メトキシ ケイヒ 酸 エチルヘキシル。 ケイ皮酸

【日焼け止めの成分】紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤について【肌荒れ】

メトキシ ケイヒ 酸 エチルヘキシル

もくじ• メトキシケイヒ酸エチルヘキシルとは メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、オクチノキサートとも呼ばれ、IUPAC名:2-Ethylhexyl 2 E -3- 4-methoxyphenyl prop-2-enoate、化学式C 18H 26O 3、モル質量290. 極大吸収波長は308nm(では310nm)なため、厳密にはUV-Bの全てを防げるわけではありませんが、オクトクリレンなどの他の紫外線吸収剤と一緒に使われるため、欠点は補われています。 経皮吸収やフリーラジカル発生があるため、特に目に入れてはいけません。 コンタクトレンズを使っている方は、日焼け止めを使った手でそのままコンタクトレンズを目に入れたりすると刺激を受けて目がヒリヒリするかもしれません。 目に間違って入った場合には流水でしっかり洗って様子を見て、異常があればすぐに医師に相談しましょう。 リスク1:肌から吸収される 表皮と呼ばれる肌の浅い所まで到達するUV-B(280nm~320nm)を吸収する能力がありますが、紫外線吸収に伴って化学的に変化し、肌に良くない影響を残すことがあります。 フリーラジカル、一重項酸素と呼ばれる反応性の高い状態を保持する場合がありますが、医学的にその悪影響については人体での研究が及んでいません。 リスク2:エストロゲンに似たホルモン撹乱 上記の3種類のエストロゲンと呼ばれるホルモンに似ていると身体が判断してしまい、内分泌撹乱作用が出てしまう可能性があります。 幼い子供、妊娠中の方、男性などホルモンの影響を受けやすい状態にある方は過剰な利用に注意が必要です。 肝臓障害があり、エストロゲンの分解が追いつかなくなった場合は、男性は乳腺肥大、女性は性周期が乱れる可能性があります。 エストロゲンは女性の更年期にも分泌が増加するため、日焼け止めを多用する更年期の女性は少し注意すべきです。 リスク3:湿布と一緒に併用してはいけない オクトクリレンと同様に、UV吸収能力と皮膚への吸収が起こる上に、日光照射で反応性の強いフリーラジカルを発生します。 このため、日焼け止めと湿布を一緒に使用するとその部位が炎症を起こして赤くなる可能性があります。 メトキシケイヒ酸エチルヘキシル入りの日焼け止めを塗った場所に、直接湿布を貼らなくても、肌に吸収されるため、その周辺部位に湿布があれば肌荒れを起こす可能性があります。 毒性について 毒性に関する実験を見る限りでは、人体に対してこれといって有害だったとする臨床結果は見受けられませんでした。 リスクに関しては可能性の域を出ないということをお忘れなく。 Agricultural workers are encouraged to use sunscreen to decrease the risk of UV-related skin cancer. … Previous studies have shown certain commercial sunscreens to be penetration enhancers. The focus of this project is to determine whether active ingredients in sunscreen formulations i. The total percentages of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid 2,4-D penetrating through hairless mouse skin in 24 hr ranged from 54. 7 for the no sunscreen control to 86. 5 for padimate-O. Of the active ingredients tested 7. 05 , and only octocrylene and oxybenzone did not significantly decrease the corresponding lag time. 05 significantly increased the 3H2O penetration across mouse skin, indicating physical damage to the stratum corneum. Additional studies demonstrated that the penetration enhancement seen across hairless mouse skin also occurred with human skin. Thus, the active ingredients of sunscreen formulations enhance dermal penetration of the moderately lipophilic herbicide 2,4-D. (Pont AR et al; Toxicol Appl Pharmacol 195 3 : 348-54 2004 ) 農業従事者は、紫外線に関連した皮膚がんのリスクを減らすために日焼け止め剤を使用することをお勧めします。 このプロジェクトの焦点は、日焼け止め配合物中の活性成分(すなわち、日焼け止め/虫除け剤の組み合わせのための紫外線吸収成分および防虫剤)がインビトロで除草剤のための皮膚浸透促進剤としても作用するかどうかを決定することである。 無毛マウスの皮膚を24時間で浸透する2,4- ジクロロフェノキシ酢酸(2,4-D)の総百分率は、無日焼け防止剤対照の54. 5の範囲であった。 テストされた有効成分のうち(7. 5%オクチルメトキシシンナメート、7%オクトクリレン、0. 6%オキシベンゾン、5%ホモサレート、5%サリチル酸オクチル、8%パディメート-O、10%スルイソベンゾン、及び、9. 05)、そしてオクトクリレンおよびオキシベンゾンのみが対応する遅延時間を有意に減少させなかった。 05)はマウス皮膚を横切る(3)H 2 O浸透を有意に増加させ、角質層への物理的損傷を示した。 さらなる研究は、無毛マウスの皮膚を横切って見られる浸透増強がまた人間の皮膚でも起こったことを示した。 従って、日焼け止め配合物の活性成分は、適度に親油性の除草剤2,4-Dの皮膚浸透性を高める。 Nineteen subjects received either three minimal erythema doses of UVB daily on three consecutive days UVB group or sunscreen followed by this same dose of UVB irradiation sunscreen plus UVB group to a 16-sq cm area of the buttock. One day after completion of irradiation, DNCB was applied to this buttock site, and 2 weeks later, forearm challenge with four different concentrations of DNCB was performed. A control group of 10 subjects underwent DNCB testing as above, but with no prior exposure to UVB no-UVB group. … The UVB group had a reduced response rate to all challenge doses of DNCB 3. 125, 6. 25, and 8. 