マウス と ラット の 違い。 ヘビの餌|マウスとラットどっちがいいの?栄養価と値段は?

ラットとマウスの違いは?実験動物での使い分け

マウス と ラット の 違い

ラットとマウスは同じ「ネズミ」を意味する言葉です。 このふたつは国によって異なる種類のネズミとして呼び分けられていたり、単なる大きさの違いによる呼び方の違いであったりと、さまざまな区別の付け方をされています。 日本においては、ラットもマウスも同様に「ネズミ」と呼ばれています。 これは日常で目にする野生のネズミに対してだけではなく、実験動物として飼育されているラットやマウスも同様に、ネズミの一種として取り扱っています。 英語圏においては、大きなネズミを「ラット」、小さなネズミを「マウス」と呼び分けることが多いようです。 一般的にラットは食べ物を食い荒らす野生の害獣としてのネズミ、マウスは小型で可愛らしい、ペットとして扱われるネズミという認識です。 人気アニメキャラクターのモチーフになっているのも、ほとんどは「マウス」のほうのネズミだといわれています。 一方で、動物実験に利用されるネズミには、ラットとマウスで明確な区別がつけられています。 「ラット」はドブネズミを品種改良して作られた大型のネズミ、「マウス」はハツカネズミを改良して作られた小型のネズミです。 元となるネズミの種類が異なるため、実験動物としてのラットとマウスには身体の形状や知能、環境への耐性などにも大きな違いがあり、それぞれ異なる分野の実験に使われているのです。 「ラット」と「マウス」の違いについて ラットとマウスの違いは、大きく分けて3つあります。 実はラットとマウスは、国によって認識のされ方が違ったり、実験動物として扱われるときは明白に区別されていたりします。 まずは表を使ってまとめてみましょう。 【ラットとマウスの違いについて】 これらの呼び分けについて、次の章から詳しく見ていきます。 日本では両方とも「ネズミ」 日本では、ラットとマウスは実験用動物として知られています。 このとき両者を特別に区別することはほとんどありません。 むしろ「ネズミがいる」「ネズミが動物実験に使われる」など、同じネズミの一種としてとらえることが多いでしょう。 また実験用のラットやマウスはどちらも真っ白な体をしています。 写真などではまったく同じネズミに見えることもその一因でしょう。 日本のネズミのイメージって? 日本のネズミのイメージは、ペット用として飼われるハムスターやキャラクターのイメージが強いです。 また野生のネズミが身の回りに現れることがありますが、このときも特に区別することなく「野生のネズミ」と一括りに考えるでしょう。 ちなみに、身の回りに現れる野生のネズミにも種類があり、代表的には3種類ほどのネズミがいます(ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ)。 呼び分ける基準は大きさ? 英語圏では、主にネズミの大きさによって区別して認識されています。 大きいネズミ「ラット」は家などの身の回りに現れる野生のネズミとして認識されやすい傾向にあります。 一方小さいネズミ「マウス」としてはハムスターや、「かわいい」とイメージにつながるからか、キャラクターなどのネズミが認識されやすいです。 ラットとマウスはイメージが異なる! 英語圏ではネズミのイメージも異なります。 大きいネズミは汚らしいイメージを持たれやすいです。 逆に小さいネズミはかわいらしいイメージが持たれます。 英語圏の子どもの中には嫌いな動物がラットだったとしても、マウスは好きだという子どもがいるくらいです。 日本と英語で呼び分けする動物はほかにいるの? 英語圏では、日本と違い固有名詞に対する呼び方にこだわりがあるのか、ネズミ以外にも名前を呼び分けている動物がいます。 鯉やウサギなどの動物もそうです。 ラットとマウスはそれぞれ別の動物 ラットやマウスは、実験に使うためにドブネズミとハツカネズミを品種改良して作られました。 