お だ ち 候補。 Windows 10の予測変換で、不要な候補を消して入力しやすくする方法

アメリカ民主党候補者選び トランプ氏と戦う候補は誰になるのか:朝日新聞デジタル

お だ ち 候補

しかし、レムデシビルを開発した米製薬企業ギリアド・サイエンシズ()は、データは「潜在的な有効性」を示しているとし、治験結果の解釈に異議を唱えた。 この草稿によると、中国で実施されたこの治験は新型コロナウイルス患者237人を対象とし、うち158人にレムデシビルを投与し、残る79人の対照群と経過を比較した。 投与した患者のうち18人は、副作用のため早期に投与を中止された。 草稿の著者らはレムデシビルについて、対照群と比較して「症状が改善するまでの期間の差と関連付けられない」と指摘。 治験開始から1か月後に、レムデシビルを投与された患者の13. この差は統計的に有意ではない。 WHOはフィナンシャル・タイムズ紙に対し、草稿は査読中であり、誤って公表されたと説明した。 ギリアドの広報はAFPに対し、公開された草稿には「治験に対する不適切な解釈が含まれる」と述べ、参加者が少なく早期に中止されたため、統計的に有意な結果は出ていないと説明した。 その上で「治験の結果は確定的でないが、このデータの傾向から、特に早期に治療を受けた患者に対してレムデシビルの潜在的な有効性が示されている」と述べた。 今回の治験は、有効性についての最終的な結論を示すものではない。 現在、より進んだ段階の複数の大規模治験が複数行われており、より明確な実態がまもなく明らかになる見通し。

次の

泡沫候補

お だ ち 候補

石原燃 1972年生まれ。 武蔵野美術大学卒。 2009年より劇作家として活動。 10年「フォルモサ!」で劇団大阪創立40周年の戯曲賞にて大賞を受賞。 11年、短編「はっさく」が「テアトロ」10月号に掲載、その抜粋版がNYの演劇人が立ち上げたチャリティー企画「震災 Shinsai:Theaters for Japan」で取り上げられ、12年3月11日に全米で上演される。 本作が小説デビュー作となる。 〈作品〉「はるか」2010年せりふの時代Vol. 「はっさく」11年テアトロ10月号=12年「震災 Shinsai:Theaters for Japan」にて全米上演。 「人の香り」12年『優秀新人戯曲集2013』所収=第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補。 「父を葬る」13年テアトロ4月号=第24回テアトロ新人戯曲賞佳作受賞。 「沈黙」14年テアトロ11月号=第22回OMS戯曲賞最終候補。 「白い花を隠す」17年テアトロ5月号。 岡本学 1972年生まれ。 早稲田大学教育学部理学科数学専修卒。 早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了。 博士(国際情報通信学)。 日本電信電話株式会社勤務、神奈川工科大学情報学部准教授を経て、2017年より教授。 12年、「架空列車」で第55回群像新人文学賞を受賞。 同年、本作品を収録した『架空列車』でデビュー。 〈作品〉「架空列車」2012年群像6月号、単行本は同年講談社刊。 「再起動」16年群像11月号、単行本は17年講談社刊。 「俺の部屋からは野球場が見える」18年群像4月号。 高山羽根子 1975年生まれ。 多摩美術大学美術学部絵画学科卒。 2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出される。 同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。 16年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。 〈作品〉『うどん キツネつきの』2014年東京創元社刊=第36回日本SF大賞最終候補。 「太陽の側の島」16年婦人公論4月12日号。 