えん どう 豆 名前 の 由来。 エンドウ

名字検索No.1/名字由来net|日本人の苗字・姓氏99%を掲載!!

えん どう 豆 名前 の 由来

エンドウと果実 () : 階級なし : 階級なし : 階級なし : 階級なし : 階級なし : : : : : : エンドウ P. sativum Pisum sativum エンドウ 英名 pea エンドウ( 豌豆、学名: Pisum sativum L. )は、の一・二年草。 広く栽培され、食用となっている。 一般に、 エンドウマメとも。 別名(古名)に ノラマメ。 実エンドウ・ (未熟の種子を食用とする場合の呼び方)、(莢豌豆・絹莢、未熟の莢を食用とする場合の呼び方)、 ヨサクマメ(の一部地域での呼び方)など。 日本での栽培種には、ウスイエンドウ( うすい豆) 、キヌサヤエンドウ、オランダエンドウなどがある。 変遷 [ ] 古代地方や地方で麦作農耕の発祥とともに栽培化されたで、原産地域であるからに伝来した際に、フェルガナの中国名が 大宛国であることから 豌豆(えんどう=宛の豆)と名付けられたことが名の由来となっている。 原種は近東地方に今日でも野生している P. humile Boiss. と推察されている。 もともとはの間でとして生えてきたこの原種の野生植物を、種実を食用にしたり、による土の肥沃化に効果があるなどの利用価値を発見することで、麦類とともに混ぜ植え栽培するようになり、次第に栽培植物として品種改良が進んだと考えられている。 この地域では農耕開始期に、もエンドウと同時に同様の利用が行われ始めたが、こちらの栽培利用はその後断絶し、今日ではとみなされている。 また、同じ地域に起源を持つマメ科作物としては、、、が挙げられる。 麦作農耕とともに各地に広まり、に伝わったのは、へは-には伝わった。 また、が実験材料としたことでも知られている。 特徴 [ ] 完熟した硬莢種 さやの硬さにより、硬莢種(こうきょうしゅ) P. sativum subsp. arvense と軟莢種(なんきょうしゅ) P. sativum subsp. hortense がある。 硬莢種はその名の通り莢(さや)が固く、主として完熟して乾燥した豆を収穫して利用する。 花は紅色(紫色)または白色である。 軟莢種は莢が柔らかく、未熟な莢をとして利用したり、成長を終えて乾燥前の生の豆をとして利用する。 花は白いものが多い。 は軟莢種の中でも豆が大きく成長しても莢が柔らかく、豆と莢の両方を野菜として利用できる品種である。 原産地が冬に雨が多いの地方であるため、夏の高温期は成長適期ではなく、麦類と同様に基本的には秋まきして翌春収穫する。 冬の寒さの厳しい東北北部や北海道では春まきして初夏に収穫する。 に弱く、一度栽培した土地では数年間栽培が困難となる。 また、原産地がになどが多い乾燥地帯であることから想像できるように、にも弱い。 発芽に際しては同じマメ科ののようにが伸張して地上でを双葉として展開するのではなく、だけが伸張して地上に本葉だけを展開し、子葉は地中に残る。 食品として [ ] えんどう(全粒、青えんどう、乾) 100 gあたりの栄養価 1,473 kJ 352 kcal• エンドウ(100g中)の主なの種類 項目 分量 g 0. 4 0. 071 16:0() 0. 064 18:0() 0. 007 0. 035 18:1() 0. 035 0. 