トーク ルーム 作成。 チームトークルーム

トークルーム

トーク ルーム 作成

- もくじ -• グループトークと複数人トークの違いと作り方 LINEにおいて、3人以上でトークを利用することを「グループトーク」というのが一般的です。 ところがトークルームの作成手順や招待方法などによって2パターンが存在します。 グループトーク:特定のメンバーを決めてトークルームを作成して利用 複数人トーク:1対1のトーク中に友だちを誘って会話する 違いについて簡単にまとめると、グループトークが継続的な利用が目的なのに対して、複数人トークは一時的な会話をする際に便利です。 また利用できる機能にも違いがあります。 両トークの作成方法の違いから見ていきます。 基本的な作成手順はAndroid、iPhoneでほぼ同じです。 グループトークの作成手順 (1)画面上部のメニュータブ左上にある人型の「友だち」アイコンを選び、右上の「人型アイコンに+」がついたマークををタップ (2)「(共有)グループ作成」へと進み、グループ名を入力 (3)追加ボタンを押しメンバーとして招待したい友だちにチェックを入れ(一度に複数人の選択可)、保存ボタンをタップ これでグループの作成は完了です。 招待した相手が参加をタップすることでグループでのトークが始められます。 続いては複数人トークです。 トークルームを作成する状況によって2通りの作り方があります。 どちらの場合もトークルームは新規のものとして作成され、1対1のトークの続きや、上書きされて消えるということはありません。 また、参加するメンバーには招待通知が届くことはなく、トークルームの招待者が何かメッセージを送ったのをきっかけに、招待されたメンバーは複数人トークが始まったというのがわかります。 相手の承認を待たずに作成できるのが、最大のメリットです。 関連記事: グループトークはノート&アルバム機能が使える グループトークと複数人トークの作成方法の違いがわかったところで、次は両トークの性能・機能面の異なる部分を見ていきます。 複数人トークがグループトークに対して、手っ取り早く3人以上のやり取りがスタートできるという利点がありますが、アルバムやノートの作成ができないほか、トーク履歴のフルバックアップもできない場合があります。 一方でグループトークは招待した相手に承認を得なければならず、グループ作成が完了するまでに多少、時間がかかってしまうのが難点です。 しかし、メンバーとなる友だちを随時招待または退会させたり、アルバムやノート機能が使えるなど、よりグループらしい会話が楽しめるようになっています。 アルバムやノートに関しては詳細を省きますが、ノート機能はメモや写真、HPのリンクなどをグループ間の共有ができます。 アルバム機能ではメンバーの1人が作成したアルバムに対し、ほかの人も写真を追加することが可能です。 両機能を生かせば大学のサークルや会社のちょっとした業務連絡など、活用の幅が広がります。 関連記事: グループトークと複数人トークの退会方法 グループトークと複数人トークからの退会について解説します。 複数人トークは、参加しているトークルームから退出するか、一覧から削除することでメンバーからはずれることができます。 ただし、出て行くのが簡単な分、同じ複数人トークにもう一度招待してもらわない限り、参加することはできません。 グループトークの場合は、友だち一覧の画面で退出したグループを選ぶことで、該当グループのトークルームから退会できます。 なお、退会するとグループトークの履歴やメンバーリストは自分のLINE上から閲覧できなくなり、退会した旨がグループトーク内で他メンバーに表示されます。 また、自分以外のメンバーをグループトークから退会させることも可能ですが、そのことはトーク上に表示され全員が見られるため、他人を退会させる際は、それなりの理由がない限り、実行しないほうがいいかもしれません。 参加するために承認の有無や、参加することで使用できる機能の違いがあるので、目的に応じてグループトークと複数人トークを使い分けてみてはいかがでしょうか。 人気記事.

