ぎぼ むす 続編 いつ。 ぎぼむすの続編はいつ?映画化の可能性は?みゆきと大樹の恋の行方も!

『義母と娘のブルース』続編を期待せずにはいられない! 綾瀬はるかと上白石萌歌が再確認した絆|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ぎぼ むす 続編 いつ

ドラマ版義母と娘のブルース(ぎぼむす)最終回の結末は番組終了後にアップします。 原作漫画と対比してどのような違いがあるのかにも注目していきましょう。 <最終回ネタバレ> 冒頭で早々に麦田章(佐藤健)が亜希子 綾瀬はるか に振られるシーンから始まります。 その理由というのは、亜希子の中に強く良一(竹野内豊)が強く心に残っているからでした。 パン屋に戻った麦田店長は、先代店長のレシピを発見します。 そこにはこう書いてありました。 ところがドラマ版『ぎぼむす』はまだ放送開始10分足らずです。 お別ればかりのブルース。 今度は亜希子との別れがまっているのか。 そんなのはまっぴらだ。 下山さんは過労だったとみゆきに伝えます。 みゆきはそれが信じられません。 なぜなら、良一がなくなった時もその病状を隠され嘘をつかれていたからです。 ひと段落し、見舞いをしてくれた麦田店長は病室を後にします。 亜希子に白髪があることが判明します。 そしてみゆきはアクセルビジネスパートナーズの書類を見つけます。 その書類は麦田店長のものだと思い、みゆきは届けに行こうとしますが、 そこで笠原と麦田店長が話し合っていることを見かけてしまいます。 事情を呑み込んだみゆきは、 オファーを受けるかどうかの回答を1か月待ってくれるように、 笠原に懇願します。 受験はどうなったのか? 受験番号は3150 その番号は掲示板にありました。 そして、亜希子の病室を訪れたみゆきは、 亜希子に対しても落ちていたと申告します。 何故このような嘘をついたのかは後ほど明らかになっていきます。 明法大学に落ちたと知らされていた亜希子は、退院した後、自宅で明法大学からの合否案内の通知があり、その中身を確認したところ合格だったことが、亜希子が知ってしまうことになります。 合格祈願の水垢離(みずごり)を始める亜希子。 嘘をついていることを知っている亜希子が、自発的にみゆきが白状するための戦略でした。 ところが、みゆきは口を一向に割ろうとしません。 次のシーンではみゆきを追跡する亜希子の姿がいました。 受験会場に潜入した亜希子。 そこでみゆきが何していたかというと、絵をかいていて、それを亜希子が発見します。 わざと受験に落ちているなと、亜希子は勘繰ります。 アクセルビジネスパートナーズからオファーを受けていることを、みゆきも知っているのではないかと気づき始める亜希子。 笠原と亜希子が改めて面会した際、みゆきがこのオファーを知っていることが明らかになります。 みゆきの気遣いに悔しさを感じる亜希子。 本当の親子であったのであれば、こんな展開にならなかったのではないかと。 私が大学を行かないでする後悔より、このオファーをけって義母がする後悔のほうが大きいていうか。 事情をすべて知った、亜希子は、帰宅したみゆきと対峙します。 すべて落ちたと嘘の告白するみゆき。 受験をせずに麦田で春から働こうと進言します。 第一志望がわかっていたことを亜希子は明らかにします。 みゆきの面倒をみるために、 全てを捨ててきた。 だからこそ、自分の道を進んでほしい。 亜希子は全てを捨ててみゆきを育てた。 それでは綺麗な言葉で語ることはやめましょう。 それは亜希子のエゴイズムだった。 亜希子の両親が25の時に亡くしたといったがそれは嘘。 両親がなくなったのは小学3年生の時。 その後、亜希子は祖母の下で育てられます。 誰にも頼らず、自分ひとりで生きていけるようにならなければいけないよと、 祖母から言われます。 中学にあがることに、祖母も亡くなり施設で生活をすることになります。 高校を卒業し、前職の光友商事に拾われたんです。 そこでどんどん出世していったんですね。 私の人生はこれでいい。 これで十分なんだ。 これ以上を求めることは贅沢なんだ。 そこで声をかけてくれたのが良一さんだった。 みゆきの世話をしてくれる奥さんを探していた良一。 両者の利害が一致して結婚することになりました。 そしてみゆきと出会うことになりました。 そのみゆきは以前の亜希子なんだ。 だからこそ、幸せになってほしい。 笑ってほしい。 みゆきが傷つけられると亜希子が傷つけられたようになり、 みゆきが褒められると亜希子もほめられたようにうれしくなりました。 みゆきを育てると口ではいいながら、 満たされなかった亜希子自身を満たしていただけ。 みゆきを利用していたのだと。 だから恩に着る必要はない。 こうみゆきに告白します。 みゆきは号泣しています。 そう言って二人は泣いて抱き合います。 亜希子は自分で子供を産まなくてよかった。 あなたのような良い子供は私からは生まれてきません。 そんなことないよ・・・ 結局みゆきは大学に行くのか? 亜希子は大阪に行くことになるのか? 場面はベーカリー麦田に移ります。 話したいことがあると、亜希子は麦田に伝えます。 麦田も亜希子に対して言いたいことがあり、 亜希子に対してクビを宣告します。 亜希子の輝ける場所は別にある。 亜希子は退職願いをもってきていました。 こんな時に気が合う二人。 亜希子は大阪に行くことを決意しました。 