スティービー ワンダー for your love。 デューク・エリントンに捧げたスティーヴィー・ワンダーの「Sir Duke」

スティービー・ワンダー名曲「I Just Called To Say I Love You」から学ぶ英語

スティービー ワンダー for your love

のほか、、など様々な楽器を演奏するである。 11歳の時にの Tamlaレーベルと契約して以来、現在までモータウン一筋に活動する。 30曲以上のU. トップ10ヒットを放ち、計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数の多い男性ソロ・シンガーである。 「」において第9位。 「の選んだ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第15位。 「の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第34位。 経歴 [ ] カルビン・ジャドケンスとルーラ・メイ・ハードウェイ 1930〜2006 の6人の子供の内、3人目の子供として1950年、に生まれた。 6週間の早産で生まれ、保育器内での過量酸素が原因で生まれてすぐに目が見えなくなる(、全盲ではない)。 スティーヴィーが4歳の時に、彼の母親は父親を置いて、子供とともにデトロイトに移住する。 母親は名前を旧姓に戻すと共に、その後に子供たちの苗字を彼女の親類にあやかってモーリスとした。 現在でも、スティーヴィーの法律上の名前はモーリスとなっている。 幼い頃からピアノやハーモニカ、ベースを演奏していたという。 11歳の時、自身で作曲した「Lonely Boy」をミラクルズのロニー・ワイトの前で歌い、ワイトはスティーヴィーと彼の母親をへのオーディションに連れて行く。 社長である の前で歌と演奏を披露し、モータウンとの契約を獲得。 彼の最初のステージネーム「リトル・スティーヴィー・ワンダー」は、この時のプロデューサーであり彼の多くの作品に参加したクラレンス・ポールがつけたものである。 なお、この時の契約内容には、スティーヴィーの年齢を考慮したものとして、印税収入は彼が21歳になるまで基金に蓄えられるという条項があり、それまでは週給として2ドル50セントの支払いであったとされる。 こうしてモータウンに加わったスティーヴィーは、61年に最初のレコーディングとして「Mother Thank You」を収録するが、結果として、デビューシングルはベリー・ゴーディーの手による「I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues」に変更され、これが1962年の夏に発売された。 結局、この曲が発表されたのは、タイトルを変えた上で、1964年になってからであった。 続いて、シングル「Little Water Boy」(ヒットはしなかった)や、アルバム「The Jazz Soul of Little Stevie」と「Tribute to Uncle Ray」を発表し、こちらは小さなヒットとなった。 スティーヴィーが12歳であった1962年末、モータウン・レビューの一員として全米をツアーする。 このツアーで廻ったシカゴのリーガル・シアターでの20分ほどの演奏を録音したものが、1963年の5月にアルバム「Recorded Live: The 12 Year Old Genius」としてリリースされ、これがで1位になる大ヒットを記録。 この、13歳での1位獲得は現在でも史上最年少の記録である。 また、わずか12歳でデビューしたため、のメンバーとは年齢が離れているにもかかわらず、キャリアとしては同等の長さを誇る。 しかし、そこから一気にヒットチャート最上位の常連になったわけではなく、続く数作は必ずしも大ヒットとはならなかった。 また、スティーヴィーの成長に伴う声変わりに対して、当時のモータウンの重役たちの何人かはレコード契約の打ち切りをも検討していたとされる。 1964年には、2本の映画に出演するもいずれも大したヒットにはならなかった。 そうした中、シルヴィア・モーイと共作した作品などを含むアルバム「」がメジャーヒットし、シングルカットされた「Uptight」、「Nothing's Too Good for My Baby」、「With a Child's Heart」、そしてのカバーである「Blowin' in the Wind」がいずれもメジャーヒットする成功を得た。 