187 18:2() 0. 152 18:3() 0. 035 硬莢種は古くから乾燥種実として利用されており、日本ではアオエンドウは煎り豆、煮豆、(鶯餡)などに加工され、アカエンドウはやゆで豆として利用される。 ヨーロッパでは煮込んでなどとして利用されてきた。 しかし、今日、世界中で最も大量に消費されているのは乾燥していない未熟の莢や種実を野菜として利用する軟莢種である。 東アジアでは未熟な莢を利用するサヤエンドウとして、インドから西では完熟直前の種実を利用するとして、主に消費されている。 両者の性質を兼ね備えたのがで、グリーンピースと同様に種実が完熟寸前まで大きく成長したものを収穫するが、莢もサヤエンドウと同様に柔らかく、果実全体が食べられる。 には、によりエンドウのタンパクを用いたが開発され、新たな食品を生み出す素材として注目を浴びた。 では大豆・のアレルギーにより醤油を利用できない顧客向けとして、エンドウで濃口醤油の味を再現した製品を販売している。 種実以外の利用もあり、若い苗や蔓の先の柔らかい茎葉も野菜として利用される。 中国ではこれを(トウミョウ)と呼ぶ。 メンデルの実験材料として [ ] はの研究を行い、現在はとして知られる法則を発見し、の歴史に大きな足跡を残した。 特に1遺伝子雑種と2遺伝子雑種の研究が有名である。 1遺伝子雑種の研究について• エンドウの種子には丸型としわ型がある。 純系の丸型としわ型を自家受精させたものの種子を調べると全て丸型であった。 これは丸型の形質がしわ型の形質に対して優性であることを示している。 メンデルはこれを『 優性の法則』と呼んだ。 また、• 生まれてきた丸型の種子を自家受精させると、丸型:しわ型=3:1の比率で種子ができた。 これは体細胞で対になっている対立遺伝子は形成の第一分裂の際、二手に分かれそれぞれ別の配偶子に入ることを示していた。 メンデルはこれを『 分離の法則』と呼んだ。 メンデルがエンドウを材料に使った理由は、そのころすでに数人の研究者によって、遺伝実験の材料として使われたことがあったためと思われる。 エンドウは自家受粉が可能で、多くの品種があり、このことも遺伝の実験には好都合だったと見られる。 栽培 [ ] 特性 [ ] エンドウは、最も一般的には緑色で、時には黄金色、またはまれに紫色のさや型をした野菜で、涼しい季節の野菜作物として広く栽培されている。 この作物は温帯の夏の暑さのもとや低地の熱帯気候のもとでは成長しないが、涼しくて、標高が高い、熱帯地域ではよく成長する。 多くの栽培用品種では、播種後約60日で収穫期に到達する。 エンドウの栽培品種には、丈の低い品種とつる性品種がある。 つる性品種には、葉から巻きひげが生えており、利用可能ならどんな支柱の周りにも巻きついて、1〜2 メートルの高さまで登ることができる。 エンドウを支える伝統的な方法は、木や他の木質植物から切り取った枝を土の中に直立させ、エンドウがよじ登れるように格子状にて沿わせることである。 このやり法で使用される枝は、"エンドウ・ブラシ"と呼ばれることもある。 金属製のフェンス、ひもやフレームで支えた網も同じ目的で使用される。 密集した植栽では、エンドウはお互いに支え合うことで生育する。 エンドウは自家受粉を行なうことができる。 栽培法 [ ] 株間 矮性 20-30cm 高性 30-40cm 播種 1株3-4粒、のち2本に間引く。 脚注 [ ].

