ドコモ スピード モード 料金。 ドコモの「スピードモード」を契約・設定する方法

【コロナウイルス】25歳以下が対象!無償でギガを50GBまで使うための方法と注意点。|携帯はやっぱりdocomo!

ドコモ スピード モード 料金

SPモードは、ドコモが提供するプロバイダ契約になります。 (SPモードをご契約頂く事でスマホ、タブレット端末等単体で通信が行えるようになります。 ) SPモード スピードモードは新料金プランのデータ量総量(2GB、5GB、8GB等)超過後のデータ量自動追加お申し込みですね。 (下記をご覧下さい。 ) Q. 以下のとおりです。 利用可能データ量を超えて通信速度が128kbpsになっても、そのままの通信速度でご利用いただく場合、追加料金などはかかりません。 翌月1日になれば自動的に通常速度に戻ります。 追加されたデータ量は、1GBあたり1,000円 税抜 の料金がかかります。 当月中に通常速度でのご利用に戻したい場合、1GB追加オプションをお申込みいただくことで、追加データ量分を通常速度でご利用いただけます。 なお、追加したデータ量は、実際に利用したデータ量1GBあたり1,000円 税抜 の料金がかかります。 1GB追加オプションは、お申込み月のみ有効です。 月途中にパケットパックの変更、または2台目プラスのお申込みを行った場合の利用可能期間は、変更またはお申込み手続き前までとなります。 なお、Xiパケット定額サービスは、2014年8月31日をもって新規お申込み受付を終了いたしました。 となっています。 スピードモードっていうのは、要は追加でデータ量を購入することのようです。 よくMVNOがやっている追加容量オプションと同じですね。 ドコモの場合は1000円で1GBデータが増える感じです。 1GBから10GB、その先は無制限に増やすことが出来るみたいです。 スピードモードは設定だけでは課金が発生しないみたいです。 本来のデータ分を使って、本来速度規制がかかる通信が発生するタイミングで、スピードモードに移行して課金が発生、高速回線でそのまま利用できるようです。 ですので、スピードモード加入だけで1GB1000円のオプション料がかかるというわけではありません。 今までのオプションよりも料金が実際にはかからない場合もあるのでいいんですけど、SPモードの書き間違いと言う事では有りませんので気を付けてください。

