朝鮮刀 カイカイ。 [B! 国際] 韓国人「これを読めば分かる、朝鮮と日本の違い」 : カイカイ反応通信

2ch◆【書籍】 「古朝鮮から伝わる刀の芸術“朝鮮勢法”、武芸宗主国であることを立証」~大韓剣法協会総裁著「本国剣芸」

朝鮮刀 カイカイ

ケント・ギルバート氏 なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。 そして、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。 そこには「儒教の呪い」があるという。 著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。 百田:日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たちには何もないから、その屈辱感が凄い。 それで今、韓国は日本固有の文化を全部、「朝鮮半島由来」と主張し始めました。 柔道、茶道、華道……。 ケント:歌舞伎、相撲、食べ物では寿司やしゃぶしゃぶなどの和食も韓国起源だと言っていますね。 百田:納豆菌を使う食べ物は朝鮮半島には存在しなかったのに、納豆も韓国がルーツだと言い出しています。 さらに、ソメイヨシノも元は済州島に自生していた桜だと。 だけどソメイヨシノは江戸の染井村の職人さんがエドヒガン系の桜とオオシマザクラを掛け合わせてつくったもので、自生するわけがないんですよ。 それも知らずに「韓国由来」と言っている(笑)。 ケント:近頃は、一部の韓国人は妄想がひどくなったのか、イエス・キリストも孔子も韓国で生まれたという主張まで出てきた。 百田:以前は「侍」や「武道」「武士道」は軍国主義を思い出させるといって、韓国人は忌み嫌っていたはずです。 ところがハリウッド映画『ラストサムライ』がヒットしたり、忍者や日本刀が世界から注目されたりするようになって、武道も「朝鮮半島がルーツだ」と言い出した。

次の

2ch◆【書籍】 「古朝鮮から伝わる刀の芸術“朝鮮勢法”、武芸宗主国であることを立証」~大韓剣法協会総裁著「本国剣芸」

朝鮮刀 カイカイ

今回の出版で古朝鮮時代から続いたが、外勢侵奪で切れた命脈を連結したもので韓民族が武芸宗主国であることを立証しました。 」 11日午後ソウル忠正路のあるカフェで会った大韓剣法協会総裁イム・ソンムク氏 52 の声は始終一貫真剣だった。 彼は私たちの剣を扱った朝鮮勢法と本国剣法の理論と哲学を復元した「本国剣芸」 全2冊 を出した。 20年間余り、朝鮮勢法を含む武芸図譜通志を習った武芸の実力、そして公州儒林の世界会長だった父から受けた漢文の実力を土台に10年間準備した本だ。 本のタイトルは中国北京大哲学博士出身のソン・ビョンチョル氏が付けた。 本国は「すべての国、世界の根元」という意味。 だが、剣法でも剣道でもない剣芸は見慣れない用語だ。 中国は片手で軽くて短い刃物を持ちあらゆる技巧を使いますが実戦ではからきしです。 日本は敵の首だけ切る技術に優れていて道がないのに剣道と書いてきました。 私たちには刀を天の意志を受けて正しく使う哲学があります。 」 イム氏は新羅花郎(ファラン)らが三国統一のために修練した朝鮮儒林と本国剣法が古朝鮮から伝わったものという。 武芸達人の修練用である朝鮮勢法を新羅花郎が軍卒養成のために本国剣法として再構成したもの。 本には一般人も連続動作を真似られるようにと挿絵と写真を収録している。 イム氏は「伝統武芸を伝授されたという人々が絵だけ見てまねたら動作がばらばらだった。 連続的回転動作の朝鮮勢法を再現すると言いながら刀を抜いて一度切ってはまた鞘に納める寸劇を演じた」と話した。 イム氏は朝鮮勢法に含まれた剣法の秘訣、すなわち剣訣を解いた。 その字と動作に詩的な意味を付与すれば剣訣になって剣訣を順に構成すると大叙事詩ができた」と説明した。 イム氏がこのように叙事詩として解きほぐした朝鮮勢法には中国の秦国王をうわばみ(大蛇)、古朝鮮王は龍と表現されているという。 動作に真似て警句を覚えれば秦王を滅ぼして国の安寧を祈った尚武護国精神を感じることができる。 彼は「武芸本だが朝鮮勢法に隠された当時の歴史と神話を解きほぐした」と自負した。 国内最大団体の大韓剣道会に対する批判も本の中にある。 u v r-' 常軌を逸している………!.

次の

韓国人「朝鮮通信使が見た日本は衝撃的だった」 : キムチ翻訳速報

朝鮮刀 カイカイ

ケント・ギルバート氏 なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。 そして、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。 そこには「儒教の呪い」があるという。 著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。 百田:日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たちには何もないから、その屈辱感が凄い。 それで今、韓国は日本固有の文化を全部、「朝鮮半島由来」と主張し始めました。 柔道、茶道、華道……。 ケント:歌舞伎、相撲、食べ物では寿司やしゃぶしゃぶなどの和食も韓国起源だと言っていますね。 百田:納豆菌を使う食べ物は朝鮮半島には存在しなかったのに、納豆も韓国がルーツだと言い出しています。 さらに、ソメイヨシノも元は済州島に自生していた桜だと。 だけどソメイヨシノは江戸の染井村の職人さんがエドヒガン系の桜とオオシマザクラを掛け合わせてつくったもので、自生するわけがないんですよ。 それも知らずに「韓国由来」と言っている(笑)。 ケント:近頃は、一部の韓国人は妄想がひどくなったのか、イエス・キリストも孔子も韓国で生まれたという主張まで出てきた。 百田:以前は「侍」や「武道」「武士道」は軍国主義を思い出させるといって、韓国人は忌み嫌っていたはずです。 ところがハリウッド映画『ラストサムライ』がヒットしたり、忍者や日本刀が世界から注目されたりするようになって、武道も「朝鮮半島がルーツだ」と言い出した。

次の