次の

卯の花とは?おからの別名?名前の由来や卯の花の人気レシピ11選

えん どう 豆 名前 の 由来

「ろく」と言う音は、呉音 「りく」と言う音は、漢音 呉音とは 日本における漢字音の一。 漢音の渡来以前に朝鮮半島経由で伝来した、中国南方系の字音に基づくといわれる音。 「男女」を「なんにょ」と読む類。 漢音を正音と呼ぶのに対して、なまった「南の音」の意で平安中期以後呼ばれるようになったもので、仏教関係や官職名などに広く用いられた。 漢音とは 日本漢字音の一。 奈良時代から平安初期にかけて、遣唐使・音博士や日本に渡来した中国人などによって伝えられた、隋・唐代の洛陽(今の河南)や長安(今の西安)など中国の黄河中流地方の発音に基づく音。 「経」「京」を「ケイ」と読む類。 平安時代には、それ以前に伝えられていた漢字音に対して、正式な漢字音の意味で正音とも呼ばれ、多く官府や学者に用いられた。 六義園は、中国の『詩経』に分類されている詩の分類法を和歌に適用させた紀貫之の『古今和歌集』の序文にかかれている「六義」(むくさ)に因みます。 当初は、六義園と書いて「むくさのその」とも呼ばれていました。 そして「六義」は「りくぎ」と漢音で読まれていたので「りくぎえん」と呼ばれるようになりました。 六義とは、 1 「詩経」の詩の六つの類型。 性質・内容から分類した風・雅・頌 しよう と、表現から分類した賦 ふ ・比・興 きよう の総称。 六詩 りくし。 2 和歌の六種の風体 ふうてい。 紀貫之 きのつらゆき が 1 を転用して古今集仮名序で述べている「そへ歌・かぞへ歌・なずらへ歌・たとへ歌・ただごと歌・いはひ歌」の総称。 3 転じて、うた・和歌。 筆法・風情 ふぜい ・字象・去病・骨目・感徳の総称。 5 道理。 7 狂言の和泉流で、狂言台本。 「正直=セイチョク」 「六」ですが、漢文の世界では原則として漢音を使うことになっていたので、 伝統的に「六朝時代」は「りくちょうj~」と読み、「ろくちょう~」とは読みません。 「六合 りくごう 」、「六尺 りくせき の孤」、「六藝 りくげい 」、「六経 りくけい 」、「六典 りくてん 」、「六韜 りくとう 」など。 これは日本のものですが、『日本書紀』以下六つの史書を「六国史 りっこくし 」と呼びます。 そういうわけで、漢文の世界では「六書」と書いてあれば「りくしょ」と読み、「六義」と書いてあれば「りくぎ」と読むので、 その点に関しては、出典がどうとかはあまり関係がありません。 「子曰く、由や、女 なんじ 六言六蔽 りくげんりくへい を聞けるか。 …」 『論語』陽貨篇 「六親 りくしん 和せずして孝慈有り。 …」 『老子』十八 このようなとき、漢文をやっている者は「六言」や「六親」を「ろくごん」や「ろくしん」と読もうなどとは考えません。

次の

「テニス」の由来と語源

えん どう 豆 名前 の 由来

大学芋の起源は? そもそも、大学芋はどこからきたのでしょうか? まずそこからお伝えいたします。 大学芋は、もともと 中華料理として 存在していた可能性があると言われています。 その中で、 蜜濺紅芋 ミーチエンホンユイ という 大学芋に似た料理があります。 また、昭和45年 1912年 に出版された 「実用家庭支那料理法」に、 甘藷の砂糖蜜がけとして紹介されています。 この、実用家庭支那料理法は、 家業が焼きイモ屋であった奥村繁次郎が著したものです。 当時の作り方には、 ゴマが入っておらず、 それ以外は、 今の大学芋とほぼ同じもので、 ここが、大学芋の始まりとされています。 大学芋の由来とは? さて、昔から蜜濺紅芋という名前で、 大学芋とほぼ同じものがあったわけですが・・・ なぜ、大学芋と呼ばれるようになったのか? その 由来とされている説は、 2つあります。 ということで、それぞれ解説いたします。 東大生が販売していた説 昭和初期ごろ、不況だったこともあり、 東大生たちは、 学費の支払いに困っていました。 そこで、 学生たちが学費を得るために、 甘藷の砂糖蜜がけをアレンジして作り、 販売をしました。 販売するとなると、名前を付けよう! ということで、大学芋という名前がついたという説があります。 ただ、この説に対して 別の意見もあるようです。 大学芋メーカーの 台東氷業によりますと、 次のような説があると話しています。 東京大学の前で販売されていた説 大正初期、 東京大学の赤門前に 「三河屋」と呼ばれる ふかし芋屋がありました。 そこで、冬の時期にサツマイモを揚げて、 蜜を合わせたものを 販売したところ、 学生の間で人気になり、大学芋と呼ばれるようになりました。 ご参考までに・・・ 大学芋はおやつ?おかず? ところで、あなたは大学芋は おかずだと思いますか? それとも、 おやつだと思いますか? 甘いタレだし、おやつに決まってるじゃん! という意見や、 学校の給食にも普通に出できたし・・おかずだよ! という意見で、分れるかと思います。 大学芋は、簡単に作ることができるので、 自宅でも出てくることが多いのではないでしょうか。 主に、 関東地方で食べられていることが多く、 基本的には、 おやつとして捉えられているようです。 しかし、食用サツマイモの生産量が日本一である 茨城県では、 おかずとして 食べることが多く あります。 最後に・・・ さて、大学芋の由来をお伝えいたしましたが、 いかがだったでしょうか? 大学という名前がついているということで、 やはり、大学生が関係しているようです。

次の