次の

ドコモのプランですが

ドコモ スピード モード 料金

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 手間無くデータ量をチャージ出来ると話題の スピードモードですが、本当に便利なだけでデメリットは無いのでしょうか。 今回はそんなスピードモードの使い方や追加パケットとスピードモードの違いをご紹介すると共に、利用データ量の見方について解説をしていきます。 スピードモードの詳細や利用データ量の見方について知りたい、という方は是非目を通して見て下さい。 利用したデータ量を確認する 速度制限を回避する方法のひとつとして、「 利用したデータ量をこまめに確認する」というものがあります。 では、実際に利用したデータ量を確認するためにはどうすれば良いのでしょうか。 データ量の確認はMy docomoで 利用データ量の確認はドコモユーザー専用のページである「 My docomo」から行います。 My docomoは利用データ量の確認以外でも、契約を変更する時やパケット追加購入をする際にも利用するので、早めに使い方をマスターしておいた方が良いでしょう。 パソコンではなくスマホからMy docomoへアクセスすることが多いのであれば、 アプリを入れておくのもひとつの手です。 アプリを使うにしろ、ブラウザからアクセスするにしろ、My docomoを利用するためにはdアカウントの ID及びパスワードが必要になります。 利用データ量の見方 My docomoへログインし、トップページの「 データ量」をタップすると、利用したデータ量を確認することが出来ます。 画像引用元: 「データ量」のページでは利用済のデータ量及び利用可能なデータ量の合計を確認することが可能です。 他にも 前月のデータ通信量や直近3日間のデータ量を見ることも出来るので、プランの見直しを行う際などは参考にしてみると良いでしょう。 画像引用元: また、データ量をシェアしている場合は、シェアグループ内の各回線がどの程度データ通信を行っているのか確認することも出来ます。 パケット追加購入とスピードモードの違い パケット追加購入の仕組み 名前の通りパケット追加購入とは「 データ量を追加で購入し、速度制限を解除すること」を指します。 サービスの正式名称は「1GB追加オプション」というもので、名前の通り1度の申請で追加購入できるデータ量は1GBのみです。 5GBまとめて、500MBだけ、というような購入の仕方は出来ないので注意しておきましょう。 料金は1GBにつき 1,080円 税込 となっており、支払いには携帯料金と同じくdポイントを使うことが出来ます。 万が一データ量が足りなくなっても追加料金を支払うことで再び快適にデータ通信を行える、というのは非常に便利な機能と言えるでしょう。 しかし、パケット追加購入はあくまで救済措置として設定されたサービスであるため、 1GB辺りの料金は通常のプラン2倍から4倍と非常に割高となっています。 そのため、「速度制限が掛かってもパケット追加購入すれば良い」という考えで1GB追加オプションに頼り切るのは非常に危険です。 「 最終手段としてパケット追加購入という方法がある」くらいに考えておいた方が良いでしょう。 スピードモードの仕組み 画像引用元: スピードモードもパケット追加購入と同じく データ量を新たに購入することで速度制限を解除することが出来るサービスです。 スピードモードとパケット追加購入の違いは「 購入の申し込みが必要かどうか」という点にあります。 というのも、ご紹介した通りパケット追加購入では購入申請が必須であるのに対し、スピードモードは 一度設定するとその後は自動でパケット追加購入を行ってくれるのです。 しかし、当然パケット追加購入にはお金が掛かるため、際限なくデータ通信を行えば、それに比例して料金はどんどん高くなってしまいます。 どちらを使うにしても使い過ぎは厳禁 結論から言って、スピードモードをおすすめ出来るのは「 料金が高くなろうとも速度制限に悩まされたくない」という方のみです。 逆に速度制限を掛けられても我慢が出来るのなら、どうしてもスムーズにデータ通信を行いたい場合のみパケットを追加購入するようにした方が良いでしょう。 ただ、スピードモードを利用するにしろ、パケットを追加購入するにしろ、 通常のプランより割高な料金でデータ量を購入していることに変わりはありません。 スピードモードやパケット追加購入はあくまで最後の手段。 使わないで済むのなら使わない方が良いサービスです。 そのため、毎月データ量を購入するくらいなら、使えるデータ量が多いプランに変更するなどして、 予めデータ量を使い切らないよう対策しておくことをおすすめします。 利用データ量の確認はドコモユーザー専用のページである「My docomo」から• 1GB追加オプションは、データ量が足りなくなったときに、1GBごとにできるサービス• スピードモードはデータ量が足りなくなったときに、自動でパケット追加購入を行ってくれるサービス• ギガライトはベーシックパックの後継プランとなる従量課金制のプランで、使った分だけ料金を支払えば良いため、使い勝手が非常に良いのが特長です。 例えば、3GBしか使わなかった月は 2,980円 税込 、7GB使った月は 4,980円 税込 というように、ギガライトでは利用データ量によって料金が変わります。 上手く使いこなすことが出来れば、パケット追加購入をする場合に比べて大幅に毎月の通信費を節約することが可能です。 ただ、ギガライトで使えるデータ量の上限は7GBであるため、 毎月のデータ通信量が7GBを上回ってしまうのなら他のプランを選んだ方が良いでしょう。 