社会 保険 料。 社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)の計算方法と保険料率について

社会保険と国民健康保険の違いと切り替える際の対応

社会 保険 料

今回は社会保険に加入したら支払う保険料についてお話します。 社会保険とは「健康保険」と「厚生年金」のことです。 健康保険と厚生年金とで、約13. 6%の保険料が給与から徴収される 健康保険 健康保険には、「協会けんぽ(全国健康保険協会)」「組合保険」などがあり、その会社によって 「保険者」(健康保険を運営している者)が違いますし、保険料も違います。 ちなみに公務員は共済組合です。 (加入する本人のことは 「被保険者」といいます。 ) 法律で保険料率の下限・上限が決められていますので、それぞれの「保険者」がその範囲内で保険料率を決定し、運営しています。 なお、40歳~60歳の被保険者は「介護保険料」も支払います。 一般の企業が加入している「協会けんぽ」の26年度の健康保険料率は5. 015%(本人負担分)です。 ちなみにアビリティーセンターが加入している「人材派遣健康保険組合」は4. 35%で、協会けんぽより安いです。 厚生年金 次に 厚生年金の保険料ですが、これはどこの会社でも同じで25年度は8. 56%です。 (健康保険の約2倍ですね。 ) なお、厚生年金は毎年9月に改定されますが、すでに平成29年度まで毎年あがることがきまっており、最終的には9. 15%になります。 (給与の約1割になります。 ) ちなみに国民年金の場合は、保険料率ではなく、26年度は「月額15,250円」です。 男女、年齢、収入額に関係なく全国共通ですが、これも毎年4月に改定されています。 ですから、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方が受給できるのです。 保険料はどうやって決まる?? ここまで保険料率の説明をしてきましたが、毎月の給与額に料率を乗じて保険料を計算するわけではありません。 実際には 「標準報酬月額」と 「等級」というもので保険料が決定されます。 では、下表から「標準報酬月額」、「等級」と「保険料」をみてみましょう。 まず、保険に加入するときの「月給の見込み額」を求めます。 社会保険では本人と同じ額を事業主(勤務先)も負担していますので、実際には、この2倍の金額が納められています。 保険料の徴収ルール 社会保険料はいわゆる「定額制」ですので、月の途中で加入したから、退職したから「日割り計算」になるというわけではありません。 1日に加入しても30日に加入してもその月に負担する保険料は同じです。 ただし、退職月については、退職日が末日以外の場合は、保険料は徴収されません。 1月なら31日が退職日、4月なら30日が退職・・・という場合のみ、その月の保険料が給与から徴収されます。 日本は「国民皆保険」なので、未加入状態はダメで、必ずどこかの保険に加入していなければならないのです。 加入時は「絶対徴収」なので、同月に2回加入があった場合は、それぞれの「保険者」に保険料を支払うことになります。 給与が上がったり、下がったりした場合には、保険料はいつ、どう変わるの? Aさん 4月1日から1日の就業時間が8時間になった(給与が上昇した)場合 4月分の給与から 実際に支払われた3ケ月間を平均し、新たな「標準報酬月額」を求め、2等級以上の差があれば保険料が改定されます。 これを 「随時改定」といいます。 が、「全て17日以上出勤している」ことが条件となりますので、病気などで欠勤し17日未満の月が1回でもあれば「標準報酬月額」の見直しはされません。 Aさんの現在の等級は【等級13】160,000円ですから、【等級15】180,000円以上に該当すれば、8月1日から保険料が上がります。 この3ケ月間の平均給与には残業代も含まれますので、この期間に残業が多いと2等級以上の差が生じる可能性が大きくなりますね。 昇給した額が大したことなくても、結果的に保険料が上がる、ということがあり得ます。 ちなみに、昇給があったことに対して見直しをするので、実際の給与平均額が下がっていたとしても保険料は下がりません。 ・昇給に対して実際に給与がアップしたか? ・逆に降給に対して実際の給与が下がったか? だけをみるからです。 給与が上がったり下がったりした時以外は「標準報酬月額」の見直しがないの? 「随時改定」以外にも見直しの時期はあります。 年に1回、加入者全員を対象とした 「定時決定」というルールです。 被保険者の実際の報酬と標準報酬月額との間に大きな差が生じないよう、 毎年4、5、6月の3か月間の給与の平均から標準報酬月額の見直しを行います。 「随時改定」と違い、「17日未満の月」は計算から除き、「17日以上出勤した月」だけで平均額を求めます。 そしてそれが新しい「標準報酬月額」となり、9月分の保険料から適用されます。 もちろん、この時期に残業が多かった人は「等級が上がる=保険料が上がる」そして、翌年8月まではずっと高い保険料が続く、というわけです。 「随時改定」(しかも降給要因の等級変更)がない限り・・・です。

