マケドニア 旅行。 お知らせ

マケドニア 旅行・観光情報 モデルツアー

マケドニア 旅行

上記以外のマケドニア地図: 、 、 、 、 、 、 マケドニア主要都市の地図: (マケドニアの首都であり最大都市)、 、 、 、 、 (マケドニア第3の都市)、 、 、 、 、 、 、 、 、 (マケドニア第2の都市)、 、 東ヨーロッパにおけるマケドニアの位置 バルカン半島におけるマケドニアの位置 マケドニアの地図を掲載しているWebサイトのリンク集です。 画像またはテキストをクリックすると、新しいWindow が開き、該当するWebサイトへジャンプします。 マケドニア詳細地図 World Atlas の英語ページです。 マケドニアについての詳細な説明もあり便利です。 「Macedonia Outline Map」をクリックするとマケドニアの白地図も見られます。 マケドニア政府観光局の公式Webサイト(日本語、英語、マケドニア語他)です。 ページ右下の「Macedonia map」をクリックするとマケドニアの地図が表示されます。 スコピエ市の公式Webサイト(マケドニア語と英語)です。 オフリド市の観光向け公式Webサイト(マケドニア語と英語)です。 掲載都市の数が多く、126カ国48,000軒以上のホテルを扱っているため、マイナーと思われる地域のホテルも大丈夫です。 交通機関 スコピエ空港の公式Webサイト(マケドニア語と英語)です。

次の

マケドニア王国の歴史〜ギリシア征服・帝国分裂まで〜

マケドニア 旅行

基本情報 基本情報 国名 マケドニア 首都 スコピエ 時差 日本より8時間遅れ。 サマータイム採用時(3月の最終日曜から10月の最終土曜まで)は7時間遅れ。 日本の正午はマケドニアの午前4時(サマータイム採用時は午前5時)。 出国手続き 【ビザ(査証)】 観光目的の場合、90日以内の滞在なら不要。 【パスポート】 滞在日数以上の有効期間が必要。 【出入国カード】 不要。 言語 公用語はマケドニア語。 ギリシャ語を話す人も多いです。 外国語では、英語、ドイツ語、イタリア語などが通じます。 気候 内陸部大陸性気候で夏は暑く乾燥し、冬は寒冷で湿度があり雪も降ります。 山岳部は夏はさわやかですが、冬は寒さが厳しく、多雪にみまわれます。 海岸部は地中海性気候で、夏は暑く乾燥し、冬は穏やかでほとんど雪は降りません。 服装・持ち物 観光中は、一部足場の悪いところがあったり、石畳みの旧市街徒歩観光などが多くなりますので、歩きやすい靴と服装でご参加ください。 お金 通貨 【通貨単位】 マケドニア・デナル 【換算レート】 1デナル:約3円 両替 日本円から現地通貨の両替はできませんので、日本からユーロをご用意ください(小銭、小額紙幣が便利です)。 マケドニアほとんどの場所で、ユーロがそのまま使えます(または一部ドルから現地通貨への両替も可能です)。 お釣りは現地通貨の場合があります。 生活情報 飲み物 基本的には水道水は避けた方が無難です。 ミネラルウォーターをお買い求めください。 注意点 【ホテル】 クラスが上のところでも浴室はシャワーのみのところがほとんどになります。 【道路事情】 他のヨーロッパ諸国に比べ、観光地化されて間もなく、整備されていないところが多く、山道も多いため、心配な方は酔い止めをご持参ください。 【治安】 観光地や繁華街、レストラン、マーケットなどの人が集まる地域での置き引き、ひったくり、スリなどの被害が増えております。 貴重品の管理には十分注意してください。 特にパスポートは肌身離さずお持ちいただきますようお願いします。 また、夜の一人歩きも避けた方がよいでしょう。

次の

マケドニアの観光・見どころ徹底ガイド|海外旅行・海外ツアー情報のエイビーロード

マケドニア 旅行

マケドニア王国は紀元前7世紀頃、古代ギリシア人によって建国された国家です。 前5世紀頃よりギリシア北方で国力を急速に拡大し、前4世紀にはやといったギリシア有力ポリスを屈服させるほどの影響力を持ちました。 事実上ギリシア世界の統一を果たした国といってよく、古代ギリシア史を学ぶ上で非常に重要な存在です。 この記事の内容• マケドニア王国はギリシア北部の平原に成立した王政国家で、現在のギリシア共和国マケドニア地方およびマケドニア共和国の一部にあたります。 首都は5世紀末まではアイガイで、それ以降はペラです。 現ギリシア共和国マケドニア地方の町ヴェルギアには、アイガイのものとされる遺跡が存在しています。 紀元前1150年頃、北方から侵入してきた民族や、南西マケドニアから到来したドーリス系ギリシア人が融合し、マケドニア人という民族を構成したと考えられています。 紀元前808年、王国最初の王朝アルゲアス朝が成立し、やといった他の都市国家とは異なる独自の制度の元、国家運営を行なっていました。 (言語や宗教は他のギリシア諸国と共通) ギリシア世界ではたびたび自衛戦争(例:)や内戦(例:)が勃発しましたが、マケドニア王国は基本的に深入りせずどっちつかずなスタンスをとり、他の国が戦争に明け暮れている間、領土拡張や国内整備により国力の向上に力を入れていました。 そうして着実に国力をつけていき、やがてはアテナイやテーバイといった有力ポリスを服属させるほどの発展をとげ、ギリシア世界の盟主たるポジションを手に入れたのです。 紀元前338年のでのアテナイ・テーバイ連合軍への勝利、紀元前337年のスパルタを除く全ギリシアのポリスが加盟したの結成が、マケドニアのギリシアにおける支配者的ポジションを確立しました。 ギリシア統一を果たしたマケドニアは、その後小アジア、エジプト、シリアと東方広しに伸張し、東地中海全域に覇権を広げる大帝国を創り上げました。 しかしアレクサンドロス3世の死去を受け、その後継者の座を巡るが勃発。 最終的に国土はギリシアのアンティゴノス朝、エジプトのプトレマイオス朝、シリアのセレウコス朝の3つに分裂してしまいます。 その後マケドニア王国は、イタリア半島の統一を果たし東地中海へと進出を始めていた共和政ローマとの覇権争いに突入します。 第三次マケドニア戦争でアンティゴノス朝が打倒され王朝が断絶し、第四次マケドニア戦争の敗戦でマケドニアはローマ属州と化してしまいました。 マケドニア王国の歴史はここで幕を閉じたのです。 マケドニア王国は滅亡しましたが、この王国の故地はおよそ465万人が暮らす マケドニアという地域となっています。 地理や文化的観点から、ギリシャ人にとって、マケドニア王国の歴史は自国の歴史の一部という自意識が強いです。

次の