ダイソー キャッシュレス決済。 ヤオコーのポイント還元とキャッシュレス決済一覧

【2020年7月最新版】100円ショップ『ダイソー』でSuica(スイカ)は支払い・決済に使える?使えない?

ダイソー キャッシュレス決済

SPONSORED LINK 低価格を売りにして商売をされている業種の多くはまだまだクレジットカード、及びキャッシュレスに対応が遅れている状況です。 しかし2020年に東京でオリンピックを控えている事もあるのかもしれませんが、少しづつではありますがキャッシュレス化の波が押し寄せている感はあります。 先日、 100均を利用した際に現金で支払いをしましたが、クレジットカードや電子マネーでの支払いでの選択肢があれば現金で支払う事はありませんでした。 やはり低価格路線の100均では、キャッシュレスは難しいのか?! 100均大手のホームページを拝見していると、店舗にもよりますが対応店舗も存在しています。 前置きが長くなりましたが、先日訪れたダイソーの店舗では現金のみで泣く泣く現金で買い物をしました。 商業施設に入っているダイソーの店舗だったので、僅かにキャッシュレスの期待をしていたのですが、残念ながら現金のみの店舗でした…。 帰宅後、ダイソーのホームページを拝見していると、店舗ごとの支払い対応状況が掲載されており、少し遠出をすれば キャッシュレス化されたダイソーの店舗が見つかりました! も、各店舗の【サービス】といった項目で支払い対応状況が掲載されています。 多くの店舗ではまだまだ現金のみで、キャッシュレス化はされていませんが、東京都のケースでは 新宿、渋谷、池袋といった繁華街にある店舗の多くはキャッシュレス化されており、クレジットカードもしくは電子マネーに対応している店舗が殆どの状況です。 ちなみに我が家の生活圏にある、ダイソーの各店舗でのキャッシュレス化は全滅の状況です…。 大手100均各社のホームページ上で店舗ごとの支払い対応状況が把握出来るのはダイソーのみ 100均各社としては、手数料の発生しない現金での支払いに力を入れているのは解るのですが、利用者の立場から言わせて頂くとダイソーのようにアナウンスをして頂きたいのが本音。 最終的には、 100均各社に支払い対応状況を問い合わせるしか手段がないのが現状になります。 しかしキャッシュレス化されている店舗の傾向があるのでご紹介します。 ・商業施設内に入っている店舗ですと、商業施設のホームページ上で支払い対応状況が掲載されているケースもある()。 いずれにしても、支払い対応状況も利用者としては選択肢の一つになるので、ダイソーのように各店舗ごとにアナウンスして欲しいですね。 まとめ 100均のように低価格での小売店は、まだまだ現金オンリーなのも仕方がないのかもしれません。 しかし全ての店舗で現金オンリーではなく、キャッシュレス化されている店舗も存在しますので支払い対応状況を把握しておきたいものです。 最近特にハマっている、アルゼンチン発のチョコレートのお菓子『ボノボン』は、ダイソーで必ずといって販売されています。

次の

【2020年7月最新版】100円ショップ『ダイソー』でSuica(スイカ)は支払い・決済に使える?使えない?

