勉強 記録 アプリ。 筋トレの記録アプリ5選!Android・iPhoneで使えるオススメの無料アプリはコレ!

時間管理に役立つios・android、PCアプリまとめ

勉強 記録 アプリ

Toggl• タイマー画面• レポート画面 私も使っている一押しのWebサービス「」。 プロジェクト、クライアント、タグなど細かく分類できるので、様々な角度から時間を計算することができます。 インターフェースもシンプルで入力も簡単。 後から内容や時間を編集できるので、作業内容が決まっていなくてもとりあえずタイマーボタンを押せる気軽さも魅力です。 プロジェクトなどの追加やレポート出力などはWeb版で行います。 スマートフォンアプリはタイマーと簡易レポートの閲覧のみとシンプルな設計で、Web版のサブ的なポジションとなっています。 Web版の詳細は以下の記事でまとめました。 Hours• タイマー入力画面• 作業編集画面 あらかじめプロジェクトを登録しておき、タップでタイマーを起動します。 画面上部に表示されているタイムラインから作業内容や時間の変更ができます。 仕事だけではなく、日常生活の行動記録にも使えそうです。 タイムラインに色分けされたプロジェクトが美しく並ぶので、思わず空いている時間(グレー部分)を埋めたくなってしまいますね。 HoursもTogglと同じくWeb版と連動しています。 報告書の作成や細かな設定はWeb版で行います。 無料版のアプリはタイマー入力とプロジェクト作成が主な機能で、アプリでの報告機能は有料になります。 Web版のタイマー入力画面 Web版のレポート画面 Apple Watchがあれば、記録がより速くスムーズに Apple Watch対応のアプリであれば、Apple Watchで記録もよりスムーズに行えます。 私もApple Watchを使っていますが、すごく便利ですよ〜。 Apple製品はAmazonで購入するとお得! AmazonでApple製品を購入すると、商品によっては Amazonポイントが付き、公式サイトより安く買える場合があります。

次の

【2020年版】勉強の計画を立てるのにおすすめのアプリ5選

勉強 記録 アプリ

PCがあれば、勉強にも活用できます。 最近では覚えやすいユーチューブの学習動画があったりして、うまく自分だけのノートにまとめていくと効率アップできると思います。 PCで勉強ノート? ノートPCやタブレットを活用すれば、授業内容をソフトにまとめたいもの。 特に学習用ノートアプリというジャンルはないのですが、おすすめできるものとしてはワンノートがあります。 ワンノートならそのまま動画をノートに貼りつける... なんてこともできます。 他にも方眼紙ノートにスケッチ感覚で書き込めるノートアプリもあり、このようなものも授業を記録するのにはちょうどいいかもしれません。 おすすめソフトは? ワンノート ワンノートはマイクロソフトのノートアプリです。 もともとはオフィスというパッケージの中に含まれていましたが、現在は完全にセパレートされています。 マイクロソフトストアから無料でダウンロードできます。 おすすめポイントとしては、 ウィン、マック、スマホとマルチデバイスに対応 いずれも無料。 マック版はこんな感じです。 動画やサウンドなど、いろんなデータに対応 例えばウェブページをコピペすると文字も画像も一緒に張り付けることができます。 便利な機能がいっぱい 画像から文字を抽出する機能。 数式を手書きすると、ちゃんとデータ化する機能もあります。 ノートアプリ 授業中にメモをとるならノート型のアプリがおすすめです。 「Bamboo Paper」なら、方眼紙のメモ帳に実際に手書きで書いているような感覚のノートアプリです。 例えば「MetaMoji Note Lite」では、ペンで図形を描き、さらにその図形の位置やサイズを治すことが簡単にできます。 ノートアプリのまとめについては以下参照ください。 apicode.

