源氏物語 車争ひ ものも。 乙女(大島本)

源氏物語の世界 再編集版 (XML形式) 第09帖 葵 第1章

源氏物語 車争ひ ものも

3-1) 渋谷栄一校訂 C 蓬生 光る源氏の須磨明石離京時代から帰京後までの末摘花の物語 [主要登場人物] 光る源氏 呼称---大将殿・権大納言殿・殿・大殿・君、二十八歳から二十九歳 末摘花 呼称---常陸宮の君・姫君・宮・君、故常陸親王の娘 禅師の君 呼称---前師の君、末摘花の兄 北の方 呼称---御叔母・大弐の北の方、末摘花の母方の叔母 侍従の君 呼称---侍従、末摘花の乳母子 惟光 呼称---惟光、光る源氏の乳母子 花散里 呼称---花散里、源氏の愛人 紫の上 呼称---二条の上・対の上、光る源氏の妻 第一章 末摘花の物語 光る源氏の須磨明石離京時代• 末摘花の孤独---• 常陸宮邸の窮乏---• 常陸宮邸の荒廃---• 末摘花の気紛らし---• 乳母子の侍従と叔母--- 第二章 末摘花の物語 光る源氏帰京後• 顧みられない末摘花---• 法華御八講---• 叔母、末摘花を誘う---• 侍従、叔母に従って離京---• 常陸宮邸の寂寥--- 第三章 末摘花の物語 久しぶりの再会の物語• 花散里訪問途上---• 惟光、邸内を探る---• 源氏、邸内に入る---• 末摘花と再会--- 第四章 末摘花の物語 その後の物語• 末摘花への生活援助---• 常陸宮邸に活気戻る---• 末摘花のその後--- 第一章 末摘花の物語 光る源氏の須磨明石離京時代 都にも、さまざまに思し嘆く人多かりしを、さても、わが御身の拠り所あるは、一方の思ひこそ苦しげなりしか、二条の上なども、のどやかにて、旅の御住みかをもおぼつかなからず、聞こえ通ひたまひつつ、位を去りたまへる仮の御よそひをも、、時々につけてあつかひきこえたまふに、慰めたまひけむ、なかなか、その数と人にも知られず、立ち別れたまひしほどの御ありさまをも、よそのことに思ひやりたまふ人びとの、下の心くだきたまふたぐひ多かり。 常陸宮の君は、父親王の亡せたまひにし名残に、また思ひあつかふ人もなき御身にて、いみじう心細げなりしを、思ひかけぬ御ことの出で来て、訪らひきこえたまふこと絶えざりしを、いかめしき御勢にこそ、ことにもあらず、はかなきほどの御情けばかりと思したりしかど、待ち受けたまふ袂の狭きに、大空の星の光を盥の水に映したる心地して過ぐしたまひしほどに、かかる世の騷ぎ出で来て、なべての世憂く思し乱れしまぎれに、わざと深からぬ方の心ざしはうち忘れたるやうにて、遠くおはしましにしのち、ふりはへてしもえ尋ねきこえたまはず。 その名残に、しばしは、泣く泣くも過ぐしたまひしを、年月経るままに、あはれにさびしき御ありさまなり。 古き女ばらなどは、 「いでや、いと口惜しき御宿世なりけり。 おぼえず神仏の現はれたまへらむやうなりし御心ばへに、かかるよすがも人は出でおはするものなりけりと、ありがたう見たてまつりしを、おほかたの世の事といひながら、また頼む方なき御ありさまこそ、悲しけれ」 と、つぶやき嘆く。 さる方にありつきたりしあなたの年ごろは、いふかひなきさびしさに目なれて過ぐしたまふを、なかなかすこし世づきてならひにける年月に、いと堪へがたく思ひ嘆くべし。 すこしも、さてありぬべき人びとは、おのづから参りつきてありしを、皆次々に従ひて行き散りぬ。 女ばらの命堪へぬもありて、月日に従ひては、上下人数少なくなりゆく。 もとより荒れたりし宮の内、いとどなりて、うとましう、気遠き木立に、梟の声を朝夕に耳ならしつつ、人気にこそ、さやうのものもせかれて影隠しけれ、木霊など、けしからぬものども、所得て、やうやう現はし、ものわびしきことのみ数知らぬに、まれまれ残りてさぶらふ人は、 「なほ、いとわりなし。 