エモコア 日本。 メロコアの意味とは?おすすめのメロコアバンドと代表曲を徹底紹介!

エモ

エモコア 日本

の派生ジャンルとして1980年代後半に勃発したストリート・ミュージックのスタイル。 ()や()、(ノーエフエックス)など、カ西海岸のスケート文化と融合して一気に火がつき、日本でも(ハイ・スタンダード)や()らによって盛り上がりを見せました。 今回は黎明期である1990年代の古き良き時代のバンドを僕の独断と偏見でピックアップしていきます。 Contents• もうーこのMVは何度観たことか!1999年にリリースされた『MAKING THE ROAD』に収録されたハイスタの代表曲。 I won't forget when you said to me "stay gold" I won't forget always in my heart "stay gold" サビのこの歌詞はいつ聴いてもポジティブな気持ちにさせてくれます。 パンクといえば反骨精神で、反政府など体制に対してアンチテーゼを叫ぶスタイルが一般的でしたが、1990年代以降は様々な解釈が加えられ、ポジティブなメッセージを歌うバンドが増えました。 ハイスタと共に1990年代の日本のパンクシーンを支え、今なお第一線で活動し続ける()。 こちらもハイスタと共に1990年代の日本のパンクシーンを支えた、を語る上で欠かすことなんてできるはずのない重要バンド。 1994年に結成、2005年に解散しましたが、2012年にメンバーを変えて再結成しています。 この時代のはハードコア色が強く、高速ビートにブリッジミュートを効かせたドライビンなギターが特徴的なバンドが多かったですが、彼らは唄を全面に出し、曲の良さが際立つバンドでした。 日本のシーンを代表するバンド。 1995年に結成、2007年に解散しましたが、2012年に再結成し活動を続けています。 自らのバンドスタイルを『P・M・A(Positive Mental Attitude - 「肯定的精神姿勢」)』と称しています。 (ケムリ)と同様、日本のシーンを代表するバンド。 1995年に結成、2002年に解散しましたが、2004年に再結成し、2015年まで活動していました。 この時代の日本のバンドは演奏力の高さと、リフのフレーズさが際立っている感じがします。 こちらも日本のシーンを代表するバンド。 ベースの4106は、の渡邉忍、のと共にのバックバンドを務めています。 THUMB ハイスタと共に日本のパンクシーンを支えたメパンクバンド。 現在は、元SHERBETのとTHUMBのメンバーで(スライムボール)として活動中。 SHERBET ハイスタ、THUMBと共に日本のメパンクを牽引したバンド。 現在は、がTHUMBのメンバーと(スライムボール)を結成し活動中。 REACH 現在の日本のエモシーンに多大な影響を与えた1990年代のメパンクバンド。 ドラムのは現在で活動中。 現在の日本の、ポップ・パンクに多大な影響を与えた1990年代のメパンクバンド。 ギターボーカルの渡邉忍は現在(アスパラガス)のギターボーカル、のバックバンドのギターとして活動中。 まとめ 今回はひとまず10バンドをピックアップしてみましたが、全然足りないですね。 また別の機会に他のバンドについても書こうと思います。 steeeeevo.