8 ug , except for the highest dose 12. … These results indicate that application of a sunscreen with over ninefold greater protection than that needed to prevent erythema prior to localized UVB radiation prevents localized UVB-induced suppression of contact hypersensitivity… (Whitmore SE, Morison WL; Arch Dermatol 131 10 : 1128-33 1995 ) 著者らは、日焼け防止剤(SPF)29日焼け止め剤(オクチルメトキシシンナメート、オキシベンゾン、およびオクチルサリチレートを含む)の前塗布の効果がジニトロクロロベンゼン(DNCB)に対する接触過敏症の局所UVB誘発抑制を防ぐことができるかどうかを調べた。 19人の被験者が、3連続日に毎日3回の最小量の紅斑量のUVB(UVB群)または日焼け止めの後にこの同じ線量のUVB照射(日焼け止めとUVB群)のいずれかを臀部の16平方cm領域に受けた。 照射完了の1日後に、DNCBをこの臀部部位に適用し、そして2週間後、4つの異なる濃度の前腕攻撃を行った。 DNCBが実行されました。 10人の被験者の対照群は、上記のようにDNCB試験を受けたが、UVBへの以前の曝露なしで(UVBなし群)。 UVBグループは、DNCBのすべてのチャレンジ用量に対する奏効率が低下していました(3. 125、6. 25、及び、8. 02)。 53)。 これらの結果は、接触過敏症のUVB誘発抑制を局所化防止ローカライズUVB照射前に紅斑を防止するために必要よりも大きい保護を超えると日焼け止めの適用を示している。 The results showed that nano-emulsions formulated with sucrose laureate exhibited the highest penetration in the stratum corneum compared to the other formulations. A two-fold increase in OMC skin deposition was observed with the nano-emulsion containing sucrose laureate when compared to the control. 結果は、スクロースラウレートを配合したナノエマルジョンが他の配合物と比較して角質層中で最も高い浸透を示すことを示した。 スクロースを含有するナノエマルジョンでは、OMC皮膚沈着の2倍の増加が観察された。 対照と比較したときに賞賛する。 得られたデータは、角質層中に検出されたOMCの総量および浸透深さが製剤の性質、粒径および増強剤の種類に強く依存することを示唆している。 Hairless mice were exposed to repeated doses of UV simulating the solar energy spectrum. After a rest period, 3 applications a week were made to an area of skin of 12-o-tetradecanoyl phorbol-13-acetate … Suitable controls were used. , and 7. It had been suggested that the a. could itself have been a promoter, but there was no evidence of this. European Commission; Reports of the Scientific Committee on Cosmetology Ninth Series : 2-Ethylhexyl-4-methoxycinnamate 5466-77-3 p. 72 1999. Available from, as of September 10, 2013 無毛マウスを太陽エネルギースペクトルをシミュレートした紫外線の反復線量にさらした。 休息期間の後、週に3回、12-o-テトラデカノイルホルボール-13-アセテートの皮膚領域に塗布した。 適切な対照を使用した。 5%は日射量を4倍減少させるのと同等の効果を与えた。 ai自体がプロモーターである可能性があると示唆されていましたが、これに関する証拠はありませんでした。 Diminish the penetration of ultraviolet UV light through the epidermis by absorbing UV radiation within a specific wavelength range. The amount and wavelength of UV radiation absorbed are affected by the molecular structure of the sunscreen agent. Drug Information for the Health Care Professional. Volume 1, Greenwood Village, CO. 2006. 特定の波長範囲内の紫外線を吸収することによって、表皮を通過する紫外線(UV)の透過を減らします。 吸収される紫外線の量と波長は、日焼け止め剤の分子構造によって影響を受けます。 The objective of this study was to determine the influence of Transcutol CG concentration on the transdermal permeation and skin accumulation of two ultraviolet UV absorbers, 2-hydroxy-4-methoxybenzophenone oxybenzone and 2-octyl-4-methoxycinnamate cinnamate. Data showed that both UV absorbers exhibited increases in skin accumulation with increasing concentrations of Transcutol CG. 05 greater than that of cinnamate for all formulations investigated. Oxybenzone skin accumulation ranged from 22. Cinnamate skin accumulation ranged from 9. No significant differences were found in the transdermal permeation of oxybenzone or cinnamate for any of the formulations tested. The results of this study demonstrate that the inclusion of Transcutol CG in sunscreen formulations increases the skin accumulation of the UV absorbers oxybenzone and cinnamate without a concomitant increase in transdermal permeation. (Godwin DA et al; Eur J Pharm Biopharm 53 1 : 23-7 2002 ) 本研究の目的は、2つの紫外線(UV)吸収剤、2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン(オキシベンゾン)と2-オクチル-4-メトキシシンナメート(シンナメート)の経皮透過と皮膚蓄積に対するトランスクトール CG濃度の影響を決定することであった。 データは、両方のUV吸収剤が、濃度が増加したトランスカトールCGと共に皮膚蓄積の増加を示すことを示した。 05)大きかった。 オキシベンゾン皮膚蓄積は、22. 試験した製剤のいずれについてもオキシベンゾンまたはケイ皮酸塩の経皮透過に有意差は見られなかった。 この研究の結果は、日焼け止め配合物中にトランスクトールCGを含めることが、経皮透過の増加を同時に伴わずにUV吸収剤オキシベンゾンおよびシンナメートの皮膚蓄積を増加させることを実証している。 