麦田は亜希子のおでこにキスをします。 亜希子とみゆきの新たな新生活が始まります。 道すがら、押し武将は? 皆さん鬼籍にはいっていますからねー。 こちらも相変わらずの亜希子節が炸裂です。 そして二人の別れ。 それではみゆき行ってらっしゃいませ! お義母さんも行ってらっしゃいませ! ではいってまいります! そして別の方向に進んでいく二人。 以降は過去の懐古シーンが描かれます。 みゆきの出会いから、 亜希子の腹芸など。 別れれたからこそ巡り合える人もいる。 歩かなかったはずの道がある。 そこにはなかったはずの道がある。 小さな奇跡がある。 みゆきが新居につくと・・・ そこには亜希子がいました。 チケットが見当たらないと。 奇跡? ここでドラマは終了します。 中途半端な終わり方 この後どうなったかは視聴者の想像に委ねられることになりました。 これは確実に続編があるでしょうね。 結局30年後の舞台は描かれませんでした。 森下佳子さんの常套手段のように思えます。 『JIN~仁~』でも第1シーズンの最後は確実の続編があるだろうということを暗示させる終わり方でした。 南方仁先生(大沢たかお)が頭痛が襲うシーンで終わりました。 同様にぎぼむすもドラマ自体は完全に漫画原作とは一線を画したオリジナルの最終回でしたが、 完全に消化不良な終わり方だったと誰もが思った事でしょう。 こうなると今後の展開は続編がどうなるのかということに焦点はしぼられます。 特番なのか、それとも映画なのか? おそらく最終回は裏番組に安室奈美恵の引退特番が組まれていましたから、 求めるほどの数字は出ていなかったはずです。 (追記:視聴率) 「義母と娘のブルース」最終回は19・2%で有終の美 今期民放連ドラトップの高数字 視聴率は無視してもいいと思います。 純粋に最終回を図る手段としてはあまり意味を満たしません。 やはり、続編がどうなるのか。 特にドラマ終了後にその発表はありませんでしたから、 30年後までを描くストーリーはどうなるのか。 本当に気になります! 亜希子と麦田の恋の結末は? 亜希子と麦田の恋の結末も気になるところです。 第9話の最後で麦田は亜希子にプロポーズしました。 その結果は!? こうして第9話は終了しましたので結果は最終回に明らかになる流れとなりました。 麦田は亜希子と別れてからベーカリー麦田に戻ってくるんですが、 そこで待ち構えていたみゆきとヒロキに対して、 グッドポーズを見せました。 ところが、そのポーズとは対照的に表情がさえません。 <ここから原作ネタバレとなります> 一旦はグッドポーズに見えましたが、 実はそのポーズはアウトのポーズだったんです。 そして次にヒロキとみゆきは公園のベンチでキスをするシーンで、 高校が舞台の話は完結します。 30年後の舞台は描かれる? ぎぼむすはみゆきの高校時代で完結するわけではありません。 原作漫画で描かれるその後の展開を確認します。 ヒロキとみゆきが結婚し子供が生まれた後の展開が描かれているんですね。 みゆきは家を出てヒロキの実家で姑と一緒に暮らすことになります。 ヒロキとの間に子供は二人いて名前は、希美と大樹です。 亜希子は自ら事業を起こし、経営コンサルタント会社の敏腕社長として活躍します。 みゆきはヒロキの母親とウマが合わず、一時子供たちをつれ亜希子の元で暮らすことになります。 原作でのヒロキの母親はPTAの会長だったので、ドラマ版ぎぼむすでの配役は奥貫薫さんの立ち位置なんですが、 奥貫薫さんはヒロキの母親としては描かれていないので、もし、結婚後の世界が描かれるのだとすると、ヒロキの母親が誰になるのかも注目されます。 亜希子は無理がたたったのか飲み会の帰りに倒れてしまいます。 高級な厚手の服を着ていたおかげで軽傷で済みましたが、予想以上に身体への蓄積されたダメージは大きかったんです。 無理がたたっていて長く生きられないと宣告されてしまいます。 退院後はみゆき一家と一緒に生活することになった亜希子。 そしてひと時の幸せな生活をみゆきたちと過ごした後、新緑の芽生える季節に亜希子は旅立ちました。 奇しくも良一が先だったのも新緑の季節でしたね。 同じ季節に良一の元へ旅立つことになった亜希子を見送るみゆきのシーンで、 原作漫画は結末します。 これが 30年後のラストです。 ドラマ版ぎぼむすではヒロキとみゆきの結婚後の世界が描かれるのか? もし描かれずに、高校時代で終わりとなると、確実に続編があります。 30年後の結末こそぎぼむすの象徴シーン 30年後のラストシーンこそまさに義母と娘のブルースを象徴するシーンですし、 それを描かずに映像作品が終わることはないでしょう。 可能性としては3通りあります。 第2シーズンを作るほどのボリュームはありませんから、 おそらくこの3つのパターンにおさまるはずです。 ドラマ版ぎぼむすの最終話はまず、亜希子と麦田の恋の結末をどのように描くのかがまず最初の注目点です。 そして、高校以後、つまりみゆきとヒロキが結婚した後の世界を描くのかどうか。 亜希子が旅立つというのはある意味衝撃的な展開ですから、 それを描かずに完結することはないはずですし、 最終回の結末はどのようになるのか注目しましょう! 最終回を目前に控えて別の視点で最終回に関する記事を書いてみました。 よろしければ、是非この記事も観てみてくださいね。 また予告動画は変更になっているので、再度チェックしてみることをお勧めします。