この受領どもの、おもしろき家造り好むが、この宮の木立を心につけて、放ちたまはせてむやと、ほとりにつきて、案内し申さするを、さやうにせさせたまひて、いとかう、もの恐ろしからぬ御住まひに、思し移ろはなむ。 立ちとまりさぶらふ人も、いとたし」 など聞こゆれど、 「あな、いみじや。 人の聞き思はむこともあり。 生ける世に、しか名残なきわざ、いかがせむ。 かく恐ろしげに荒れ果てぬれど、親の御影とまりたる心地する古き住みかと思ふに、慰みてこそあれ」 と、うち泣きつつ、思しもかけず。 御調度どもを、いと古代になれたるが、昔やうにてうるはしきを、なまもののゆゑ知らむと思へる人、さるもの要じて、わざとその人かの人にせさせたまへると尋ね聞きて、るも、おのづからかかる貧しきあたりと思ひあなづりて言ひ来るを、例の女ばら、 「いかがはせむ。 そこそは世の常のこと」 とて、取り紛らはしつつ、目に近き今日明日の見苦しさを繕はむとする時もあるを、いみじう諌めたまひて、 「見よと思ひたまひてこそ、しおかせたまひけめ。 などてか、軽々しき人の家の飾りとはなさむ。 亡き人の御本意違はむが、あはれなること」 とのたまひて、さるわざはせさせたまはず。 はかなきことにても、見訪らひきこゆる人はなき御身なり。 ただ、御兄の禅師の君ばかりぞ、まれにも京に出でたまふ時は、さしのぞきたまへど、それも、世になき古めき人にて、同じき法師といふなかにも、たづきなく、この世を離れたる聖にものしたまひて、しげき草、蓬をだに、かき払はむものとも思ひ寄りたまはず。 かかるままに、浅茅は庭の面も見えず、しげき蓬は軒を争ひて生ひのぼる。 葎は西東の御門を閉ぢこめたるぞ頼もしけれど、崩れがちなるめぐりの垣を馬、牛などの踏みならしたる道にて、春夏になれば、放ち飼ふ総角の心さへぞ、めざましき。 八月、野分荒かりし年、廊どもも倒れ伏し、下の屋どもの、はかなき板葺なりしなどは、骨のみわづかに残りて、立ちとまる下衆だになし。 煙絶えて、あはれにいみじきこと多かり。 盗人などいふひたぶる心ある者も、思ひやりの寂しければにや、この宮をば不要のものに踏み過ぎて、寄り来ざりければ、かくいみじき野良、薮なれども、さすがに寝殿のうちばかりは、ありし御しつらひ変らず、つややかに掻い掃きなどする人もなし。 塵は積もれど、紛るることなきうるはしき御住まひにて、明かし暮らしたまふ。 はかなき古歌、物語などやうのすさびごとにてこそ、つれづれをも紛らはし、かかる住まひをも思ひ慰むるわざなめれ、さやうのことにも心遅くものしたまふ。 わざと好ましからねど、おのづからまた急ぐことなきほどは、同じ心なる文通はしなどうちしてこそ、若き人は木草につけても心を慰めたまふべけれど、親のもてかしづきたまひし御心掟のままに、世の中をつつましきものに思して、まれにも言通ひたまふべき御あたりをも、さらに馴れたまはず、古りにたる御厨子開けて、『、『藐姑射の刀自』、『かぐや姫の物語』の絵に描きたるをぞ、時々のまさぐりものにしたまふ。 古歌とても、をかしきやうに選り出で、題をも読人をもあらはし心得たるこそ見所もありけれ、うるはしき紙屋紙、陸奥紙などのふくだめるに、古言どもの目馴れたるなどは、いとすさまじげなるを、せめて眺めたまふ折々は、ひき広げたまふ。 今の世の人のすめる、経うち読み、行なひなどいふことは、いと恥づかしくしたまひて、見たてまつる人もなけれど、数珠など取り寄せたまはず。 かやうにうるはしくぞものしたまひける。 侍従などいひし御乳母子のみこそ、年ごろあくがれ果てぬ者にてさぶらひつれど、通ひ参りし斎院亡せたまひなどして、いと堪へがたく心細きに、この姫君の母らから、世におちぶれて受領の北の方になりたまへるありけり。 