ダイソー キャッシュレス決済

もくじ キャッシュレスとは現金以外の方法で支払うこと キャッシュレスといっても、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、タッチ型決済、QRコード決済というように、決済手段は多岐にわたります。 海外では、近距離無線通信規格の「NFC」を搭載したクレジットカードが広まっており、決済端末にかざすだけで支払いが完了するタッチ決済が主流となってきています。 キャッシュレスは、端的に言えば「お金を支払うときに現金以外の方法を使う」こと。 クレジットカードで代金を支払う、交通系ICカードで電車に乗る、さらには税金や各種保険代を銀行口座からの引き落としにしている場合もキャッシュレスによる決済になります。 私たちの生活には、以前からキャッシュレスによる決済方法が存在し、身近なところで活用されていることが分かります。 2018年4月、経済産業省は2025年までに紙幣・硬貨を使用しないキャッシュレス決済を40%まで引き上げる「キャッシュレス・ビジョン」を策定しました。 また、訪日外国人旅行客(インバウンド)対策として、2020年に開催される世界的スポーツの祭典開催時までに、外国人が訪れる主要な施設・観光スポットにおいて100%のクレジットカード決済対応を目指すことも公表しています。 クレジットカード決済導入の初期費用と決済手数料は? キャッシュレスは3種類に分けられる キャッシュレスのしくみは、いたってシンプルです。 まず、支払いが発生するタイミングで、キャッシュレスは「前払い」「即時払い」「後払い」の3種類に分けられます。 前払いとは、いわゆるプリペイド方式のこと。 Suicaやnanacoのように、あらかじめ金額をチャージする電子マネーが代表格です。 即時払いは、デビットカードのように支払いと同時に銀行口座から代金が引き落とされるもの。 後払いは、クレジットカードのように後日請求される支払い方法です。 支払いは、基本的にカードやスマートフォンに記録された情報を、専用端末で読み取ることで決済が完了します。 読み取りに関しては、カードをカードリーダーなどで直接読み込む「接触型」、端末に直接ふれなくてもカードやスマートフォンを近づけるだけで近距離無線によって読み取る「非接触型」の、どちらかの手段に分かれます。 また、より利便性の高いキャッシュレスを普及させるべく、LINE Pay、楽天ペイ、Origami、PayPay(ペイペイ)、メルペイに代表される「コード読み取り型」の存在感も増しています。 コード読み取り型は、店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗のPOS端末で読み取ったりする方式です。 これらも各サービスによって前払い、即時払い、後払いに分かれます。 電子マネーとクレジットカードの詳しい違いを解説 定番のクレジットカード、台頭するQRコード決済 現在のキャッシュレス決済事情は、どのようになっているのでしょうか。 「キャッシュレス決済に関する調査」のアンケート結果(2019年4月、株式会社マクロミル調べ、全国の20~69歳の男女1,000人を対象)から、キャッシュレス決済事情について確認していきましょう。 「普段の支払い方法」からは、現在も現金を使用する人が97. 3%と圧倒的に多いことが分かります。 その後には、クレジットカード(75. 1%)、銀行振り込み・引き落とし(37. 8%)、交通系ICカード(36. 7%)、流通系ICカード(34. 3%)といった、キャッシュレス決済が続いています。 注目したいのは、スマートフォンによる支払いを行う人が19. 4%いること。 クレジットカードや交通系ICカード、流通系ICカードなどと紐付ける「タッチ型決済」と「QRコード決済」が、短期間で台頭していることを示唆しています。 クレジットカード、ICカードは、スマートフォンでの支払いを除く キャッシュレスが普及することによるメリットとは? キャッシュレス決済を利用する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。 クレジットカード、タッチ型決済、QRコード決済についてのアンケート結果を見ると、「ポイントが貯まる・使えるから」「支払いがスピーディーだから」「支払いが楽だから」という、3つの理由が多くなっています。 この3つは、キャッシュレス決済のメリットを端的に表しているといえるでしょう。 キャッシュレス化で一番分かりやすい変化は、無駄が「減る」ことでしょう。 現金を管理することがなくなりますので、銀行やコンビニエンスストアのATMに立ち寄って、現金を下ろす手間も、場合により発生するATM手数料もなくなります。 飲食店などで会計するときも、ごく短時間での支払いが可能になり、財布の中の小銭を探ったり、お釣りを受け取ったりという手間がなくなります。 キャッシュレスで効率化されることで、使える時間が「増える」ことになり、新たな時間の使い方やコミュニケーションが生まれていくことでしょう。 また、キャッシュレス化によって「変わる」のは、現金信仰です。 現金信仰とは、現金を使用するほうが便利だと考えること。 そのような考えを持った方に、キャッシュレスによって利便性を感じてもらうことで、主役だった現金からの脱却が起こり、これまでの先入観や常識が変化していくでしょう。 とりわけ、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済に関しては、いまだにハードルが高いと感じてしまう人も多いようです。 「スマートフォンで支払いをしない理由」のアンケート回答では「現在の支払い方法で満足しているから」が37. 6%ですが、「スマートフォンを紛失したときに悪用されるのが怖いから」が29. 5%、「利用するための準備が面倒だから」が23. 9%となっています。 しかし、スマートフォンを紛失したとしても、近年発売されているスマートフォンのほとんどは生体認証に対応しています。 