次の

【義母と娘のブルース】最終回の新幹線チケットの意味が判明!続編の伏線があった?

ぎぼ むす 続編 いつ

おすすめ 【義母と娘のブルース】最終回の新幹線チケットの意味が判明!続編の伏線は関係なかった 2018年7月~9月までに放送されていたドラマ【義母と娘のブルース(ぎぼむす)】の最終回では、大阪の会社にヘッドハンティングされた義母の亜希子(綾瀬はるか)が、娘のみゆきとお別れして、東京から大阪へ出発するシーンがありました。 しかし、出発直前に義母の亜希子は『大阪行きの新幹線のチケット』が見当たらず焦って探します。 亜希子が「奇跡」とつぶやき、みゆきがにっこりほほ笑む。 というシーンでドラマが終わっていました。 放送直後には、ぎぼむすファンの間で、このラストシーンには深い意味があるのではないか?と推測する声が多くあがりました。 この新幹線のチケットを目にした視聴者の間では、次のような考察をする人が多くいました。 新幹線のチケットの意味• 12:34発 12:34着• おおわし 123郷 4号車56番C席• チケットNO 04321• 新東京駅GBMS• — Mr. オールチューズデー yukiphonic 義母と娘のブルースの最後の奇跡ってなに?奇跡って言葉を使うってことは会社が用意してくれた新幹線チケットで、結局勤務先は東京だったってことになるんだろうけど。 — 映画・ドラマ大好きオヤジ nanashi90745894 実際に、2020年1月2日には「義母と娘のブルース2020年謹賀新年SP」が放送されることになったので、「続編がある」という考察は、正しかったようです。 (当時、そこまで意図していたかは不明ですが) しかし、公式ホームページでは 「義母・ 亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。 亜希子は大阪、娘・ みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。 」と記載されているので、 『大阪出張が無くなった』という考察は間違いだと判明しました。 義母・ 亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。 亜希子は大阪、娘・ みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。 亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。 女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。 サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。 ちなみに、幼なじみの ヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。 すると、みゆきのアルバイト先である ベーカリー麦田の店長・ 麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!そこへ帰宅するみゆき。 まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。 引用:TBS番組表 予告動画では、ドラマでは亡くなったはずの竹野内豊さんも出演しているようなので、どんな展開になるのか今から楽しみですね。