There was no evidence of phototoxicity. European Commission; Reports of the Scientific Committee on Cosmetology Ninth Series : 2-Ethylhexyl-4-methoxycinnamate 5466-77-3 p. 71 1999. europa. in dimethylphthalate was used. A total of 58 subjects were recruited, 12 males and 46 females, aged 18-63. Of these, 6 subjects failed to complete the test for reasons unconnected with the experimental procedure. Induction applications were made on the skin of the back, for 24 hours with occlusion, 3 times a week for 9 applications. Following a rest period of 2 weeks, a further patch was now applied to a new site on the back for 24 hours with occlusion. The area was inspected at 0, 24 and 48 hours after removal of the patch. No adverse reaction was noted at any stage of the experiment. European Commission; Reports of the Scientific Committee on Cosmetology Ninth Series : 2-Ethylhexyl-4-methoxycinnamate 5466-77-3 p. 69 1999. europa. There was no sensitization. In 54 subjects, a formulation of 7. in petrolatum was applied for 48 hours under occlusion for 11 applications. After a 14 day rest, a challenge application of a single dose was made. There was no adverse reaction. In an extensive series of patch tests carried out in man, the a. was found to be very rarely responsible for allergic contact effects. European Commission; Reports of the Scientific Committee on Cosmetology Ninth Series : 2-Ethylhexyl-4-methoxycinnamate 5466-77-3 p. 69 1999. europa. In 54 subjects, a Draize repeated insult patch test of a 7. in petrolatum caused no irritation. European Commission; Reports of the Scientific Committee on Cosmetology Ninth Series : 2-Ethylhexyl-4-methoxycinnamate 5466-77-3 p. 69 1999. europa. were made to 60 subjects, of whom 20 had sensitive skin. The applications were made for 24 hours. Observations at removal of the patches, and 24 and 48 hours later, showed no evidence of a reaction. In 51 male and female subjects, similar patch tests were carried out. The dilution of the a. if any was not stated. There was no irritation. European Commission; Reports of the Scientific Committee on Cosmetology Ninth Series : 2-Ethylhexyl-4-methoxycinnamate 5466-77-3 p. 69 1999. europa. A retrospective analysis of all positive photopatch test episodes was undertaken with the results retrieved from the environmental dermatology database and further verified with the original archived patch test documentation for each individual patient. RESULTS: In 111 patients with positive reactions 4. Eighty PA reactions were observed in 62 2. A similar number of AC reactions to UV filters was detected in this study. Thus 49 patients 1. Benzophenone-10 accounted for 13 AC reactions and benzophenone-3 for eight reactions. Twenty-two patients had a PA reaction alone, whereas 19 patients had chronic actinic dermatitis and 15 patients polymorphic light eruption PLE in addition. These results show a low yield of positive photopatch tests. Thus, despite the large increase in the use of UV filters over the last decade, the development of PA reactions remains rare. These patients attended the Centro Dermatologico Federico Lleras Acosta CDFLLA , the National Institute of Dermatology of Colombia between August 2001 and May 2003. Photopatch tests were performed using the standard series of sunscreens Chemotechnique Diagnostics and 6-methylcoumarin. Cetyl alcohol, phenoxyethanol, methylparabene, propylene glycol, triethanolamine, propylparabene, trichlorocarbanilide and dichromate were also included. The tests were read 24 hr after the application of the allergens, 24 and 72 hr post-irradiation. The readings were assessed according to the visual scoring system recommended by the International Contact