実験のときは、ラットとマウスそれぞれに適した実験があるのでしっかりと区別して使われています。 ラット:ドブネズミを品種改良して作られた動物 マウス:ハツカネズミを品種改良して作られた動物 ラットとマウスに適した実験 ラットとマウスには、それぞれ適した実験と役立っている分野があります。 ラット:薬物の実験に使われることが多く、栄養学や生理学的研究に役立っています。 マウス:遺伝系や育種系の実験によく使われ、がんの治療の開発に役立っています。 ラットやマウスはほ乳類なので、人の遺伝情報であるゲノムが似ていたり人と遺伝子の数が同じだったりします。 そのため、人に見立てた実験をおこなえます。 またラットは体が大きいので、人体用につくられた薬などを人体へ投与する前にネズミに投与するという実験に耐えることができます。 実験動物としての「モルモット」 同じ実験動物には、テンジクネズミの仲間であるモルモットがいます。 モルモットは生理学的な特徴ゆえ、アレルギーに関する実験によく使われます。 薬物に対する感度が高い点がほかの実験用動物よりも実験用動物として重宝されます。 モルモット 実験動物としてのラットとマウスの特徴 ラットとマウスには明確な違いがあります。 それは身体的・生態的な特徴にまとめることができます。 ラットとマウスには、細かく挙げればさまざまな違いがあることがわかりますよ。 1 身体的な特徴 A. 体長 ラット:18cm~28cm、体重200g~700g マウス:5cm~10cm、体重16g~28g B. 歯の裏の形状 ラット:歯の先端に向けて徐々に細くなる マウス:歯の先端に向けて2段階に厚さが変わる。 また先端が鋭い C. 尿のにおい ラット:それほど臭くはない マウス:非常に臭い D. 胆のうの有無 ラット:無い マウス:有る 体の大きさは個体によって差がありますから、より明確な違いとしては歯の裏の形状や胆のうの有無が挙げられます。 この胆のうとは、体内の成分である胆汁(たんじゅう)を溜めておく場所です。 2 生態 A. 闘争本能 マウスは体が成体に近づくと闘争本能が高くなることがあります。 同じケース内で飼育していると、お互いを攻撃しあうこともあります。 人の識別 ラット:識別することがある マウス:ほとんど識別できない C. ネズミ駆除では違いを意識するべき? わたしたちの家の近くなどの身の回りには、ラットやマウスはいませんが、代表的なドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミなどのネズミが発生することがあります。 このようなネズミがもし家に現れたら、現れたネズミの違いを意識して駆除に取り掛かったほうがいいのでしょうか。 実はネズミによる被害の内容は、ネズミの大きさや種類などの違いとは、ほとんど関係がありません。 ネズミによる被害には、騒音の被害や食害をはじめ、ネズミに寄生したダニやノミによる感染症の被害があります。 ネズミは種類に関わらず夜行性で雑食です。 またダニやノミによる感染症も、寄生されたネズミの大きさや種類によって大きく変わるものではありません。 そのため、ネズミが発生したときは特に区別せず、すべて同じネズミとして駆除するべきでしょう。 ネズミの駆除は自分でもおこなえますが、再発生などのリスクがあり完全に駆除するのがむずかしいです。 そのため駆除するときは、無難にプロの駆除業者に依頼することをおすすめします。 まとめ ラットとマウスの違いは、一口に説明することができません。 なぜなら、国によって認識のされ方が違ったり、実験動物として扱われるときはきちんと区別されたりしているので、ひとまとめにした違いが見当たらないからです。 主に実験動物としての観点になりますが、ラットとマウスにはさまざまな違いがあります。 しかし家に現れるネズミを駆除するときは、そのような違いについて意識する必要はないようです。 ネズミは再発生などのリスクがあり自分で完全に駆除することは難しいです。 駆除するときはプロの業者によって駆除してもらうことをおすすめします。

