クジラ と イルカ の 違い。 イルカとクジラの違いとは?意外と曖昧なイルカとクジラの名付け方

イルカとクジラやサメの違い

クジラ と イルカ の 違い

「イルカ」とは? 「イルカ」とは、クジラ目、またはクジラウシ目に属する海洋生物の中で、体長がおよそ4メートル以下のものを指して使う総称です。 中には、4メートルを超えても生物として 「イルカ」と固定して呼ぶ種類もありますが、同じ生物でも4メートル超になると、下記の 「クジラ」と呼び方が変わると考えていいでしょう。 例を挙げると、 「ヒレナガゴンドウ」という種類の海洋生物は、およそ4メートルまでは 「ゴンドウイルカ」と呼ばれ、それより大きくなると 「ゴンドウクジラ」と称されています。 「クジラ」とは? 「クジラ」は、その 「イルカ」が4メートルより大きくなった時に使われる呼び方です。 生物学的に、その 「イルカ」と 「クジラ」の区別というものはなく、同じカテゴリーの生物として扱われています。 これは、例えると、馬の 「ポニー」のようなものです。 その 「ポニー」とは、前脚の肩までが地上から147cm以下の馬の総称として使われる呼び方で、馬の種類は問いません。 一般に 「クジラ」と呼ばれている種類でも、体長が約4メートルまでは、この 「イルカ」と呼んでいます。 「イルカ」と「クジラ」の違い 「イルカ」と 「クジラ」の違いを、分かりやすく解説します。 「イルカ」は、特定の種類に限り、体長に関係なく 「イルカ」と呼ぶことがありますが そのような種類では、大きくなっても5メートル程度までです 、およそ4メートルまでの同様の生物に対し、総称として用いられています。 「クジラ」は、その4メートルを超えた時の呼び方で、生物的には一緒でも、体長によってこのように呼び方が変わります。 尚、世界最大の生物と言われている 「シロナガスクジラ」は、生まれた時から約7メートルもの体長なので、 「イルカ」と呼ばれることはありません。 このような種類も中には存在します。 まとめ 「イルカ」と 「クジラ」は、このような違いになります。 これらは、呼び方が異なるだけで、生物としては一緒です。

次の

アシカ・アザラシ・オットセイの違い

クジラ と イルカ の 違い

イルカとは!? イルカとは4m前後のクジラ目の動物のことを総称して呼んでいます。 4m前後ということで何となく気づかれた方もお見えかもしれませんが、実はイルカとクジラに明確な違いはないとされています。 イルカはクジラ目のハクジラ亜目の4m前後のクジラをイルカと呼んでいます。 イルカの特徴としては片目を閉じて片目を開けて寝るという半球睡眠をします。 よくイルカがウィンクしている写真やイラストを見ますが、半球睡眠からきているのですね。 あとイルカは口がクチバシのようにとがっている印象がありますがとがっていないイルカもいますよ! クジラとは!? クジラとはイルカとは逆に4m前後以上のクジラ目の動物のことを呼びます。 そもそもクジラ目はヒゲクジラ亜目とハクジラ亜目に分かれています。 ヒゲクジラ亜目とハクジラ亜目のそれぞれの特徴はヒゲクジラさんはなんと歯がありません!歯のかわりに口の中にヒゲがあります。 そのヒゲを使って海中のプランクトンや小魚なんかをこしとって栄養にしています。 こしとるとは不要物を取り除くという意味です。 ハクジラさんはちゃんと歯がありますが、我々人間をはじめとした他の動物の歯と違い噛んだり砕いたりするためのものではなく、あくまで獲物を捕らえるためだけのものです。 つまり、捕らえた獲物は丸呑みにするということですね。 しかもハクジラさんの歯は永久に生え変わらないらしいですよ。 イルカとクジラの違いまとめ• イルカとクジラはどちらもクジラ目で明確な違いはない• イルカとクジラの違いは大きさ• ヒゲクジラ亜目とハクジラ亜目は食べ方がまるで違う シャチとは!? ここまでイルカとクジラの説明をしてきましたが、「あれ?そういえばシャチは?」と思った方もお見えだと思いますのでついでにシャチの説明も。 シャチはイルカとクジラとは全く違います。 と言いたいところですが、このシャチも実は・・・明確な差はありません。 先ほどクジラのところで4m前後以上のものをクジラと呼ぶと言いましたが、実は6〜9mのハクジラ亜目のものをシャチ、それ以上のものをクジラと呼ぶようです。 シャチはとも頭がよく水族館なんかでの芸の習得もすごく早いそうです。 ただ、有名な話ですが海のギャングなんて呼ばれ方もしているようにイルカやクジラを襲って食べちゃうこともあるそうです。

次の

イルカ、クジラ、シャチの違いって何?同じ哺乳類?大きさは?仲間はずれはどれ?~区別の仕方を教えて♪~

クジラ と イルカ の 違い

- 詳しい解説 - クジラとはクジラ目のほ乳類の総称であり、歯を持つハクジラと歯が退化して鯨鬚(くじらひげ)を持つヒゲクジラに大別される。 世界の海洋や大きな河川などに生息しており、体長は種類によって2メートルから35メートルと幅がある。 クジラは肺呼吸を行い、鼻孔から息を吐き出す様子は潮吹きとも呼ばれる。 一般的なイメージでクジラという場合はヒゲクジラが多い。 例えばシロナガスクジラは現存する動物で最大で、体長30メートル以上、体重は150トンになるものもいる。 ヒゲクジラは、オキアミやプランクトンなどを鯨髭を使って大量に漉しとり食料とする。 イルカとはクジラ目のほ乳類のうちハクジラに分類されるもので、比較的小型のものをイルカと呼ぶ。 中でも体長が4メートル以下のものをイルカと呼ぶ場合が多い。 実際には明確な基準はない。 生物としてはクジラとイルカにはほとんど違いがない。 多くは海に生息するがカワイルカのように川に生息する種類もいる。

次の