昆布 水 つけ麺。 東京、昆布水つけ麺 15選

『昆布水つけ麺』中華そば 和渦 TOKYOのレビュー

昆布 水 つけ麺

場所(吉祥寺店)• 吉祥寺駅北口から徒歩3分ほどの場所• 駅北口から見えているサンロード商店街をまっすぐ進む• 100メートルほど歩くとエクセルシオールカフェがありその前に通りが広がっている• そこを左折すると20メートルほどで到着 営業時間 10時~24時 青葉 昆布水つけ麺• 数量限定だが、期間は通年で販売している• ただし、販売していないこともある• 吉祥寺店以外の店舗でも販売されている• 麺は通常より細麺• 麺が昆布水にひたされている• 価格 800円(税込) 2019年11月の夜7時に来店しましたが、• 店員2名体制• 入店時4名の先客 という状況でした。 レギュラーメニューではないので、券売機もこんな感じでした。 昆布水にひたされている麺はこんな感じ。 そして昆布水はこんな感じ。 スープの中の具材は、チャーシュー・メンマ・なると・ネギでした。 チャーシューのほぐれ具合はこんな感じ。 スープにつけた麺はこんな感じ。 ちぢれ麺なのでスープがよく絡まります。 スープの昆布水割はこんな感じ。 昆布水つけ麺は注文してから9分ほどで到着• 中華そばは4分ほどで到着していた• つけ麺のスープは少し辛みがきいていて、「塩辛い」という意味で濃厚• 昆布水はかなり薄く、昆布の上品な味がする• チャーシューは箸で切れるほど柔らかい• 口に入れるとチャーシューがほぐれてすぐになくなった• つけ麺なので仕方ないが、スープが「しょっぱい」と感じる• 大盛がなく、1サイズメニューだが、その麺の量はかなりのボリューム• 300gぐらいありそう• つけ麺では、酸味のある「すっぱいスープ」はよくあるが、この商品は「しょっぱい」• 昆布水のスープ割は、和風スープで美味しかった• しょっぱさは昆布水で薄まったので完全に消えた 評価• 4) 美味しくないわけではないのですが、青葉には• 中華そば• つけ麺 という2枚看板があり、それらの方が美味しいと私は感じました。 普通のつけ麺は水分を切った上で提供しています。 それに対してこの昆布水つけ麺は、麺が昆布水にひたされた状態で提供されます。 そのため、スープは昆布水で薄まるという前提で味が濃いめに作られているのだと思います。 それが、私には「スープが塩辛い」と感じた理由だと推測します。 そうなると、• 食べ始めのスープの濃さ• 食べ終わりのスープの濃さ が昆布水で薄まっていくので、かなり変わります。 それを計算した上で、最初から最後まで美味しい商品を作るのはかなり難しい気がします。 とは言え、最後の「昆布水のスープ割」は和風でとても美味しく感じました。 コスパについては、800円は最近のラーメンとしては高くないので美味しさとほぼ同じの3. 4をつけました。 以上です。 ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

次の

【限定】中華蕎麦あお木 夏の風物詩!二色の極上昆布水つけ麺を堪能!

昆布 水 つけ麺

つけ汁(醤油) つけ汁は 醤油を選択。 具にはお浸し、低温調理のチャーシュー、メンマ、ネギ キレッキレの濃厚な醤油味。 麺を上下させると気泡が少しできてトロみを最大限引き出せました。 何度も間にそのままいただきましたが、ほんとそのままでウマいっす(笑) つけ汁のお替わり 大盛り以上はつけ汁がお替わりできるということで追加。 半分で止めようと思ってたのに、前半勢いでバランスが崩れてしまったのは内緒w つけ汁(塩) しかしスープの色も綺麗だなぁ~ 黄金の深海をレンゲですくえばこっちのも柔らかチャーシューがイン。 塩は鶏の旨味とコクがグッとくるつけ汁。 そのまま飲んでみると濃いけど、昆布水によって喉を通るころにはちょうど良くまとまるんですよね~ いやぁどちらも美味かった!! 昆布水つけ麺のおすすめポイント• そのままでもウマい• 大盛り以上だとつけ汁のお替わりができる• — コマシ 盛り付け好き komashi それにしても、この日は用事があり都内に向かいましたが、行きたいお店が軒並み日曜定休だったのを知りました。 埼玉では日曜定休なんてほとんどみた事なかったので意外でしたね。