娘どもかしづきて、よろしき若人どもも、「むげに知らぬ所よりは、親どももまうで通ひしを」と思ひて、時々行き通ふ。 この姫君は、かく人疎き御癖なれば、むつましくも言ひ通ひたまはず。 「おのれをばおとしめたまひて、面伏せに思したりしかば、姫君の御ありさまの心苦しげなるも、え訪らひきこえず」 など、なま憎げなる言葉ども言ひ聞かせつつ、時々聞こえけり。 もとよりありつきたるさやうの並々の人は、なかなかよき人の真似に心をつくろひ、思ひ上がるも多かるを、やむごとなき筋ながらも、かうまで落つべき宿世ありければにや、心すこしなほなほしき御叔母にぞありける。 「わがかく劣りのさまにて、あなづらはしく思はれたりしを、いかで、かかる世の末に、この君を、わが娘どもの使人になしてしがな。 心ばせなどの古びたる方こそあれ、いとうしろやすき後見ならむ」と思ひて、 「時々ここに渡らせたまひて。 御琴の音もうけたまはらまほしがる人なむはべる」 と聞こえけり。 この侍従も、常に言ひもよほせど、人にいどむ心にはあらで、ただこちたき御ものづつみなれば、さもむつびたまはぬを、ねたしとなむ思ひける。 かかるほどに、かの家主人、大弐になりぬ。 娘どもあるべきさまに下りなむとす。 この君を、なほも誘はむの心深くて、 「はるかに、かくむとするに、心細き御ありさまの、常にしも訪らひきこえねど、近き頼みはべりつるほどこそあれ、いとあはれにうしろめたくなむ」 など、言よがるを、さらに受け引きたまはねば、 「あな、憎。 ことことしや。 心一つに思し上がるとも、さる薮原に年経たまふ人を、大将殿も、やむごとなくしも思ひきこえたまはじ」 など、怨じうけひけり。 第二章 末摘花の物語 光る源氏帰京後 さるほどに、げに世の中に赦されたまひて、都に帰りたまふと、天の下の喜びにて立ち騒ぐ。 我もいかで、人より先に、深き心ざしを御覧ぜられむとのみ、思ひきほふ男、女につけて、高きをも下れるをも、人の心ばへを見たまふに、あはれに思し知ること、さまざまなり。 かやうに、あわたたしきほどに、さらに思ひ出でたまふけしき見えで月日経ぬ。 「今は限りなりけり。 年ごろ、あらぬさまなる御さまを、悲しういみじきことを思ひながらも、ひたまはなむと念じわたりつれど、どまで喜び思ふなる、御位改まりなどするを、よそにのみ聞くべきなりけり。 悲しかりし折のうれはしさは、ただおぼえし、かひなき世かな」と、心くだけて、つらく悲しければ、人知れず音をのみ泣きたまふ。 大弐の北の方、 「さればよ。 まさに、かくたづきなく、人悪ろき御ありさまを、数まへたまふ人はありなむや。 仏、聖も、罪軽きをこそ導きよくしたまふなれ、かかる御ありさまにて、たけく世を思し、宮、上などのおはせし時のままにならひたまへる、御心おごりの、いとほしきこと」 と、いとどをこがましげに思ひて、 「なほ、思ほし立ちね。 そは尋ぬなれ。 田舎などは、むつかしきものと思しやるらめど、ひたぶるに人悪ろげには、よも、もてなしきこえじ」 など、いと言よく言へば、むげに屈んじにたる女ばら、 「さもなびきたまはなむ。 たけきこともあるまじき御身を、いかに思して、かく立てたる御心ならむ」 と、もどきつぶやく。 侍従も、かの大弐の甥だつ人、語らひつきて、とどむべくもあらざりければ、心よりほかに出で立ちて、 「見たてまつり置かむが、いと心苦しきを」 とて、そそのかしきこゆれど、なほ、かくかけ離れて久しうなりたまひぬる人に頼みをかけたまふ。 御心のうちに、「さりとも、あり経ても、思し出づるついであらじやは。 