次の

ネズミを意味するラット(rat)とマウス(mouse)の違い

マウス と ラット の 違い

マウスとラットの見分け方は幼齢のときは門歯の裏側を見ます。 マウスは縦断面が二段になっています。 ラットとマウスの違い ラットとマウスの違いについてもう少し詳しく見ていきます。 ラット マウス 体重 700gに達する 100g以下 染色体 22対 20対 ゲノムサイズ 2. 75 Gbp 2. 6 Gbp 成長 遅い 早い 飼育 要スペース 省スペース 解剖学的差異 胆のうがない 胆のうがある 多用される実験用途 遺伝学・腫瘍学・感染 栄養学・代謝 実験動物としての利点 マウスの利点は小さいために飼育が簡単で、繁殖力も高く、世代交代も早いのが利点です。 ラットはスペースを取るので大変です。 マウスは古くから実験動物として利用されてきたこともあり、様々な実験用途に利用されています。 特に遺伝子学的な実験に適しています。 ラットは体が大きいので解剖しやすく、排泄物や臓器などは大きなサンプルを確保できる点が利点です。 栄養学、生化学、毒性学の実験動物として利用されます。 西川哲. よく使われるマウスの系統 動物実験を行うときは実験結果のバラツキができるだけ少ないほうが評価が少ないです。 実験結果のばらつきは手技や環境 気温や湿度 など様々な要因により生じますが、一つの大きな要因として「遺伝的要因」が挙げられます。 通常生物は同じ種、家族でも異なる遺伝子を持っていますが、こうした遺伝的な個体差が実験結果のばらつきを生じさせる原因となるので制御する必要があります。 遺伝制御の方法の一つが「近親交配」です。 系統は。 遺伝制御よって同じ遺伝学的背景を持ったマウス集団を指します。 遺伝子に差異があるとアルコールに弱い人と強い人がいるように、ある薬物に対する感受性が異なったりして実験結果のブレが生じるので避けたいのです ラットと比べてマウスの系統はたくさんあります。 遺伝子が同一なためその系統に特徴的な性質が現れることがあります。 したがって、実験用途に適切な系統を選択する必要があります。 マウス系統の一覧 系統を作るためには遺伝的差異をなくすための操作が必要です。 近交系:近親交配を20世代以上繰り返して作成した系統で遺伝的にほぼ同一とされる• リコンビナント近交系:ハイブリッドを20世代以上近親交配させた系統• リコンビナントコンジェニック系:ハイブリッドを親の片方の系統に2回ほど戻した後、近親交配を行う方法。 どちらかの親由来のゲノム割合を増やしたい場合に使用• クローズドコロニー:特定の集団内で5年以上繁殖させた集団で個体間で遺伝子差はあるが、何匹かの群で見たときは遺伝子的差が少なくなっている系統• トランスジェニック系:受精卵に遺伝子導入して作成したマウス(GFP導入マウスなど)• ノックアウト系:特定の遺伝子の働きを消失させたマウス• ミュータント系:突然変異による特定の形質を維持している系統 毛が生えない、目の色)• コンジェニック系:突然変異体と近交系を交配させて突然変異遺伝子を持たせつつ、DNAを同一を• コアイソジェニック系:一つの遺伝子座のみ異なっている系統• 交雑 ハイブリッド):近交系同士で交配させたマウス。 父母の違いは区別する(F1)• 野生型:野生マウスは遺伝子的な多様性を見るために用います。 近交系 近交系のマウスは近親交配により遺伝子的にほぼ同一とされる集団を作り出しています。 遺伝子的に同一であるため、実験に対するレスポンスが均一に得やすい利点があります。 近交系のマウスは各々の系統に現れる特徴がはっきりとしているので、自身の実験にあった系統を選択しやすいです。 クローズドコロニーと比べて繁殖力が低い傾向があります。 クローズドコロニーは個体ではなく群における効果を検証したい場合に利用します。 医薬品の検定用としてよく使われます。 近交系と比べてコストが低いのでたくさん動物実験を行うときに利用されるようです。 マウスのクローズドコロニー一覧• ICR• CFW• CF 1 ラットのクローズドコロニー• wistar系• Long-Evans系• Sprague-Dawley系• Donryu• F344 などがあります。 ハイブリッド ハイブリッドは2種類の系統を交配させて作った系統です。 特に近交系のマウス同士の雑種第一世代 F1 がよくつかわれます。 近交系であるため遺伝子が均一である点、両親の優勢の形質が現れる、雑種強勢が現れるなどの点が特徴です。 がん研究などによく使われます。 CDF1• BDF1• B6C3F1 などがあります。 ミュータント系 ミュータント系は突然変異などによって毛が生えなくなったり、目の色異なったりする形質を維持しているマウスの系統です。 ミュータント系は遺伝子変異によって特定のたんぱく質が正常に作られなくなって問題がおこります。 ミュータントマウスの解析によって疾患のメカニズムを明らかにできることもあります。 人疾患モデルや遺伝学の実験等に利用されます。 トランスジェニック系 トランスジェニック系マウスは外来の遺伝子を導入した遺伝子改変マウスのことです。 Tgマウスとも呼ばれます。 似たものに遺伝子ターゲッティングマウスがありますが、これは遺伝子ターゲッティング技術(特定の遺伝子を破壊あるいは改変する技術)をES細胞に用いてキメラマウスを作ります。 特定の遺伝子の機能を欠失させたマウスはノックアウトマウス KOマウス と呼ばれます。 トランスジェニックマウスの例としては、緑色蛍光たんぱく質のGFPを全身に発現させたGFPマウスなどがあります。 また一部の組織などに局在させることも可能です。 GFPマウスはUV照射により蛍光を放つなど通常のマウスが持ちえない性質を持ったマウスを作りだすことができます。 驚くべきことにGFPが全身に発現しても毒性などはほとんどないと考えられているようです。 岡部勝, et al. 6 1997 : j19-j25. 代表的な系統マウス C57BL C57BLマウスは最もよく利用される系統の一つです。 歴史が深く、実験データが蓄積されている利点があります。 近交系のC57BLは飼育しやすい特徴があります。 ハイブリッドやトランスジェニックマウスの作成にもしばしば利用されます。 これらのサブストレイン間でも遺伝的差異があるため注意が必要です。 腫瘍の発生率がほかの近交系よりも低く、しばしば特徴的な脱毛が観察されます。 アルコールや鎮痛剤 モルヒネ等)への嗜好性があります。 参考文献 1 Kawamoto, Yasuo. Anim 40. 2 1991 : 263-277. 3 野村達次. 1 1969 : 35-40. 4 江崎孝三郎. 2 1969 : 108-114. 5 Bazykin, Georgii A. , et al. 6991 2004 : 558-562.

