うつ 病 の 人 と の 接し 方。 家族や友人が「躁うつ病(双極性障害)」になってしまったら?

うつ病の私はこんな接し方をされると嬉しいです

うつ 病 の 人 と の 接し 方

4月になると学校を卒業したばかりの新入社員が意気揚々と入社します。 ある程度の緊張は仕事には大切で、集中力を高めたり仕事の効率もよくなるものです。 しかし緊張の度合いが過ぎてしまうと、いわゆる過度のストレスになってしまい、心や身体に不調をきたしてしまいかねません。 ここでは新入社員がうつ病になる理由や、気をつける症状についてご紹介いたします。 新入社員が抱えるストレス 新入社員の多くは初めて社会に出て働くことを経験します。 いきなりに大きな仕事を任されるということは考えにくいでしょう。 しかし責任が生じる仕事への緊張感や早く仕事を覚えなければいけないという焦りはありがちです。 さらにミスを犯してはいけないというプレッシャーなど、さまざまな重圧がのしかかっていく傾向といえます。 仕事そのものだけでなく、職場の環境や人間関係がストレスとなっていることもあるでしょう。 新入社員にとって職場で出会う人は同僚を含め、多くの人が初対面です。 そのうえ新入社員は仕事を教えてもらわなければいけないという弱い立場にあるので人間関係は大きなストレスになりがちといえます。 さらに新入社員のストレスは何も職場においてだけだとは限りません。 就職に伴い引っ越しを余儀なくされることもあるでしょう。 当然、住む環境が変われば、生活環境の変化についていけずストレスにもなります。 ひとり暮らしが初めてであるならば、ひとりで食事や洗濯、掃除といったなれない家事をこなすこともあるでしょう。 電気代や水道代の支払いといった生活の基盤となる新しい責任も生じることになります。 5月病?注意をしたい症状とは? 日本では世界からみると異常なくらいの受験戦争や就職活動が行われます。 新入社員はそのような過酷な状況から就職を勝ち取り、意気揚々と就職をしますが、1カ月を経過したころからその緊張が切れてしまうことがあるのです。 急にやる気がなくなったり憂うつな気分に悩まされたりする人も少なくありません。 そういった症状を俗に「5月病」と呼んでいます。 医学用語ではありませんが、5月病の症状があらわれたら少し注意が必要です。 主の兆しとしては「寝つきにくい」「朝になかなか起きられない」ということがあげられます。 さらに「仕事に集中ができない」「イライラする」「仕事でのミスが増える」といった状態が増えるようであればストレスがたまり過ぎているかもしれません。 ストレスが自然に解消されることもありますが、解消されない状態が慢性化すると症状が重症化することもあるため注意が必要です。 自分で行う!うつ病のセルフチェック うつ病の症状とは主に抑うつ症状や極端な食欲の変化です。 他にも「集中力や思考力の低下」「睡眠の変化」「疲労感が慢性的」「罰責感が過剰」「死にたいと思う」などが考えられます。 つらいことがあった日には食欲が落ちたり、集中できなかったり夜に眠れなかったりするなどといった症状があらわれても不思議ではありません。 しかし一般的には一時的に落ち込んでも、睡眠や時間によって自然と回復するものです。 もし2週間経っても状況が変わらないか、重くなると感じるときには医療機関を受診したほうが良いでしょう。 精神科や心療内科のウェブサイトではオンラインで行えるセルフチェックのページを用意していることも少なくありません。 なかなか自分の心の疲れ具合を自分で判断するのは難しいものです。 数値化したり、結果で知らされることで自分に黄色信号を与えることができます。 仕事のペースを振り返ってみたり休みをとったりするきっかけにもなりますので、ぜひ参考にしてみてください。 あくまでもセルフチェックですから心配な場合は医療機関を受診することをおすすめします。 職場のストレスチェックは必ず受けよう! 職場が50人以上の労働者で成り立っている場合、会社によってストレスチェックを実施することが義務づけられています。 職場が該当する場合、少なくとも年に1回はストレスチェックが実施されているでしょう。 職場が該当しない場合でも厚生労働省のHPなどからストレスチェックを受けることは可能です。 不安な場合は1度ストレスチェックを受けてみましょう。 会社で健康診断を受けるのと同じ考えです。 現代は心の健康にも同じように気を配る必要があるのです。 それだけ心の不調を訴える人が増えています。 国は労働者の心の健康に積極的に取り組む姿勢でいます。 ストレスチェックはその一環ですから、必ず受けるようにしましょう。 ストレスチェックで心の不調が確認されれば、早くに医療介入することが可能です。 それが自分のためでもあり、会社のためでもあります。 ストレスチェックの結果は本人の同意なしに会社に知らされることはありませんので安心してください。 新入社員はストレスが多いもの!上手に発散しよう 新入社員は社会に出るのが初めての人がほとんどですから仕事上の緊張や焦りなどすべてがストレスとなりがちです。 職場の人間関係についても、新入社員は1から築く必要があるので大きなストレスといえます。 引っ越しやひとり暮らしといった職場とは関係のないところでのストレスが重なることで緊張の糸が切れてしまうことがあるでしょう。 何かいつもの自分とは違うと感じるときは早めに上司に相談したり医療機関を受診したりするなどしてみましょう。 ウェブサイトにはさまざまなセルフチェックが掲載されていますので参考のために使用してみるのも方法です。 会社でストレスチェックが実施されるのであれば、毎年きちんと受けておくことをおすすめします。 早くに変化に気がつくことで、治療により早くに取り組むことができます。 だれしもストレスはあるものです。 上手に発散することが一番のうつ病の予防になります。