所持者本人の指紋認証、顔認証と合致しなければ、認証ロック画面から先に進めない、または決済時に弾かれてしまうため、第三者による支払いは極めて難しいといえるでしょう。 ただし、電子マネーや決済アプリは、回線が止まっても利用できるケースが多いため、クレジットカードと紐付けているのであれば、カード会社に連絡をして利用停止の手続きをするなどの対応は必要です。 また、利用するための準備としては、必要情報の入力など一部手間がかかることはありますが、一度入れてしまえばキャッシュレス決済のシンプルでスピーディーな決済を体験できることになります。 コンビニやスーパーなどで比較的使われやすい流通系ICカードの利用頻度が、最も高くなっています。 また、QRコード決済の利用頻度は、利用者が交通系ICカード、流通系ICカードの3分の1ほどではあるものの、2人に1人は週1回以上使用していることが分かります。 5%未満のラベルは非表示• 5%未満のラベルは非表示• クレジットカード、ICカードは、スマートフォンでの支払いを除く 少額決済に現金を使う人は激減している 現金、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、タッチ型決済、QRコード決済における「支払方法を選ぶ際の金額」を示したアンケート結果を見ていきましょう。 5,000円を超える決済になるとクレジットカードがよく使われていることが分かる一方、1,000円未満の少額決済では、現金、交通系ICカード、流通系ICカード、スマートフォンを利用したタッチ型決済とQRコード決済の利用頻度が高いことが分かります。 流通系ICカードのみ、1,000~5,000円未満での利用率が比較的高くなっています。 1,000円未満の決済に関しては現金で支払う人が6割を切る(56. 6%)というアンケート結果から、日常的に現金を使っている人であっても、少額決済時に何かしらのキャッシュレス決済を利用している人が多いことが分かります。 キャッシュレス社会が浸透しつつあるといえるでしょう。 「キャッシュレス決済に関する調査」のアンケート結果(2019年4月、株式会社マクロミル調べ)を踏まえ、同協議会事務局長である福田好郎氏に、キャッシュレスを導入するメリットや、これからの展望について伺いました。 キャッシュレス化によって生まれる新しいライフスタイル キャッシュレス決済は、ポイントが貯まるといった「利得性」と、支払いを素早く終えることができる、財布を持ち歩かずに済むといった「利便性」の、双方を備えています。 アンケート結果からも、消費者からの関心がうかがえます。 キャッシュレスと聞くと、「現金の代わり」というイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 現金ではできないことが、キャッシュレス決済で可能となります。 言うなれば、 「キャッシュレス化によって、新しいライフスタイルを手に入れる」ということです。 例えば、スマートフォンを介した、非接触型決済を生活に取り入れてみるとします。 すると、小銭を持ち歩く必要はなくなり、会計の度にお金を取り出すといった時間も短縮できます。 高齢者の中には、「クレジットカードの暗証番号を間違えるのが恥ずかしい」「番号を忘れてしまう」といったことを危惧して現金を利用する方も少なくないのですが、 交通系ICカードやスマートフォンに紐付けた非接触型決済であれば、そういった不安を解消してくれます。 また、非都市部では、現金を下ろすだけのために地元の銀行のATMまで車を走らせる方も少なくありません。 しかし、キャッシュレス決済だと、そういった時間や労力を削減することもできます。 セキュリティ面を心配する方もいるかもしれませんが、生体認証によって決済を行うスマートフォンが主流になりつつあるため、セキュリティ対策も向上しています。 キャッシュレス決済が生活のさまざまなシーンと連動していく キャッシュレスなら決済の度に、支出のデータが電子記録として残るため、意図せずとも家計簿のように出費額を把握することができます。 レコードダイエットではないですが、記録されることでお金の管理の上達にもつながります。 このように、現金主体の生活とキャッシュレス主体の生活では、大きくライフスタイルが変わってきます。 決済のシーンが、単に現金からキャッシュレスに変わるだけではなく、生活のさまざまなシーンと連動していくのです。 一方で、アンケート結果「スマートフォンで支払いをしない理由」を見ると、「利用するための準備が面倒だから」という回答が23. 9%と、3番目に多くなっています。 このことから、サービスを利用するまでの手間に対して、二の足を踏む方もいることがうかがえます。 特に、本人確認に関しては、各サービスでセキュリティ面を含めて差異が生じているため、ユーザー心理に負担をかけていることは否めません。 現在、キャッシュレス推進協議会では、本人確認を一本化するための機関の設立なども視野に入れて議論を進めています。 より多くの方が使いやすいように、産官学一丸となって、キャッシュレスの普及に努めていければと考えています。 また、1,000円未満であれば交通系ICカードを、スーパーであれば流通系ICカードを、高額決済であればクレジットカードをという具合に、決済シーンに応じてキャッシュレスの方法が変わることも、アンケート結果から見てとれます。 この数年で、キャッシュレス決済に対する関心が高まっていますから、さらにキャッシュレス決済をライフスタイルに取り入れていく方が増えていくことでしょう。 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。 一般社団法人キャッシュレス推進協議会・事務局長 福田 好郎(ふくだ・よしお) 2000年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。 2000年に野村総合研究所に入社。 2007年NTTデータ経営研究所に入社。 決済領域などのコンサルタントを担当。 専門は、資本市場動向、証券決済、金融サービス分野におけるITマネジメント。 2018年7月、キャッシュレス推進協議会事務局長(常務理事)に就任。

