お年玉 赤ちゃん。 赤ちゃんにお年玉はあげる?相場は?お金以外でもいい?

赤ちゃんから高校生までのお年玉はいつまで?何歳まで?相場はいくら?

お年玉 赤ちゃん

赤ちゃん(孫)にお年玉はそもそも必要? 可愛いお孫さんと言えど、そもそもお金の価値を知らない「赤ちゃん」にお年玉は必要なのでしょうか。 それについて考えるために、「赤ちゃんへのお年玉」のその後の流れについて確認しましょう。 お孫さん、しかも赤ちゃんにお年玉をあげる場合、そのお金は基本的に家族に行きます。 そのお金は、主に次の用途で使われます。 赤ちゃんの今必要な絵本や洋服• 赤ちゃんの将来のための貯金 今の赤ちゃんのために使うお金をもらえるというのは家族としては嬉しいしありがたいものです。 また、赤ちゃんの将来のためにお金を貯めることができるのも、家族としては安心でしょう。 つまりお年玉をあげる側としては、 「赤ちゃん」にお年玉をあげるというより「赤ちゃんを含む家族」にあげる という感覚になります。 この感覚で考えた上で、あげたい方はあげると良いのではないでしょうか。 実際、 赤ちゃんにお年玉まで気を使わなくていいというご家庭もあります。 筆者の親戚のご家族がそのタイプでした。 ですのでそういった場合は、赤ちゃん用の絵本をプレゼントしていました。 それも1つ、そのご家族への「お年玉」ということで、失礼にはあたらないと思います。 赤ちゃんにあげるお年玉の金額の相場は? さて、お孫さん、特に赤ちゃんにお年玉が必要かどうか考えたところで、「やはり現金を渡したい!」という方はこちらをご覧ください。 こちらでは、 赤ちゃんに渡すお年玉の相場を見ていきます。 ここで1つ、注意することがあります。 それは、先ほどお伝えしたように お年玉を受け取るのが赤ちゃん本人ではないということです。 つまり、高すぎると逆に恐縮させてしまったり、返すのが大変だと思わせてしまうということです。 自分の家族宛てにたくさんお年玉をもらったシチュエーションを想像してみてください。 でも返す担当は自分なんです。 …大変かも、と思いませんか? こういった考えが働くため、 赤ちゃんへのお年玉の相場の金額は 「1000円」となっています。 これは、お孫さんでも親戚の赤ちゃんでも変わりません。 赤ちゃんが生まれたばかりの家庭は何かと忙しいですし、このくらいの金額の方が気を使わせることもありませんからね。 ですので現金でお年玉を渡したい方は、1000円を目安に考えていただければと思います! 赤ちゃん(孫)にお年玉を渡したいけど現金以外なら何がいい? さて最後に、 お年玉に現金以外をあげたい方向けにいくつか、紹介していきます。 場合によってはこちらの方が喜ばれることもありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?• 子ども用絵本• おやつや離乳食のギフト こちらがよく「お年玉」の代わりに赤ちゃんに渡される品物の例です。 1つずつ説明していきますね。 子ども用絵本は、今だけに限らず比較的長く使うことができます。 また、たくさんあって子どもにとって悪いということがないのでおススメです。 実際、筆者も親戚にお渡しする絵本を選んだことがあります。 今は結構種類もあって、かわいらしい絵柄のものも多くありましたので、選びやすかったですね。 次に 洋服ですね。 赤ちゃん用の洋服も、あって困ることはありません。 しかも絵本よりコストがかかるものですから、赤ちゃんのいるご家族からしたらとても嬉しいと思います。 ただ好みの問題がありますから、お渡しする際に注意する必要がありますね。 最後に 食べ物系です。 こちらはクリスマスなど他の機会でお渡しすることもありますが、十分現金の代わりになると思います。 こちらはギフトなどで売られているものですと数千円、バラで買うともっと費用は収まります。 あまり気を使わせない範囲で選ぶと良いでしょう。 現金以外でお年玉を渡したい方は、ぜひ参考にしてみてください! お年玉の相場で赤ちゃん(孫)の場合に最適な金額は?まとめ さて、今回は お孫さん、特に赤ちゃんに渡すお年玉の相場金額を見ていきました。 また、現金以外でお年玉の代わりに渡せるものについても見ていきました。 赤ちゃんが生まれて迎える1年の始めに渡すお年玉です。 一番は、心を込めてお渡しされると良いのではないかと思います。 それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました!.

次の

お年玉は赤ちゃんに必要?相場や代わりになる物、孫・甥・姪等の場合は?

