クワイエット プレイス 2 ネタバレ。 映画『クワイエットプレイス2』続編あらすじキャスト日本公開日最新情報まとめ!

映画クワイエット・プレイスのあらすじとネタバレ感想【親子の愛の物語】│縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ

クワイエット プレイス 2 ネタバレ

彼らは生き延びる為の様々な工夫を凝らしながら、家族で肩を寄せ合って生活をしていました。 調達中にまだ4歳の末っ子であるボウが、スーパーマーケットにあった音の出る飛行機のおもちゃを欲しがります。 しかし、父親のリーは音の出るものは駄目だと拒みます。 それを見て弟を可哀そうに思った姉のリーガンはロケットのおもちゃから電池を抜いた状態で静かに弟ボウに渡すことに。 ですが、 ボウはついでに置いてあった電池を皆んなに隠れ持ち出してしまいます。 足音がしないように、予め砂で敷かれた帰路を裸足で歩きます。 そんな中、後ろからおもちゃの飛行機の飛ぶ音が後方で鳴り響き、家族の顔は青ざめます。 無邪気なボウが電池をおもちゃに入れ、音を出してしまったのです。 長女であるリーガンはもともと聴覚障害を患っており、家族とも手話で対話していました。 リーガンは自分のせいで末っ子の弟であるボウが殺されてしまった事を、かなり引きずっていました。 長男であるマーカスは非常に臆病者かつ、循環器官系の疾患を持っていました。 アボット家は手話や生き抜くための知識を活かし、 農場で肩を寄せ合うようにして静かに過ごしていました。 姉のリーガンも行きたいと父のリーに訴えますが、 リーはリーガンの身を心配した上で拒みます。 しかし、リーガンの方は、父リーの心配とは別に、自分が頼りないことやボウを失ってしまった責任が自分にあることから連れて行ってもらえないのだと解釈しているようで、父を軽蔑している様子でした。 リーとマーカスは森を散策し、マーカスも勇敢な父リーから勇気をもらいます。 無事に森から帰路につきますが、 一人のおじいさんが唖然と立っているのを目撃します。 イヴリンは階段を下る途中、足元で飛び出ていた釘に気付かずに踏んでしまいます。 その後、森から帰ってきたリーとマーカスが家に着くと、事前に家の周りに用意していた危険信号が赤くなっているのに気づき、 「イヴリンの身にトラブルが起きたこと」を察します。 そして、二人は母親を助けるべく行動に出ます。 リーがイヴリンを救出しに来た時には、イヴリンは無事に出産を終えていました。 倉庫から出てきた二人を見つけた父リーは、3人で家に戻ろうとしますが、再び化け物に追いかけられます。 ラスト・結末|怪物と家族の至近距離戦!待つのは絶望か、歓喜か。 母親のイヴリンは銃を構え、マーカスは生まれたばかりの弟を抱きかかえて隅で身ごもります。 そんな中、リーガンは今までの出来事から化け物の弱点に気付きます。 リーガンは父からくれた補聴器を大音量にして、マイクを近づけたところ、怪物が悶え初め、頭部が開いて露になったのです。 開いた頭部にすかさず母親が銃で打ち抜くと怪物は倒れました。 再び訪れる静寂、安堵した空間。 それも束の間で、銃の音で反応した遠くの化け物たちが、イヴリンたちの家に集まってくるのが、監視カメラに映ります。 怪物の倒し方がわかった母イヴリンと、娘リーガンはお互いを見つめてニヤッと笑い、次の攻撃に勇敢に立ち向かっていくのでした。 以上、クワイエットプレイスのあらすじネタバレとラスト結末でした。 クワイエットプレイスの感想評価!口コミ評判レビューも紹介 クワイエットプレイスの感想と評価!ホラー映画の中では見事な完成度だけど…。 