また、リトル・スティーヴィー・ワンダーというこれまでのステージネームから"リトル"を取るようにベリー・ゴーディーに説得したのもまた、シルヴィア・モーイであったとされる。 また、同じころにスティーヴィーは自分とレーベルの他の仲間への楽曲提供のために、モータウンの作詞部門・作曲部門との契約を新たに結んだ。 に、モータウンから自作のプロデュース権を獲得し、音楽出版会社「タウラス・プロダクション」を設立。 自身の新たな音楽を模索していた時、当時開発されたばかりのに感銘を受ける。 以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、ほとんどの楽器を自分で演奏してアルバムを作るスタイルを確立してゆく。 、友人の運転する車に同乗した際にに遭う。 この事故ので一時とを失うが、その後のリハビリが功を奏し、ほぼ完全に回復。 この体験によりやに目覚め、後の1980年代にはの政策に反対する歌、指導者のを讃える歌を発表する。 日本の全盲の中学生との交流がきっかけでを訪問し、歌ったこともある。 70年代前半には、彼はを受賞した。 73年のアルバム『』が最優秀アルバム賞をそれぞれ受賞している。 73年には「ハイアー・グラウンド」、74年にはファンク・ナンバー「」がヒットした。 75年には「レゲエ・ウーマン」もヒットしている。 2月の授賞式では、最優秀アルバム賞受賞後のスピーチで、この賞を前年に亡くなったに捧げると発言した。 には、2枚組のオリジナル・アルバム『 Songs in the Key of Life 』をリリース。 このアルバムは、当時全米アルバムチャート14週1位となる大ヒットになり、この年のの最優秀アルバム賞も受賞した。 の映画『』のサウンドトラックに用いられた「(I Just Called to Say I Love You)」は、米英で大ヒットするとともに、を受賞した。 にはに参加し、のブリッジ部分でリードボーカルをとった。 12月、に任命。 人物と音楽性 [ ] ステージでは主にピアノや、などのキーボードをプレイしながら歌うことが多いが、他にも、、などもプレイするマルチプレイヤーとして有名。 彼の音楽センスは、物心つく前から表現力に富んでいる。 クロスオーバーなど、様々なジャンルを違和感無く自身の音楽に吸収してしまうことから、異ジャンルのミュージシャンからも大きなリスペクトを受けている。 また、視覚障害や天性の音楽的素養などの共通点があることから、しばしばと比較される。 また、特に70年代において、新しい楽器の導入にも貪欲さを示しており、上記の様にそのころに徐々に一般化し始めたモーグ・シンセサイザーやクラヴィネットなどをいち早く導入した代表的な人物であると共に、も同様にいち早く取り入れて大々的に使用している。 政治活動にも積極的で、アメリカ民主党を支持している。 2000年のゴア対ブッシュのアメリカ大統領選ではフロリダ州にかけつけ民主党のゴアを支援。 の大統領選でも、オバマの強力なサポーターとして党大会などに参加した。 オバマ大統領の就任式のイベントでも何度もステージに立ち、代表曲を披露した。 ディスコグラフィ [ ] 詳細は「」を参照 多作家として知られるが、作品の質に厳しいことでも有名で、今までお蔵入りした曲は数千曲にのぼるという。 アルバム制作の際は、収録予定の曲数のほぼ10倍を作曲すると言われており、1976年発表の『キー・オブ・ライフ』の収録曲は、1974年から1976年までに作曲された約1,000曲の中から選ばれた。 代表曲 [ ]• 「」(1969年)• 「」 1972年• 「」 1972年• 「ハイアー・グラウンド」 1973年• 「」 1974年• 「」 1976年• 「」 1980年• 「」 1984年• 「」 1985年 楽曲提供 [ ]• 『イッツ・ア・シィム』 - 1970• 『アンティル・ユー・カム・バック・トゥ・ミー』 - 1974• 『テル・ミー・サムシング・グッド』 - featuringチャカ・カーン 1974• 『ザ・リアル・シング』- 1977• 『レッツ・ゲット・シリアス』 - 1980• 『トライ・ジャー・ラブ』 - 1982 私生活 [ ] 1970年に歌手のと結婚したが、1972年に離婚。 2001年にデザイナーのと結婚したが、2009年に別居、2012年に離婚が申請され、2015年10月5日離婚が成立した。 これまでに5人の女性との間に9人の子供を設けている。 