Dermatitis Research Group. … Twenty-six patients 31. Four of them showed positive results to three components of the series and four patients to two components. Thirty-eight photoallergic and 18 allergic reactions were observed. Ultraviolet filters were the substances which more frequently produced positive photopatch test responses 30. One patient showed a photoallergic response to 6-methylcoumarin. There was a concordance between the allergen which elicited the positive response and the use of different substances which contained that molecule among its compounds in 17 patients 65. These cases were diagnosed as contact allergy, probably caused by aeroallergens, presenting a natural history and a clinical picture similar to photocontact allergy. The most common allergen was dichromate with 10 positive results… The results of this study confirm that sunscreens are the more frequently involved substances in photoallergic contact dermatitis in our population. Identification of the photoallergen is the key element for adequate disease control and patient education. 2 were photoallergic, and 3 were allergic to active ingredients in sunscreens. The main causative allergens were 2-ethylhexyl-4-methoxycinnamate Parsol MCX and 2-hydroxy-4-methoxybenzophenone oxybenzone. One formulation contained the established ultraviolet B filter octyl methoxycinnamate, whereas the other contained terephthalylidene dicamphor sulfonic acid, a new ultraviolet A filter. The lack of difference between the sunscreens indicates similar action spectra for erythema and DNA photodamage and that erythema is a clinical surrogate for DNA photodamage that may lead to skin cancer. Photopatch testing showed hypersensitivity reactions of the delayed type against three different chemical UV filters, 4-tert-butyl-4- methoxy-dibenzoylmethane Parsol 1789 , 2-ethylhexyl-p-methoxycinnamate Parsol MCX , and isoamyl-p-methoxycinnamate Neoheliopan. Their estrogenic activity was measured with the use of three reporter cell lines: HELN, HELN ERalpha, and HELN ERbeta. These three cell lines allowed for the measurement of estrogenic activity toward estrogen receptors alpha and beta ERalpha and ERbeta , while taking nonspecific interactions into account. In MCF-7 breast cancer cells, the five UVB filters, that is, benzophenone-3 Bp-3 , homosalate HMS , 4-methyl-benzylidene camphor 4-MBC , octyl-methoxycinnamate OMC , and octyl-dimethyl-PABA OD-PABA , increased cell proliferation with median effective concentrations EC 50 values between 1. 56 and 3. 73 uM, whereas the UVA filter butyl-methoxydibenzoylmethane B-MDM was inactive. Further evidence for estrogenic activity was the induction of estrogen-dependent pS2 protein in MCF-7 cells and the blockade of the proliferative effect of 4-MBC by the estrogen antagonist ICI 182,780. … The cell line was used for screening of UV filters, benzophenone-3 Bp-3 , benzophenone-4, 3-benzylidene camphor, 4-methylbenzylidene camphor, butyl-methoxy-dibenzoylmethane, homosalate HMS , octyl-dimethyl-PABA, and octyl-methoxycinnamate. Two of these, Bp-3 and HMS, antagonized DHT-induced AR activation below cytotoxic concentrations, with IC50 of 5. 57 10-6 M HMS and 4. 