さざなみ 街道。 びわ湖さざなみ街道を近江八幡から長浜へ

近畿の風景街道|近畿の風景街道一覧|琵琶湖さざなみ街道・中山道

さざなみ 街道

瀬戸内海のサイクリングルート シクロの家のある愛媛県今治市の周辺には、芸予諸島の島々を結ぶ数々のサイクリングルートがあります。 最も整備が進んでいるのは、世界的なサイクリングルートとしても知られる「しまなみ海道」。 その東側には、小さな島々を結ぶ「ゆめしま海道」。 西側には近年、風光明媚なサイクリングスポットとして注目されている「とびしま海道」があります。 広島県側の呉~尾道ルートである「さざなみ海道」は、しまなみ海道ととびしま海道を結び、「瀬戸内トライアングル」と呼ばれる三角形コースを形成しています。 また、愛媛県側では「愛媛マルゴト自転車道」として県全体でサイクリングルートの整備が進められており、特に今治~松山の海岸線ルートを「はまかぜ海道」と名付け、ブルーラインやサイクルオアシスなどが設置されています。 香川県方面へと抜ける「いしづちルート」は、石鎚山のある四国山地沿いに遍路道でもある讃岐街道を抜け、「四国一周サイクリング」の北側ルートとして整備されています。 それでは一つ一つのルート情報をご紹介していきます。 安芸灘とびしま海道 しまなみ海道の西には、7つの島を7つの橋で結ぶ「安芸灘とびしま海道」がのびており、近年サイクリストの注目を集めています。 とびしま海道、岡村島~呉・安芸灘大橋入り口までは最短ルートで約30kmの道のり。 とびしま海道の一番端に位置する岡村島までは、今治港からフェリーで渡ります。 かつては、中~上級者向けと言われたとびしま海道サイクリングも、ここ数年で自転車積載可能な船の航路が充実し、ゲストハウスが誕生、本格的なレンタサイクルサービスも開始されるなど、初めてでもチャレンジできる環境が整いつつあります。 海岸線ぎりぎりを走るルートで、防波堤も低めなので海を身近に感じながらのサイクリングがとびしま海道の醍醐味。 御手洗地区の歴史的な町なみなど見どころも点在し、のどかな風景を楽しめます。 はまかぜ海道(たかなわロード) 高縄半島を縦断しながら今治と松山を結ぶ「たかなわロード」の海側ルートは「はまかぜ海道」と呼ばれ、約50kmの道のり。 国道196号線がメインルートとなる文字通り浜風の気持ちよい道です。 しまなみ海道を走ってシクロの家に一泊。 翌日にこの「はまかぜ海道」で松山・道後温泉を目指すサイクリストが多いです。 沿線には、愛媛県最北端、朝陽も夕陽も見える風光明媚な岬「大角鼻(おおすみのはな)」や野生の鹿の生息する「鹿島」、瓦造りで有名な「菊間」、花崗岩の巨石群「白石の鼻」、ドラマ『東京ラブストーリー』の有名な最終回のロケ地となった「梅津寺駅」など見どころもたくさんあり、平坦ながら走りがいのあるルートです。 いしづちルート(讃岐街道) いしづちルートは、西日本最高峰「石鎚山」有する四国山地の北壁に沿って、瀬戸内海の燧灘沿いに愛媛~香川を抜けるルート。 湧き水の町・西条市や、かつて世界一の銅山だった別子銅山の新居浜市、日本有数の製紙工場群のある四国中央市など、四国の産業の豊かさを感じる旅ができます。 四国88カ所の遍路道や、香川県琴平市のこんぴらさん(金刀比羅宮)への参拝道でもある讃岐街道に沿っているため、随所に歴史を感じることができるスポットを巡るのも楽しいかもしれません。 このルート沿いにもサイクルオアシスが整備されています。 幹線道路は交通量が多く狭い道は走りにくいので、国道196号や国道11号と平行した、いわゆる裏道には地元のサイクリストも多いです。