「オブジェクタム」18年小説トリッパー春季号、単行本は18年朝日新聞出版刊(「太陽の側の島」併録)=第39回日本SF大賞最終候補。 「居た場所」18年文藝冬季号=第160回芥川賞候補、単行本は19年河出書房新社刊。 「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」19年すばる5月号=第161回芥川賞候補、単行本は19年集英社刊。 「如何様」19年小説トリッパー夏季号、単行本は19年朝日新聞出版刊=第41回野間文芸新人賞候補。 遠野遥 1991年生まれ。 慶應義塾大学法学部卒。 2019年「改良」で第56回文藝賞を受賞しデビュー。 〈作品〉「改良」2019年文藝冬季号、単行本は同年河出書房新社刊。 三木三奈 1991年生まれ。 2020年「アキちゃん」で第125回文學界新人賞を受賞しデビュー。 〈作品〉「アキちゃん」2020年文學界5月号。

次の

候補キーと主キーの違い : nwdb

お だ ち 候補

概説 [ ] 「立候補してものように消えてしまい落選する候補」という意味からつけられており、候補として立候補する以外に、政治的活動があまり注目されない場合にそう呼ばれることが多い。 やや侮蔑的な形容であると一般に考えられている [ ]。 選挙に立候補しても数未満となったり、制度のあるでは、供託金没収点未満となる事例が大半である。 それでも選挙活動を通して、名前や顔・公約・政治信条などを知ってもらい、知名度を上げることなどが、立候補者にとってのメリットとなる。 ただし、最初は泡沫候補と呼ばれていても、選挙活動を通じて大きく注目されて、有力候補になったり選挙に当選したりする事例も稀に存在する。 特に有力な現・前職のいない選挙や、長くの続いた選挙など、波乱の起きやすい状況で予期せぬ善戦・当選が見られる [ ]。 逆に、かつては大物政治家であった人物でも、曲折を経て当選の見込みが極めて薄くなっている場合には「泡沫候補」と呼ばれることがある。 日本 [ ] 日本では地盤(後援会組織)・看板(知名度)・鞄(資金)のがそろっていない候補者ほど泡沫候補と呼ばれる傾向がある。 では多数の泡沫候補が立候補する傾向にあり、近年ではに16人・には19人・には14人・には16人・には21人・には22人がそれぞれ立候補している。 4月ののにおける村長選挙では分村を巡って村長派と対立した陣営が大量立候補をしたため、計202人が立候補する事態が発生した(1962年の法改正以前は町村の首長選挙の供託金は不要であった)。 かつてはのにも多数の泡沫候補が立候補し、(1995年)は改選議席4に対して72人が立候補した。 これには、選挙のとなるには一定の候補者をそろえる必要があり、そのために比例区よりも供託金の比較的安い選挙区を選んだことも一因である。 比例票の積み増しも狙ってか定数2以上の都市部での出馬が多く、候補者を1人に絞っても当選の見込みが薄いような場合でも定数いっぱいに候補者を立てる団体も多かった。 実際の政治活動 [ ] いわゆる有力候補と同様の選挙運動を行う候補者はもちろん多い。 一方、候補者の中には、荒唐無稽な主義・主張を行う者や、ほとんど選挙運動をしない者なども少なからず存在する。 また、組織力が低いか皆無に等しい候補が多いため、公営掲示場への貼りなど、手間の掛かる選挙運動はできないか不十分な場合が多い。 の下では、「次点より低い順位の候補者の得票数は選挙が行われる度にゼロに近づいていく」というがあり、選挙ごとに泡沫候補化していく傾向がある。 一般的に候補者自身は「泡沫」と呼ばれることを極度に嫌っている。 そこでさまざまな言い換えが試みられている。 総裁のは、大政党からではなくや(多くの場合、候補者自身が代表)所属で出馬する彼らに敬意を表して「候補」と呼んでいる。 この呼び方は著書の中で頻繁に使われ、好事家の間で普及している。 また、フリーライターのは、著書『黙殺』において「無頼系独立候補」と呼んでいる。 