お年玉 赤ちゃん

赤ちゃんへのお年玉の相場はいくらくらい? 赤ちゃんへのお年玉は、まだおしゃべりもできませんし、ご両親へお渡しすることが多いですよね。 赤ちゃんへのお年玉の平均的な相場としましては、1000円前後が多く渡さないというケースも少なくないようです。 お正月はクリスマスからあまり期間があいていませんから、クリスマスプレゼントを渡したから、0歳のときにはまだお年玉としてはお渡ししないということかもしれませんね。 また、赤ちゃんとの関係でも金額やお渡しするかどうかも変わってきます。 祖父母の場合は、平均の金額である1000円前後、叔父や叔母などご親戚の場合は、500円から1000円とお考えの方が多いようです。 赤ちゃんへのお年玉は現金で渡すの? 赤ちゃんへのお年玉を渡す場合、現金で渡すのはちょっと・・・と思うけれど、お正月に会うのに何も用意していないというのも気まずいと思うこともありますよね。 お年玉は必ず現金で渡すという決まりがあるわけではないので、お相手の年齢に合わせてお年玉プレゼントのようにして渡すこともおすすめです。 お年玉は日本の伝統的な文化ですが、時代やお相手の年齢等によりさまざま変化してきています。 堅苦しく考えずに、赤ちゃんだからオムツにお年玉と書いた可愛い用紙ののし紙を貼ったりするのも良いですね。 私の姪っ子が赤ちゃんの時には、500円玉を入れたお年玉と可愛い靴下を一緒にプレゼントしましたら、とても好評でした。 金額ではなく気持ちが伝わることが、大切なのかもしれませんね。 赤ちゃんへのお年玉、多すぎる金額はNG? スポンサードリンク 赤ちゃんへの平均的なお年玉の金額は1000円前後ですが、年齢にかかわれず1万円をお渡しするということもあるようです。 しかし受け取る側のご意見としましては、まだ子供本人が受け取れないということもあり、あまりに高額な金額は気が引けてしまい、受け取りづらいと思う方が多いようです。 赤ちゃんへのお年玉はご両親へお渡しすることが多いわけですから、年齢に見合った金額で考えた方が良いということですね。 知っておきたい赤ちゃんへのお年玉の相場やマナー 赤ちゃんへのお年玉の平均的な相場やマナーなどを知ることは、恥ずかしい思いをせず、赤ちゃんのご両親へも失礼にならないので、大切なことです。 また年の近い年齢の赤ちゃんが他にもいらっしゃるようでしたら、お互いのお年玉も金額に差が出てしまわないように、前もってリサーチしてみるのも必要となります。 もし、形だけでも赤ちゃんにお年玉を持たせてあげるようでしたら、袋にはシールなどできちんと封をして、誤飲しないように注意してくださいね。 相場やマナーなどを参考にしていただき、素敵な新年をお迎えください。 ちなみに、幼稚園児へのお年玉相場についてもまとめました。 合わせてご覧ください。 スポンサードリンク.

次の

赤ちゃんのお年玉の金額・相場はいくら?贈り物でも大丈夫♪

お年玉 赤ちゃん

・自分の子供が赤ちゃんの時にもらってうれしかった ・親戚がみんな0歳からの赤ちゃんにあげている ・自分の子供も生まれてすぐにもらって親としてうれしかった ・ママ友の意見を聞いたら赤ちゃんからあげている人が多かった ・独身だけど姪っ子ができたのでお年玉をあげたかった 調べてみるとこのような感じで、親としてうれしい気持ちがあったので自分も、という声や、周りの人も赤ちゃんからお年玉をあげているのでという声が多いようでした。 自分の子供がもらった年齢が3歳だったとき。 こういった場合は渡す相手の子が同じ3歳にお年玉をあげるのがいいのでわかりやすいですね。 だけど・・・ 親戚が多く集まる場所で、他の家の人が用意しているかもわからないし誰かに聞くこともできないということもあるかもしれません。 こんな時は、 事前に用意しこっそりバッグの中にしのばせ、他の親類が出したら自分も・・・という方法もありますよ。 この場合、袋の中身を変更しなければならないことも出てくるかもしれません。 お年玉袋の口は閉じないままにし、渡す直前にササッと閉じられるようにしておきましょう。 小さなシール(袋についてくることが多い)だと、直前でもペタッと貼りやすく、簡単に口を閉じることができます。 500円~1000円 が多くなっています。 お年玉袋になんとなく500円玉を入れにくいな~と感じる場合は、1000円にしておくと無難ですよね。 おじいちゃんおばあちゃんがお孫さんに渡す金額は、あまりこだわったりしなくても大丈夫に思えますが、親戚の子供に、という時は、あまりにも大きな額は避けておきましょう。 お年玉はたくさんあげればよいものでもなく、やはり 年齢に合った相場の金額をあげるのが好ましいとされています。 もらった側はいずれ相手側の子へもお年玉を返すというのが一般的ですので、相手を困らせないという意味でも、相場に合わないお金を袋に入れるのはやめておきましょう。 また、赤ちゃんへのお年玉は、お金の代わりに「おもちゃ・お菓子など」を渡す人も多いようですよ。 ですが、逆に高くなってしまうかも?ということを考えると、相場の金額をお年玉袋に入れて渡す方が良いかもしれませんね。 ちなみに、お年玉の相場は、.

次の