あはれに心深き契りをしたまひしに、わが身は憂くて、かく忘られそあれ、風のつてにても、我かくいみじきありさまを聞きつけたまはば、かならず訪らひ出でたまひてむ」と、年ごろ思しければ、おほかたの御家居も、ありしよりけにあさましけれど、わが心もて、はかなき御調度どもなども取り失はせたまはず、心強く同じさまにて念じ過ごしたまふなりけり。 音泣きがちに、いとど思し沈みたるは、ただ山人の赤き木の実一つを顔に放たぬと見えたまふ、御側目などは、おぼろけの人の見たてまつりゆるすべきにもあらずかし。 詳しくは聞こえじ。 いとほしう、もの言ひさがなきやうなり。 冬になりゆくままに、いとど、かき付かむかたなく、悲しげに眺め過ごしたまふ。 かの殿には、故院の御料の御八講、世の中ゆすりてしたまふ。 ことに僧などは、なべてのは召さず、才すぐれ行なひにしみ、尊き限りを選らせたまひければ、この禅師の君参りたまへりけり。 帰りざまに立ち寄りたまひて、 「しかしか。 権大納言殿の御八講に参りてはべるなり。 いとかしこう、生ける浄土の飾りに劣らず、いかめしうおもしろきことどもの限りをなむしたまひつる。 仏菩薩の変化の身にこそものしたまふめれ。 五つの濁り深き世に、などて生まれたまひけむ」 と言ひて、やがて出でたまひぬ。 言少なに、世の人に似ぬ御あはひにて、かひなき世の物語をだにえ聞こえ合はせたまはず。 「さても、かばかりつたなき身のありさまを、あはれにおぼつかなくて過ぐしたまふは、心憂の仏菩薩や」と、つらうおぼゆるを、「げに、限りなめり」と、やうやう思ひなりたまふに、大弐の北の方、にはかに来たり。 例はさしもむつびぬを、誘ひ立てむの心にて、たてまつるべき御装束など調じて、よき車に乗りて、面もち、けしき、ほこりかにもの思ひなげなるさまして、ゆくりもなく走り来て、門開けさするより、人悪ろく寂しきこと、限りもなし。 左右の戸もみなよろぼひ倒れにければ、男ども助けてとかく開け騒ぐ。 いづれか、この寂しき宿にもかならず分けたる跡あなる三つの径と、たどる。 わづかに南面の格子上げたる間に寄せたれば、いとどはしたなしと思したれど、あさましう煤けたる几帳さし出でて、侍従出で来たり。 容貌など、衰へにけり。 年ごろいたうつひえたれど、なほものきよげによしあるさまして、かたじけなくとも、取り変へつべく見ゆ。 「出で立ちなむことを思ひながら、心苦しきありさまの見捨てたてまつりがたきを。 侍従の迎へになむ参り来たる。 心憂く思し隔てて、御みづからこそあからさまにも渡らせたまはね、この人をだに許させたまへとてなむ。 などかうあはれげなるさまには」 とて、うちも泣くべきぞかし。 されど、行く道に心をやりて、いと心地よげなり。 「故宮おはせしとき、おのれをば面伏せなりと思し捨てたりしかば、疎々しきやうになりそめにしかど、年ごろも、何かは。 やむごとなきさまに思しあがり、大将殿などおはしまし通ふ御宿世のほどを、かたじけなく思ひたまへられしかばなむ、むつびきこえさせむも、憚ること多くて、過ぐしはべるを、世の中のかく定めもなかりければ、数ならぬ身は、なかなか心やすくはべるものなりけり。 及びなく見たてまつりし御ありさまの、いと悲しく心苦しきを、近きほどはおこたる折も、のどかに頼もしくなむはべりけるを、かく遥かにまかりなむとすれば、うしろめたくあはれになむおぼえたまふ」 など語らへど、心解けても応へたまはず。 「いとうれしきことなれど、世に似ぬさまにて、何かは。 かうながらこそ朽ちも失せめとなむ思ひはべる」 とのみのたまへば、 「げに、しかなむ思さるべけれど、生ける身を捨て、かくむくつけき住まひするたぐひははべらずやあらむ。 大将殿の造り磨きたまはむにこそは、引きかへ玉の台にもなりかへらめとは、頼もしうははべれど、ただ今は、式部卿宮の御女よりほかに、心分けたまふ方もなかなり。 昔より好き好きしき御心にて、なほざりに通ひたまひける所々、皆思し離れにたなり。 