次の

パート・アルバイトの皆さんへ 社会保険の加入対象が広がっています。

社会 保険 料

社会保険料の計算方法 社会保険料の計算方法 社会保険制度とは、社会保障の分野のひとつで、病気やケガ、高齢化、失業、労働災害、介護などに備えて、企業や被保険者が保険料を負担することによって、保険によるカバーを受ける仕組みのことです。 また企業においては、健康保険と厚生年金保険のことを総称して社会保険と呼ぶことが多いようです。 毎月の給与から控除される社会保険料には、健康保険や厚生年金、雇用保険などがありますが、その金額は人によって異なります。 また、社会保険料には被保険者本人の負担分と企業負担分がありますが、給与計算のなかで社会保険料はどのように計算されているのでしょうか。 収入や年齢など社会保険料を決定する基準や、その計算方法について説明します。 社会保険料の種類 社会保険料には、以下の種類があります。 健康保険料 健康保険は、企業で働く人々とその家族が、仕事以外の事故でケガをしたり、病気になったときやそれが原因で仕事を休み給与がもらえなかったとき、出産をするとき、死亡したときに必要な医療費や手当金などを支給して、生活上の不安を少しでもなくすことを目的とした制度です。 このための保険料が健康保険料です。 介護保険料 介護保険は、65歳以上の被保険者が、介護が必要と認定された場合に介護サービスを受けることができる制度です。 なお、40歳から64歳までの被保険者は、介護保険の対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合に介護サービスを受けることができます。 このための保険料が介護保険料です。 厚生年金保険料 厚生年金保険は、企業で働く被保険者や被保険者だった人々が、老齢により一定の年齢に達したとき、仕事以外の事故でケガをしたり病気になったことが原因で障害の状態になったとき、死亡したときに、本人や遺族が年金給付を受けることができる制度です。 このための保険料が厚生年金保険料です。 雇用保険料 雇用保険は、失業している人々や教育訓練を受ける人々が、失業や教育訓練等について給付金を受けることができる制度です。 そのほかに、失業の予防や労働者の能力開発などを行うための助成金事業などを行なっています。 このための保険料が雇用保険料です。 労災保険料 労災保険は、労働者が業務や通勤途中の事故が原因でケガや病気になったり、それが原因で仕事を休み給与がもらえなかったとき、障害の状態になったとき、死亡したときに必要な医療費や給付金などを受けることができる制度です。 このために事業主が全額負担している保険料が労災保険料です。 社会保険料の負担率の計算方法について 社会保険料のなかで「健康保険料」「介護保険料」「厚生年金保険料」は、収入の見込額に基づいて標準報酬月額を算出します。 「雇用保険料」「労災保険料」は、毎月の収入によって保険料を算出します。 「健康保険料」と「介護保険料」は、「協会けんぽ」の場合、都道府県ごとに定められた健康保険の料額表にもとづいて保険料が決められます。 健保組合の場合は、組合ごとに健康保険と介護保険の料額表を定めています。 「厚生年金保険料」は、全国一律に定められた厚生年金保険の保険料額表に基づいて保険料が決められます。 なお、厚生年金基金に加入している場合は、基金ごとに厚生年金保険料率や厚生年金基金の掛金が異なります。 「雇用保険料」は、事業の種類によって被保険者本人の負担と企業負担の率が定められています。 「労災保険料」は、事業の種類によって保険料率が定められています。 なお、労災保険料は全額企業負担のため、給与計算には登場しません。 以下、「協会けんぽ」の場合を例にとって説明します。 東京都のIT企業に勤めている39歳、月額給与40万円(標準報酬月額410千円)の人の社会保険料の総額と被保険者本人の給与から控除する社会保険料、企業が負担する社会保険料は以下の通りです。 (参照:) 標準報酬月額の算出方法 社会保険料の計算方法の基準になる「標準報酬月額」は、どうやって決められるのでしょうか。 標準報酬月額とは、被保険者が企業から受ける毎月の給与などの報酬の月額を区切りのよい幅で区分したものです。 標準報酬月額決定矢改定のタイミングには、資格取得時の決定、定時決定、随時改定、育児休業等終了時改定の4種類があります。 1.資格取得時の決定 新規に被保険者の資格を取得した人の1か月の報酬見込額を算出して、標準報酬月額の等級区分にあてはめて決定。 例)基本給35万円、通勤費2万円、残業手当見込3万円、総額40万円の見込の場合、標準報酬月額は410千円 2.定時決定 7月1日現在の被保険者について、4月・5月・6月に支払われた報酬の平均額を標準報酬月額の等級区分にあてはめて、その年の9月から翌年の8月までの標準報酬月額を決定。 例)4月25日支給:38万円、5月25日支給:40万円、6月25日支給:42万円、平均:40万円、標準報酬月額は410千円 3.随時改定 昇給や給与体系の変更などで、固定的賃金が変動し、変動月以後継続した3か月の間に支払われた報酬の平均月額を標準報酬月額等級区分にあてはめ、現在の標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じたときに改定。 例)現在の標準報酬月額410千円、10月に固定的賃金が変動、10月25日支給:48万円、11月25日支給:50万円、12月25日支給:52万円、平均:50万円、1月からの標準報酬月額は500千円 4.育児休業等終了時改定 育児休業等を終了した後、育児等を理由に報酬が低下した場合に、固定的賃金が変動していなくても、現在の標準報酬月額と1等級以上の差が生じた場合に改定。 例)現在の標準報酬月額360千円、10月1日に育児休業から職場復帰、10月25日支給:35万円、11月25日支給:34万円、12月25日支給:33万円、平均34万円、1月からの標準報酬月額は340万円 報酬の範囲 ・基本給や役員報酬 ・各種手当(役職者手当、残業手当、単身手当など) ・通勤費、年4回以上支払う賞与など 標準報酬月額を決める場合に、そのもととなる報酬は、基本給、役員報酬、各種手当、通勤費、賞与、その他どんな名称であっても、被保険者が労務の対償として受けるものはすべて含みます。 ただし、大入り袋や慶弔見舞金のような臨時に受けるものや、年3回以下の賞与は標準報酬月額の計算には含まれません。 賞与の範囲 年3回以下の賞与 ・賞与、期末手当、決算手当など ・暖房手当、燃料手当、寒冷地手当など 標準賞与額を決める場合に、そのもととなる賞与は、賞与、期末手当、決算手当、その他どんな名称であっても、被保険者が労務の対償として受けるすべてのもののうち、賞与年3回以下のものを含みます。 ただし、大入り袋や慶弔見舞金のような臨時に受けるものは含まれません。 「協会けんぽ」を除く組合保険の方は、料率や基準等については、各組合へ問い合わせください。 給与計算における社会保険料の計算方法の注意点 給与計算において、年度初めは新入社員の入社や昇給、年次有給休暇の付与など給与計算に関わる変更が多い時期です。 標準報酬月額は4月~6月の給与を元に9月からの1年間の社会保険料を決定するため、他の時期より残業手当や歩合給が多くなる場合は、あらかじめ業務を平準化しておき残業を極力減らすことや、歩合給の支給ルールを再検討するなど、必要に応じて対策を講じておくとよいでしょう。 まとめ 給与計算において、社会保険料の計算は面倒なものです。 しかし、一度コツを押さえてしまえば、計算や届け出方法はいつも同じです。 健康保険料のように毎年料率が変わるものや固定給の変化などに気を付けて、効率よく給与計算を行いきましょう。