泡沫候補が報道される際、所属党派名が省略され「」「」と扱われることから「しょむ系候補」(諸無系候補)と呼んでいるサイトもあるが、さほど定着しているとはいえない。 ただ、過去の選挙においては選挙運動用のはがきなどを他の陣営に横流しして売買した候補が現れたことや等を用いて特定の商品の宣伝を行った政党などが問題になった事例(での宣伝を行ったなど)や、特定の右翼団体が政党から資金援助を受けて立候補していた実例(における事務所の実例)があって問題となったこともある。 現在においては、こうした事例は供託金が引き上げられたこともあり露骨な形で問題となる事例は少ない。 また、が昭和20年代から30年前半にかけて数多くの選挙について立候補届を書留速達郵便で予告無く送り付けて無差別連続立候補するが政治活動はおろか現地にすら赴かない売名行為があちこちで起ったため、国会の場でも問題となったことがある。 このような事態に対処するためににが改正され、立候補の届出は郵送等を禁止してへの直接持ち込みに限定する規定が設けられた。 法律上の扱い [ ] など法律上は、原則として候補者の差別はない。 政党要件を満たしていなくても、などほとんどの選挙では、政治団体は確認団体の要件を満たすことで、選挙では政党に準じる扱いを受けることはできる。 しかしでは、確認団体制度が存在しない上、非政党候補は小選挙区での政見放送不可、との禁止など、法律上も非常に大きな格差が設けられている(詳細は政党の項目参照)。 候補者間の制度上の格差については、の後、にあるに反しであるとして、のでなどと共に争われた。 しかし、、(裁判長)は12対3で原告の上告を棄却し、原告を全面敗訴とする高裁判決が確定した。 マスコミでの扱い [ ] により、は特定の候補を差別することは禁じられている。 一方で、評論として批判や評価することは認められている。 また、ニュース価値の判断から、結果的に扱いに差が生まれても違法ではないとされる。 たとえば新聞・テレビなどの報道では、有力候補は細かい政策や選挙活動のレポートなどを報じたり、主催の討論会に参加できるが、そのほかの候補は「 このほかにもご覧の方が立候補を表明しています」と、最低限の立候補情報のみしか報じない、という差別が常態化している。 しかし、については泡沫候補とみなされる場合でも比較的優遇される傾向がある。 「独自の戦い」 [ ] 泡沫候補・弱小候補が行うを表現するためにが用いるとして、「 独自の戦い」という表現が用いられることがある。 転じて、主流・本筋とはかけ離れた方向・距離・観点において独特の活動を行うことを揶揄して用いることもある。 選挙に関する報道においては公平性が求められ、報道機関は全ての立候補者氏名や名、肩書き、その所信などを報道することが求められる。 しかし、いわゆる泡沫候補については有権者の関心が非常に低いばかりではなく、その選挙活動が、特に独特な主義・主張を掲げている場合や、売名目的などの本来の選挙制度の趣旨から逸脱していると考えられる場合も少なくない。 そこで、限りある紙面や放送時間をこれらの候補者に費やすことは適当ではないとして、報道機関の裁量(編集方針)として、主な候補者と泡沫候補・弱小候補については取扱いについて軽重をつけているのが実情である。 このような事情から、泡沫候補・弱小候補については最低限必要とされる形式的な公平を保ちつつ、出来うる限り簡潔な表現を用いて報道することとなる。 また、泡沫候補においては所属が無い場合や、従前の政治活動や経歴が不明瞭であることも少なくない。 また、を貼らない、を行わない、の原稿を提出しない、顔写真を公表しない、を申し込まない(所属候補以外の政見放送が流されないを除く)等、報道機関としても選挙活動の状況について把握できない場合もある。 そこで、このような候補者について文字通り「独自・独特の観点や価値観で立候補し選挙活動を行っている」という意味を表し、且つ、短く簡潔に表現した慣用句として「独自の戦い」が用いられている。 