毎月30GBものデータ量を使える「ギガホ」などは特におすすめです。 ギガホの料金は 6,980円 税込 と高額ですが、1GB辺りの料金は 233円と割安であるため、パケット追加購入をするよりは遥かに安く済みます。 パケットを追加購入する方法 まずは手動でデータ量のチャージを行うパケット追加購入の方法から見ていきましょう。 My docomoへログイン• 画面をスクロールし「申込」をタップ• 確認画面にて再度「申込」をタップ 1GB追加オプションの購入ページは 速度制限状態でMy docomoへログインすると自動的に表示されます。 パケット追加購入をする際に注意しておきたいのは「シェアグループを組んでいる場合は主回線からでなければ申し込みが出来ない」という点。 というのも、初期設定の状態では子回線から申し込みを行っても「IMXR417」というエラーコードが表示され、申請が拒否される仕様になっているのです。 子回線でもパケット追加購入できるようにするためには、「 1GB追加みんなで申込オプション」を設定しなければいけません。 1GB追加みんなで申込オプションの設定は主回線にて、• My docomoにログイン• 「契約内容・手続き」を選択• 「ドコモオンライン手続き」をタップ• 「1GB追加みんなで申込オプション」を選択• 「1GB追加みんなで申込オプションのお手続き」をタップ• 「手続きを完了する」をタップ という手順を踏むことで行えます。 1GBみんなで申込オプションの設定は主回線でしか行えないため、申し込みをする際は主回線から行いましょう。 また、主回線がパケットの追加購入に制限を掛けている場合は、オプションを設定してもパケットの追加購入をすることが出来ません。 そのため、1GB追加みんなで申込オプションを設定する際は、 パケットの追加購入に制限を掛けていないかどうか確認をしておきましょう。 スピードモードの使い方• My docomoにログイン• My docomo お客様サポート にアクセス• 「契約内容確認などオンライン手続き」をタップ• 「ドコモオンライン手続き」を選択• 「プラン変更」をタップ• 契約しているプランを選択• スピードモードの容量を選択• 注意事項を確認し同意する• 適用開始日を選択• 「次へ」をタップ• 「手続きを完了する」をタップ スピードモードの設定は、その他の手続きと同じく、 画面に表示される指示に従って選択や入力を行うだけで完了します。 悩むポイントがあるとすればスピードモードの容量を選択する時でしょう。 ここでは自動で追加されるデータ量の上限を設定します。 例えば毎月2GBまで自動でパケット追加購入をしたい時は「スピードモード 2GB 」を選択します。 選択できる上限の範囲は1GBから無制限までと幅広いものの、所謂「パケ死」を防ぎたいのであれば、 上限は2、3GBに留めておいた方が良いでしょう。 購入上限を無制限に設定してパケットの追加購入を大量に行った場合、 携帯料金が3万円以上となることもあるため注意して下さい。 しかし、その分 サービス利用に掛かる料金は割高で、通常プランと比べると 2倍~4倍もの料金が必要になります。 そのため、スピードモードや追加パケットを利用する際は「本当にデータ量を追加しなければならないのか」とじっくり考えてから利用するようにしましょう。 気軽に使えるサービスであるため、ついつい頼ってしまいたくなりますが、 毎月の携帯料金を大幅に増やしてしまうくらいなら利用は控えた方が良いです。 どうしても毎月のデータ量が不足してしまうのなら、追加パケットやスピードモードを利用するのではなく、プランを変更することで対応しましょう。 ご紹介した従量課金プラン「ギガライト」や毎月30GBものデータ通信を行える「ギガホ」ならそうそうデータ量を使い切ることはありません。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモの料金プランには変更するベストタイミングがるので、途中解約金で損をしないための手順をご紹介していきます。 新料金プランが登場し「そろそろ料金プランを見直したい」と考えている方は多いでしょう。 そんなとき気をつけてほしいのが、料金プランを変更する際のタイミングです。 […]• ドコモで通話のみの契約をしたい場合、利用料金を一番安くするにはどんなプランが最適かご存知でしょうか。 スマホ用のプランが目立ちますが、シンプルに通話のみを利用したい場合、ドコモでどんなプランを契約し、月々の利用料金を押さえるか知りたい方も多いはず。 ここではそんなド […]• プラン変更をするにあたって、毎月どのくらい通信をしているのか確認しておきたいという方は多いでしょう。 今回はそんな方のためにドコモにおける毎月の通信量を確認する方法をご紹介します。 また、パケット別で選ぶ料金プランの紹介や、プランの詳細についても解説していくので、プ […]• ここ数年ドコモはもちろん大手キャリア各社は料金プランの入れ替えを頻繁に行っています。 全体的にこれまでよりシンプルなプランになって来ており、ドコモの月額料金が高いと感じている方には見直しに絶好のタイミングです。 ここでは主に、既にドコモをご利用中の方に向けて月額料金 […]• ドコモなどの大手キャリアには様々なオプションが存在します。 オプションの中には「こんなものまで?」と痒い所に手が届くものもあり、上手く使いこなせばスマホライフをより豊かにすることが出来るでしょう。 ただ、いくら便利なオプションとは言え、考え無しにオプションに加入して […].