まして、かうものはかなきさまにて、薮原に過ぐしたまへる人をば、心きよく我を頼みたまへるありさまと尋ねきこえたまふこと、いとかたくなむあるべき」 など言ひ知らするを、げにと思すも、いと悲しくて、つくづくと泣きたまふ。 されど、動くべうもあらねば、よろづに言ひわづらひ暮らして、 「さらば、侍従をだに」 と、日の暮るるままに急げば、心あわたたしくて、泣く泣く、 「さらば、まづ今日は。 かう責めたまふ送りばかりにまうではべらむ。 かの聞こえたまふもことわりなり。 また、思しわづらふもさることにはべれば、中に見たまふるも心苦しくなむ」 と、忍びて聞こゆ。 この人さへうち捨ててむとするを、恨めしうもあはれにも思せど、言ひ止むべき方もなくて、いとど音をのみたけきことにてものしたまふ。 形見に添へたまふべき身馴れ衣も、しほなれたれば、年経ぬるしるし見せたまふべきものなくて、わが御髪の落ちたりけるを取り集めて、鬘にしたまへるが、九尺余ばかりにて、いときよらなるを、をかしげなる箱に入れて、昔の薫衣香のいとかうばしき、一壺具して賜ふ。 「絶ゆまじき筋を頼みし玉かづら 思ひのほかにかけ離れぬる 故ままの、のたまひ置きしこともありしかば、かひなき身なりとも、見果ててむとこそ思ひつれ。 うち捨てらるるもことわりなれど、誰に見ゆづりてかと、恨めしうなむ」 とて、いみじう泣いたまふ。 この人も、ものも聞こえやらず。 「ままの遺言は、さらにも聞こえさせず、年ごろの忍びがたき世の憂さを過ぐしはべりつるに、かくおぼえぬ道にいざなはれて、遥かにまかりあくがるること」とて、 「玉かづら絶えてもやまじ行く道の 手向の神もかけて誓はむ 命こそ知りはべらね」 など言ふに、 「いづら。 暗うなりぬ」 と、つぶやかれて、心も空にて引き出づれば、られける。 年ごろわびつつも行き離れざりつる人の、かく別れぬることを、いと心細う思すに、世に用ゐらるまじき老人さへ、 「いでや、ことわりぞ。 いかでか立ち止まりたまはむ。 われらも、えこそつまじけれ」 と、おのが身々につけたるたよりども思ひ出でて、止まるまじう思へるを、人悪ろく聞きおはす。 霜月ばかりになれば、雪、霰がちにて、ほかには消ゆる間もあるを、朝日、夕日をふせぐ蓬葎の蔭に深う積もりて、のうちに、出で入る下人だになくて、つれづれと眺めたまふ。 はかなきことを聞こえ慰め、泣きみ笑ひみ紛らはしつる人さへなくて、夜も塵がましき御帳のうちも、かたはらさびしく、もの悲しく思さる。 かの殿には、、いとどもの騒がしき御ありさまにて、いとやむごとなく思されぬ所々には、わざともえ訪れたまはず。 まして、「その人はまだ世にやおはすらむ」とばかり思し出づる折もあれど、尋ねたまふべき急がであり経るに、年変はりぬ。 第三章 末摘花の物語 久しぶりの再会の物語 卯月ばかりに、花散里を思ひ出できこえたまひて、忍びて対の上に御暇聞こえて出でたまふ。 日ごろ降りつる名残の雨、いますこしそそきて、をかしきほどに、月さし出でたり。 昔の御ありき思し出でられて、艶なるほどの夕月夜に、道のほど、よろづのこと思し出でておはするに、形もなく荒れたる家の、木立しげく森のやうなるを過ぎたまふ。 大きなる、月影になよびたる、つかしく、そこはかとなき香りなり。 橘に変はりてをかしければ、さし出でたまへるに、柳もいたうしだりて、築地も障はらねば、乱れ伏したり。 「見し心地する木立かな」と思すは、早う、この宮なりけり。 いとあはれにて、おし止めさせたまふ。 例の、惟光はかかる御忍びありきに後れねば、さぶらひけり。 召し寄せて、 「ここは、常陸の宮ぞかしな」 「しかはべる」 と聞こゆ。 「ここにありし人は、まだや眺むらむ。 