次の

ハードコア メタルコア スクリーモ エモ パンク 通販 ショップ ishizue diary,,,

エモコア 日本

激情系ハードコアとは 激情系ハードコアとは、不協和音的なコード進行や変拍子、シャウトやスポークン・ワード(詩の朗読)を多用するハードコア・パンクの一種です。 単に激情系あるいはエモ・バイオレンスと呼ばれることもあります。 リアル・スクリーモやカオティック・ハードコア、エモバイオレンスのバンドが、SNSやレコード会社からこのジャンルに括られがちです。 バンドによって異なりますが、基本的には高い声でのシャウトが目立ちます。 シューゲイザーやポスト・ロックなど、音響系アプローチをするバンドも少なくありません。 ちなみに、シューゲイザーに関する詳細は以下にまとめましたので、ジャンルについてまったく知らない方はご覧ください。 日本の激情系ハードコアバンド(随時更新) ここからは日本の激情系ハードコアバンドを紹介します。 以下に取り上げるバンドについては、簡単にマトリクス図でまとめました。 マトリクス図の読み方は以下の通りです。 キャッチー度…歌メロの多さや明るいコードの多さ 難解度…複雑なコードや曲展開、変拍子の多さ また、激情系ハードコアに定義すべきか微妙なバンドも多いですが、管理人が「このエッセンスは激情系にも通ずるところがある」と思ったら取り上げることとしました。 各バンドのキャリア等は問わず、順不同で掲載していますがご了承ください。 Heaven in her arms(東京) 2001年に結成。 ストイックさが表れた緊張感のある音楽性に加え、envyの世界観に通ずる壮大なスケールを持ち合わせたバンドではないでしょうか。 envyと同じSONZAI RECORDSに所属しています。 海外でも多くのツアーを敢行しており、その活躍は国内にとどまりません。 Sora(東京・八王子) 東京・八王子で結成されたバンド。 ライブ動画は解散直前のかなりキャッチーな楽曲ですが、激情系ハードコアの代表的バンドのひとつだと思います。 『耳鳴りとその訳』『いつかのテープレコーダーe. 』ともに、2000年代の激情系ハードコアを代表する名盤のひとつではないでしょうか。 管理人は『いつかのテープレコーダーe. 』をきっかけに激情系ハードコアが好きになりました。 ちなみに、ギター&ボーカルの内田さんはkillieでギターを担当しています。 この曲を聴いてから管理人は激情系ハードコアにのめり込みました。 近年は演奏していませんが、2017年の台湾遠征では久々に『結んで開いて』を演奏したそうです。 最新作『理屈的な誰かと理想的』では『群青』や『はじめ』など、はっきりしたメロディの曲も多く、こちらもおすすめです。 最近のライブ(2018年7月)で新曲を披露していましたが、ポップながらハードコア・パンクな要素もあって素晴らしい曲でした。 to overflow evidence(福島) シンガロングや泣きのギターフレーズも多い福島のバンド。 福島県いわき市で開催されるONA FESの主催でもあります。 2017年発売の最新作『Clear』は今までより明るいコード感の曲も目立ち、シンガロングのパートも多くなりました。 管理人の印象ですが、新作はメッセージをはっきりと受け取れるようになったと思います。 以前の作品よりも日本語詞の重みを感じます。 killie(東京) その独特の世界観は一言で説明できない、難解すぎるハードコアバンド。 激情系ハードコアバンドの3cm tourやSoraのメンバーを中心に結成されました。 音源の入手が難しい、WEBサイトからライブ告知がわからないなど、バンド活動自体も一癖あります。 あまりに癖の強すぎる楽曲や独特のライブパフォーマンスなど、好き嫌いも分かれると思いますが、その世界観は唯一無二。 激情系ハードコアのジャンルで探しても、彼らと近い音楽性のバンドを探すのは難しいはずです。 Hopeless Raven(東京) 東洋大学出身のメンバーを中心に結成されたドラマティックハードコアバンド。 メタリックな重低音や叙情系ニュースクールに通ずるコード感、スポークン・ワードの多用、泣きのギターフレーズにポストロック的なトレモロ奏法など、激情系ハードコアのいいところもすべて詰まっています。 『灯る日』という曲もおすすめです。 余談ですが管理人の職場でも人気で、何名かがファンになっていました。 San Visage(東京) まだ20代中盤ながら叙情系やエモ・バイオレンスの影響を感じさせる、若手激情系ハードコアバンドの代表格ではないでしょうか。 海外のハードコアバンドの来日公演のサポートを多数務めているようです。 