使用例 [ ] ()(、)(前)が盤石。 から転じた(新)はにどこまで食い込めるかがカギ。 (新)は党勢拡大を狙う。 (無新)、(無新)は独自の戦い。 」(『別冊宝島356 実録! サイコさんからの手紙』宝島社に収録、一部は岩瀬達哉『新聞が面白くない理由』講談社にも加筆修正の上収録)によると、のを前に、、、の3社は、と共謀の上、泡沫候補を紙面から締め出すための取り決めを行ったという。 記事での締め出しだけではなく、選挙広告の拒否も「 泡末締め出しで最もやってもらいたい」(〔〕、法務省担当者)とされた。 このカルテルはごろ立ち消えになったが、内容はほぼ引き継がれているという。 なお、自治省がこうした文書を出した経緯は、前回の1963年に行われたで(選挙期間中に「背番号」と改名)というが大量に候補者を出して、問題となったことがきっかけとなった。 岩瀬がの内部文書として示した文書によると、朝日は三社の中でも最も泡沫候補の排除に力を入れている。 朝日はまず「ホウマツ〔〕取り扱い要領」 を作成し、要領に従った泡沫候補締め出しを進めた。 に際して、改訂版となる「特殊候補応対要領」を作成し、まずこの文書が社外秘であることを強調した上で、「柔らかく応対するが、最終的には突っぱねる」「相手の抗議、質問に対しては、慎重に受け答えするが、自分の方から議論することは絶対に避ける」などと門前払いを指示し、「特殊候補」との想定問答も掲載した。 また、にさらに改訂した「特殊候補の扱い」を作成した。 同文書では候補者を3つに分け、それぞれ報道に格差をつけるよう指示している。 一般候補 政党などに属している候補者、または諸派・無所属でも現職及びその後継の候補者。 準一般候補 当選の可能性は別として、まじめなミニ政党などの候補者。 特殊候補 売名や営利などに利用したり、自己実現的欲求を満足させるために数々の選挙に立候補、あるいは自己の政見を述べるよりも、他の候補に対する妨害や支援を主目的にするなど、候補者としての客観的な評価が認められない候補。 このように区分した上で、「準一般候補」は「スペースなどの制約で、候補者紹介や、政見アンケート類の扱いが小ぶりになるのもやむを得ない」としている。 さらに、「特殊候補」に対しては紙面からなるべく排除するように指示している。 これらは、実際に紙面でしばしば用いられている。 さらに、特定候補の締め出しについての社外からの問い合わせには 『毎日の紙面はニュース価値によって新聞社が扱いを決めている。 紙面スペースなどとの兼ね合いで決まる』『届け出一覧などの公報的役割の記事では平等な扱いだ』『インタビューなどの企画ものは、誰にインタビューするかなどは新聞編集権の範囲だ』『これらの扱いは、公選法一四八条の報道・評論の自由として裁判上も定着している』 と説明するよう指示しているという。 報道姿勢への対応 [ ] 岩瀬の取材に対し、朝日新聞社は事実上回答を拒否している。 ただし、「特殊候補」については、その締め出しは「選挙報道に関する確立された判例をいくつか参照」すれば何ら批判される行為ではないという旨の回答があった。 また、記者村山雅弥の によると、「売名的な行為に手を貸すことになるとの考え方から、弊紙では候補者のプロフィール記事などでは泡沫候補を外し、それ以外の人を「主な候補者」といった形で紹介しています。 」と産経新聞では泡沫候補の排除を行っていることを明らかにしている。 その一方で、(出身)らによるなどが中心となって開催される「候補者」「候補者合同個人演説会」などでは、公然と泡沫候補の徹底排除を指示している。 すなわち、泡沫と認定した候補者は討論会に呼ばず、来ても排除するために独自のマニュアルを作成している。 また、「泡沫」ではない出席者が1人しかいない場合は、他に出席する意向の候補者がいても、討論会そのものを中止にしてしまう例が見られる。 また、その候補者がまじめか売名目的かといった基準は、結局主観に左右されるため、実際にはその候補者の得票予測で基準が設定されていると見られている。 