98 10-6 M Bp-3. None of the eight UV filters displayed agonistic activity when tested alone, but high concentrations of Bp-3 induced an increase of luciferase activity in the presence of dexamethasone, which was not blocked by hydroxyflutamide or the estrogen antagonist, ICI 182,780. These data indicate that the UV filters Bp-3 and HMS possess antiandrogenic activity in vitro in addition to estrogenic activity. A general screening assay E-screen with a human breast cancer cell line, MCF-7 cells, was carried out. A positive test was based upon the binding of the test compound with the estrogen receptor leading to cell proliferation. As a positive control, 17 b -estradiol, was used and it was, as expected, positive in the assay. The 5 UV-B filters were found to be positive in the assay and caused cell proliferation. The UV-A filter gave a negative result. EC 50 values for 17 b -estradiol, Bp-3, 4-MBC, OMC, OD-PABA and HMS were found to be 1. 22 pM, 3. 73 uM, 3. 02 uM, 2. 37 uM, 2. 63 uM and 1. 56 uM, respectively. The results were supported by the expression of the estrogen-dependent pS 2 protein and by an inhibition of effects with the anti-estrogen ICI 182,780. The potency of the positive control is in the order of picomoles; the in vitro potency of the UV-filters tested lays in the range of uM, which means a difference of 1 million units. The in vitro potency of the UV-filters is thus importantly lower than the one observed for 17 b -estradiol. Probably a lot of industrial chemicals would show some in vitro estrogenic effects when this type of comparisons is taken seriously. It should be emphasized here that in vitro assays can only demonstrate whether UV-filters bind on the estrogen receptor or not, but they do not provide evidence whether the compounds have estrogenic activity or not. In vitro assays are therefore screening tests useful in setting priorities for further in vivo testing. …Claiming that 5 UV-filters have estrogenic properties based on an in vitro test is premature. The in vitro ranking for the UV-filters going from Bp3, 4-MBC, OMC, OD-PABA to HMS, did not correspond with the in vivo results. Indeed, in the latter test 4-MBC was most active, followed by OMC and Bp-3. The most active UV-filter in vitro displayed only a weak activity in vivo. In addition OD-PABA and HMS were found to be inactive. Only precise toxicokinetic data can link the in vitro and in vivo data, a conclusion that was also reached by the authors. europa. End points include cell viability assessment, assay of cyclobutane pyrimidine dimers CPDs and oxidated DNA lesions using alkaline elution and lesion-specific enzymes, and gene expression analysis of a panel of 17 DNA damage-responsive genes. No such protection was found with respect to oxidative DNA lesions. Upon UV exposure in the presence of OMC, the gene expression studies showed significant differential changes in some of the genes studied and the expression of p53 protein was also changed. For some genes, the change in expression seemed to be delayed in time by OMC. The experimental approach applied in this study, using a panel of 17 genes in an in vitro cellular system together with genotoxicity assays, may be useful in the initial screening of active ingredients in sunscreens. PubMed Abstract Full text: PMC2840218 Duale N et al; Toxicol Sci. It was concluded that the compound has a low acute toxicity. OMC is not irritating or sensitizing in animals, but can be very rarely responsible for allergic contact dermatitis in man. Mutagenicity, photomutagenicity and photoclastogenicity tests were negative. European Commission; Opinion on the Evaluation of Potentially Estrogenic Effects of UV-filters adopted by the SCCNFP during the 17th Plenary meeting of 12 June 2001. europa. Sunscreens probably prevent squamous-cell carcinoma of the skin when used mainly during unintentional sun exposure. No conclusion can be drawn about the cancer-preventive activity of topical use of sunscreens against basal-cell carcinoma and cutaneous melanoma. Use of sunscreens can extend the duration of intentional sun exposure, such as sunbathing. Such an extension may increase the risk for cutaneous melanoma. 