2017年の年末にライブを見ましたが、圧倒的な音量に驚かされました。 ライブのMCで「高校生のときにbirthのイベントに足を運んだ」という話をしており、筋金入りのハードコアファンだと感じます。 DAM(大阪) こちらも20代ながら、静と動のドラマチックな世界観に胸を締め付けられます。 美しいアルペジオ・パートやクリーン・パート多めのボーカル、不協和音や変拍子などのハードコア的な攻撃性が共存している点もおすすめです。 alt of the society(鹿児島・東京吉祥寺) 圧倒的なエネルギーの爆発を感じさせる激情系ハードコアバンド。 3ピース時代のライブを見ていますが、ライブ・パフォーマンスもウルトラハイエナジー。 哲学的な世界観が人気の理由ですが、4ピースになったことでより楽曲が深くなったと思います。 長野発激情ハードコア・ミクスチャーバンドのkOTOnohaの啓志(Vo. )さんも「いま一番ヤバい」という旨の発言をしていました。 kOTOnoha(長野) ウッドベースのメンバーが居たりラップパートがあったり、さらにライブではフリースタイルを披露したりと、もはや激情ハードコアの枠組みを脱した長野県のバンド。 ただ、ギターのサウンドやシャウトなど激情系ハードコア的な要素もあります。 実際、初期は激情系ハードコアというカテゴライズから出発していたようです。 ただ、激情系ハードコアの特徴であるスポークン・ワード自体がラップに近いです。 もしかすると、ハードコア・パンクとヒップホップの境界線は少し薄れているのかもしれない……と、感じます。 ちなみに、啓志さんのインタビューを読みましたが、どちらのジャンルも好きとのことでした。 日本語ラップも大好きです。 きっかけは中学2年生の頃リリースされたZEEBRAさんのソロ2nd「BASED ON A TRUE STORY」ですね。 ラッパ我リヤなどの走馬党、Da. Records、MSCやコンピ「CONCRETE GREEN」周辺アーティストにもハマりました。 海外のラップは言葉遊びの妙が分からずあまり触れていないのですが、Wu-Tang ClanとCee Lo Green(Goodie Mob)は大好きですね。 管理人が思う日本の激情系ハードコアの興り 管理人は、日本の激情系ハードコアの起源はenvyかnaiadではないかと思います。 おそらく、ほとんどの激情系ハードコアバンドのメンバーが一聴しているはずです。 envy ハードコア・パンクバンドのBLIND JUSTICEのメンバーらが1995年に結成。 envyはストレートなハードコア・パンクに留まらず、ポストロックや音響系、シューゲイザーなどのジャンルも昇華し、独自の音楽性を構築しました。 2016年にボーカルの深川哲也が脱退。 2018年にボーカルの深川哲也が復帰するもギターの飛田雅弘、ドラムの関大陸が脱退し、オリジナルメンバーにkillieのyOshi、9mm Parabellum Bulletの滝善充、heaven in her armsの渡部弘生らを迎えた現体制となりました。 naiad 2006年に解散した京都のニュースクール・ハードコアバンド。 叙情系ハードコアと括られることもあります。 一度出した展開を繰り返さない楽曲は「京都系」とも呼ばれており、多数のフォロワーを生み出しました。 日本のハードコア・パンクにおけるひとつの完成形と言っても過言ではありません。 結成年は不明です。 インターネットが発達する前の時代だからか情報不明な部分が多く、YouTubeでもライブ動画(公式)が見つかりません。 詳しい方、ぜひ教えてください。 naiad 叙情系ハードコアとの違い 激情系ハードコアと叙情系ハードコアの違いと言われると、実のところ管理人もよくわかりません。 どちらもメジャー7thなどを使う叙情的なギターのコード感、変拍子や複雑な楽曲構成を取り入れたバンドが多いからです。 個人的な印象で言えば、 激情系ハードコアは演奏技術を問わないのに対し、叙情系ハードコアはテクニカルな側面も強く、無骨なサウンドという印象があります。 海外のバンドになりますが、たとえばフロリダの叙情系ハードコアのSaints Naver Surrenderはライトハンド奏法なども駆使しています。 あくまで演奏上の特性です。 激情系ハードコアを聴いてほしい 2000年代中ごろに多くのバンドが登場した激情系ハードコアですが、解散するバンドも多く、ジャンルとしては少し衰退しているかもしれません。 しかし、東京はもちろんですが全国各地に激情系ハードコア、あるいはこのジャンルに多かれ少なかれ影響を受けたバンドは存在します。 管理人も本当に大好きなジャンルなので、今回ご紹介したバンドを中心にぜひ一度聴いてみてください。

