志村けん 49日。 雨上がり宮迫、志村けんさん死去に「あなたは日本の宝。心よりご冥福」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

志村けんさん訃報をNHKが真っ先に報じる「みんな!ゴハンだよ」コーナー中断してスタジオ騒然に(中日スポーツ)

志村けん 49日

志村けんさん 新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に死去したタレント、志村けんさん(享年70)の故郷、東京・東村山市の渡部尚(わたなべ・たかし)市長(58)が18日、秘書広報課を通じ、生前の功績と栄誉をたたえる市民栄誉賞について「今後、ご遺族と話し合い、ご意向をうかがった上で、最大限の敬意を表したい」と語った。 志村さんとはかつて新春対談を市報に掲載したり、感謝状を贈るなど親交のあった渡部市長。 「私自身も大ファンの1人でした。 (NHK連続テレビ小説の)『エール』で志村さんを見るたび、まだ亡くなった気がしません」と話しており、市民栄誉賞はあくまで遺族の承諾を受けた上で贈る考えを強調した。 なお、同市には同様の賞で「名誉市民」の称号もあり、いずれかの賞の贈呈を検討することになりそうだ。 志村さんは東村山音頭のリメークを歌って東村山の名を広め、コントで日本中を元気に。 市が公式HPで16日まで公募した追悼メッセージは2万2336件にのぼっている。 その中にも「志村さんに市民栄誉賞を贈ってほしい」などと感謝の声が多く、そうした声にも後押しされた形になりそうだ。 なお、追悼メッセージは後日、文書にして遺族に贈られる予定で、その中には「志村さんの銅像や記念館を建ててほしい」という要望も。 渡部市長は志村さんの所属事務所にも相談して検討するとした上で、「新型コロナの恐ろしさを身を持って教えてくれた志村さんの死を無駄にしないためにも、地道にコロナ対策に取り組みたい」と気を引き締めていた。