映画「クワイエットプレイス」が公開される時、「ドント・ブリーズ」などの〇〇してはいけない系のホラーが少しブームだったように感じますが、その中でも「クワイエットプレイス」は一貫したメッセージ性が強く、多少の突っ込みどころはあったものの、見事な演出で完成されたホラー映画だったように感じました。 演出的にこの映画の優れているところは、ほぼ全ての会話が手話で成り立ち、登場人物も数人しかいないという事、CGも多くなく、低予算であるのに、始終十分に怖いというところです。 基本音が何もないシーンが続くので、映画館で観た時のリアリティは半端ではなく、始終疲れる程、ドキドキさせられるものでした。 知恵を振り絞ることで子供たちの未来を守り抜こうとする父親と母親の強い愛情やたくましさは、この映画をエンターテイメントとしてのホラー映画としてだけでなく、家族のヒューマンドラマとしても仕立て上げられた程強いメッセージのように感じられます。 エイリアン系や世界滅亡系のB級映画好きでしたら絶対ハマる作品だと思います。 ヒーローとかが出てくるわけでもないし、冷静にいろいろ突っ込んでしまう人だとつまらなく感じてしまうかもしれないです。 視聴がまだな方は、ぜひ部屋を暗くして静かな雰囲気を作って映画館みたいに観るとしっかりと良さが味わえるのではないかなと思います。 みんなの口コミ評判レビュー めちゃくちゃ面白かった。 音響にとことんこだわった作品なだけに、これは劇場で見たかったと後悔。 役者陣の名演も光っていて人間ドラマと素晴らしかった。 音を立てると襲われて死んじゃう 食べられちゃう というシチュエーションは、けっこう怖かった。 全米で大絶賛、というほどの評価なのは意外だけれど、ちゃんと面白い。 ホラーというよりはSFのように思えた。 「アイアムレジェンド」と同じ位置かな。 全然可愛くない長女の演技を筆頭に、みんな上手で緊迫感半端なし。 90分間ずっと緊張しっぱなしという点は、高く評価できるし、スプラッターでない点も好感。 期待し過ぎた為か、それ程でもないという印象になりました。 得体の知れない恐怖でじわじわと、というホラーを想像していましたが、シンプルにクリーチャーから逃げるというものでした。 即死というコピーながら、即死でもないですし。 音を感知すると襲うという条件も、音の種類や大きさや範囲など分かり難く、あまり入り込めませんでした。 近くの人間の声より遠くの花火の音を優先するのかとか、車で坂道を逃げる時エンジンかけてないとしても音がするのではないのかとか。 シンプルにクリーチャーで驚かせるホラーとしては、普通に楽しめるかと思います。 苦痛や恐怖を台詞無しで表現する、俳優陣の演技は良かったと思います。 「なぜ?」や「それだけ!?」などの疑問やツッコミどころは多い。 が、本作がB級ホラーと考えれば、それらも割とすんなり飲み込める。 しかし、ストーリーに矛盾が多く楽しめなかった。 設定的に突っ込み所が色々ありますが凄く物語に引き込まれました。 終始自分も緊張しながら観てたので終わったらどっと疲れました。 パパが死ぬ前に子供に気持ちを伝えるシーンで号泣。 最後ママのやったるで的な表情に希望が持てました。 あの家族に幸あれ… 観る前に「劇中はポップコーンを食べられないよ」という話を聞いたものの、あまり気にもとめず、まんまとLサイズを買って入場。 その結果、「た、食べられない…音を立てられない…!!」もったいないほど残った笑。 引用:映画. com 劇中だけではなく、映画館の中も圧倒的に静かになることが多いため、ポップコーンが余ったなんて口コミ評判もありました。 面白い!笑) 続編があると知っているか、知っていないかでまた感想が少し変わってきそうな印象もありますね。 更に、映画序盤で行方不明者を探している張り紙がある事から、初めはそれが怪物の仕業だとは認識されておらず、原因に気づいた時には世界は怪物に対してパニック状態になってしまったのが想像できます。 