次の

日本一周~6日目~ さざなみ街道+聖地巡礼

さざなみ 街道

どーも!初心者サイクリストのJOTO-BLOGです。 2019年9月27~28日に嫁と2人でに乗って琵琶湖一周してきました。 今回は北湖と南湖をまとめて一周する『フルビワイチ』に挑戦しました。 今までに『』『和歌山サイクリングロード』『淡路島一周アワイチ』と長距離サイクリングを3度経験してきました。 そして今回挑戦するフルビワイチは約200kmの距離を走ることとなり、過去最長の距離を走ることとなります。 中途半端に経験を積んで謎に自信を持ってしまった私と嫁ですが、今回の長距離サイクリングはどうなることやら.....。 それではレッツゴー!!!! 【6:45 美崎自然公園 臨時駐車場】 にある美崎自然公園の臨時駐車場に車を停めさせてもらいました。 本当はにある道の駅に駐車しようと思っていましたが、道の駅は1泊2日で駐車するのはダメらしいので美崎自然公園に直接電話をかけたところ駐車する許可が出たので停めさせてもらいました。 利用しようと思う方は一度電話で確認してみてくださいね!! 美崎自然公園やピエリ守山の周りはちょっと変わった建物多かったですね〜。 ここからを渡り南湖を一周してに戻ってきて北上し、長浜と木之本の間にある周辺の『住吉屋旅館』に泊まる予定です。 てか普通に寝過ごしました(笑)仕事の疲れが取れずにコンビニの駐車場でダラダラ寝てしまいました。 明らかに到着するのは夕方を過ぎるでしょう。 ちなみに琵琶湖周辺のコンビニは基本的に自転車ラックが設置されていたり空気入れや工具を貸してくれたりとサイクリストに優しいそうです。 【7:15 】 美崎自然公園からまではとても近いので普通の人はこんなに時間かかりません。 コンビニのトイレに行ってタイムロスしました。 スタートしてすぐグダグダ(笑) の東側に料金所がありますが自転車は無料で通行可能です。 朝一の琵琶湖はとても気持ちが良かったですね。 ここから南湖を一周すると約50kmあります。 自分がここから見えている南湖側の景色を自転車で走らなければいけないと考えるとゾッとしますね。 しかし北湖側を眺めると..... 向こう岸が見えない!!(笑)想像していたよりフルビワイチの壁は高そうです。 【7:40 港周辺】 周辺の水路には漁師さんの船が何隻か停まってありました。 ここから琵琶湖に出で漁をするみたいです。 海と違って大きな船はありませんが、多くの人が自分の船で漁や趣味の釣りを楽しんでいました。 私の地元の和歌山ではあまり見かけない光景です。 少し進むと古い町並みに入ります。 お寺や飲食店がチラホラあって観光案内所もあり少しだけ観光地化していました。 観光地といっても結構小さな規模のエリアだけだと思います。 全く散策せずにさっと通り過ぎてしまいましたのでよくわかりませんが。 心残りなのは滋賀名物の『』のお店があったのでそれだけ食べたかったくらいですね。 サイクリングコース内にはこの様な看板があるので地図を確認することなくスムーズに走ることができます。 方向音痴の私にとってはありがたいサービスです。 朝なので人も少なくスイスイ進めました。 【8:00 周辺】 の小さな観光地を過ぎると何も見どころはなく黙々と走るのみです。 サイクリングコース内には看板だけでなく道路にが引かれていて道案内してくれます。 他のサイクリングロード比べると自転車が走れる幅を広くとってくれています。 ありがたいですが安全の為にあまり車側を走らないようにしました。 堂々とぎりぎりを走るのもドライバーの方々に迷惑ですしね。 しかしここまでしてサイクリストを歓迎するとはなかなかやりますね。 の歓楽街です。 パッと見かなり寂れてました(笑)は結構有名だと思うのですが、のような温泉街の賑やかさは無かったように思います。 夜は賑わっているんですかね? あとビワイチ終わりにでを楽しもうと思ってましたがお値段が結構高めです。 はゆっくり温泉に入って宿の料理を味わい宿で1日中くつろぐような場所なんでしょうね。 私たちはまだまだアクティブに出かけたいので、このタイプの温泉宿は老後にとっておきます(笑) 【8:40 大津港周辺】 大津港の周辺はかなり栄えていました。 大津港から船に乗りクルージングを楽しんだり、ボートレースを観戦したりできます。 琵琶湖南部はショッピングモールや駅が多く大きく綺麗なマンションが並んでいました。 人や車が多いので気を付けて走ってくださいね。 しかしこの辺りは大型チェーン店ばかりで面白味がないですね。 目を引くようなお洒落な個人店が非常に少ない気がしました。 その点私の地元のは大型のチェーン店はありますが、お洒落な個人店も多いのでサイクリングしてるとフラっと寄りたくなることが多いです。 あくまで通りすがりサイクリスト個人の感想です、滋賀の皆さん調子に乗ってすみません(笑) 【9:40 &さざなみ街道】 コンビニで少し長めの休憩をとり、やっとに到着です。 地元のサイクルショップで貰った地図ではを渡らずにまだ南下しなければいけませんが、時間の都合上ショートカットさせていただきました(笑)橋を渡りすぐ左に曲がると『さざなみ街道』に合流します。 そしてを渡ると『さざなみ街道』に入ります。 さざなみ街道は・長浜を超えて木之本の手前まで約70km続く平坦な道です。 特に見ごたえがある道でもありません。 琵琶湖沿いでを楽しんでる人が多かったです。 道が広くて走りやすいのでサイクリストも多かったです。 トイレは多く設置せれているので安心してください。 エコサイクルトイレと言って土を使って水を綺麗にするトイレが設置されていました。 