次の

読んだ本を記録しないなんてもったいない! ノートやアプリを使って読書をもっと有意義に。

勉強 記録 アプリ

この記事を書いた人 アザラシ塾管理人 中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。 模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。 中学生のほとんどがスマホを持つようになりスマホをいじる時間も増えるようになりました。 スマホのせいで勉強しないことが心配な方やどうにかスマホをいじる時間を勉強に役立ててほしいと感じる方も多いと思います。 そんな中、最近はスマホを勉強に役立てようという考えから多くの勉強系のアプリが生まれました。 しかし、 何でもかんでもスマホで勉強すれば良いというわけではなく上手く利用することが大切です。 そこで 今回は数ある勉強系のアプリの中から、中学生の勉強に本当に使えるアプリを 3つだけ紹介します。 どれも実際に私が生徒に使うことを勧めているアプリです!• 勉強時間を記録して、学習状況を管理する。 一緒に勉強を頑張る同年代の子と励ましあう です。 勉強時間を記録して学習状況を管理する このアプリでは、 どの教科をどの問題集を用いて何時間勉強したかの記録を細かくつけることができます。 勉強の記録をつけることで、自分が頑張って勉強したことが目に見えて分かるようになるのでやる気が上がります! 記録した学習時間は日、週、月ごとにまとめられグラフで表示されます。 勉強量を確認するだけでなく、勉強の種類ごとに分けて表示されるので「バランスよく勉強できたかな」とか「目標としていた時間勉強できたのかな」というように反省をすることができます。 勉強時間が目に見えるので、「〇時間勉強する!」という目標を立て、目標達成に向けて頑張ることができますね! 一緒に勉強を頑張る同年代の子と励ましあう ここからがスタディプラスの面白い点です。 スタディプラスでは「今日これだけ勉強したよ~」とみんなに報告することができます。 みんなとはスタディプラスを利用している同年代の子のことです。 このアプリでは勉強を頑張る同年代の子と友達になることができ、彼らと勉強結果を報告しあって励ましあうことができるんです! 友達がたくさん勉強しているのを見れば、自分も勉強する気が出てきますよね! こんなに便利で面白いアプリも無料で利用することができます。 是非一度使ってみてください! 2:スマホやタブレットで授業を受ける スマホやタブレットで授業を受けることができるのがです。 スタディサプリでは5教科18科目1万本の授業動画を見ることができます。 授業は要点を抑えた非常に分かりやすい授業になっています。 授業は細かく単元ごとに分かれており、分からない範囲だけを勉強することができます。 単なる授業だけでなく、学校のテスト対策や都道府県別の公立高校入試の対策も受けることができます。 これだけ手軽に分かっていない事を勉強でき、定期テスト対策や公立高校入試ができるのはこのアプリだけです! 月980円の料金がかかりますが、今なら2週間の無料体験をすることができます。 是非一度試してください!無料の申し込みは下のボタンからできます。 3:英単語を覚える スマホでの勉強は通学中の電車内などのスキマ時間にやれることが利点です。 短時間にさっとやる勉強としては、暗記系の勉強をすべきです。 スマホ勉強は暗記系の勉強と非常に相性がいいんです。 数々のアプリの中からお勧めするのが英単語帳アプリのmikanです。 mikanは中学生が覚えるべき単語だけを厳選し、それを一問一答の4択クイズ形式で覚えることができます。 通学中に単語帳を見る学生の姿は今でもたくさん見ますが、それを気軽に楽しく効率よく勉強できるんです! 数ある英単語アプリの中で1番の人気を誇るアプリですので是非一度使ってみてください。 ほとんどの機能を無料で使えます。 まとめ 今回は中学生がスマホを使って勉強するのに使えるアプリを3つ紹介しました。 スマホをうまく勉強に活用できれば勉強効率はあがります。 しかし、何でもスマホで勉強すれば良いというわけではありません。 「スマホは暗記系の勉強と相性がいい」と言いましたが漢字の勉強アプリなどは紹介しませんでした。 なぜなら漢字は実際に書いて覚えないと使えないからです。 無料で使えて、効率的に勉強を進められるアプリだけを紹介しましたので是非一度使ってみてください! 確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。 全てを隠さずお教えします。 やることはシンプルで簡単。 でも意外と誰も教えてくれません。 「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。 」はほとんどの方が持つ悩みです。 少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。 ではこれまでにテストの点数は上がりましたか? 定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で根本的なことです。 勉強のやり方を1から見直すことで次のテストから点数を確実に上げることができます。 家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

次の