怪物についての名前の紹介などはなく、怪物は銃弾やあらゆる攻撃を跳ね返すような固い甲殻で覆われています。 更に目は見えないものの聴力と移動速度は非常に優れ、極めて狂暴である為、エイリアンの研究もままならず国も緊急事態に太刀打ちしきれなかったのかもしれないと考えられます。 怪物の弱点は、発達した聴覚に一定の周波数がある音を与えることで、怪物は嫌がり頭部が開いて銃弾が通じるような脆い部分をさらけ出しています。 怪物の数などは分かっていないものの映画内では相当な数がいるように見受けられます。 しかし、知能レベルは人間ほど高くないようなので、倒し方がわかった今、怪物を滅ぼすときが次回作の続編では見られるかもしれませんね。 続編の怪物にも期待大です! 続編であるクワイエットプレイス2について 劇中に出てきたラジオなどの情報発信機から、エイリアンを倒した成功を語られたものは登場しなかったので、おそらくは国や軍も弱点を知らずにどうしようもできない状態にあるのかなとは考えられます。 しかし、1作目最後では、父からくれたリーガンの補聴器の音波が、聴力の優れすぎたエイリアンにとって弱点である事が最後に判明しました。 続編ではこれがカギとなり、生き残った人々にもエイリアンの弱点を知らせることで、エイリアンと立ち向かい、物語の終息へと向かわせるものになれば、一番良いハッピーエンドかもしれません。 しかし、クワイエットプレイスの続編の予告編を見てみると、避難所へ家族で向かう姿がありますが、イヴリンの生まれたばかりの赤子も一緒なので、いつ泣き出すか分からない赤子を連れたアボット家に対して、生き残った人々の目も厳しくなるかもしれないと感じました。 続編で語られる物語はただのエイリアン退治や逃亡に収まらず、次回の続編では本来助け合うべきの人同士で少し複雑な方向へ向かうのではないかとも考えられます。 又、エイリアンが街をパニックに陥れた初日、イヴリン親子がパニック状態の町中を運転している回想シーンのようなものがみられたので、エイリアンの正体が前作より明らかにされるのかもしれません。 1作目では、純粋な家族愛や未来への希望といったものが強調されたものになっていましたが、続編では彼らがどんな災難に立ち向かうのか、楽しみですね。 クワイエットプレイスの動画視聴は超・簡単!無料で配信をみよう! 2018年のアメリカNo. 1ホラー作品である『クワイエットプレイス』は是非ともオススメしたい作品です。 そこで、映画『クワイエットプレイス』のフル動画を観るのにおすすめなユーネクストについて紹介しておきます。 U-NEXTは無料登録後初月1ヶ月無料で、かつ600ポイントが付いて来ます。 そのため、『クワイエットプレイス』を600ポイントを使って無料ですぐに観ることができます。 1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で『クワイエットプレイス』を観ることができるわけです。 ですが、ユーネクストは他と比べて作品数が圧倒的に多く、暇つぶしに映画を観たい時には一番オススメの動画配信サービスです。 Huluの約3倍の140,000程の作品数を配信しています。 私は継続して使いユーネクストを毎日愛用しています。 月々税込2,189円なので、DVDをを借りるよりもコスパが良いです。 ユーネクストは映画だけでなくマンガや雑誌などの書籍も読めますし、日本や海外でやっているドキュメンタリー番組から配信されたばかりのMVまで見れます。 「どれもスマホ一本で済ませたい」「暇つぶしにあれこれレパートリーの揃っている方が良い」という方は、『グリーンブック』を観たら継続で使うことも検討してみてくださいね。 ちなみに月々ポイントも付与されます。 ポイントは新作視聴やキネゾーでの映画鑑賞代に使えますよ!.