次の

志村けんの感染発覚 菅田将暉とのW主演映画の撮影が急遽中止に

志村けん 49日

感染者はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を含めて1763人、死者は44人となる。 大分県の5人は、いずれも大分医療センター(大分市)に入院していた。 同センターでは医師や看護師らの感染も相次いで確認されていた。 夜になって翌日に開催される「K-1 WORLD GP」について埼玉県と国が開催自粛を求めていることが報道される。 欧州各国とエジプト、イランの計38カ国からの入国制限が始まる。 ブラジル・オリンピック委員会が東京五輪について、来年までの延期を国際オリンピック委員会(IOC)に求める声明を発表。 ノルウェー・オリンピック委員会もIOCのバッハ会長に「新型コロナの状況が終息するまで開催すべきではない」と要望する書簡を送ったと表明。 中国国家衛生健康委員会が中国本土感染者が前日から41人増えたと発表。 武漢市を含む湖北省では、新規の感染者は3日連続で0人。 中国本土における感染者数は累計で8万1008人、死者は累計3255人。 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、感染者が世界全体で28万人を超える。 死者は1万1000人を超える。 米国の米疾病対策センター(CDC)が日本を最も危険度が高いレベル3(警告)とし、不要不急の旅行を回避するよう求める渡航情報を出す。 クドロー米国家経済会議委員長が新型コロナウイルスの悪影響を抑える経済対策が、総額でGDPの約10%に当たる2兆ドル(約220兆円)に膨らむとの見方を示す。 当初の1兆ドルから大きく増える。 世界陸連のセバスチャン・コー会長が東京五輪について「決断は非常に早くに、非常に自明なものとなるだろう」との見解を示す。 フランス水泳連盟は東京五輪を予定通りに開催する立場の国際オリンピック委員会(IOC)に対し「受け入れられない。 IOCは延期の選択肢を全力で精査すべきだ」と要請する声明を出す。 セルビアのバーニャ・ウドビチッチ青年・スポーツ相は、IOCの姿勢について「常識に反しており、支持できない。 人命が第一だ」と批判。 五輪陸上男子で通算9個の金メダルを獲得した米国のカール・ルイス氏が、東京五輪の延期を支持。 サッカー、スペイン1部リーグのレアル・マドリードがロレンソ・サンス元会長が死去したと発表。 新型コロナウイルスに感染したとされる。 宝塚歌劇団が中止していた花組のミュージカル公演「はいからさんが通る」を27日から開催すると発表。 新たに8人が感染した大分県の7人は、感染が相次ぐ大分医療センター(大分市)の看護師と入院患者らで、1人は患者の転院先となった県立病院(同市)の看護師。 3」を開催。 感染者が出た場合に追跡調査を可能にするため、入場者に氏名や連絡先を記入させるなどの対応を取る。 その後、同イベントからの感染者は報告されず。 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)滋賀のジェフ・エアーズが本人の希望により帰国。 米スポーツ専門局ESPNはエアーズは新型コロナウイルスの感染拡大を受けたリーグおよびチームの対策に不備があったため、帰国を決めたと伝えた。 外務省が米国全土への感染症危険情報を不要不急の渡航の自粛を求めるレベル2に引き上げる。 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、世界での累計感染者数は31万人を超え、死者は1万3000人を突破。 感染者数は15日の15万人から約1週間で倍増。 イタリアの感染者は5万3578人、死者は前日より793人増えて4825人。 1日での死者数は2日連続で過去最多。 累計感染者数で最多は中国の8万1000人。 イタリアに次いで、スペインが2万8000人、米国が2万6000人、ドイツが2万3000人、イランが2万1000人と続く。 南アフリカでの感染者が240人になったのを筆頭に、アフリカ諸国の感染者は計1000人を超えた。 ドイツのメルケル首相が新型コロナウイルス感染への警戒のため隔離生活に。 20日に肺炎球菌の予防接種を受けた後、担当医師が陽性と発覚したことから。 中国湖北省武漢市当局が一定の条件を満たせば自宅を出て出勤することを認めるとの通知を出す。 シンガポール政府が原則として外国人の入国を23日深夜から禁止すると発表。 空港での乗り換えのための入国も禁止される。 シンガポール国民と永住権所持者は入国できるが、2週間の自宅待機とされる。 パレスチナ自治区ガザで初めての感染者を確認。 スペインの世界的なオペラ歌手、プラシド・ドミンゴ(79)が感染検査で「陽性」と診断される。 IOCが臨時理事会後に発表した声明で「新型コロナの感染者が劇的に増加している」との認識を示し、「(東京五輪の延期などの検討に入る)次のステップをとる必要があるという結論に達した」と説明。 中止の可能性については全面的に否定。 競馬のドバイ・ワールドカップ(G1)などの国際競走を中止。 当初は無観客で開催の予定だった。 青森県では初の感染が確認される。 日本政府が内閣官房に「新型コロナウイルス感染症対策推進室」を設置。 既存の「新型インフルエンザ等対策室」の職員約20人と合わせて約50人の態勢となる。 安倍晋三首相が参院予算委員会で、大会組織委員会の森喜朗会長と22日に電話で協議したことを明らかにした上で、「(完全な形での実施が)困難な場合にはアスリートのことを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ない」「今現在、五輪が開けるかといったら、世界はそんな状態ではないと思う」などと語る。 オーストラリアとカナダのオリンピック委員会が東京五輪に選手団を派遣することは困難との立場を表明。 日本政府が新型コロナウイルス感染症対策本部会合を開き、水際対策として日本人を含む米国全域からの入国者に14日間、自宅やホテルでの待機を要請する方針を正式決定。 26日から4月末まで実施の予定。 東京都が都主催の屋内での大規模イベントなどを原則、中止か延期とする自粛の方針を4月12日まで継続することを決めた。 外務省がドイツ、フランスなど欧州18カ国とイランの全土に対する感染症危険情報をレベル3に引き上げ、渡航中止を勧告。 香港の林鄭月娥行政長官が香港国際空港で25日から2週間、香港居住者以外の入境を原則禁止。 英国のジョンソン首相がテレビで演説し、直ちに外出制限を実施すると発表。 米ジョンズ・ホプキンズ大の調べで世界における感染者が約35万人、死者数は1万5000人を超える。 イタリアでは死者が5476人となり世界で初めて5000人を超える。 感染者数は5万9138人。 アフリカ大陸ではエジプトが327人、南アフリカが274人で国数も拡大。 米国で連邦政府がニューヨーク、ワシントンの両州について大規模災害を宣言。 フランス政府が外出禁止令に対する悪質な再犯者には24日以降、最高3750ユーロ(約45万円)の罰金と禁錮刑を科すと発表。 イランのロウハニ大統領が感染防止に向けて支援を申し出た米国に対し、「もしイランを助けたいのなら、すべきことは制裁の撤回だ」と再開した経済制裁の撤回を訴える。 イランの感染者は2万1000人を超え、約1700人が死亡。 中東で最も深刻な状態。 プロ野球の12球団代表者会議が開かれ、4月24日の開幕を目指すことを決める。 