次の

麺処 ほん田 東十条 【限定】昆布水つけ麺をいただく☆夏に食べたいこの一杯

昆布 水 つけ麺

このまえ、小麦粉問屋の小宮商店の敏腕営業マンの丸ちゃんに聞いたのですが、最近の流行は『昆布水』に浸けた麺のつけ麺だそうです。 昆布水っていうのは、昆布をつけた水、ようするに『水出しの昆布出汁』だとか。 ちょっとラッパーっぽいですね。 先日のやついフェスで、鬼頭さんがウェルカムラーメンを、『醤油ダレ+煮干し油+昆布水』で作っていて、麺が乾きにくく、伸びにくい感じがあったので、本来の形であるつけ麺で作ってみようかなと。 昆布水は、水400グラムに出汁用昆布20グラム。 これを冷蔵庫で4時間放置しただけ。 分量は適当です。 ちょっと昆布が多いかな。 麺は特ナンバーワン(中華麺用小麦粉)の加水率37. 5%、かんすい1%、塩1%。 生地の状態で2日寝かせたものを小野式で製麺。 つけ麺のスープは、昨日食べたラーメンの残りを煮詰めたものでいいや。 豚骨、鶏ガラ、鶏皮、キャベツ、昆布、椎茸、ショウガ、ニンニクとか。 麺生地が余っていたので、圧力鍋でインスタントにふつうのラーメン。 — 玉置標本 hyouhon 麺をしっかりと茹でて(水で締める麺は長めに茹でる)、洗い物をするように水で洗って澱粉を流して、水を切って器に入れて、そこに昆布水をタプタプタプ。 本当は全体が浸かるくらい入れるのかな。 まあいいか。 とりあえずこの昆布水だけで麺を食べてみる。 あ、うまい。 昆布から出た粘り成分とグルタミン酸の旨味だけって、麺の美味しさがしっかりと味わえるやつだ。 麺だけだと表面が乾きやすいし、食べて面白味が無いんだけど、ヌルっとした喉越しと旨味成分で楽しい。 水出しだからか、臭みみたいなものはゼロ。 そうか、昆布水である理由は、旨味だけではなく、この粘りか。 これにちょっと塩を振るとどうなるか。 おおお、これは流行るやつだ。 足りなかった塩分が加わることで、これでもうラーメンとして成立している。 麺の踊り食いだこれ。 うまい麺を出しているという自信のある店なら、「まずは昆布水と塩だけで」って言いたくなるな。 なるほど。 と言いつつも2口、3口くらいで飽きるので、そこでつけ汁だ。 つけ麺なので、醤油ダレを濃い目に入れて、なんとなく鰹節粉を加えました。 チャーシューがなくなっていたので、スープで鶏モモを煮てみました。 刻み海苔しか見当たらず、とっちらかってすみません。 これに浸して食べる。 やっぱり麺が乾いていないというのがいいね。 昆布水で全体がコーティングされているので、パサつく部分が無く、つるっと口に入ってくる。 イノシン酸多めのつけ汁に天然のグルタミン酸をまとった麺、そりゃうまいやね。 もっと細麺にしても麺同士がくっつかないし、こりゃいいことしかないや。 食べ物のエンタメ度がアップするし。 そうめんも茹でてしばらく経ったやつに水を掛けると、生き返るじゃないですか。 そんな感じで昆布水に浸された麺は、なかなか伸びないみたい。 昆布水には粘りがあるから、麺に吸収されにくいというのもあるかも。 これ、美味しいですね。 とても勉強になりました。 開発した人、すごい。 そうめんとかも、昆布水を使うと美味しくなるのでは。 tamaokiyutaka.

次の