次の

ワイヤレス、USBなど…マウスの接続方式別のメリット・デメリット

マウス と ラット の 違い

なぜ実験動物にねずみが選ばれるのか? 動物実験でねずみが使われているのを目にしたことがあると思います。 なぜ、実験にはねずみが使われるのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。 繁殖力の高さ ねずみが実験に使われる理由として、まず挙げられるのが繁殖力の高さです。 繁殖力が高いため、比較的短い期間で複数世代を観察することができます。 ハツカネズミを改良したマウスの場合、1度に6~8匹の子供を産み、1ヶ月ほどで成体になります。 加えて成長が早く、寿命が短いため、老化の研究やたくさんの集団のデータを取るのに好都合です。 ヒトと同じ哺乳類である ねずみはヒトと同じ哺乳類であるため、ヒトに近い遺伝子を持っています。 生き物全体に共通することであればヒトも単細胞生物も同じなので、細菌でも実験することができますが、薬の開発などヒトに関わるような実験の場合、ねずみの方が適しています。 ヒトで行うと非人道的になるような実験もねずみに対してであれば可能になります。 飼育しやすさ ねずみは哺乳類の中でも最小クラスの動物です。 そのため、保存する場所は小規模で済みますし、餌も少量で済むため、費用を節約することもできます。 扱いやすさ ねずみは手のひらに乗るくらいの大きさなので、暴れても抑えることが容易です。 実験などに使用する薬剤が少なくてすむというメリットもあります。 さらに性格も穏やかで糞も汚れにくいという利点もあります。 意外と知らない『マウス』と『ラット』の違い 実験用に使われるねずみについてマウスとラットというものを聞いたことがあるかと思います。 この2つにはどのような違いがあるのでしょう。 形態の違い そもそもマウスとはハツカネズミを実験用に改良・繁殖したもので、対するラットはドブネズミを実験用に改良・繁殖したものを指します。 主に違うのはその大きさで、マウスの場合、体重が最大でも40g程度なのに対し、ラットは700gを超えることもあります。 頭胴長もマウスでは7cmを超えることがない一方で、ラットは20cm以上になります。 マウスとラットは体色も違い、マウスは黒・灰・茶・アルビノといった色があるのに対し、ラットの体色は白一色です。 飼育場の違い また、飼育場の違いもあります。 ラットは乾燥に弱く、マウスは乾燥に強いという特徴があります。 これはラットの起源種がドブネズミで、マウスの起源種がハツカネズミであることからきています。 ドブネズミは下水に生息し、そのようなジメジメと湿った環境に適応したのに対し、ハツカネズミは穀物倉庫などの乾いた環境に生息していたからです。 主に使われる分野 マウスは主に遺伝学や免疫学の分野で多く使用されています。 一方でラットは主にその大きさから大量の材料を必要とする実験や解剖のしやすさから病理学的研究に使われています。 繁殖力の高さは害になることも… ねずみを実験で使用する場合は繁殖力の高さが利点になりますが、そうでない場合はこの繁殖力の高さが人間にとって脅威になります。 なぜかというと、繁殖力が高いということは駆除してもなかなか数が減らないということだからです。 種類によって様々ですが、ねずみは妊娠期間が20日前後、1回の出産で5~9匹、年間の妊娠回数が多い種で10回もあります。 このことからもわかる通り、ねずみが家に発生した場合、早急に駆除できなければ出産のスピードに追い付くことができず、どんどん繁殖していきます。 ねずみによって人間にもたらされる被害には食べ物を食い散らかす、家財を傷つける、病原菌を運んでくるなど様々なものがあります。 このような被害を防ぐためには駆除は早急に行い、複数匹いる場合は一網打尽にする必要があります。 まとめ ねずみが実験に使われるのには哺乳類である点、飼育しやすさ、繁殖力の高さ、扱いやすさが挙げられます。 しかし、実験用のねずみであればいいですが、それ以外の場合、繁殖力が強いという特徴は人間にとって脅威となってきます。 そのため、ねずみを徹底的に駆除する場合には一網打尽にする必要があります。 もしも、そのような場合は一度ねずみ駆除の専門業者に相談してみてください。 ねずみ駆除を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の