次の

映画『クワイエットプレイス PART2』あらすじネタバレ?キャストや作品情報・予告動画を紹介!

クワイエット プレイス 2 ネタバレ

隕石の落下とともに現れた、宇宙から来た『何か』 『何か』は盲目で、音に反応して人間を襲う。 『何か』により、人類が滅亡の危機に瀕し荒廃した世界。 その世界で、生き延びていた家族、アボット一家。 『何か』は、呼吸の音さえ逃さない。 一瞬でも音を立てると、即死する。 『音を立ててはいけない』というルールを守り、 手話を使い、裸足で歩き、道に砂を敷き詰め、静寂と共に暮らしていた。 ある日、物資を補充した帰り道。 末っ子の『ビュー』は、音を立てたばかりに『何か』に殺されてしまう。 それから一年後。 アボット一家は、音を立てない生活を過ごしていた。 しかし『何か』は、一家の存在を感知していた。 父親『リー』は、娘『リーガン』に『ビューが死んだのはお前のせいじゃない』と手話で言い聞かせる。 リーガンは、納得出来なかった。 リーとリーガンの関係は、徐々に険悪になっていく。 リーガンは、一家の中で孤立していると感じるようになり、 弟『マーカス』が、自分以上に両親に愛されていると映ってしまう。 それことが、一層疎外感を強めていた。 ある日、リーがマーカスと釣りに行くと知ったリーガンは、2人に同行しようとするが、 出産を目前に控えていた、妊娠中の母親『エヴリン』を見ているようにと伝えられる。 釣り場の近くに滝があり、リーとマーカスは、数ヶ月ぶりに会話をする。 ビューの死と、リーガンが抱えている家族への不信感について話し合う。 マーカスは『リーガンを愛しているなら、はっきりそう伝えないとダメじゃないか』とリーに話す。 帰宅する途中、妻を亡くして悲嘆に暮れる老人に遭遇する。 老人は叫び声を上げて『何か』に殺されてしまう。 いつ終わるとも分からない、孤独な生活を恐れての自殺だったのか。 その頃、エヴリンは産気付いていた。 安全な場所で出産するために、エヴリンとリーガンは、地下室に移動する。 その途中、誤って音を立ててしまう。 一家は『何か』数体と戦わなければならない状況に陥ってしまう。 家族の運命もこれまでかと思われたその時、窮地を救ったのはリーガンの補聴器。 リーガンは、リーが作ってくれた補聴器の不具合から出る周波数が『何か』の弱点だと気付く。 監督・脚本 製作総指揮・主演 ジョン・クラシンスキー(John Krasinski) 出身 アメリカ・マサチューセッツ州・ボストン 生年月日 1979年10月20日 経歴 2009年『サンダンス映画祭』グランプリ(審査員大賞・ドラマ部門) 『Brief Interviews with Hideous Men』(ノミネート) 主な監督作品 2009年『Brief Interviews with Hideous Men』 2016年『The Hollars』2018年『クワイエット・プレイス』 2017年5月~12月、ニューヨーク州ダッチェス郡とアルスター郡で、ほとんどの撮影が行われました。 撮影にあたり、製作サイドは地元の農家に約20トンのトウモロコシの栽培を依頼します。 ストーリーの設定の関係上、スタッフは撮影時に極力音を立てないように、意図された音のみが収録されるように心がけていました。 本作には、ミュージカルの古典の楽曲が使用されています。 クラシンスキーは『観客の皆様に違和感を覚えて欲しくないのです。 本作を実験的なサイレント映画だと思ってもらいたくないのです。 』と語っています。 ホラー作品に馴染みが薄かったクラシンスキーは、本作を手掛けるにあたり、 『ドント・ブリーズ』『ゲット・アウト』『ジョーズ』を参照しました。 クラシンスキーは、本作が親子の物語であるだけではなく、アメリカ政治に対する風刺にもなっていると語っています。 今そこにある危機を解決しようとするどころか、それから目を背けたり、逆に便乗したりする人々が存在することを風刺している。 プロデューサー陣は当初、手話でのやり取りに、字幕を付けない予定でした。 しかし、ストーリー上の重要なシーン(リーとリーガンが補聴器について話すシーン)を、字幕なしで理解するのはほぼ不可能だと気付かされます。 そのシーンだけ字幕を付けると不自然になるために、手話でのやり取り全てに字幕を付けることになります。 『2018年4月6日』全米3508館で封切られて、公開初週末『5020万ドル』の興収。 『ボックスオフィス』週末興行収入ランキング初登場1位。 ホラー作品のオープニング興収が5000万ドルを超えたのは『パラノーマル・アクティビティ3』以来の快挙です。 累計興行収入も『ドント・ブリーズ』『ゲット・アウト』など近年のホラー話題作を軽々超えます。 更に『レディ・プレイヤー1』『グレイテスト・ショーマン』などを超える、世界累計興行収入『3億3450万ドル』を突破しています。 2018年度、オリジナル作品No. 1大ヒット作品です。 