ただし、候補者の内容にかかわらず、法律上の政党要件を満たした政党公認を受けたり、無所属であっても当選の可能性がある候補者を排除することはない。 また、それまでの選挙で「特殊候補」として無視されていても、その候補者が政党の公認を受ければ、「一般候補」としての扱いになる。 さらに、選挙戦がとなった場合、片方は普段は無視される「特殊候補」扱いを受けていても、この時だけは政見も含めて報じることもある。 一騎討ちでなおかつ片方を「特殊候補」扱いする場合は、「(有力と見なした候補に対する)事実上の」などと報じられる。 また6人が立候補し、このうち2人が特殊候補である場合に「事実上4人の争い」とするような表記もしばしば行なわれる。 政党については、法律上の政党要件の有無、国会議員所属の有無が大きな評価基準となっている。 における政党要件は、以下の基準である。 所属国会議員が5人以上いれば、無条件• しかし、以降は政党要件と議席を失ったため「諸派」扱いに転落した。 政党要件の有無は大きな比重を占めているようで、(2005年)では候補者を立てなかった(この時点で政治資金規正法上の政党要件あり)が議席勢力図には掲載されているのに、は議席を獲得したにも関わらず、政党要件を得ていないことから、NHKを除き勢力図では「諸派1議席」として扱い、注釈で新党大地としていた。 (2009年)ではやを超える337人の候補者を擁立したでも泡沫候補扱いにされたが、と産経新聞は「諸派」ではなく、党名で報じた。 なお、幸福実現党はその後国会議員の入党者があった(のちに離党)ため、国会議員が在籍していた間は、他の全国紙も党名表記になった。 また、新党大地は民主党を除籍(除名)された国会議員などを迎え、政党要件を得たため、(2012年)では党名表記になった。 政党要件は、公職選挙法と政治資金規正法で基準が違うため、両者が使い分けられることがある。 2012年に主催で行われた党首討論会では、政党要件を満たした政党のみが招かれたが、新党日本の代表は、公職選挙法上の政党要件を失ったことを理由に招かれなかった。 に日本記者クラブ主催で行われた党首討論会では、前回の新党日本と同様の理由で、新党改革の代表は招かれなかった。 また、同じ政党要件なし・国会議員不在の党派でも、となっているかどうかで、さらに差異を付けている場合もある。 NHKは、確認団体となっている団体は「諸派」扱いせず党名で呼び、選挙区の報道でも、時間は短いが選挙運動を含めて報じる。 しかし、確認団体となっていない党派は「諸派」扱いであり、その候補者個人が有力候補と判断されない限り、最低限の情報しか報じない(ただし前出の通り、幸福実現党は確認団体ではない衆院選でも、党名で報じた)。 、あるいは(本来は全国政党だが)特定の地域で勢力を維持している政党の場合は、その地域内では独自の党名で報じられるが、全国的には諸派扱いされることもある。 前出の新党大地()や、(以後「社大党」、)が代表例である。 たとえば、社大党は地元紙では県議会の勢力を基準に・・に次ぐ政党として扱われるが、全国的には「諸派」扱いされることが多い。 社大党がとしてに候補者を立てたでは、全国紙の判断は分かれ、有力候補と扱ったマスコミもあれば、泡沫扱いしたマスコミもあった。 また、選挙前まで議席を持っていた、がを決めた後に、有力候補に格上げしたマスコミもあった。 「泡沫候補」とされた側の反応 [ ] このような「泡沫候補」を意図的に無視、排除するマスコミの報道姿勢について「泡沫候補」とされた側は、意に介さない候補者がいる一方、政治的立場や思想を超え、主としてマスコミ批判の文脈から否定的な反応を示す候補者も少なくなく、中には・に抵触していると主張し抗議活動を行ったり、法的手段に訴えた候補者も複数いる。 