台湾 国際 郵便。 台湾の郵便局から荷物を日本へ送る方法。国際郵送料金(送料)は?

台湾へ出すには?

台湾 国際 郵便

項目名 詳細 偽造通貨、偽造の有価証券、偽造の紙幣及び偽造紙幣用の用紙、偽.... 禁止物品 通常、小包、EMS 共産主義を扇動する書籍、書類、その他の物品 禁止物品 通常、小包、EMS 硬貨、銀行券、紙幣、各種の持参人払有価証券、旅行小切手、加工.... 禁止物品 通常 虫害が発生した地域からの輸入される食料 (これ以外は、.... 禁止物品 通常、小包、EMS 特許権、肖像権、商標権、著作権を侵害する、書籍、書類その他物.... 禁止物品 通常、小包、EMS 賭博に関する物品及び外国通貨による富くじ 禁止物品 通常、小包、EMS 毒ガス 禁止物品 通常、小包、EMS 牛肉、牛肉のくず肉、獣脂、その他の肉類(家きん類を含む。 禁止物品 通常、小包、EMS 火器(猟銃、エアガン、漁業用の銃)、銃弾、ダイナマイト、その.... 禁止物品 通常、小包、EMS アヘン、マリファナ、コカイン、麻薬、ケシの実 禁止物品 通常、小包、EMS 野菜及び果物 禁止物品 通常、小包、EMS 名あて国の医療法により禁止される薬品 禁止物品 通常、小包、EMS 台湾の農業委員会 Council of Agricultur.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS 銃の形状をした玩具、その他の物品は名あて国の警察当局 Nat.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS 植物(米などの穀類、果物、野菜その他植物防疫法で定めるものを.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS ・法人あての場合・・・合計重量、価格を問わず、事前に食品薬物.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS 6キログラムを超える場合は、原産地証明書 certific.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS 中国大陸の製品又は中国大陸で加工された製品は、関係当局に承認.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS 以下の許可証等のいずれかがある場合に限り許される(条件付許容.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS 保護野生生物は、名あて国の外国貿易委員会農業理事会(Coun.... 条件付許容物品 通常、小包、EMS.

次の

台湾へ出すには?

台湾 国際 郵便

宛名の後につける「収」ですがこれは葉書のときに書きます 封筒の場合は「啓」になります 先生や女史、若い女性には小姐って日本で言う敬称のようなものがありますが 最近、親しい間柄ではあまり使わないようです。 台湾人同士、中国人同士では使われず、日本へのエアメールにもついてないことが多いです。 でも、日本人からすると 宛名を呼び捨てにする、目上の方までそのようにするのは気が引けますね これらは丁寧語になるのでつけた方がいいと私は思いますよ。 宛名書きでその他、注意点など 台湾は中国の一部だ! という考え方もあり、日本の政府・国の考え方もあいまいです。 エアメールの宛名の書き方は似てますが 台湾への郵便の宛名書きははっきり違います 郵便番号は5桁 必ず最初に書く国名は「台湾」または「中華民国」 「中華人民共和国」ではありません。 この2点注意してください また、郵便番号はなくてもつきますがマナーとして必ず書くようにします。 台湾から日本へ出すとき 海外から日本へエアメールを送るときって言うのもありますね 台湾の出す場合はちょっと注意が必要で、郵便ポストが2つ並んでいて戸惑ってしまいます。 緑のポストと赤いポストがあるのです 郵便物の種類で投函するポストを分けているので エアメールを投函するときは赤いポストにいれます。 緑は国内郵用なので旅行へいって日本へエアメールを送るときは注意しましょう。 まとめ 日本は台湾と随分昔から仲良くしてます 困ったときはお互い様で助け合うことも多く、文化交流も盛んです。 日本の手紙の書き方には時候の挨拶って四季の情景を取り込んだ文章や 相手を気遣う言葉をかける文章をいれ構成されますね。 台湾へのエアメールでもこういった書き方をして 手紙の上でも文化交流をしたいものですね。 台湾に友人ができたら年賀状や寒中見舞い、暑中見舞いなど手紙のやり取りをしてみるといいですね。 エアメールを海外へ送ることも最近ではよくあることとなってきました、各国への宛名の書き方などはネットでいろいろ調べて見ましょう。 エアメール、書き方、宛名 料金、日数、住所、封筒 中国、台湾、韓国 フランス、イタリア 郵便局、はがき、切手 海外からの送り方 青い 青色 エアメール アメリカ、香港、書留 オーストラリア、便箋 エアメイルの書き方はネットで調べていると各国でいろいろ宛名書きのルールがあります。 それぞれの国にあった方法でエアメイルを書かないと届かなかったり、日数がかかたり、また失礼にあたることもあります。 海外の日本人に贈る場合はまだいいのですが、外国人の友人知人に郵便を出すときは十分注意しましょう。