本作は、批評家から絶賛されています。 映画批評サイト『ロッテン・トマト』には、現在328件のレビューがあります。 2点』になっています。 批評家の見解の要約は『『クワイエット・プレイス』となっている容赦ない知的生命体 『そのオリジナリティは恐ろしさと同じくらいある』を登場させることで、根源的な恐怖を巧みに利用している。 同作によって、ジョン・クラシンスキーは自身が新進気鋭の映画監督であることを立証した。 』 映画・ゲーム・テレビ番組・ミュージックの評価レビュー集積サイト『メタクリティック』には、現在55件のレビューがあります。 『ハリウッド・レポーター』ジョン・デフォア『恐ろしいスリラー映画だが、心の温かさもある。 』 『親としての責任と恐怖の組み合わせを表現するために、ここまで想像力を働かせた作品は『テイク・シェルター』以来ではないか』と称賛しています。 』『プロミスト・ランド』2015年『アロハ』 2016年『13時間 ベンガジの秘密の兵士』『最高の家族の見つけかた』 2017年『デトロイト』2018年『クワイエット・プレイス』 リーガン・アボット『ミリセント・シモンズ』(Millicent Simmonds) — 2018年12月月7日午前9時48分PST 名前 ミリセント・シモンズ 出身 アメリカ・ユタ州・デービス郡・バウンティフル 生年月日 2003年3月1日 経歴 『第2回 シアトル映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート) 『第16回 ワシントンD. 映画批評家協会賞』青年俳優賞(ノミネート) 『第22回 フロリダ映画批評家協会賞』 ポーリン・ケイル・ブレイクアウト賞(ノミネート) 『第14回 女性映画批評家協会賞』若手女優賞(ノミネート) 『第44回 サターン賞』若手俳優賞(ノミネート) 『第23回 放送映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート) 『ワンダーストラック』 『第2回 ロサンゼルス・オンライン映画批評家協会賞』23歳以下女優賞(ノミネート) 『第3回 シアトル映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート) 『第17回 ワシントンD. リーガンの『補聴器』に反応し、もがき苦しむ『何か』 『何か』の弱点となる『周波数』 エヴリンとリーガンが戦いを挑む表情で終わる。 続編は『何か』の弱点が分かり、戦いを挑んでいく展開で進んでいくのではないでしょうか。 そこで、リーが『何か』について収集した『情報』が鍵になってくるのではないかと思われます。 リーが、生き残った人たちに向けて、火を使い合図を送りました。 生き残っている人々がいて、現れるのではないでしょうか。 その生き残った人々とともに力を合わせて『何か』に戦いを挑むのではと思われます。 『2018年4月25日』パラマウント・ピクチャーズが、続編の製作を開始したと報道がありました。 監督のクラシンスキーは、続編の脚本を担当しています。 『クワイエット・プレイス2』は『2020年5月15日』全米公開を予定しています。 『クワイエット・プレイス』は、全米公開から、約6ヶ月後に日本公開されました。 前作のヒットを考えると、続編は、全米公開から半年以内での日本公開は決定的かと思います。 また、ネタバレなどを考えると全米公開からすぐに日本公開もあるのではないでしょうか。 Sponsored Links まとめ 映画『クワイエットプレイス2』を、まとめてみました。 『クワイエットプレイス2』の公開を、期待したいですね! 『MoviesFan』では、追加情報が分かり次第、随時掲載します。 90分間『呼吸の音さえ恐怖に変わる』 この『沈黙』の恐怖に、観る者すべてが閉じ込められる! ホラー映画の手法をとりながら、アメリカ政治に対する風刺を作品に織り交ぜている作品です。 続編公開前に、鑑賞してみてはどうでしょうか! 出演の『ミリセント・シモンズ』の、今後の活躍を期待しています! ミリセント本人も作品と同様に、聴覚に問題を抱えており、アメリカ手話を使ってコミュニケーションをとっています。 演技を志すきっかけになる作品は『ケイト・ブランシェット』主演『ブルー・ジャスミン』 生後12ヶ月で、投薬過多により聴覚を失いました。 ミリセントは、ろう学校に通い演劇部に参加。 シェイクスピア『真夏の夜の夢』のパック役で注目されます。 ミリセントと同じく、耳が不自由な学生が作った短編映画にも出演します。 トッド・ヘインズ監督『ワンダーストラック』で、女優デビュー。 250人以上の候補の中から大抜擢されます。 裕福ながら親の愛に恵まれずに暮らす、耳が聞こえない少女を演じます。 ミリセントは、多数の映画賞でノミネートされました。 『ミリセント・シモンズ』を応援しています! 読んでいただき、ありがとうございました。