が干渉し、不公平な選挙であったといわれるのにおいて、大政翼賛会の推薦を受けない「非推薦候補」であったが旧東京都第6区にてトップ当選を果たしを務めた経験がありながらも、戦後はほぼ一貫して泡沫候補として扱われたは戦後の選挙について、「やから消されてしまえばどんなに運動しても当選しない」「マスコミが持ち上げただけで当選圏内に入る。 マスコミの影響が大き過ぎるが有権者がそれに気付いておらず、有権者は「選挙は公平に行われている」と思い込んでいる」「選挙は公正ではない。 マスコミの選挙であり、不公平極まりない」「翼賛選挙はさん(大政翼賛会総裁)が責任を負ったが、今のマスコミは誰も責任を負わない」と早くから度々主張 しており、赤尾が率いたもマスコミ批判を主要な活動の一つとしていた。 また反共・右翼活動家のも「天に唾するもの」とマスコミ批判を展開していたほか、赤尾・深作らとは全く異なる政治的立場にあったのも立候補のたびにマスコミの報道を「不公平」と指摘 している。 代から代にかけて国政選挙・地方選挙を問わず頻繁に立候補し、日本選挙史上最多の立候補歴を有するというは「泡沫候補」と呼ばれることに強い抵抗感を抱いており、小田の出馬行動を批判的に書いた新聞に対し、訴訟を匂わす発言をするなどして脅しをかけたこともあるという。 の比例区に政治団体「風の会」から立候補したは、同じく同選挙に環境系政治団体「」から立候補したらとともに、選挙後「少数派・諸派の立候補者を排除するマスコミの選挙報道は違反である」としてマスコミ各社を告訴した。 野村は、藤本はの活動家出身であったが、共に「泡沫候補」「泡沫政党」とみなされマスコミではほとんど取り上げられなかった。 特に「風の会」については選挙期間中『』誌上の風刺イラスト「ブラック・アングル」において筆者のイラストレーターが、これを「の党」と揶揄した作品を発表するなどしたため、マスコミの中で特ににこだわっていた野村は抗議の姿勢をより強めている。 また「希望」についても、藤本がの夫であり、等のエピソードがあったため、藤本本人はと無関係であるにもかかわらず芸能ニュースとして扱われる例も見られた。 野村と藤本は政治的立場の違いを超えて共闘し、更に裁判も起こしたが、いずれも認められなかった。 また代より20回以上にわたって国政選挙などに立候補していたも、1992年の参議院選挙後「「泡沫候補」を意図的に排除するマスコミの報道は・に違反しており、特定の候補者に不利益を与えている」としてなどを相手取り民事裁判を起こしたが、一審のおいて品川の訴えはすべて棄却されている。 一方、との二度にわたって立候補した家のは、自ら進んで「泡沫候補」と称し、「独自の戦い」を敢行している。 秋山は、美術展に自分自身を出品する活動を行っており、政治の「化」を掲げ選挙を通じて独自の表現を行った事例である。 落選後も自ら「泡沫のソムリエ」 等と称して芸術・執筆活動を展開した。 2016年東京都知事選挙 [ ] 詳細は「」を参照 2016年7月31日投開票のでは過去最多となる21人が立候補したが、民放各局の報道番組では、・・のいわゆる「主要3候補」しか取り上げられないとして問題視されている。 「主要3候補を伝える時間が極端に長く偏向報道になる」とし、「政治的に公平であること」と定めた4条1項に違反する可能性があるとしている。 アメリカ合衆国 [ ] 形式上であるでは、ごとにの立候補手続きをする必要があり、その際に州によっては立候補に一定数の有権者署名が必要になるなど、二大政党以外から過半数の選挙人を立候補させること自体のハードルが高い。 一方では立候補条件の緩い州もあるため、半数未満の選挙人候補者しか出さず大統領当選が当初より不可能である候補者は多数現れる。 を最後に二大政党候補以外が一般投票で選挙人を獲得した例がない こともあり、()によるテレビ討論会などには基本的に二大政党の候補しか呼ばれないが、が二大政党候補と互角の世論調査支持率を得ていたでは3名による討論が行われた。 では、の候補がにで行われた討論会に参加を要求したが、会場で警察に逮捕され、強制排除された事件があった。 