5 , Lyon, IARC; Unit of Chemoprevention: Cancer-Preventive Effects of Sunscreens. Bethesda, MD. 光毒性の証拠はありませんでした。 欧州委員会レポートの科学委員会での化粧品(第9 シリーズ):2-エチルヘキシル-4-メトキシ(5466-77-3)のp。 71(1999)に記載されている。 europa. 18〜63歳の合計58人の被験者、すなわち男性12人、女性46人を募集した。 これらのうち、6人の被験者は実験手順と関係のない理由でテストを完了できませんでした。 誘導適用は、閉塞を伴って24時間、9適用について週3回、背中の皮膚に行われた。 2週間の休息期間の後、さらにパッチを裏側の新しい部位に24時間閉塞して適用しました。 パッチの除去後0、24および48時間で領域を検査した。 実験のどの段階でも有害反応は見られなかった。 感作はありませんでした。 54人の被験者において、11回の施用のために、ワセリン中7. 5%aiの製剤を閉塞下で48時間施用した。 14日の休息の後、単回投与のチャレンジ適用を行った。 副作用はありませんでした。 ヒトで行われた広範囲の一連のパッチテストにおいて、aiがアレルギー性接触効果の原因となることはめったにないことがわかった。 54人の被験者において、ペトロラタム中7. 5%希釈したaiのDraize反復侮辱パッチテストは刺激を引き起こさなかった。 申請は24時間行われた。 貼付剤の除去時、および24および48時間後の観察では、反応の証拠は見られなかった。 aiの希釈(もしあれば)は述べられていない。 刺激はありませんでした。 日焼け止めの使用が大幅に増加しているにもかかわらず、紫外線(UV)フィルターに対するアレルギー性接触(AC)および光アレルギー性(PA)反応はまれであると考えられています。 1983 — 98年の間にセントジョンズ皮膚科学研究所でフォトパッチテストを受けた2,715人の患者からのデータを分析すること。 すべての陽性フォトパッチテストエピソードの遡及的分析は、環境皮膚科データベースから検索された結果を用いて行われ、そして各個々の患者についてオリジナルのアーカイブパッチテスト文書を用いてさらに検証された。 結果:陽性反応(4. 1%)を有する111人の患者において、フォトパッチテストシリーズにおいてアレルゲンに対して155のACまたはPA反応がありました。 62人(2. 3%)の患者(男性32人、女性30人、年齢28〜75歳)で80のPA反応が観察された、トリクロロカルバニリド1(1%)。 この研究では、UVフィルターと同数のAC反応が検出されました。 したがって、49人の患者(1. 8%)が合計75の反応を持っていた:51はUVフィルターによるものであり、24は香料および治療薬への暴露の結果としてである。 22人の患者が単独でPA反応を示したのに対し、19人の患者は慢性日光性皮膚炎を患っており、15人の患者はさらに多形性光疹(PLE)を患っていた。 したがって、62人の患者のうち34人(55%)に先行する基礎的光皮膚症があった。 これらの結果はポジティブフォトパッチ試験の収率が低いことを示している。 したがって、過去10年間でUVフィルターの使用が大幅に増加したにもかかわらず、PA反応の開発はまれです。 Darvay A 等。 Br J Dermatol 145 (4): 597-601(2001) 光アレルギー性接触皮膚炎の臨床診断を受けた82人の患者がこの研究に加わる。 これらの患者は、セントロ出席Dermatologico 2003 Photopatchテストは、標準的な日焼け止めのシリーズ(Chemotechnique診断)とを使用して実施した2001年8月と月の間フェデリコLlerasアコスタ(CDFLLA)、コロンビアの皮膚科の研究所を6メチルクマリンを。 セチルアルコール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピレングリコール、トリエタノールアミン、プロピルパラベン、トリクロロカルバニリドおよび重クロム酸塩含まれていた。 試験は、アレルゲンの適用後24時間、照射後24および72時間に行った。 測定値は、International Contact Dermatitis Research Groupによって推奨されているビジュアルスコアリングシステムに従って評価した。 26人の患者(31. 7%)が1つまたは複数のアレルゲンに対して陽性の光パッチテスト反応を示した。 それらのうちの4つはシリーズの3つの構成要素と2つの構成要素に4人の患者に肯定的な結果を示しました。 38のアレルギー反応と18のアレルギー反応が観察されました。 紫外線フィルターは、ポジティブフォトパッチテスト応答(30. 5%)をより頻繁に生じる物質でした。 1人の患者が6-メチルクマリンに対して光アレルギー反応を示しました。 陽性反応を誘発したアレルゲンと17人の患者のその化合物の中でその分子を含む異なる物質の使用との間に一致があった(65. 3%)。 患者の19. これらの症例は、おそらくアレルギー性アレルギーによって引き起こされる接触アレルギーと診断され、自然史および光接触アレルギーに類似した臨床像を提示している。 最も一般的なアレルゲンは重クロム酸塩でしたこの研究の結果は、日焼け止め剤が我々の母集団における光アレルギー性接触皮膚炎においてより頻繁に関与する物質であることを確認しています。 光アレルゲンの同定は、適切な疾病管理と患者教育のための重要な要素です。 Rodriguez E ら。 2人は光アレルギー性であり、そして3人は日焼け止め剤中の活性成分に対してアレルギー性であった。 主な原因となるアレルゲンは、2-エチルヘキシル-4-メトキシシンナメート(Parsol MCX)および2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン(オキシベンゾン)であった。 Ang P et al。 Am J Contact ダーマット 9 (1): 42-4 (1998) 著者らは、異なるスペクトルプロファイルを有する2つの日焼け止め剤がin situでヒト表皮のDNA光損傷を阻害する能力を評価した。 一方の配合物は確立された紫外線Bフィルターオクチルメトキシシンナメートを含有し、他方はテレフタリリデンジカンファースルホン酸を含有した。 、新しい紫外線Aフィルター。 したがって、それらは、日焼け止め処理された部位を最小紅斑量の太陽光模擬放射線に4回暴露したが、ビヒクルおよび対照部位は1回の最小紅斑量に暴露された。 彼らは、チミン二量体に対するモノクローナル抗体と6〜4の光生成物および画像解析を用いて皮膚切片のDNA損傷を定量化した。 いずれかの日焼け止め剤を用いた場合の最小紅斑量の4倍の投与量は、同程度のレベルのチミンをもたらした。 日焼け止め剤の間に違いがないことは、紅斑およびDNA光損傷について同様の作用スペクトルを示し、そして紅斑が皮膚癌を引き起こし得るDNA光損傷の臨床的代用物であることを示す。 フォトパッチテストは、3つの異なる化学UVフィルター、4-tert-ブチル-4-メトキシ-ジベンゾイルメタン(Parsol 1789)、2-エチルヘキシル-p-メトキシシンナメート(Parsol MCX)、およびイソアミル-p-メトキシシンナメートに対する遅延型の過敏反応を示した。 (ネオヘリオパン)。 Schmidt T et al。 Dermatology 196 (3): 354-7 (1998) この研究では、化粧品に含まれる3種類の物質(パラベン、紫外線(UV)スクリーン、およびムスク香料)のエストロゲン様作用を調べました。 それらのエストロゲン活性は、3つのレポーター細胞株:HELN,HELN ERアルファ、およびHELN ERベータを使用して測定された。 エチルパラベン=ガラキソリド。 これらの活性物質の中で、パラベンは同様に、UVスクリーンは適度ERアルファを活性化し、ERbetaにほとんど影響を与えなかった、と香りがERbetaを活性化しなかったERアルファとERbeta活性化。 Gomez E et al。 