次の

メロコアの意味とは?おすすめのメロコアバンドと代表曲を徹底紹介!

エモコア 日本

激情系ハードコアとは 激情系ハードコアとは、不協和音的なコード進行や変拍子、シャウトやスポークン・ワード(詩の朗読)を多用するハードコア・パンクの一種です。 単に激情系あるいはエモ・バイオレンスと呼ばれることもあります。 リアル・スクリーモやカオティック・ハードコア、エモバイオレンスのバンドが、SNSやレコード会社からこのジャンルに括られがちです。 バンドによって異なりますが、基本的には高い声でのシャウトが目立ちます。 シューゲイザーやポスト・ロックなど、音響系アプローチをするバンドも少なくありません。 ちなみに、シューゲイザーに関する詳細は以下にまとめましたので、ジャンルについてまったく知らない方はご覧ください。 日本の激情系ハードコアバンド(随時更新) ここからは日本の激情系ハードコアバンドを紹介します。 以下に取り上げるバンドについては、簡単にマトリクス図でまとめました。 マトリクス図の読み方は以下の通りです。 キャッチー度…歌メロの多さや明るいコードの多さ 難解度…複雑なコードや曲展開、変拍子の多さ また、激情系ハードコアに定義すべきか微妙なバンドも多いですが、管理人が「このエッセンスは激情系にも通ずるところがある」と思ったら取り上げることとしました。 各バンドのキャリア等は問わず、順不同で掲載していますがご了承ください。 Heaven in her arms(東京) 2001年に結成。 ストイックさが表れた緊張感のある音楽性に加え、envyの世界観に通ずる壮大なスケールを持ち合わせたバンドではないでしょうか。 envyと同じSONZAI RECORDSに所属しています。 海外でも多くのツアーを敢行しており、その活躍は国内にとどまりません。 Sora(東京・八王子) 東京・八王子で結成されたバンド。 ライブ動画は解散直前のかなりキャッチーな楽曲ですが、激情系ハードコアの代表的バンドのひとつだと思います。 『耳鳴りとその訳』『いつかのテープレコーダーe. 』ともに、2000年代の激情系ハードコアを代表する名盤のひとつではないでしょうか。 管理人は『いつかのテープレコーダーe. 』をきっかけに激情系ハードコアが好きになりました。 ちなみに、ギター&ボーカルの内田さんはkillieでギターを担当しています。 この曲を聴いてから管理人は激情系ハードコアにのめり込みました。 近年は演奏していませんが、2017年の台湾遠征では久々に『結んで開いて』を演奏したそうです。 最新作『理屈的な誰かと理想的』では『群青』や『はじめ』など、はっきりしたメロディの曲も多く、こちらもおすすめです。 最近のライブ(2018年7月)で新曲を披露していましたが、ポップながらハードコア・パンクな要素もあって素晴らしい曲でした。 to overflow evidence(福島) シンガロングや泣きのギターフレーズも多い福島のバンド。 福島県いわき市で開催されるONA FESの主催でもあります。 2017年発売の最新作『Clear』は今までより明るいコード感の曲も目立ち、シンガロングのパートも多くなりました。 管理人の印象ですが、新作はメッセージをはっきりと受け取れるようになったと思います。 以前の作品よりも日本語詞の重みを感じます。 killie(東京) その独特の世界観は一言で説明できない、難解すぎるハードコアバンド。 激情系ハードコアバンドの3cm tourやSoraのメンバーを中心に結成されました。 音源の入手が難しい、WEBサイトからライブ告知がわからないなど、バンド活動自体も一癖あります。 あまりに癖の強すぎる楽曲や独特のライブパフォーマンスなど、好き嫌いも分かれると思いますが、その世界観は唯一無二。 激情系ハードコアのジャンルで探しても、彼らと近い音楽性のバンドを探すのは難しいはずです。 Hopeless Raven(東京) 東洋大学出身のメンバーを中心に結成されたドラマティックハードコアバンド。 メタリックな重低音や叙情系ニュースクールに通ずるコード感、スポークン・ワードの多用、泣きのギターフレーズにポストロック的なトレモロ奏法など、激情系ハードコアのいいところもすべて詰まっています。 『灯る日』という曲もおすすめです。 余談ですが管理人の職場でも人気で、何名かがファンになっていました。 San Visage(東京) まだ20代中盤ながら叙情系やエモ・バイオレンスの影響を感じさせる、若手激情系ハードコアバンドの代表格ではないでしょうか。 海外のハードコアバンドの来日公演のサポートを多数務めているようです。 2017年の年末にライブを見ましたが、圧倒的な音量に驚かされました。 