バスケットボール女子のWリーグが28日~4月5日に無観客で実施を予定していたプレーオフの中止を決定。 今季は優勝チームなしとなる。 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)が4月30日までとした国内の興行中止期間を延長せず、5月以降は開催する方針を確認。 日本ラグビー協会がトップリーグ(TL)の残り全試合を中止すると発表。 今季のリーグは不成立となり、順位は確定せず。 東京五輪の延期が決定 日本国内で新たに71人の感染が確認され、感染者はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を含め1920人、死者は53人となる。 クルーズ船を除いた1日の感染者数として最多。 都道府県別では東京都が171人で最多。 文部科学省が感染拡大防止のために続いている一斉休校をめぐり、4月の学校再開に向けた指針を都道府県教育委員会などに通知。 麻生太郎副総理兼財務相が新型コロナウイルスの感染拡大に対処する緊急経済対策について「一律の現金(給付)でやった場合、貯金に回らない保証があるのか」「商品券は貯金にお金がいかない」などと現金の一律給付には消極的な姿勢を見せる。 安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が電話で会談。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、今夏の東京五輪・パラリンピックの開催を1年程度延期することで合意する。 五輪が戦争で中止になった例は複数あるが、延期は史上初めて。 電話会談はバッハ氏側から打診。 組織委の森喜朗会長や橋本聖子五輪相のほか、東京都の小池百合子知事らも同席した。 中国湖北省政府はが武漢市で実施していた封鎖措置を4月8日に解除すると発表。 1月23日に封鎖措置を始めてから2カ月での解除判断。 米ジョンズ・ホプキンズ大の調べで世界の新型コロナウイルスの累計感染者数が約39万人に上り、死者数は1万7000人に上った。 国・地域別の感染者数は中国(8万1000人)が最多で、イタリア(6万3000人)、米国(4万6000人)、スペイン(3万5000人)と続く。 WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は「パンデミック(世界的な大流行)が加速している」と述べた。 またWHOの報道官が「米国が世界的大流行の新たな震源地となる恐れが出てきた」と述べる。 トランプ米大統領が経済活動について「キリスト教の復活祭(4月12日)までに再開させたい」と語る。 ニューヨーク州のクオモ知事が州内の感染者は3日ごとに倍増しているとし、「予想以上の勢い」と懸念を表明。 同州の感染者は24日時点で2万5665人と前日から4790人も増える。 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員やチャーター機による帰国者を含めた累計は2016人となり、2000人を超える。 死者は55人となる。 新たな感染者96人というのは、クルーズ船を除いて1日に確認された数としては最多。 東京都が41人と急増。 長崎県では20代男子大学生が短期留学先の英国から帰国後に発症。 タレントの志村けんさん(70)の所属事務所が志村さんが新型コロナウイルスに感染、陽性と判明したと発表した。 志村さんは17日に倦怠感があり自宅静養を始め、発熱などの症状が出たため20日に都内の病院に搬送。 重度の肺炎との診察を受けて入院。 23日に新型コロナの検査で陽性が判明した。 外務省が新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、全世界を対象に不要不急の渡航の自粛を求める危険情報の「レベル2」を出す。 感染症危険情報として新たにアイルランド、スウェーデン、ポルトガルについて渡航中止を勧告する「レベル3」、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアなどを渡航自粛を求める「レベル2」とした。 東京都で1日の発表人数としてこれまでで最多の41人が感染。 感染者の合計は212人。 41人中11人は既に感染者や死者が出ていた永寿総合病院(台東区)の医療従事者や患者ら。 都は感染者集団(クラスター)が形成された可能性があるとみて立ち入り調査した。 小池百合子知事は夜、都庁で緊急会見を開き、週末の不要不急の外出自粛を強く要請。 外出自粛要請は4月12日まで。 平日はできるだけ自宅で仕事を行い、夜間も外出を控えるよう求める。 日本政府が緊急経済対策で、所得が減った世帯に対し現金を給付する方向で検討に入る。 条件に当てはまれば、1世帯当たり20万~30万円程度を給付する案が浮上。 助成金については立民の逢坂誠二政調会長が「制度が機能していない」と手続きの煩雑さや給付の遅さを指摘。 緊急経済対策に向けた自民党内の議論で「現金給付」と「商品券配布」をめぐる綱引きが続く。 岸田文雄政調会長は「商品券は反転攻勢のときにすべき話。 時間もコストもかかる。 よく分かっていない議員が商品券と言っている。 現金給付が有力な方法」などと周囲に語ったとされる。 政府・与党が4月に策定する緊急経済対策で、旅行やイベントのチケット代金を割り引く期限付きのクーポン券の発行を検討していることが分かる。 感染の拡大を防止するための外出やイベント開催の自粛の影響で、経営が悪化している宿泊業などを支援する狙い。 集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が厚生労働省による検疫や消毒を終え、停泊していた横浜港の大黒ふ頭を離岸。 安倍晋三首相がトランプ米大統領と電話会談し、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪・パラリンピックを、1年程度延期する方針について説明。 両首脳は「完全な形」での五輪の開催に向け、今後も緊密に連携していく方針を確認。 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、世界全体の感染者は43万人を超えた。 スペインで死者が前日より700人以上増えて3434人。 世界最多のイタリアの6820人に次いで、中国本土の死者3281人を上回る。 中国メディアが湖北省で行われてきた封鎖措置が同省武漢市以外で解除されたと報じる。 武漢を除く各地で鉄道駅が業務を再開。 インドが全国的なロックダウン(都市封鎖)に入る。 政府が全土を封鎖し、原則として国民の外出を禁止した。 封鎖は21日間実施される。 ニュージーランドも全土での4週間のロックダウンに入る。 英BBC放送などが英王室のチャールズ皇太子(71)が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと報じる。 米俳優のマーク・ブラムさんが新型コロナウイルスによる合併症のため死去。 69歳。 映画「クロコダイル・ダンディー」「マドンナのスーザンを探して」などに出演。 日本水連が4月2~7日に開催する予定だった競泳の日本選手権を中止することを決めた。 宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)が31日までの公演を全て中止すると発表。