そこで、二大政党以外の主要候補者(全員ではない )を集めた討論会も独自に開催された。 一般投票に先立つ二大政党ごとののテレビ討論では多数の候補が居並ぶことが多いが、ここでも世論調査において一定の支持を得ている候補のみが招待され、泡沫候補は除外される。 また、立候補していない人物の名前を投票用紙に自書することができる ()制度を採用する州が多いが、追記投票で当選する例は稀である。 追記投票の総数が当選者の得票数に達しない場合でも追記投票の内容を集計する州においては少数得票の者の名前が多数記録される。 韓国 [ ] 韓国では「群小候補」( 군소후보)と呼ばれている。 韓国大統領選挙の場合には候補者乱立を避けるため法律で出馬時に供託金3億ウォンを供託することになっており、得票率10%未満だと全額が没収となる。 2017年大韓民国大統領選挙 [ ] では、歴代最多となる15名が立候補した(うち2名は辞退)。 しかし、国会に議席をもつ主要5政党候補以外の動向が個別に報道されることはほとんどなく(多くは「泡沫候補」として一括報道される) 、補助金などの面でも有力候補との格差が存在する。 これらのテレビ討論会に参加できない候補のためのテレビ討論会も別途あるが、放送時間帯が深夜となるなど、ゴールデンタイムに放送されるテレビ討論会との格差が指摘されている。 関連項目 [ ]• - 得意演目の1つに、「泡沫候補あれこれ」がある。 - 泡沫候補を追った映画• - 長らく泡沫候補として扱われてきたが、、に当選した。 脚注 [ ] []• 『誰がを殺したか』 、同『日本インディーズ候補列伝』 DVD付• 2017年10月4日閲覧。 例としては、での元大統領の得票率は0. 5%、全で40万票にも満たなかった。 日本においてもに立候補した元のが同様に泡沫候補とされていた。 『別冊宝島356 実録! サイコさんからの手紙』 森岡健作「泡沫候補撃退マニュアル!! 」 p. 234• 岩瀬達哉『新聞が面白くない理由』 文庫版p. 286• 前掲、森岡 p. 230-231• 前掲、森岡 p. 229• 230• 岩瀬達哉『新聞が面白くない理由』 文庫版p. 291• (村山雅弥)• - 東京青年会議所。 の事例• - 『毎日新聞』。 の事例 [ ]• 公職選挙法施行令第88条の2により、又は議員任期満了から次回選挙までは解散時又は議員任期満了時に国会議員だった者も国会議員数に数えられる。 - 『』2012年、配信• - 『日本経済新聞』• 新社会党の場合は、本来全国政党ではあるが、勢力を残している地域は、など限られている。 『』は当初は泡沫(特殊)候補として扱ったが、二院クラブが推薦を決めた後に、有力候補に格上げした。 『読売新聞』は最後まで泡沫候補として扱ったことになる。 その後新垣は9月の議会議員選挙に社大党公認で立候補し次点落選するも(2014年9月8日 『八重山毎日新聞』)、9月の石垣市議会議員選挙に社大党公認で再び立候補し最下位で当選している(2018年9月10日 『琉球新報』)。 赤尾敏『憂国のドン・キホーテ』 1983年 山手書房 赤尾の経歴は同書及びの項を参照。 東郷健『雑民の論理』 1979年 エポナ出版 ほか。 独立行政法人国立美術館 所蔵作品総合目録検索システム• 二大政党候補への投票を誓約して一般投票で当選した選挙人が、誓約に違反し選挙人投票で第三党の者などに投票する事例はその後もしばしばある。 『』 John Clarke• 2012年10月17日• 当選に必要な、を過半数擁立した候補のみ。 また、デモクラシー・ナウ! の討論会には、の候補は参加していない。 デモクラシー・ナウ! 2012年10月17日• 『』2012年• 『KBSニュース9』2017年4月30日• 『ヘッドライン済州』2017年5月1日 外部リンク [ ]• (リンカーン・フォーラムのマニュアルより。 泡沫候補を徹底して排除するよう強調している)• (『朝日新聞』元記者・による泡沫候補排除の論理)•

次の