についての看板も設置されていて琵琶湖はに力を入れているようです。 北湖と比べると南湖は少し汚かったような気がします。 南湖周辺の方が人口や観光客が多いと思うので仕方ないですね。 【11:40 サイクリストの聖地記念碑】 さざなみ街道を北上していくとついにまで戻ってきました。 少しだけショートカットしてしまいましたが、これで約50km近く走ったことになります。 を過ぎ琵琶湖マリオットホテルの向かいに記念碑はあります。 案内板もあるので見落とすことは無いかと思います。 【12:15 マイアミ浜周辺】 琵琶湖周辺にはキャンプ場が多いですね。 特に北湖の奥琵琶湖の周辺はコテージなどの宿泊施設が多かったです。 だいぶ廃れていて廃墟みたいでしたが(笑)キャンプ場には入りませんでしたが、近くの浜で少しゆっくり休憩しました。 マイアミ浜の隣にある砂浜です。 見た感じは普通の海水浴場って感じですね。 民は琵琶湖が海と思っているらしいと『』で言っていましたが、なんだか納得できる気がします(笑) 【12:40 COUNTRY HARBOUR】 のショップでSUP体験もできるみたいです。 腹が減りすぎて少しだけ寄ることにしました。 とタピオカミルクを美味しくいただきました。 ショップの方が気さくな方で色々話しかけてくれました。 私は趣味でサーフィンをするのでマリンスポーツの話題で盛り上がりました。 (サイクリング違うんかい!!笑)ちなみに長浜に宿泊予定のサイクリストでこの時間から長浜まで向かう人はほとんどいなくて、大体のサイクリストが午前中にこの店を通過していくみたいです。 段々と焦ってきました(笑) 【13:45 湖よし笛ロード】 予定より遅れをとっている状況にも関わらず、私たちはさざなみ街道をそれてJRに向かいました。 目的は『を食べる!!』です。 適当に道を曲がってに向かっていると謎のサイクリングロードを発見しました。 湖よし笛ロードは、、をつなぐサイクリングロードらしいです。 観光地の八幡堀をサイクリングしてみたかったですね~。 【14:15 レストラン 】 わざわざコースを大幅に外れてまでJRまでやってきました。 駅の周りは結構飲食店とか多かったです。 ステーキを食べれるお店は何件かありますが、ランチにしては遅い時間だったので入れるお店がここくらいしかありませんでした。 でも店内はレトロな感じでよい雰囲気のお店でした。 サイクリングをする格好で入るようなお店でなかったので少し申し訳ない気持ちになりました(笑) 念願のステーキです!!普通のステーキも注文し食べ比べしましたが、やはりは違いましたね。 もちろん普通のステーキも美味しかったですがは柔らかさも肉そのものの味が違うように感じました。 味音痴な私は言葉では上手く表現できないのが残念です..... (笑) 【15:00~16:15 ~さざなみ街道】 JRからサイクリングロードまでの道はのナビを見ながら適当に走ってました。 ひたすら続く田んぼ道は車も人もいなくて走りやすかったですね。 マジでだだっ広い田んぼばかりだったので特に何もコメントはありません(笑) やっと琵琶湖沿いにあるさざなみ街道に戻ってきました。 やはり琵琶湖を見ながらサイクリングをしないとビワイチって感じがしませんね。 てか琵琶湖ってやたらと水鳥が多いですね。 こんな多くの水鳥がいてる場所は見たことがなかったです。 北湖方面に渡り鳥を観察できる道の駅があるみたいです。 行ってみたいな~。 【17:50 湖北サイクルロード】 、、奥琵琶湖には湖北サイクルロードというサイクリングコースがいくつかあります。 琵琶湖沿いを走っているとたまたま見つけました。 あまり下調べをせずに思い付きでビワイチを計画したので次々と色んな名前のサイクリングロードが現れて混乱してしまいます(笑) 夕暮れ時の琵琶湖も美しいですね~。 ここまでくれば長浜にある宿まであと少し!! 辺りは段々と暗くなってきて帰宅ラッシュの車が増えてきて危なくなってきました。 この時間の長浜は意外と交通量が多いので注意が必要です。 JRの近くにあるです。 を近くで見れなかったのでこのお城で我慢です(笑)の周りは琵琶湖沿いのリゾートホテルや温泉があり、飲食店も多くて、のように少しだけですが観光できる場所もあるので宿泊するのによいと思います。 私たちはもう少しだけ進み、JRの近くにある旅館に宿泊しました。 本当はの近くに泊まりたかったのですが、予算にあった宿の予約が取れなかったので断念しました。 【18:50 住吉屋旅館 到着】 やっと目的の宿に到着しました!いや〜疲れましたね。 お尻が痛すぎる!の近くから宿に来るまでが特に街灯もあまり無くて真っ暗で道幅が凄く狭くて車もバンバン走っていて怖かったです。 無事到着できてよかったです。 やはり旅館が1番癒されますよね。 私たちは旅に出かけると結構旅館に泊まることが多いです。 ここの旅館もスタッフが愛想良くて安くて設備も完備されていて居心地が良かったです。 【20:00 福龍飯店】 旅館から歩くと大通りにいくつか飲食店があります。 の近くでなくても意外と選択肢が色々とあったのが嬉しかったです(笑) 地元の常連客が集まるような感じのお店でした。 味も美味しくてサイクリングの後で腹ペコなのでガッツリ食べて大満足!! そして宿に戻って次の日に備えて爆睡です。 明日は木之本を通り過ぎ、奥湖を抜けて南下していきます。 明日も同じ分だけ走ると考えるとゾッとしますね(笑) それではビワイチ2日目の記事でまたお会いしましょう!! 【も投稿してるのでよかったら観てください】 JOTO-BLOG.