J Toxicol Environ Health A 68(4): 239-51 (2005) 6つの頻繁に使用されるUVAおよびUVBスクリーンは、in vitroおよびin vivoでエストロゲン性について検査されました。 MCF-7乳がん細胞では、5つのUVBフィルター、すなわち、ベンゾフェノン-3(Bp-3)、ホモサレート(HMS)、4-メチル-ベンジリデンカンファー(4-MBC)、オクチル-メトキシシンナメート(OMC)、およびオクチル-ジメチル-PABA(OD — PABA)は1. 56から3. エストロゲン活性のさらなる証拠は、MCF-7細胞におけるエストロゲン依存性pS2タンパク質の誘導および4-MBCの増殖効果の遮断であったエストロゲン拮抗薬によるICI 182,780。 Schlumpf M et al。 …細胞株はUVフィルターのスクリーニングのために使用したベンゾフェノン-3(BP-3)、ベンゾフェノン-4、3-ベンジリデンカンファー、4-メチルベンジリデンカンファー、ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ホモサレート(HMS)、オクチルジメチルPABA、オクチルメトキシケイ皮酸。 これらのうちの2つ、Bp-3およびHMSは、細胞傷害性濃度未満でDHT誘導性AR活性化に拮抗し、IC 50は5. 単独で試験した場合、8つのUVフィルターのどれもアゴニスト活性を示さなかったが、高濃度のBp-3はデキサメタゾンの存在下でルシフェラーゼ活性の増加を誘導し、それはヒドロキシフルタミドまたはエストロゲンアンタゴニスト、ICI 182,780によって遮断されなかった。 これらのデータは、UVフィルターBp -3およびHMSがエストロゲン活性に加えてインビトロで抗アンドロゲン活性を有することを示している。 Ma R et al。 ヒト乳癌細胞株、MCF-7細胞を用いた一般的なスクリーニングアッセイ(E-スクリーン)を実施した。 陽性試験は、細胞増殖をもたらす試験化合物とエストロゲン受容体との結合に基づいた。 陽性対照として、17 b — エストラジオール、を使用し、そしてそれは、予想通り、アッセイにおいて陽性であった。 5つのUV-Bフィルターはアッセイにおいて陽性でありそして細胞増殖を引き起こしたことが見出された。 UV-Aフィルターは否定的な結果を与えた。 17b-エストラジオール、Bp-3、4-MBC、OMC、OD-PABAおよびHMSに対するEC 50値は、それぞれ1. 22pM、3. 結果は、エストロゲン依存性pS にタンパク質の発現および抗エストロゲンICI 182,780による効果の阻害によって支持された。 陽性対照の効力はピコモル程度である。 したがって、UVフィルターのin vitroでの効力は、17b-エストラジオールで観察されたものよりも重要に低いです。 この種の比較を真剣に考えると、おそらく多くの工業用化学物質がいくつかのin vitroエストロゲン効果を示すでしょう。 ここで強調しておかなければならないのは、in vitroアッセイはUVフィルターがエストロゲン受容体に結合するか否かを示すことができるだけであるが、化合物がエストロゲン活性を有するか否かの証拠を提供しない。 したがって、インビトロアッセイは、さらなるインビボ試験の優先順位を決めるのに有用なスクリーニング試験である。 in vitro試験に基づいて5つのUVフィルターがエストロゲン様特性を持つと主張するのは時期尚早です。 Bp3、4-MBC、OMC、OD-PABAからHMSまでに及ぶUVフィルターのインビトロランキングは、インビボの結果と一致しなかった。 実際、後者のテストでは4 MBC最も活発であり、OMCとBp-3がそれに続いた。 インビトロで最も活性のあるUVフィルターはインビボで弱い活性しか示さなかった。 さらに、OD-PABAおよびHMSは不活性であることが見出された。 正確な毒物動態学的データのみがin vitroおよびin vivoデータを結び付けることができ、これもまた著者によって達成された結論である。 europa. htm OMCの生物学的影響を分析するために、2つのヒト細胞系、原発性皮膚線維芽細胞(GM00498)および乳がん(MCF-7)の紫外線(UV)曝露を意味するin vitroアプローチを使用した。 )細胞株。 評価項目には、細胞生存率評価、アルカリ溶出および損傷特異的酵素を用いたシクロブタン ピリミジンダイマー(CPD)および酸化DNA損傷の分析、ならびに17のDNA損傷応答遺伝子パネルの遺伝子発現分析が含まれます。 酸化的DNA損傷に関してそのような保護は見いだされなかった。 OMCの存在下でUV照射すると、遺伝子発現試験は、試験した遺伝子のいくつかにおいて有意差のある変化を示し、そしてp53タンパク質の発現もまた変化した。 いくつかの遺伝子については、発現の変化は、OMCによって時間的に遅れるように思われた。 遺伝毒性アッセイと一緒にin vitro細胞系で17遺伝子のパネルを使用して、この研究に適用された実験的アプローチは、日焼け止め剤中の活性成分の最初のスクリーニングに有用であり得る。 Duale N et al。 トキシコル サイエンス 114 (2): 272-84 (2010) OMCのリスク評価と安全性の限界。 化合物は急性毒性が低いと結論付けられた。 OMCは動物に刺激や感作性はありませんが、人間のアレルギー性接触皮膚炎の原因となることはめったにありません。 変異原性、光変異原性および光原性試験は陰性であった。 経皮吸収は2%と推定され、これはインビトロでのヒトおよび動物の皮膚での実験、および経口摂取によるインビボでのヒト試験の結果に由来する数値である。 MoS /安全域/は750であると計算され、これは許容可能である。 europa. htm 日焼け止め剤の局所使用は、人の日焼けの危険性を減らします。 日焼け止めは、主に意図的でない日光曝露の間に使用されるとき、おそらく皮膚の扁平上皮癌を予防します。 基底細胞癌および皮膚黒色腫に対する日焼け止めの局所使用の癌予防活性について結論を引き出すことはできない。 日焼け止め剤の使用は、日光浴などの意図的な日光暴露の期間を延ばすことができます。 このような延長は、皮膚黒色腫のリスクを高める可能性があります。 IARCワーキンググループでの検討のがん予防エージェント(2001)日焼け止め(IARC ハンドブックのがん予防、巻5)、リヨン、IARC。 単位の化学予防:がん予防効果の日焼け止め。 噴射剤を含む日焼け止め製剤の製造業者は、これらの製剤からのフュームの濃縮およびその後の吸入は有害または致命的である可能性があると警告しています。 アメリカの 社会 の 健康システム 薬剤師 2013; Drug Information 2013. ベセスダ、 メリーランド州。 2013年 参照リンク PubChem 参照元: 資生堂 美容成分辞典 参照元: The dark side of chemical sunscreens. Should you be concerned about photosensitization?

次の

子ども用の日焼け止めおすすめ12選|親子で使えるタイプも厳選紹介!

メトキシ ケイヒ 酸 エチルヘキシル

看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務していました。 助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。 青年海外協力隊でアフリカに赴任した後、国際保健医療を学ぶために大学院に進学し、修了しました。 お母さん方へのアドバイスを充実させたいと思い、保育士資格も取得して役立てています。 現在、シンガポールに住み2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務して日本人の妊産婦さん方に関わっています。 インターネットでエミリオット助産院開設し、妊娠や出産、産後の様々な相談に応じています。 保育士・河井恵美さん監修のもと、子ども用日焼け止めの選び方とおすすめの商品を厳選! ジェル、乳液、クリーム、スプレーなどさまざまなテクスチャーのものや、ノンケミカル、添加物不使用、虫除け効果のあるものなど赤ちゃんや子どもの肌にやさしいものを紹介します。 記事の後半では、通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 日焼け止めには、紫外線吸収剤を使っているもの、使っていないものがあります。 紫外線吸収剤を使わずに、代わりに紫外線反射剤などを使用して紫外線から肌を守る日焼け止めは、化学合成物質フリー(ノンケミカル)とも呼ばれています。 紫外線吸収剤を使っているものよりも 肌への負担が少なく、石けんで落とすことができるのが特徴です。 一方で、紫外線吸収剤を使っているものは化学的な仕組みで紫外線のエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して紫外線が肌に浸透するのを防ぐのが特徴。 アウトドアシーンなど長時間強い紫外線にさらされるときにはぴったりですが、肌への負担が化学合成物質フリータイプよりもやや強くなります。 ふだん使いにはノンケミカルタイプを選び、ケミカルタイプは一時的な使用にするなど、上手に使い分けましょう。