ライブのMCで「高校生のときにbirthのイベントに足を運んだ」という話をしており、筋金入りのハードコアファンだと感じます。 DAM(大阪) こちらも20代ながら、静と動のドラマチックな世界観に胸を締め付けられます。 美しいアルペジオ・パートやクリーン・パート多めのボーカル、不協和音や変拍子などのハードコア的な攻撃性が共存している点もおすすめです。 alt of the society(鹿児島・東京吉祥寺) 圧倒的なエネルギーの爆発を感じさせる激情系ハードコアバンド。 3ピース時代のライブを見ていますが、ライブ・パフォーマンスもウルトラハイエナジー。 哲学的な世界観が人気の理由ですが、4ピースになったことでより楽曲が深くなったと思います。 長野発激情ハードコア・ミクスチャーバンドのkOTOnohaの啓志(Vo. )さんも「いま一番ヤバい」という旨の発言をしていました。 kOTOnoha(長野) ウッドベースのメンバーが居たりラップパートがあったり、さらにライブではフリースタイルを披露したりと、もはや激情ハードコアの枠組みを脱した長野県のバンド。 ただ、ギターのサウンドやシャウトなど激情系ハードコア的な要素もあります。 実際、初期は激情系ハードコアというカテゴライズから出発していたようです。 ただ、激情系ハードコアの特徴であるスポークン・ワード自体がラップに近いです。 もしかすると、ハードコア・パンクとヒップホップの境界線は少し薄れているのかもしれない……と、感じます。 ちなみに、啓志さんのインタビューを読みましたが、どちらのジャンルも好きとのことでした。 日本語ラップも大好きです。 きっかけは中学2年生の頃リリースされたZEEBRAさんのソロ2nd「BASED ON A TRUE STORY」ですね。 ラッパ我リヤなどの走馬党、Da. Records、MSCやコンピ「CONCRETE GREEN」周辺アーティストにもハマりました。 海外のラップは言葉遊びの妙が分からずあまり触れていないのですが、Wu-Tang ClanとCee Lo Green(Goodie Mob)は大好きですね。 管理人が思う日本の激情系ハードコアの興り 管理人は、日本の激情系ハードコアの起源はenvyかnaiadではないかと思います。 おそらく、ほとんどの激情系ハードコアバンドのメンバーが一聴しているはずです。 envy ハードコア・パンクバンドのBLIND JUSTICEのメンバーらが1995年に結成。 envyはストレートなハードコア・パンクに留まらず、ポストロックや音響系、シューゲイザーなどのジャンルも昇華し、独自の音楽性を構築しました。 2016年にボーカルの深川哲也が脱退。 2018年にボーカルの深川哲也が復帰するもギターの飛田雅弘、ドラムの関大陸が脱退し、オリジナルメンバーにkillieのyOshi、9mm Parabellum Bulletの滝善充、heaven in her armsの渡部弘生らを迎えた現体制となりました。 naiad 2006年に解散した京都のニュースクール・ハードコアバンド。 叙情系ハードコアと括られることもあります。 一度出した展開を繰り返さない楽曲は「京都系」とも呼ばれており、多数のフォロワーを生み出しました。 日本のハードコア・パンクにおけるひとつの完成形と言っても過言ではありません。 結成年は不明です。 インターネットが発達する前の時代だからか情報不明な部分が多く、YouTubeでもライブ動画(公式)が見つかりません。 詳しい方、ぜひ教えてください。 naiad 叙情系ハードコアとの違い 激情系ハードコアと叙情系ハードコアの違いと言われると、実のところ管理人もよくわかりません。 どちらもメジャー7thなどを使う叙情的なギターのコード感、変拍子や複雑な楽曲構成を取り入れたバンドが多いからです。 個人的な印象で言えば、 激情系ハードコアは演奏技術を問わないのに対し、叙情系ハードコアはテクニカルな側面も強く、無骨なサウンドという印象があります。 海外のバンドになりますが、たとえばフロリダの叙情系ハードコアのSaints Naver Surrenderはライトハンド奏法なども駆使しています。 あくまで演奏上の特性です。 激情系ハードコアを聴いてほしい 2000年代中ごろに多くのバンドが登場した激情系ハードコアですが、解散するバンドも多く、ジャンルとしては少し衰退しているかもしれません。 しかし、東京はもちろんですが全国各地に激情系ハードコア、あるいはこのジャンルに多かれ少なかれ影響を受けたバンドは存在します。 管理人も本当に大好きなジャンルなので、今回ご紹介したバンドを中心にぜひ一度聴いてみてください。

次の