お礼状 教育実習 封筒。 実習のお礼状に使う封筒の色やサイズ、書き方入れ方の正しいマナー

【種類別】お礼状の封筒のマナー・書き方|切手/入れ方/色

お礼状 教育実習 封筒

教育実習を済ませて、電話やメールでお礼を伝えた場合でも、やはり手紙もあれば丁寧なものです。 感謝の気持ちをこめて綴りましょう 教育実習を終えたら、電話やメールでお礼を述べても、あらためて封書のお礼状を出したいという方も多いでしょう。 改まった場面のものですから、形式に沿って、そして心をこめて綴りたいものです。 宛名は、学校全体として学校長宛とするか、担当学級の指導してくれた先生宛にするかさまざまかと思いますが、たとえば、同じ学校で教育実習を経験した先輩などに相談して決めるというのもひとつです。 <目次>• 教育実習のお礼状 書き方の基本構成 内容としては、以下のような項目が入ります。 教育実習のお礼状・基本構成 1.教育実習の場を与えてくださったお礼 2.実習の中での感想 3.指導を受けたことへのお礼、今後の抱負……など 教育実習の時期によって、書き出しの時候のあいさつの言葉は変わってきますが(参照:「」)、基本的な構成としては、このような流れで書かれることが多いものです。 では、実際の基本文例を見てみましょう。 お礼状の書き方例文1:学校全体・校長先生宛 学校全体として学校長宛に教育実習のお礼状を書きたい場合 梅雨明けも間近とのこと、さわやかな青空が待ち遠しい毎日でございます。 先生方におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは、教育実習というありがたい場を与えていただきましたこと、心より御礼申し上げます。 いくら気持ちはあるつもりでも、実際の場面となると何もできず、難しいものですね。 実習という言葉通り、実地訓練の大切さというものを痛感いたしました。 しかしながら、生徒のみなさんの真剣でまっすぐなまなざし、親しんでくれる笑顔が嬉しくて、あらためて教師という職業のすばらしさを感じました。 至りませんでご迷惑をお掛けいたしましたことをおわびいたしますとともに、ご厚意にあらためて感謝申し上げます。 校長先生をはじめ、先生方からお教えいただきましたあたたかなお言葉を大切に、将来の夢へ向かって努力してまいります。 お礼状の書き方例文2:指導者の先生宛 さわやかな過ごしやすい季節となりました。 お忙しい毎日をお過ごしのことと拝察いたします。 さて、このたびの教育実習では、たいへんお世話になりましてありがとうございました。 何もかもが初めてで、ただおろおろと戸惑うばかりの私を親身になってご指導くださいましたこと、なんとお礼を申し上げたらよいか、言葉も見つからないほどです。 困ったとき、嬉しいとき、いつでも先生がいてくださったこと、どんなにかありがたかったことでしょう。 今でもその折のことを思い出しては胸が熱くなります。 担任のお仕事がおありでお忙しい中を、私などの指導をお引き受けくださいまして、本当にありがとうございました。 先生の御姿を目標に、がんばってまいります。 お礼状の書き方例文3:クラスの生徒宛 クラス生徒宛に教育実習のお礼状を書きたい場合 〇年〇組の皆さまへ 皆さんお元気ですか。 私は大学、いつもの日々に戻りました。 その中でも、何かの折にいつも皆さんのことを思い出します。 教育実習の2週間は、初めは緊張、緊張の毎日でした。 でもクラスの皆さんがいつも親しく話しかけてくれたおかげで私もいつしか緊張がほぐれ、いつの間にか学校に向かうのが楽しみになりました。 最後の日には、皆さんからの手書きの色紙、メッセージカード、手作りのプレゼントなどをいただきまして、男のくせに涙があふれとまりませんでした。 皆さんとの楽しい日々の経験のおかげで、あらためて教師に、先生になりたい! という気持ちが大きくなりました。 教員試験はむずかしく狭き門ですが、いただいた色紙やカード、プレゼントを見ながら毎日頑張って勉強いたします。 貴重な経験をありがとうございました。 また、成長した皆さんにお会いできる日を楽しみにしております。 最後になりますが、こんな未熟な私を助けてくれてありがとうございました。 皆さんが元気に学校生活を過ごせますようにお祈り申し上げます。 教育実習のお礼状での注意点 お世話になったお礼状ですから、言葉づかい以外にも、便箋なども適切なものを選びましょう。 先生や目上の方には白地に縦書きが正式で丁寧です。 クラスの生徒宛の場合でも、いくら子どもたち宛であってもあまり派手なものは避けるべきです。 無地やまたは色付きであっても淡いもの、季節に合わせた花などが小さく描かれているものなどが好ましいでしょう。 また、クラスの生徒宛でも、まずはお世話になった先生へのお礼が第一です。 そのうえで、生徒宛に出すか、あるいは、先生宛への封筒に「クラスの皆さんにもどうかよろしくお伝えいただけましたらありがたく存じます」などの言葉を添えて、同封する場合もあるでしょう。 【関連記事】•

