天才。 「すぐに対策を講じるべき」とありますが、どの程度真剣に受け取られたのでしょうか。 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。 一番の防御策は正しく知ること」と話す。 これは小説ですが、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離、学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、作品の中に描かれたことが実際今回起こっていることと同じです。 まとめ ビルゲイツや高嶋哲夫さんは、予言というよりも現実に基づいてこのような事態を起こりうると予測し、発表しています。 人類の歴史を見ればウイルス感染が繰り返し起きることは分かっていたことなのでしょう。 いつどこで起きるかは分からないにしろ、また繰り返されるのだと思います。 ウイルス感染だけではないいろいろな災害がこれからも起きていくでしょう。 ただ、私たちが災害を助長する行動をとることは避けなければいけないし、環境を大事にして生活することは続けなくてはならないと思います。 私たち個人がができることは、免疫力を付けておくこと、物事に動じない精神力を持つこと、いつ何が起きるか分からないと腹をくくって毎日を大切に生きることぐらいでしょうか。

次の