次の

スマホの料金が不自然に高くなる原因?スピードモードの確認と解除方法!

ドコモ スピード モード 料金

もくじ• ドコモのスピードモードは容量自動追加システムです! ドコモの主要料金プランの正式名称は、「カケホーダイ&パケあえる」って言います。 聞きなれないですよね。 声に出してそのワードを使うことって、まずないですからね。 じゃあなんでそんな名称決めたの!?って話ですがそれはそれとして置いといて。 その、カケホーダイ&パケあえるの、「パケ」の方。 これが、 パケットパックです。 具体的には、 データS/M/Lパック(新規申し込み終了済み)、、 ウルトラデータL/LLパック、 シェアパック(新規申し込み終了済み)、 ベーシックシェアパック、 ウルトラシェアパック30/50/100、を指します。 このパケットパックにはそれぞれ、月あたりに利用することができる、データ容量が定められています。 ウルトラデータLパックなら20GB、ウルトラシェアパック30なら30GB、という具合ですね。 この 月あたりに利用可能なデータ容量の上限に達した場合に、自動的にさらに任意の容量分を追加付与してもらえる、というサービスが、 スピードモードなんです。 自動的に、というところがポイントです。 つまり、事前に設定しておくと、 自分の意志と関係なく、容量超過時に必ず自動的に容量追加され、 その追加分、課金されます。 何それ余計なお世話じゃん!? って思わないでくださいね、一応親切なサービス(のフリ)なんですから・・・。 容量が上限に到達したときに何が起こるかというと、ご存知 速度制限です! ご存知ですよね? 通信速度がメッチャ遅くなる、アレです。 結構な確率で、皆さん速度制限になったことありますよね? 中には、 なんてお怒りでご来店される方もいらっしゃるかもしれません。 特に多発するのが、月末ですね。 月末には容量を使い切っちゃう方が増えてくるため、です。 ところがスピードモードが設定されていると、 上限に設定されていた容量を超過しても、速度制限がかかりません。 自動的に事前に設定された容量分は容量を追加してくれるためです。 なので、速度制限でイライラすることは減ると思います。 ただし、 ちゃんと許容できる容量を決めておかないと、青天井に課金されてしまうので、使い方を間違うと超危険、ということなんですね。 速度制限か、自動容量追加か スピードモードを利用する、ということは、 速度制限がかかるストレスよりも、自動容量追加による課金を許容する、ということなんです。 自動容量追加は1GB単位、追加課金額としては 1GB=1000円単位です。 逆に言えば、 料金が1000円単位で上がっていくことを一切許容できない、ということであれば、スピードモードは利用するべきじゃありません。 スピードモードを利用しなければ、月額5000円でイメージしていた料金が、データ容量のせいでそれ以上の金額になることはありません。 その代わり、 定められた容量超過後は速度制限が翌月までかかる、というわけです。 スピードモード利用時には、 上限よりもプラス何GBまで、という設定をしておく形になるので、例えば上限容量の+1GBまでと設定しておけば、どんなに上がっても1GBまで、追加される料金としては最大1000円、という形で止められます。 なので、許容できる金額を考えて、自分で調整することができれば、想像を超えた金額の請求がくる、という事態は避けることができるんです! 要は、内容を知らないままに使っちゃうってのが一番怖いってことですね! 