次の

うつ病の人への接し方で注意することは?精神科・心療内科医210人アンケート調査

うつ 病 の 人 と の 接し 方

うつ病ライブラリー うつ病の症状・原因や治療の流れなどうつ病の基礎知識をわかりやすく解説します 精神症状・身体症状という二つの面からうつ病の症状について解説します。 注目記事• 原因や症状の出方などによって異なる、うつ病の代表的な種類についてご紹介します。 注目記事• うつ病で受診をする前に、治療について知っておきたいことや心構えをお伝えします。 注目記事• 遺伝的要因や性格など、うつ病になってしまう様々な原因についてご紹介します。 注目記事• うつ病の正しい知識を持ち、患者に寄り添っていくためにその心構えをご提案します。 注目記事• うつ病ライブラリー•

次の

うつ病の人との接し方

うつ 病 の 人 と の 接し 方

泉谷閑示 [精神科医] 1962年秋田県生まれ。 東北大学医学部卒。 東京医科歯科大学医学部付属病院医員、(財)神経研究所付属晴和病院医員、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、現在、精神療法を専門とする泉谷クリニック院長。 著書に『「普通がいい」という病』(講談社現代新書)と最新刊の『「私」を生きるための言葉』(研究社)がある。 8人に1人が苦しんでいる!「うつ」にまつわる24の誤解 泉谷閑示 いまや8人に1人がかかっているといわれる現代病「うつ」。 これだけ蔓延しているにもかかわらず、この病気に対する誤解はまだまだ多い。 多数の患者と向き合ってきた精神科医が、その誤解を1つずつひも解いていく。 「うつ」で療養中の人に対して、ご家族など周囲の人から「どう接したらよいのでしょうか?」「何か注意すべきことはありますか?」といった質問を受けることがよくあります。 周囲の方たちにとってみれば、「うつ」の状態の心理は理解しがたいものでしょうから、接し方について戸惑ってしまうのも無理はありません。 しかし、よく言われているような「励ましてはならない」といった単発のマニュアルに従ってみても、それが表面的なものに終わってしまうことが多いようです。 そこで今回は、周囲にいる人たちが「うつ」について少しでも理解を深め、表面的でない接し方ができるためにはどんなことが大切なのか、考えてみましょう。 なぜ「励ましてはならない」のか? 「うつ」の方に対する間違った接し方には実に様々なものがありますが、いずれも「うつ」が起こるからくりが理解できていないところから来ている問題だと思われます。 でも触れましたが、「うつ」とは、「頭」の一方的な独裁に対して、「心」(=「身体」)がある時点でたまりかねてストライキを決行した状態です(右の図参照)。 「頭」とは《理性の場》であり、自己コントロールを志向する《意志の場》でもあります。 それに対して「心」(=「身体」)の方は、大自然の原理を持っていて、欲求や感情を生み出す《意欲の場》です。 そして、人間の生き物としてのエネルギーの中心は、ここにあります。 このような人間の基本構造と「うつ」のからくりが理解できれば、なぜ「励ましてはならない」と言われるのか、そのエッセンスがはっきり見えてきます。 つまり、「励ます」ということは、「頭」の《意志》による自己コントロールを再び強化せよと言っているわけですから、ストライキに対して軍隊を向けるようなもので、事態が泥沼化するのは明らかです。 しかも患者さんの「頭」は、「自己コントロールが十分に効いて有意義な活動ができるような自分でなければ、自分には価値はない」という考えを持っていることが多いため、励まされても思うように動かない自分自身を情けなく思い、いっそう自己嫌悪に陥ります。 これが場合によっては、自殺願望を強めてしまう恐れもあるわけで、だからこそ「励ますこと」が危険なのです。 小手先の気遣いは「うつ」には通用しない しかし周囲の人は、表向きは「励まし」たりしなくとも、一日でも早く「有意義な活動」ができるようになってほしい、と期待して待っていることが多いものです。 もちろん、患者さんの一日も早い社会復帰を願うことは、現代社会に生きる周囲の方々にとっては、ごく当たり前な気持ちでしょう。

次の