次の

国・地域別情報(国際郵便条件表)

台湾 国際 郵便

入居者が多いビルや施設に郵便番号を振るために番号の枠を追加するが目的とのこと。 当面の間は5桁でも届くようです。 インボイスと税関告知書 似ているが別物なので注意 関税や輸出入禁止品目についてはを参照 税関告知書 税関告知書CN22 定型外郵便物扱いなどで国外へ送る場合に必要になる場合がある。 要は簡易インボイス。 8JPY、41. 5TWD)以上の場合はCN23が必要になる。 税関告知書CN23 発送伝票の内容品欄がこれにあたり、インボイスの役割も果たす。 書ききれない場合は別紙に書いて発送時に添付する。 税関告知書について — 日本郵便 インボイス 通常はCN23で代用可能だが品目多くて書ききれない場合や、商業目的の場合は必要になる。 余計につける分には問題はない。 国や地域によってはCN23だけでなくインボイスまで要求されるケースがあるのでよく確認すること。 台湾-日本間なら商業目的でない場合は基本的に不要 上述の通り、商業目的の商品や商品見本以外は不要だが、窓口で書かされ提出させられる場合がある。 EMSの場合は何を送ろうが必要、郵便局の窓口で貰えるが独自のフォーマットでも可 官製の書式から大幅に外れているものは受付拒否されるかも。 青字の部分が記入する項目、残りは局員が記入してくれる• 差出人欄は直近で宿泊したホテルでOK• 内容品は品目ごとに数量、合計金額を記入。 記入金額と領収書の照合は余程高価なものやマネーロンダリングに絡んでくるような品目でない限りはないのでだいたいでOK。 金額0円や極端に市場価格から離れたものは不備扱いになる可能性が高い。 品目にもよるが下限は50~100円、10~20元程度か。 身の回り品はそこまでの正確性は要求されない。 店で購入した土産を箱ごとそのまま送る場合はGift、それ以外はOthersにチェック。 商品は商業物品を指すので税関で面倒なことになる可能性あり• 重量は差出前の重量を記入、伝票などの重さを含めた最終的な重量、寸法は右側の欄に局員が記入してくれる• 保障 保険 は必要な場合にチェックと補償してほしい金額を記入。 記入項目が3ヶ所あるが記入方法や通貨単位で分かれているだけ。 数字の部分にアラビア数字で記入すれば問題ない。 左下の欄は税関で止められた等で受取人まで荷物が届けられない場合どうするかの記入欄。 台湾国内に返送先がある場合は左側にチェックし返送先の住所と受取人、返送先までの運送方法(航空便か船便のどちらか)にチェック。 返送先がない、どうなっても良い場合は破棄にチェック。 中央下のサイン欄にパスポートと同じサインを署名。 発送伝票と違ってこちらは署名以外、全て英語 又はフランス語 で書く必要がある。 繁体中文でも問題なかったという報告もあるが、日本側で正しく処理されない可能性がある点には注意。 Unit Price 単価 は特に記入する必要がなく発送伝票と同じく品目ごとの数量と合計金額でOK。 貨値には通貨単位を記入する。 内容品の補足資料なので住所はある程度省略可能。 101 Rm. 25kg 400 425 360 ~0. 3 :80元 ・box2方型 23x18x19 :80元 ・box3 90cm 39. 書留を付けるならこちらの方が安くなるケースが多い。 伝票・税関告知書・インボイスはオンラインから作成し、出力したものを使用する。 事前にオンライン登録と、税関告知書・インボイス封入用の専用パウチ 無料 の注文が必要。 國際快捷 EMS :2~3日 結局のところ日本行きの便にタイミングよく載るかといったところ。 EMSは春節前後でも輸送や通関が行われるという優位点はあるにはあるが。 春節 旧正月 前後の郵便事情 EMS以外の業務は配達も含めて休みになる。 春節明けから数日程度は滞っていた荷物を捌くために郵便事情が悪くなるので注意。 郵局で局留めにする場合 伝票の受け取り欄に「 POSTE RESTANTE」と目立つように記入する。 以下、臺北北門郵局宛てで局留めにする場合記入例(実際にこの記入方法でEMSの受け取りはできた) なお、日本郵便のページでは台湾側の郵局の窓口での受け取りはEMSのみ対応となっている。 日本郵便側で記載が漏れているのか、台湾側の対応が適当だったのかは不明。 ただ、壊れるときは壊れるので、精密機器などはなるべく自分で携行した方が良いでしょう。

次の