次の

映画『クワイエットプレイス PART2』あらすじネタバレ?キャストや作品情報・予告動画を紹介!

クワイエット プレイス 2 ネタバレ

概略 [ ] 前作での出来事の後、アボット一家は外の世界に救いを求めることにした。 少しでも音を立てれば怪物に襲撃されるというリスクはあったが、一家は危険を覚悟でそうするより外なかった。 ところが、外の世界には怪物以外の脅威も存在していたのである。 キャスト [ ]• イヴリン・アボット -• リーガン・アボット - ()• マーカス・アボット -• エメット - 謎の生存者。 リー・アボット -• ロジャー - 製作 [ ] 構想 [ ] 『』が驚異的なヒット作になったことを受けて 、ジョン・クラシンスキー監督は続編の製作に意欲を見せた。 2018年8月、クラシンスキーは続編の脚本の執筆に着手した。 その際、パラマウント映画はクラシンスキーに対して「フランチャイズ化を念頭に置きすぎてはいけません。 ちょっとしたアイデアを『クワイエット・プレイス』の世界観に合う形で膨らませていって、楽しめる作品を作って下さい。 」と要望してきたのだという。 10月、撮影監督のポリー・モーガンが「続編は成長した子供たち(リーガンとマーカス)に焦点が当たります。 2人は世界を探検すると共に、自分の身を自分で守る術を習得していくのです」と述べた。 キャスティング [ ] 2019年2月22日、エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュープの続投とジョン・クラシンスキーの監督続投が発表された。 3月29日、キリアン・マーフィーが本作の出演交渉に臨んでいると報じられた。 6月、がキャスト入りしたが 、後にスケジュールの都合で降板することになり、代役としてジャイモン・フンスーが起用された。 撮影 [ ] 本作のは2019年7月15日にで始まり 、同年9月下旬に終了した。 なお、本作の撮影によって、400人前後の雇用が創出された。 公開・マーケティング [ ] 2019年12月18日、本作のティーザー・トレイラーが公開された。 2020年1月1日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。 3月8日、本作はでプレミア上映された。 当初、本作は2020年3月15日に全米公開される予定だったが 、後に公開日は同月20日に延期された。 2020年3月12日、していることを受けて、パラマウント映画は本作の公開を2020年9月4日に延期すると発表した。 出典 [ ]• Hollywood Reporter 2018年5月22日. 2019年12月23日閲覧。 Deadline. com 2018年5月8日. 2019年12月23日閲覧。 Deadline. com 2018年8月29日. 2019年12月23日閲覧。 The New York Times 2019年1月3日. 2019年12月23日閲覧。 cnet 2019年10月4日. 2019年12月23日閲覧。 Hollywood Reporter 2019年2月22日. 2019年12月23日閲覧。 Hollywood Reporter 2019年3月29日. 2019年12月23日閲覧。 The Wrap 2019年6月5日. 2019年12月23日閲覧。 Deadline. com 2019年8月12日. 2019年12月23日閲覧。 Entertainment Weekly 2019年7月15日. 2019年12月23日閲覧。 ComingSoon. net 2019年9月25日. 2019年12月23日閲覧。 NYup. com 2019年8月14日. 2019年12月23日閲覧。 YouTube 2019年12月18日. 2019年12月23日閲覧。 YouTube 2020年1月1日. 2020年3月13日閲覧。 United Press International 2020年3月9日. 2020年3月13日閲覧。 Deadline. com 2019年10月24日. 2019年12月23日閲覧。 Deadline. com 2019年12月18日. 2019年12月23日閲覧。 Deadline. com 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 、 外部リンク [ ]• - (英語).

次の