次の

教育実習後のお礼状を出す際の正しい宛名の書き方

お礼状 教育実習 封筒

【保育実習のお礼状】封筒の書き方 保育園へのお礼状の宛名• 住所が長い場合は2行にしよう 保育園には、アパートやマンションで保育をしているところもあります。 マンション名を記載すると、どうしても長くなりますね。 無理に1行に収めて書くのではなく、 2行にしてバランスをとりましょう。 園長先生宛に書きましょう 実習の間、1番お世話になるのは、実習担当の先生です。 でも、実習を受け入れてくれたのは園長先生。 お礼状の封筒の宛名は、園の代表である園長先生にしましょう。 内容の部分で、他の先生たちへのお礼の文を加えるといいかもしれませんね。 書き方は、まず「〇〇保育園 」と園名を書きます そして、中央に少し大きめの文字で「〇〇園長先生」と書くといいですよ。 気をつけたいのは「様」を使う時です。 「園長先生」と書いた場合には、 「様」は必要ないんですね。 先生とつけるだけで、十分相手に敬意を示せるからです。 「様」を使う場合には、「〇〇保育園 園長 〇〇様」と書くようにするといいですよ。 崩さずクセ字で書かない 字には、それぞれ個性が現れますね。 丁寧に• 誰が読んでも読める字で 書くことが大切です。 少し不恰好になってしまってもよいです。 丁寧に、心を込めて書くことを心がけましょう。 自信がない方は、 スマホで打った文字を見本に、真似をしながら書くのも、オススメです。 自分の住所・学校名・名前は裏側に 自分の情報は、全て封筒の裏に書きましょう。 場所は、左下に書きます。 学校名は、学科も書くとより丁寧です。 表の保育園の宛名の文字より大きくしないことがポイントです。 常に、相手を立てるってことを忘れずに。 封筒への入れ方• 手紙は3つ折りで入れる 手紙は3つ折りにすると、封筒に綺麗に入ります。 でも、3つ折りって難しいんです。 目星をつけずに、急におるのは危険ですよ。 鉛筆で折れ目に線を付け、実際に折ってみましょう。 左右のバランスが取れているのを確認してから、折るようにしたいですね。 「拝啓」が上になるように入れる 封筒に入れるときには、手紙の書き出しが上に来るよう。 必ずのりで封をして、閉じ目に「封」を 封筒を閉じるときは必ずのりを使いましょう。 テープではない方が好ましいです。 閉じ目の真ん中に• 「〆」 もしくは• 「封」 と記入して完成です。 お礼状の基本は縦書き 日本では、• 目上の人に向けての文 を書く時には、縦書きが基本的です。 そのため、自分の気持ちを伝えたいお礼状でも、縦書きが好ましいです。 でも、縦書きが書き慣れない人もいますよね。 最近は、横書きでも大丈夫という意見も増えています。 実際に、育成学校でも、どちらでもよいという先生は多いんです。 本文 〇〇保育園の先生方の、ますますのご活躍とご健康をお祈り申し上げます。 便せん1~2枚が好ましい 多くの学びがある保育実習。 お礼状にも、感謝の気持ちをたくさん書きたくなりますね。 でも、現場の先生たちはとても忙しいです。 なので、短い文章で書くことを心がけましょう。 伝えたいことがギュッと詰まっていることが大切です。 ダラダラと長い文を書くのは気をつけましょう。 結局何が伝えたいのか、分かりにくくなります。 「簡潔に」• 「わかりやすく」 を心がけましょう。 手渡しか郵送か• 郵送の方が、早くて便利 お礼状は、早めに出す方が良いとされています。 できれば、実習を終えた次の日には、投函したいものです。 でも、書くのも初めてだと、戸惑ってしまいますよね。 書くのに少し時間がかかってしまうこともあります。 郵送であれば、いつでもポストに入れられるので便利です。 園に届ける場合には、急に押しかけるのは失礼です。 電話をして、いつ行くかを伝えて…と手順を踏みます。 郵送であれば、時期を気にする必要はないので、楽ですよね。 実習先によっては、次の日に書類を提出する場合もあります。 実習後、すぐ園に行く予定がある人は、手渡しの方が早いですね。 手渡しか郵送か、決まりはないので、時と場合によって使い分けるとベストです。 お礼状の封筒選びで注意すること• 白い長封筒を お礼状は、白い長封筒を選ぶのが基本です。 できれば、2重になっているものを選びましょう。 郵便番号の枠もないものが、良いですよ。 縦書きでも横書きでも、無地のものを選びましょう。 柄の入ったもの・色のついたものはNGです。 便せんも無地のものを 書きやすいように、必ず 線が入っている便せんを選びましょう。 封筒と同じように、白色で無地のものを選ぶのが良いでしょう。 まとめ• 宛名は間違えがないように。 バランスよく• 3つ折りは折る前に、鉛筆で印を• お礼状の書き方は色々。 時と場合によって使い分ける 中身の例文も、時期によって決まりがあるんですね。 専用のお礼状の封筒や便箋だと、失敗しませんね。