次の

ヤオコーのポイント還元とキャッシュレス決済一覧

ダイソー キャッシュレス決済

テナントに入居している店舗の場合、そのテナントに準じる場合もあり。 イトーヨーカドー内の店舗ではnanacoが、イオン内の店舗ではWAONが使えることが多い。 クレジットカード 各店舗ごとに違う ショッピングモール内の店舗などを中心に使えるところも増えてきているが、事前確認が必要。 電子マネーなどと同様に公式サイトから検索可能。 デビットカード 使えない JCBデビット、VISAデビット (クレジットカードが使える店舗では使えるところも。 ) 商品券・ギフトカード なし 一部の大型施設内の店舗のみ。 貯まりやすいポイント 楽天スーパーポイント コーナンに併設されたダイソーでは楽天スーパーポイントが貯まるし使える。 その他、島忠内のダイソーではTポイントが貯まる。 現金いらず得点 2. でもまだまだ使えない店舗が多すぎるかも。 公式HP 概要• ダイソーで使える電子マネー ダイソーでは電子マネーが使えるお店も随分と増えてきました。 ただし、まだ使えない店舗も多いのと、 店舗によって使える電子マネーの種類が異なるので、事前に公式サイトから検索をしていくことをおすすめします。 使える店舗と使えない店舗の分布は以下のような感じ。 まだ使えるところは少ないことがわかります。 大型商業施設ではないビルに入った大型店や路面店では、楽天Edy、SuicaやPASMO、ICOCA、SUGOCA、はやかけん、TOICA、Kitacaといった各種交通系電子マネー、後払い式のiD、QUICPayも使える店舗が多いようです。 それらの店舗ではApple Payでの支払いも可。 その他、イトーヨーカドーに入っている店舗ではnanacoが使える、イオンに入っている店舗ではWAONが使えるといった具合にショッピングセンターなどで使える電子マネーはそのまま使えるケースも多いです。 全店舗で共通して使える電子マネーはありません。 公式サイトからお使いの店舗を検索することで使える電子マネーが確認できますのでご活用ください。 電子マネーが使える多くの店舗で使えますが、電子マネーのみ使えて、クレジットカードは使えないという店舗もあるのでご注意ください。 100円のものを大量に買う予定があるときには特に使える店舗を検索してから向かったほうが良いかも。 クレジットカードが使えるお店では、au PAY プリペイドカード(MasterCard)、ソフトバンクカード(VISA)、LINEPayカード(JCB)といった国際ブランド付き電子マネーも使えます。 クレジットカードが使えるお店でもAmerican ExpressとDinersは「その他のクレジットカード」にまとめられてしまっているので、事前に電話確認をしたほうが無難でしょう。 イオンに入っているダイソーはイオンの商品券が使えたりします(使えないところもあり)。 JCB商品券、JVA商品券も一部使える店舗はあるようですが、ほとんど使えないと思っておいたほうが良さそうです。 ダイソーで使えるQRコード決済 ダイソーでは2019年10月1日から直営店全店でPayPayが利用可能になっています。 電子マネー同様に利用可能な店舗が検索できますが、かなりの数のダイソーが対応しています。 ダイソーで使えるクーポン・ポイント制度 ダイソーは100円ショップですからクーポンや独自のポイント制度というのは用意されていません。 なので、「基本的には」ポイントを貯めたければクレジットカードを用意するしかないでしょう。 例外として、コーナンや島忠内のダイソーでは楽天スーパーポイント、Tポイントがそれぞれ貯まります。 コーナン併設店では楽天スーパーポイントも貯まる ショッピングセンターのコーナンではダイソーが併設されていることが多いです。 そして それらのダイソーでは2019年4月1日から200円で1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります(コーナンで楽天スーパーポイントが導入されたため)。 1ポイント1円で利用することも可能です。 クレジットカードはもちろんですが、Apple Payなどのスマートフォン決済で購入出来ると便利なので、これからますます使える店舗が増えてくることに期待しましょう。

次の