スティーヴィー・ワンダーが影響を受けたアーティスト [ ] スティーヴィー・ワンダーは、尊敬するアーティストとしてを挙げている。 共演したミュージシャン [ ]• 「」、「Get It」、「」• 「So What Fuss」(プリンスがギターで参加)• 「」、「What's That You're Doing? 「I Guess That's Why They Call It The Blues」(ハーモニカを担当)、「」• 「The Dude」(キーボードを担当)• 「Brand New Day」(ハーモニカを担当)• 「Peace Wanted Just be Free」• 「Don't Be Sad 'Cause Your Sun Is Down」、「Little More Time With You」• 「I Feel For You」(ハーモニカを担当)• 「There Must Be an Angel」(ハーモニカを担当)• 「Perfect Angel」(演奏サポートとアルバム・プロデュースを担当)• (前夫人) 「If You Really Love Me」• 「Do I Do」• 「Canzoni Stonate」• 「」(ハーモニカを担当)、「」(シンセサイザーを担当)• 「O Thou That Tellest Good Tidings to Zion」、「I'm New」• 「Expressions Of Love」(ハーモニカを担当)• 「Samurai」(ハーモニカを担当)• 「Nightingales」(ハーモニカを担当)• 「Lookin' for another pure love」• 「I Do Love You」• 長良川でのサウンドクラウドに参加 (シンセサイザー・ハーモニカを担当)• 「Faith」 日本公演 [ ]• タムラ・モータウン・フェスティバル・イン・東京 2月13日• 1月29日,30日 、31日,2月3日 、2月1日 駿府会館• 3月31日,4月1日 日本武道館• 10月28日 、29日 、31日,11月1日,2日 、4日,5日 日本武道館、6日 、8日 、9日• 10月23日,24日,25日 、27日 福岡国際センター、29日,30日,31日 第一体育館、11月2日,3日 、5日 、7日,8日• 4月12日 福岡国際センター、13日 、15日,16日,17日 大阪城ホール、19日,20日 、21日 、23日,24日 、25日,26日,27日 日本武道館、29日 仙台市体育館• 12月13日,15日,16日 大阪城ホール、19日 名古屋レインボーホール、23日,24日• 2月21日,22日 日本武道館、24日,25日,26日 、3月1日,2日 大阪城ホール、9月4日,5日• 9月15日 横浜アリーナ、18日,19日,20日 日本武道館、21日 、23日 マリンメッセ福岡、24日 大阪城ホール、25日 名古屋レインボーホール、27日 、29日 岩手産業文化センター• 8月27日,28日 ホールA• 12月27日,28日 、30日 マリンメッセ福岡• 1月4日 名古屋レインボーホール、6日,7日 大阪城ホール• 2月17日,18日 さいたまスーパーアリーナ、20日 名古屋レインボーホール、24日 、27日,28日• 2010• 8月7日 大阪・、8月8日 脚注 [ ] []• Marian Tuin 2010年4月23日. Examiner. com. 2010年4月27日閲覧。 Rolling Stone. 2013年5月26日閲覧。 Q - 100 Greatest Singers 2007年4月. 2013年5月21日閲覧。 Bob Gulla 2008. Greenwood Publishing Group. 313. Tenley Williams 1 Jan 2002. Stevie Wonder. Infobase Publishing. Tenley Williams 1 Jan 2002. Stevie Wonder. Infobase Publishing. steviewonder. org. 2016年10月10日閲覧。 2009年12月4日. 2009年12月4日閲覧。 2015年10月8日. 2015年10月9日閲覧。 この折り、北海道護国神社で宮司と記念撮影したものが、札幌市手稲のぎんれい写真館に残っている。 出典 [ ]• Perone, James E.. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