次の

LINEグループを作る2つの方法──グループ新規作成と複数人トークのグループ移行

トーク ルーム 作成

プロフィール画像の設定/追加のメンバー招待 グループのプロフィール画像は、グループ名の左のアイコン部分をタップして設定できます。 左:プロフィール画像の設定 右:追加のメンバー招待 画像はデフォルトで用意されているものを使うか、写真を撮影またはカメラロールから選択します。 設定したアイコン画像はメンバー全員に表示されます。 最初に選択していなかったメンバーを追加で招待しておくこともできます。 選んだら[招待]をタップします。 4 グループが新規作成される これでグループが新規作成されました。 友だちリストのグループ欄に新規グループが表示されているはずです。 まだ自分以外のメンバーはグループに参加していない状態。 招待されたことが通知されたメンバーは、自分の意志で参加するまではグループの正式メンバーにはなりません。 グループをタップすると表示されるプロフィール画面で、メンバーの表示部分をタップすると、「メンバー」画面が表示されます。 参加済みのメンバーと招待中のメンバーが確認できるほか、新たに友達を招待したり、メンバーを編集できたりします。 未参加メンバーへの招待はキャンセルできる 招待中のメンバーが参加する前であれば、招待をキャンセルできます。 キャンセルしたという通知は相手に届きません。 また、友だちリストにある「招待されているグループ」の表示は、相手側の画面から即座に消えます。 ただし、招待した時点で招待通知は相手に届いているので、キャンセルしたことがわかってしまう可能性は残ります。 5 招待された友達はグループに[参加]/[拒否]するか、招待を放置する LINEグループを新規作成できても、招待を受けた友達が誰も参加してくれなければ、自分ひとりだけの1人グループが存在するだけになってしまいます()。 LINEグループに招待されたユーザーは、以下の3つの対応を選べます。 グループに「参加」する 左:招待されているLINEグループのプロフィール画面。 [拒否]か[参加]を選べる 右:メンバーを確認できる 招待されたLINEグループに参加するもしないも、招待されたユーザーの自由です。 参加するまでグループトークの内容は閲覧できません。 参加中・招待中のメンバーを確認できるので、苦手な友達がいないかどうかを確かめてから参加することもできます。 [参加]ボタンは、友だちリストからアクセスできるプロフィール画面(上記画像)か、トークリストに表示されているグループトークに現れます。 [参加]すると他のメンバーに通知されるほか、グループトーク上に参加した旨が表示されます。 参加したことが通知される グループトークの開始には、全員が参加している必要はありません。 参加を承認したメンバー間でグループトークを始められます。 自分が送信した投稿には、読まれた人数に応じて「既読2」(自分を除くメンバーのうち2人が読んだ)というように既読表示が付きます。 参加前のグループトークのメッセージは読めない LINEグループに招待されて参加したとしても、参加前(招待前・招待中)の段階で送信されていたメッセージを読むことはできません。 グループへの招待を「拒否」する いっぽう、明確に参加を「拒否」することも可能。 拒否した場合であっても、グループメンバーに通知されることはなく、グループメンバー側の画面には招待中のユーザーとして残りつづけます。 招待を受けても何もせずに「放置」する 招待されても何もせずに、そのまま放置しておく手もあります。 大した実害はありません。 もっとも、友だちリストに招待中の表示が残りつづけると邪魔なので、参加意志がないのであれば拒否してしまえばよいでしょう。 ただし他の人にLINEの画面を覗かれたら、拒否した事実がバレるおそれはあります。 2 新規グループに参加させたい友達を選択して[次へ]をタップ 複数人トーク参加メンバーは初期選択されている グループに参加させたい友達を選び、[次へ]をタップします。 このとき複数人トークに参加している友達は全員選択された状態になっているので、スムーズにグループを作成できる仕掛けになっています。 3 以下、と同じ手順でグループを作成する プロフィール設定 これ以降の手順は、と同じです。 新規LINEグループのプロフィールを設定し、グループを作成を完了させましょう。 あとは招待した友達にグループに参加してもらうだけです。

次の

チームトークルーム

トーク ルーム 作成

LINEグループと複数人でのトークルームは違う! 複数人でのトークルームとLINEグループとは、少し使い勝手が違います。 複数人でのトークでは、アルバムやノート機能が使えませんが、友だちの参加を待たずにすぐ会話を始められます。 ちょっとした用事があるときや、雑談をするのにちょうどいい、井戸端会議のようなイメージです。 グループでは、招待した友だちが「参加」することが必要です。 参加する前のトークは見ることができませんが、アルバムやノートに投稿されているものなら後から参加しても見ることができます。 最も簡単なやり方は、トーク画面右上のボタンをタップしてトークを選び、友だちを選択する方法です。 作成をタップすれば このように、すぐに複数人でのトークを始められます。 また、トーク画面右上メニューの「招待」から友だちを選んでもOKです。 トークルームのメンバーなら誰でも、好きな友だちを招待できます。 LINEグループの作り方を見ていきましょう。 複数人のトークルームをLINEグループにする作り方 簡単なのは、上で作ったような複数人でのトークルームを、そのままLINEグループにする方法です。 グループにしたいメンバーが揃っているトークルームで、「 その他」をタップします。 次に「 グループを作成」をタップします。 メンバーの追加・削除を決める画面に移ります。 下に表示されているのは現在複数人トークに参加しているメンバーで、最初から自動的にグループに追加されていますが、ここでメンバーから外すこともできます。 次にグループ名やアイコンなどを決めたら、「作成」を押してLINEグループ作成完了です! 招待された側は、「 参加」をすることで、LINEグループのトークに参加することができます。 グループ名やアイコンは、メンバーの誰でも後から変更することができますよ。 「ホーム」画面でのLINEグループの作り方 「ホーム」画面からも、LINEグループを作れます。 左下の「ホーム」画面の右上をタップすると「友だち追加」画面にいけます。 「友だち追加」画面で、「 グループ作成」をタップします。 「グループ作成」画面の「追加」から、LINEグループに入れたい友だちを選んで、同じようにグループ名とアイコンを決めたら、作成完了です。

次の