次の

【知っておくべき】社会保険料ってどのくらい引かれるもの?

社会 保険 料

会社から支給される給与。 銀行に振り込まれる金額だけでなく、支給されている金額はもちろん、控除されている項目や金額もチェックしておきたい サラリーマン(ウーマン)にとって、給料日は月に一度の楽しみ。 また新入社員の初任給は、生涯で忘れられないものになるでしょう。 この給与明細書ですが、よく見ると「支給額」と「振込額」の差がかなりありますよね。 これは、色々なものが控除されているからなのです。 この控除額が多ければ、手取額も減るというもの。 一体、何が引かれているのでしょうか。 給与から引かれるのは「税金」と「社会保険」 下の表は、給与明細書の一例です。 給与明細書は会社によって書式が違いますが、控除されるものはほぼ共通で、大きく「税金」と「社会保険」とになります。 下の表では、赤で囲まれたところが給与から控除されているものです。 給与明細書の一例。 この源泉徴収された税金は、年末調整によって正確な税額と精算されます。 B 住民税 住民税は前年の所得に対してかかる税金です。 その決まった税額を6月から翌年5月までの給料から控除されるという仕組みです。 大企業や企業グループは組合管掌健康保険に、中小企業などは協会けんぽ、公務員などは共済組合に加入しています。 D 介護保険 40歳以上になると介護保険の被保険者となり、保険料が徴収されます。 E 厚生年金 会社が厚生年金を適用してれば公的年金として加入し、被保険者になります。 F 雇用保険 労働者の生活と雇用の安定のために政府が行っている保険制度。 失業時に失業手当(基本手当)が受給できます。 他にも、会社独自の制度や給与控除で加入している貯蓄制度などがあります。 初任給から天引きされるのは雇用保険と所得税だけ このように、給料から色々な項目で控除され手取り収入がどんどん減っていくわけです。 この中で初任給から控除されるのは、雇用保険と所得税です。 また初任給の翌月の給料からは、雇用保険と所得税に加えて、健康保険、厚生年金が引かれます。 4月分の社会保険料は5月の給与から差し引かれるので、5月からの控除となるわけです。 4月と違って5月になると、ぐっと手取額が減ります。 住民税は前年の所得に対して課税され6月の給与から天引きされるため、入社2年目の6月からは住民税も控除されます(詳しくはも参照してください)。 労働組合費、共済費などが引かれる場合も G 労働組合費 会社によっては、この他に労働組合費や共済費、労働争議準備資金などの名目で控除されているかもしれません。 これらは、会社と労働組合とで協定がある場合です。 これらは会社によって違いますので、会社や労働組合などに確認しましょう。 このように給与からはこれら社会保険(雇用保険、健康保険、厚生年金)、税金など控除されるものは数多くあります。 天引きされるものについてチェックしてみましょう。 雇用保険料は給与の0. 3% 雇用保険は、失業時の基本給付や指定の教育を受けた時に給付される教育訓練給付金、育児や介護で仕事を休業する時に給付される育児休業給付や介護休業給付などを行っている制度です。 平成30年度の保険料率は1000分の3(一般事業・被保険者負担率)です。 平成29年度から変わりはありません。 平成28年度は1000分の4、平成27年度までは1000分の5でした。 近年は下がる傾向にあります。 健康保険の負担は大きい 次に健康保険について見ておきましょう。 加入している健康保険は会社によって違います。 健康保険組合(組合管掌健康保険)、共済組合、協会けんぽのいずれかに加入していることになります。 健康保険組合は会社が独自に運営するもの。 共済組合は公務員が加入しており、協会けんぽは「全国健康保険協会」が運営するもので、主に中小企業の従業員が加入しています。 健康保険料は加入する健康保険で異なります。 例えば、全国健康保険協会が運営する協会けんぽの保険料をみてみましょう。 協会けんぽの保険料は都道府県ごとに保険料率が決められています。 平成30年度の個人負担保険料率は、4. 815~5. 305%、平均で5%となっています。 健康保険料は標準報酬月額に保険料率をかけたものとなります。 この標準報酬月額とは入社直後は初任給をもとに決められ、その後は通常4、5、6月の報酬より1年間の標準報酬月額が決められます。 また40歳を過ぎると、介護保険料も負担しなくてはいけません。 控除される項目は更に増えるということですね。 どちらにしても、健康保険料の負担はかなり高いといえます。 厚生年金の負担は9%以上! 最後に厚生年金の負担を見ておきましょう。 厚生年金はサラリーマンなどが加入する年金制度です。 同時に国民年金にも加入していることになり、いわゆる2階建ての年金ということですね。 厚生年金に加入していると老齢年金の支給額が増えますが、負担もかなり高いものになります。 厚生年金の保険料は、毎月の給与(標準報酬月額)と賞与(標準賞与額)に共通の保険料率をかけて計算されます。 保険料率は平成29年までひきあげられてきました(も参照)。 平成29年9月からの保険料率(個人負担分)は、9. 15%。 健康保険より更に高負担ですね。 健康保険と厚生年金、雇用保険をあわせて14. 265~14. 755%。 40歳以上で介護保険料も負担するとなると 15. 05~15. 54%にもなります(協会けんぽの場合)。 所得税は税率5%~、住民税は税率10% 最後に税金について見ておきましょう。 税金の計算は上の社会保険と違います。 給与控除や人的控除、社会保険料控除などを控除し、残った金額に対して税率をかけて税額が決まります。 所得税も住民税も1月から12月の1年間の所得に対して税金がかかります。 所得税はその年の所得に対してかかるので、正確な税額が決まるのは12月の給料が全て決まった後ですね。 それまでは、会社が所得税を源泉徴収しており、年末調整において源泉徴収で納めたものと実際の税額とを精算します(詳しくはも参照)。 所得税は所得によって税額が変わり、5%から45%となっています。 住民税は前年の所得に対して、6月から翌年の5月まで引かれていくという形になります。 住民税の税率は一律10%です。 (詳しくはも参照)。 平成25年1月より復興特別所得税が引かれている 平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法が公布され、「復興特別所得税」及び「復興特別法人税」が創設されました。 復興特別所得税は平成25年度から平成49年度分の所得まで25年間、復興増税の一環としての復興特別住民税は平成26年度から平成35年度まで10年間課税されます。 復興特別所得税は、今までの所得税額に2. 1%の税率を乗じた金額となり、平成25年1月の給与から、所得税とあわせて源泉徴収されています。 また、復興特別住民税は年額1000円となり、平成26年度から住民税が増税となっています。 いかがですか? 給与から控除される税金や社会保険はこのように負担がかなり高いことがわかります。 皆さんも、給与明細書をよく確認してみましょう。 【関連記事】 ・ ・ ・ ・.

次の