アルト40周年|CMソング(洋楽)の曲名と歌手は?母と娘【2019/6月】|Daily24

スティービー ワンダー for your love

All is fair in love 歌詞の意味: すべては愛の見本市 Love's a crazy game 歌詞の意味: 愛の狂気ゲーム Two people vow to stay 歌詞の意味: 滞在する二人の誓い In love as one they say 歌詞の意味: 彼らが言う 1 つのように恋 But all is changed with time 歌詞の意味: すべては時間変更 The future no one can see 歌詞の意味: 誰も見ることができます未来 The road you leave behind 歌詞の意味: 残している道路 Ahead lies mystery 歌詞の意味: 先に謎 But all is fair in love 歌詞の意味: しかし、すべては愛の見本市 I had to go away 歌詞の意味: 私は離れて行くならなかった A writer takes his pen 歌詞の意味: 作家は彼のペン To write the words again 歌詞の意味: 言葉を再度書き込み That all in love is fair 歌詞の意味: 愛のすべては公平です All of fate's a chance 歌詞の意味: 運命のチャンス It's either good or bad 歌詞の意味: それが良いか悪い I tossed my coin to say 歌詞の意味: 私と言う私のコインを投げてください。 In love with me you'd stay 歌詞の意味: 私を愛していたい But all in war is so cold 歌詞の意味: すべての戦争は、とても寒いですが、 You either win or lose 歌詞の意味: 勝つか負ける When all is put away 歌詞の意味: すべてが離れて置かれるとき The losing side I'll play 歌詞の意味: そうすれば負けた側面 But all is fair in love 歌詞の意味: しかし、すべては愛の見本市 I should never have left your side 歌詞の意味: 私はあなたの側を離れること A writer takes his pen 歌詞の意味: 作家は彼のペン To write the words again 歌詞の意味: 言葉を再度書き込み That all in love is fair 歌詞の意味: 愛のすべては公平です A writer takes his pen 歌詞の意味: 作家は彼のペン To write the words again 歌詞の意味: 言葉を再度書き込み That all in love is fair 歌詞の意味: 愛のすべては公平です このページは、歌手 愛のすべては公平な 10 によって作成された 世紀の終わりに のアルバムに収集された スティーヴィー ・ ワンダー の歌詞を提供するように設計されています。 次のテキスト バージョンの 愛のすべては公平な 10 を読むことができます。 同じアルバム内の他の曲に興味がある場合は、[愛のすべては公平な 10] をクリックしてください。 同じ歌手のアルバムの包括的なリストを検索するには、[スティーヴィー ・ ワンダー] をクリックしてください。 あなたはそのような歌詞を愛する場合は、あなたのお気に入りにこのページを追加することができます。 便宜上、愛のすべては公平な 10の画像版をダウンロードして印刷したり、メール、Twitter、Instagram、Pinterest、Google、Reddit、VKなどを介して友達と共有することもできます。 このページの最後には、アラビア語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、ギリシャ語、フィンランド語、フランス語、ヘブライ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、韓国語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、タイ語など、他の42の言語で愛のすべては公平な 10の歌詞が表示されます。 一方、PDF版の歌詞が必要な場合、または愛のすべては公平な 10のMP3を無料でダウンロードしたい場合は、私たちに書いてください。 一方、このアルバムに収録されていない他の曲をご存知の方は、お気軽にお問い合わせください。 データベースの次回の更新時に含めます。

次の

スティーヴィー・ワンダー

スティービー ワンダー for your love

1979年 EP VIP-2796 A 愛を贈れば/Send One Your Love B 愛を贈れば/Send One Your Love Inst. 1979年 EP VIP-2823 A 窓の外は愛の世界/Outside My Window B 果てしなき道程 1981年 EP VIPX-1598 A ハッピー・バースディ/Happy Birthday B ハッピー・バースディ/Happy Birthday Inst. 1981年 EP VIPX-1668 A マスター・ブラスター/Master Blaster B マスター・ブラスター/Master Blaster 1982年 ODEON EP EPS-17230 A エボニー・アンド・アイボリー/Ebony And Ivory 1982年 MOTOWN EP VIPX-1625 A ザット・ガール/That Girl B キャンドルにともした恋/All I Do 1982年 EP VIPX-1654 A ドゥ・アイ・ドゥ/Do I Do B ロケット・ラブ/Rocket Love 1982年 EP VIPX-1668 A リボン・イン・ザ・スカイ/Ribbon In The Sky B Black Orchid 1982年 EP VIPX-1680 A 時のほとりで/Used To Be with Charlene 1984年 EP VIPX-1777 A 心の愛/I Just Called To Say I Love You B 心の愛/I Just Called To Say I Love You Inst. 1985年 EP VIPX-1791 A ラブ・ライト・イン・フライト/Love Light In Flight B イッツ・モア・ザン・ユー/It's More Than You 1985年 EP VIPX-1820 A パートタイム・ラバー/Part Time Lover B パートタイム・ラバー/Part Time Lover Inst. 1985年 EP VIPX-1827 A ゴー・ホーム/Go Home B ゴー・ホーム/Go Home Inst. 1985年 ARISTA EP 7RS-130 A 愛のハーモニー/That's What Friends Are For with Elton John, Dionne Warwick, Gladys Knight B あなたに抱かれて/Two Ships Passing In The Night with Elton John, Dionne Warwick, Gladys Knight 1987年 EP A ゲット・イット/Get It 1991年 8cmCD 1 ファン・ディ/Fun Day 1995年2月20日 ポリドール CD 1 フォー・ユア・ラブ/For Your Love Radio edit. 2 フォー・ユア・ラブ/For Your Love Album ver. 3 フォー・ユア・ラブ/For Your Love Inst. 4 フォー・ユア・ラブ/For Your Love A Cappella 2005年4月27日 ユニバーサルミュージック CD 1 ソー・ホワット・ザ・ファス/So What The Fuss Radio edit. 2 ソー・ホワット・ザ・ファス/So What The Fuss Album ver. 3 ソー・ホワット・ザ・ファス/So What The Fuss Remix feat. Q-ティップ 4 ソー・ホワット・ザ・ファス/So What The Fuss Remix feat.

次の