1GB追加オプションは、自動追加はしたくない、都度容量追加を自分でしたい場合に 自動追加はしたくない、都度追加を自分でしたい、という場合には、スピードモードとは別に、 1GB追加オプションが用意されています! スピードモードのように自動的に上限を上げるんじゃなくて、一旦速度制限がかかったあと、どうしても我慢できなかったらその段階で自分で手動で1GBを追加、という流れになります。 自分で都度判断して、追加するかどうか決めることができるので、毎月の料金を慎重に調整したい人はスピードモードよりもこちらの方が向いています。 というか、基本はこちらをデフォルトにした方がいいんですね。 何故ならスピードモードは先に説明したとおり、理解して使わないと危ないから、です! 1GB追加オプションはスピードモードとは違って、事前に申し込みをしておく必要があるわけではなく、 その都度、必要な時に追加申し込みをする形のサービスなんです。 スピードモードのように自動的に容量追加してくれるわけではないので、利便性は落ちますが、その分安心確実に運用できるんです! ただし、万が一どうしても容量追加したい場合には自分で手動で手続きしないといけないので、もしもの時のために普段から、自分で追加の方法を練習しておいてもいいかもしれませんね。 My docomoから手続きできますが、速度制限がかかった際にドコモからメールが送られてくるので、そちらに記載のあるURLからでも該当箇所に飛べます! スピードモードと1GB追加オプションの余った容量は翌月末まで利用可能です! スピードモードにしても1GB追加オプションにしても、足りなくなった容量にさらに1GB単位で追加をしていく、という仕組み自体は同じです。 それが、自動か手動かの違い、というわけです。 スピードモードが申し込みされていないか、確認! 外し方・解約方法もチェック! スピードモードを必要としない人がスピードモード申し込みをしていると危険、ということは理解できましたよね!? ということで、早速スピードモードの申し込みが意図せずされていないかどうか、確認する方法をお伝えします。 今すぐ確認しておいてください。 まずはドコモの公式サイト、「My docomo」にアクセスします。 アプリでもどちらでも大丈夫です。 まずはdアカウントでログインしておきます。 これは大前提ですよ。 当然のことながら、ログインしないと手続きはできません。 2段階認証も忘れず設定しておいてください! その上で、My docomoの公式メニューの中から、「契約内容・手続き」を選択しましょう! 続けて、「ご契約内容の確認・変更」を選びます。 あとはその項目の中から、スピードモードを見つけるだけです。 ちゃんと、未契約、になっていたら問題ないです。 契約になっていたら、「解約」の項目が右側に出てきているはずなので、スピードモードは必要ないと確信しているのであれば、そちらを選んでそのまま解約しましょう。 スピードモードは理解すれば便利。 だけど、わからなままに使っちゃダメ! ちゃんと明確な目的をもってスピードモードを申込みするなら、全然いいと思ってます。 むしろ、使い勝手もいいですし、優良サービスです。 でもそうじゃなくて、よくわからないままにスピードモードを利用してしまうのが、一番危険なんです。 どんなに容量を利用しない人でも、ごくまれに、ついつい容量を使いすぎちゃう月だってあるかもしれないじゃないですか? そんな月にもしスピードモードが設定されていたら、意図せず容量追加されて料金も上がってしまうことになってしまいます。 本当は速度制限がかかっても特に問題はなく、容量追加せず翌月まで我慢していたかったのに、です。 だから、自分の意図しないスピードモードが申し込まれていないか、という確認は必須ですし、今後も重々注意して利用するようにしましょうね!.

次の