次の

義母と娘のブルース(ぎぼむす)2や続編・続きに映画化はいつ?SPラストが意味深!

ぎぼ むす 続編 いつ

連ドラ『義母と娘のブルース』(TBS系、通称『ぎぼむす』)が、2020年謹賀新年スペシャル版として帰ってきた。 そして結果から先に言うと、さらなる続編をしっかりと予感させながらの幕引きとなった。 義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後がオリジナルストーリーで描かれる本作。 亜希子は大阪の大手コンサル会社での活躍が認められ、大手スポーツジムを展開するゴルディック社の再建のための一大プロジェクトを任される。 しかし理不尽な理由で突如クビを言い渡され、娘・みゆき(上白石萌歌)が暮らす東京に帰京することに。 するとそこには、お馴染みみゆきのアルバイト先のパン屋・ベーカリー麦田の麦田店長(佐藤健)と、彼の腕に抱かれた赤ん坊が。 どうやらこの赤ん坊は捨て子らしく、お店の前にベビーカーごと置き去りにされていたらしい。 赤ん坊ながら貫禄のある風貌に「専務」の愛称で呼ばれることになったこの男児だが、ひとまず親探しをしながら皆で面倒を見ることになる。 寝かしつけようとベットに置こうとすると泣き出し、抱っこすると泣き止む子育てあるある。 ちょっとの隙も目を離すことのできない育児の切羽詰まった大変さについてはコミカル過ぎず、割とリアルに描かれていた。 妊娠、出産経験のない亜希子もこれにはてんやわんや。 専務の育児を通して赤ん坊を育てるという疑似体験をすることになり、子育て支援における課題とニーズをひしひしと感じる。 また赤の他人である専務を育てながら、血の繋がらない親子である亜希子とみゆきは対話を重ねていく。 「血縁関係のある人が近くにいた方が何かあった時に安心」だとし、専務を警察に届けようとする亜希子に対して、「それってお母さんが私を育てるのが大変だったってこと?」と反発するみゆき。 後半にも亜希子の「今でもみゆきのお母さんとお父さんが生きていて二人に育てられた方が幸せだったんじゃないかと素直に思います。 いまだに出産は命がけですし」という言葉に対して、みゆきが泣き笑いのような表情で「それって私は超ラッキーだったってことだね。 どっちに(実の両親と亜希子の義母の双方の意)育てられても幸せだったなんて」と亜希子の正直な胸の内に呼応していた。 この母娘の互いを痛いほど思いやる絆はやはり健在だった。 無事専務の親は見つかったのだが、父親・川田優(高岡蒼佑)によると出産後まもなくして専務の母親は他界してしまいシングルファーザーに。 見よう見まねで育児本に書いてあることをなぞるも、なかなかうまくいかず仕事も続けられなくなってしまう。 ママ友を作ろうと公園デビューを果たすも、平日日中に公園にいる男性というだけで白い目で見られたり、気後れしてしまいどんどん孤立することに。 もう心身ともに限界まで追い込まれてしまい、遂に我が子を置き去りにしてしまったという。 しかしずっと我が子のことが頭から離れなかったという川田にみゆきは「親になる素質がない」と厳しく言い放つ。

次の