次の

【例文】教育実習のお礼状や封筒の書き方!学校教員からのアドバイス?

お礼状 教育実習 封筒

教育実習の礼状について 教育実習でお世話になった先生への礼状は基本的に ・教育実習で受け持ったクラスの担任の先生 ・教科担当の先生 ・教育実習に伺った学校の校長先生 の3人の方に出すことになります。 ただ、教科担当の先生を担任の先生が兼任していることも多いので、その場合は2通で構いません。 封筒は基本的に一つにまとめずに人数分用意しましょう。 もちろん内容は一人ひとりアレンジして書いたほうがいいです。 教育実習の礼状の書き方 教育実習以外の実習でも基本的には書き方は変わらないと思いますが基本的な形式は次のようになります。 1.頭語 時候の挨拶 生徒に出す場合は必要ありませんがそれ以外の場合は当然必要です。 2.実習期間中お世話になったことに対するお礼 また、特に担任の先生、実習担当の先生には色々と迷惑をかけることもあったでしょうからお詫びの言葉を一言入れてもいいと思います。 3.教育実習の感想 クラス担任の先生ならクラスの生徒に対する感想、教科担当の先生なら授業に対する感想、校長先生には学校に対する感想など、完全に使い分ける必要はありません(というより完全に使い分けると少しおかしな印象を与えそうですが)が、それぞれの先生宛に礼状の内容を書き分ける際の参考にするといいでしょう。 4.これからについて 簡単に言えば 『この実習で得たことを生かして立派な教師になります。 』という感じのことを書きましょう。 5.結びの言葉 教育実習の礼状の例文 拝啓 長かった梅雨もようやく終わり、さわやかな季節になりましたが沢永先生にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 過日の教育実習では大変お世話になり誠にありがとうございました。 二週間という教育実習の期間を無事やり遂げることができたのは沢永先生を始め諸先生方のご指導、ご助言のおかげです。 実習期間中は多くの迷惑をかけたとは存じますが、直接生徒たちに触れ、教鞭をとることで大学では得ることのできないたくさんのことを学ばせて頂きました。 特に総合の授業では生徒たちと協力してディベートを行うことによって、生徒たちの考え方を知ることができ、教師に一歩近づけたという実感を得ることができました。 これも総合の授業の裁量を任せてくださった沢永先生のおかげです。 今後は今回の実習の経験を生かし、立派な講師を目指したいと存じます。

次の