プロキシ サーバー と は。 「プロキシ」「プロキシサーバー」とは?VPNと比べて優しく解説

無料でプロキシサーバを使っても大丈夫?信頼出来るプロシキサーバを紹介!

プロキシ サーバー と は

こんにちは、インフラエンジニアのryuです。 今回はプロキシサーバとは何かを初心者のために仕組みを詳しく解説していきます。 proxyサーバーとは、PCの替わりにWebサーバーにアクセスするサーバーのことです。 プロキシサーバーの仕組みを分かりやすく解説していきます。 プロキシサーバーとは?初心者のために仕組みを詳しく解説! プロキシサーバーとは、 PCの替わりにWebサーバーにアクセスするサーバーのことです。 どういうことか分からない人のために、まずはPCがWebサイトを見る仕組みを解説します。 Webサイトへのアクセスの流れ 現在、このブログを読んでいるということは、PCやスマホからWebサーバーにアクセスしている状態です。 Webサーバーとは、Webサイトのコンテンツを提供するサーバーのことです。 プロキシサーバーが無い場合、PCやスマホなどの端末からWebサーバーに直接アクセスしています。 PCの替わりにアクセスするプロキシサーバー プロキシサーバーは、PCの替わりにWebサーバーにアクセスします。 proxy プロキシ は、代理人という意味があります。 Webサーバーからすると、アクセスしているのは、プロキシサーバーのため、アクセスログには、プロキシサーバーのIPアドレスが表示されます。 この図を見た人は、 プロキシサーバーは替わりにアクセスするだけで、何の意味があるの?と思うかもしれません。 そこで、プロキシサーバーの役割について詳しく解説します。 プロキシサーバーの役割を解説 では、プロキシサーバーの役割を解説します。 分かりやすい解説をするために、100人くらいの規模の会社を想定します。 100人がPCを使用しています。 100人がそれぞれ、インターネットでWebサイトを閲覧している状況を想像してください。 つまり、プロキシサーバーにWebサーバーの情報をキャッシュしておき、別の人がそのサイトにアクセスするときにプロキシサーバーからWebページを返すようにします。 プロキシでキャッシュすることにより、同じWebサーバーに何度も問い合わせをする必要が無くなります。 Webサーバーに問い合わせる時間も無くなるため、webページの閲覧も高速化することができます。 プロキシサーバーを使用することにより、URLでフィルタリングすることができます。 社内から様々なWebサーバーへアクセスすると、危険なWebページに誘導される恐れがあり、社内へウィルスを侵入させることになります。 そこで、社内からWebサーバーへのアクセスをプロキシサーバーに集約し、アクセス先をチェックしてからアクセスするようにします。 そうすることで、セキュリティを高めることができます。 社内からWebサーバーへのアクセスをプロキシサーバーに集約するということは、1人1人のWebアクセスを監視するということです。 おそらく、会社のPCにはプロキシサーバーがあるので、webサーバーへのアクセスは監視されているということをお忘れなく。 その他の役割. Webサーバーへの負荷分散 その他の役割としてWebサーバーへの負荷分散があります。 ここは、おまけなので、興味ある人は読んでください。 プロキシサーバーをWebサーバーの前に置き負荷を分散させることで、Webサーバーのアクセス集中を防ぐことができます。 プロキシサーバーで負荷分散をさせることは可能ですが、一般的には、ロードバランサーを使用します。 プロキシサーバーでもロードバランサーと同じ動作ができるんだーと思っておきましょう。 透過プロキシで強制的にプロキシ経由させる 最後にプロキシサーバーの設定で透過プロキシというものがあります。 通常プロキシサーバーを経由する際は、Webブラウザでプロキシサーバーのアドレスを入力します。 入力方法については、次回解説します。 透過プロキシを使用すると、Webブラウザの設定なしでプロキシサーバーを経由させることができます。 設定はネットワーク機器とプロキシサーバー両方に必要です。 高度な設定のため、詳しい設定方法は解説しません。 概要だけ説明すると、Webアクセスのデータがルーターに来たら、ルータは、そのデータをプロキシサーバーに転送するという仕組みです。 興味のある方は調べてやってみてください。

次の

【サーバー基礎知識】え?そんなことしてるの?プロキシサーバーの重要性とは?

プロキシ サーバー と は

Teams または Skype for Business Online 向けのプロキシ サーバー Proxy servers for Teams or Skype for Business Online• 適用対象: Skype for Business, Microsoft Teams この記事の内容 この記事では、Teams または Skype for Business でのプロキシサーバーの使用に関するガイダンスを提供します。 This article provides guidance about using a proxy server with Teams or Skype for Business. プロキシ サーバーの使用はお勧めしません。 Not using a proxy server is recommended プロキシ経由の Teams または Skype for Business トラフィックについては、プロキシをバイパスすることをお勧めします。 When it comes to Teams or Skype for Business traffic over proxies, Microsoft recommends bypassing proxies. プロキシは、トラフィックが既に暗号化されているため、チームまたは Skype for Business の安全性を高めません。 Proxies don't make Teams or Skype for Business more secure because the traffic is already encrypted. また、プロキシを使用すると問題が発生する可能性があります。 And having a proxy can cause issues. パフォーマンスに関連する問題は、待ち時間とパケット損失によって環境に導入される可能性があります。 Performance-related problems can be introduced to the environment through latency and packet loss. このような問題が発生した場合、そのようなチームまたは Skype for Business のシナリオでは、リアルタイムのストリームが不可欠であるため、オーディオとビデオとして、否定的な経験が発生する可能性があります。 Issues such as these will result in a negative experience in such Teams or Skype for Business scenarios as audio and video, where real-time streams are essential. プロキシ サーバーを使用する必要がある場合 If you need to use a proxy server 組織によっては、Teams または Skype for Business のトラフィックに対してプロキシをバイパスするオプションがありません。 Some organizations have no option to bypass a proxy for Teams or Skype for Business traffic. そのような場合は、上記の問題について注意しておく必要があります。 If that's the case for you, the problems mentioned above need to be kept in mind. Microsoft は次を実行することもお勧めします。 Microsoft also strongly recommends:• 外部の DNS 解決を使用する Using external DNS resolution• ダイレクト UDP ベースのルーティングを使用する Using direct UDP based routing• UDP トラフィックを許可する Allowing UDP traffic• ネットワークガイドラインのその他の推奨事項に従う: する Following the other recommendations in our networking guidelines: このガイダンスに従うことで、問題が生じる可能性が最小になります。 Following this guidance should minimize potential problems. 関連項目 Related topics 関連記事.

次の

プロキシサーバー(Proxyサーバー)とは?

プロキシ サーバー と は

「ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定」欄の「LANの設定」をクリックします。 「LANにプロキシサーバーを使用する」にチェックを入れ プロキシサーバーの• アドレス• ポート を入力し「OK」をクリックします。 これで設定完了です。 「アドレス」「ポート」はネットワーク管理者、あるいは使用している環境の設定マニュアルを確認してください。 次に詳細設定をみてみましょう。 詳細設定をクリックすると「HTTP」「Secure」「FTP」「Socks」といった通信の種類(プロトコル)ごとの設定や例外を指定することができます。 詳細設定は、SOCKSサーバー経由のSSH接続した環境で、Webページへアクセスする……などの場合に利用します。 普通は、あまり利用することはありません。

次の