次の

志村けんの財産50億円の相続税はいくら?遺産相続は隠し子と兄弟?

志村けん 49日

沢田さんは「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とコメント。 志村さんの所属事務所イザワオフィスの代表取締役社長・さんは「長年親交のあった沢田研二さんがご出演されると聞き、志村けんも大変喜んでいると思います。 作品の完成を心待ちにしております」と語っている。 『キネマの神様』は、ギャンブル狂いで家族に見放されたダメ親父・ゴウ(沢田研二)の現在と過去を軸に、彼が心から愛する、映画をめぐる時を越えた奇跡をつづるヒューマンドラマ。 若き日のゴウ役はが務め、3月末に過去パートの撮影が終了。 4月から現在パートの撮影に入ろうとしていた矢先に志村さんが亡くなり、現場に衝撃が走った。 その後の緊急事態宣言発令を受けて、撮影は現在も中断している。 山田組では、志村さんへの思いを胸に、前を向いていく思いを込めたメッセージビジュアルを作成。 映画を映画館で安心して観ることができる日を願いながら、キャスト・スタッフが一致団結して、作品の完成を目指す。 「兼ねてから志村さんと縁が深い沢田研二さんは、誰よりも志村さんの想いを抱きしめ、取り組んでいただけると思います」という、(ふさ しゅんすけ)プロデューサーは、山田監督の「志村さんとは違うゴウちゃん。 沢田研二さんならば、別なゴウちゃんの魅力を引き出してくれると確信しています」という言葉を紹介しながら「周りを包み込む暖かい色気、唯一無二の感性を持ち合わせた沢田研二さんと、新たな『キネマの神様』を描いていきたいと思います」と意気込みをつづっている。 映画は、当初予定されていた今年12月を見送り、2021年公開で調整をしている。 (編集部・入倉功一).

次の