次の

【楽天市場】日焼け止め UVケア SPF50+/PA++++ 紫外線対策 化粧下地 日焼け止め 顔 体 夏 韓国 コスメ 韓国コスメ【SNP公式】:SNP楽天市場店

メトキシ ケイヒ 酸 エチルヘキシル

[化粧品成分表示名称] ・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(改正名称) ・メトキシケイヒ酸オクチル(旧称) [医薬部外品表示名称] ・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル 化学構造的にメトキシケイヒ酸にエチルヘキシルアルコールをエステル結合したケイ皮酸エステル(油溶性ケイ皮酸誘導体:ケイ皮酸系紫外線吸収剤)です。 1960年代に開発されてから世界中で広く使用されており、国内においても1984年に使用が許可されてから現在までUVBを吸収する代表的な紫外線吸収剤として汎用されています (文献2:2007)。 4 308 このように記載されています (文献8:2014)。 化粧品に配合される場合は、• これらの目的で、日焼け止め製品、メイクアップ化粧品、ネイル製品、香水などに汎用されています。 UVB吸収による紫外線防御作用 UVB吸収による紫外線防御作用に関しては、まず前提知識として紫外線(UV:Ultra Violet)および紫外線の皮膚への影響について解説します。 太陽による照射は、以下の図のように、 波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分類されており、可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。 また紫外線は、波長の長いものから• UVA(長波長紫外線):320-400nm• UVB(中波長紫外線):280-320nm• UVC(短波長紫外線):100-280nm このように大別され、波長が短いほど有害作用が強いという性質がありますが、以下の図のように、 UVCはオゾン層を通過する際に散乱・吸収されるため地上には到達せず、UVBはオゾン層により大部分が吸収された残りが地上に到達、UVAはオゾン層による吸収をあまり受けずに地表に到達することから、ヒトに影響があるのはUVBおよびUVAになります。 UVA UVB 紫外線角層透過率 大 小 日焼けの現象 サンタン (皮膚色が浅黒く変化) サンバーン (炎症を起こし、皮膚色が赤くなりヒリヒリした状態) 急性皮膚刺激反応 即時型黒化(紅斑) 遅延型黒化(紅斑) UVBの反応を増強 (表皮肥厚、落屑) 遅延型紅斑(炎症、水疱) 遅延型黒化 表皮肥厚、落屑 (DNA損傷) 慢性皮膚刺激反応 真皮マトリックスの変性 真皮マトリックスの変性 日焼け現象発症時間 2-3日後 即時的 (1時間以内に赤みを帯び始める) 性質がまったく異なっています (文献3:2002;文献4:2002;文献5:1997)。 国内の紫外線量の目安としては、2016年に茨城県つくば局によって公開されている紫外線量観測データによると、以下の表のように、 2月-10月の期間中とくに4月-9月の期間は、UVAおよびUVBの両方増加する傾向にあるため (文献6:2016)、UVAおよびUVB両方の紫外線防御が必要であると考えられます。 2007年にDSM ニュートリション ジャパンによって報告された紫外線吸収剤の吸収スペクトル資料によると、以下の表のように、 UVBへの吸収作用が明らかにされており (文献2:2007)、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルにUVB吸収による紫外線防御作用が認められています。 UVAの短波長領域(UVAのUVBよりの波長)も吸収領域であることから、UVA吸収剤との併用によって吸収漏れのない適切な相加作用があると考えられ、多くの場合UVAを吸収する紫外線吸収剤と併用して処方されます。 製品自体の退色・変色防止 製品自体の退色・変色防止に関しては、UVB吸収作用に優れていることから、香料や着色剤など紫外線で劣化しやすい成分が配合されている化粧品を紫外線から防御する目的で化粧品、香水またはネイル製品などに配合されます (文献7:2015)。 製品自体の退色・変色防止目的で配合されている場合は、配合量が微量であるため全成分表示欄には末尾に記載されます。 メトキシケイヒ酸エチルヘキシルはポジティブリストであり、化粧品に配合する場合は以下の配合範囲内においてのみ使用されます。 0 パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルは、医薬部外品(薬用化粧品)への配合において配合上限があり、配合範囲は以下になります。 種類 配合量 その他 薬用石けん・シャンプー・リンス等、除毛剤 10 紫外線吸収剤の合計は10以下とする 育毛剤 10 その他の薬用化粧品、腋臭防止剤、忌避剤 10 薬用口唇類 7. 5 薬用歯みがき類 7. 5 浴用剤 5. 0 DSM Nutritional Productsの安全性データ (文献1:2012)によると、• [ヒト試験] 被検者にメトキシケイヒ酸エチルヘキシルを対象に皮膚感作性試験を実施し、皮膚感作性を評価したところ、いずれの被検者においても皮膚感作性は認められなかった• [動物試験] モルモットを用いてメトキシケイヒ酸エチルヘキシルを対象にOECD406テストガイドラインに基づいてMaximization皮膚感作性試験を実施し、皮膚感作性を評価したところ、皮膚感作性は認められなかった と記載されています。 試験データをみるかぎり、共通して皮膚感作性なしと報告されているため、 皮膚感作性はほとんどないと考えられます。 光毒性および光感作性について DSM Nutritional Productsの安全性データ (文献1:2012)によると、• [動物試験] モルモットを用いてメトキシケイヒ酸エチルヘキシルを対象に光毒性試験を実施し、光毒性を評価したところ、光毒性は認められなかった• [動物試験] モルモットを用いてメトキシケイヒ酸エチルヘキシルを対象に光感作性試験を実施し、光感作性を評価したところ、いずれのモルモットにおいても光感作性は認められなかった と記載されています。 試験データをみるかぎり、光毒性および光感作性なしと報告されているため、 光毒性および光感作性はほとんどないと考えられます。 成分一覧は以下からお読みください。 DSM Nutritional Products(2012)「Parsol MCX」Safety Data Sheet. 藤岡 賢大(2007)「最近の化粧品用途紫外線吸収剤」オレオサイエンス 7 9 ,357-362. 朝田 康夫(2002)「紫外線の種類と作用は」美容皮膚科学事典,191-192. 朝田 康夫(2002)「サンタン、サンバーンとは」美容皮膚科学事典,192-195. 須加 基昭(1997)「紫外線防御スキンケア化粧品の開発」日本化粧品技術者会誌 31 1 ,3-13. 国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク(2016)「茨城県つくば局における紫外線量(UV-A,UV-B)月別値」, 2019年6月10日アクセス. 宇山 侊男, 他(2015)「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」化粧品成分ガイド 第6版,92-93. 本間 茂継(2014)「化粧品開発に用いられる紫外線防御素材」日本化粧品技術者会誌 48 1 ,2-10. スポンサーリンク.

次の