次の

日本一周~6日目~ さざなみ街道+聖地巡礼

さざなみ 街道

とびしま海道 概要 正式愛称は「 安芸灘とびしま海道」。 広島県呉市の安芸灘大橋から、下蒲刈島・上蒲刈島・豊島・大崎下島・平羅島・中ノ島を経て、岡村島までを結ぶ海道です。 穏やかなブルーラインを走る気持ちよさは、別名「 裏しまなみ」とも呼ばれます。 距離・所要時間・高低差 距離:31km 所要時間:2. 5時間程度(時速14km)、3. 5時間程度(時速10km) 坂を上る場所は数か所ありますが、高低差は少ないです。 交通量は全然なく、 すごく快適に走ることができる海道 です。 とびしま海道までのアクセス 広島側からは、 JR安芸川尻駅が最寄り。 愛媛側からは、今治港からフェリーで岡村港などがメインとなります。 最大の特徴は、ゆめしま海道だけが、 航路でなければ行け ない完全な離島であること。 さらに生名島と岩城島も、橋が架かるのを待っている状態。 4島を巡るためには、船に3回乗る必要があります。 距離・所要時間・高低差 距離:5. 9km 所要時間:ブルーラインをただ走るだけだと、 30分もあれば走破できてしまいますので、ぜひ寄り道をしてください。 高低差はほとんど無く、交通量は全然ありません。 すごく快適に走ることができます。 ゆめしま海道までのアクセス 広島県側、もしくは今治港から、多くの航路でアクセスすることができます。 ただ、 乗り継ぎ時刻の影響が大きいため、入念な下調べが必要です。 前半は穏やかな伊予灘沿いを走る「夕やけこやけライン」、後半は風車が立ち並ぶ佐田岬半島を走る「佐田岬メロディーライン」。 路面は綺麗で、交通量も少ないものの、「 三崎港まで行ったら、九州に渡るか、戻るしかない」という、アクセスの難しさがチャレンジのハードルを上げています。 ただ、佐田岬の「 メロディーライン」に入ると、緩やかではあるものの、標高300m近くまで坂が続きます。 路面はきれいで道幅も広いため、歩いたり休憩したり、自由に休めますので、ご安心ください。 伊予の交通量が少し多いですが、 道は広いので、走りやすいです。 佐田岬は、交通量はほとんどありません。 ( 暗いトンネルが多いことには、注意が必要です。 ) 瀬戸内7海道を走り切った感想 自分でも、よく走ったなあと思います。 ひとつの記念として、この記事にまとめてみましたが、 何度でも行きたくなるのが海道サイクリングの魅力! しまなみ海道には最近は行っていないし、久しぶりに、のんびりと走ってみようかな。 それとも、快晴の はまかぜ海道も走ってみたいよなあ… ぜいたくな悩みが尽きることはありません。 全部、もう一度行きたい!.

次の