訪らふべきを、わざとものせむも所狭し。 かかるついでに、入りて消息せよ。 よく尋ね入りてを、うち出でよ。 人違へしては、をこならむ」 とのたまふ。 ここには、いとど眺めまさるころにて、つくづくとおはしけるに、昼寝の夢に故宮の見えたまひければ、覚めて、いと名残悲しく思して、漏り濡れたる廂の端つ方おし拭はせて、ここかしこの御座引きつくろはせなどしつつ、例ならず世づきたまひて、 「亡き人を恋ふる袂のひまなきに 荒れたる軒のしづくさへ添ふ」 も、心苦しきほどになむありける。 惟光入りて、めぐるめぐる人の音する方やと見るに、いささかの人気もせず。 「さればこそ、往き来の道に見入るれど、人住みげもなきものを」と思ひて、帰り参るほどに、月明くさし出でたるに、見れば、格子二間ばかり上げて、簾動くけしきなり。 わづかに見つけたる心地、恐ろしくさへおぼゆれど、寄りて、声づくれば、いともの古りたる声にて、まづしはぶきを先にたてて、 「かれは誰れぞ。 何人ぞ」 と問ふ。 名のりして、 「侍従の君と聞こえし人に、対面賜はらむ」 と言ふ。 「それは、ほかになむものしたまふ。 されど、思しわくまじき女なむはべる」 と言ふ声、いたうねび過ぎたれど、聞きし老人と聞き知りたり。 内には、思ひも寄らず、狩衣姿なる男、忍びやかにもてなし、なごやかなれば、見ならはずなりにける目にて、「もし、狐などの変化にや」とおぼゆれど、近う寄りて、 「たしかになむ、うけたまはら変はらぬ御ありさまならば、尋ねきこえさせたまふべき御心ざしも、絶えずなむおはしますめるかし。 今宵も行き過ぎがてに、止まらせたまへるを、いかが聞こえさせむ。 うしろやすくを」 と言へば、女どもうち笑ひて、 「変はらせたまふ御ありさまならば、かかる浅茅が原を移ろひたまはでははべりなむや。 ただ推し量りて聞こえさせたまへかし。 年経たる人の心にも、たぐひあらじとのみ、めづらかなる世をこそは見たてまつり過ごし と、ややくづし出でて、問はず語りもしつべきが、、 「よしよし。 まづ、かくなむ、聞こえさせむ」 とて参りぬ。 「などかいと久しかりつる。 いかにぞ。 昔のあとも見えぬ蓬のしげさかな」 とのたまへば、 「しかしかなむ、たどり寄りてはべりつる。 侍従が叔母の少将といひはべりし老人なむ、変はらぬ声にてはべりつる」 と、ありさま聞こゆ。 いみじうあはれに、 「かかるしげき中に、何心地して過ぐしたまふらむ。 今まで訪はざりけるよ」 と、わが御心の情けなさも思し知らる。 「いかがすべき。 かかる忍びあるきも難かるべきを、かかるついでならでは、え立ち寄らじ。 変はらぬありさまならば、げにさこそはあらめと、推し量らるる人ざまになむ」 とはのたまひながら、ふと入りたまはむこと、なほつつましう思さる。 ゆゑある御消息もいと聞こえまほしけれど、見たまひしほどの口遅さも、まだ変らずは、御使の立ちわづらはむもいとほしう、思しとどめつ。 惟光も、 「さらにえ分けさせたまふまじき、蓬の露けさになむはべる。 露すこし払はせてなむ、入らせたまふべき」 と聞こゆれば、 「尋ねても我こそ訪はめ道もなく 深き蓬のもとの心を」 と独りごちて、なほ下りたまへば、御先の露を、馬の鞭して払ひつつ入れたてまつる。 雨そそきも、なほ秋の時雨めきてうちそそけば、 「 と聞こゆ。 御指貫の裾は、いたうそほちぬめり。 昔だにあるかなきかなりし中門など、まして形もなくなりて、入りたまふにつけても、いと無徳なるを、立ちまじり見る人なきぞ心やすかりける。 姫君は、さりともと待ち過ぐしたまへる心もしるく、うれしけれど、いと恥づかしき御ありさまにて対面せむも、いとつつましく思したり。 大弐のたてまつり置きし御衣どもをも、心ゆかず思されしゆかりに、見入れたまはざりけるを、この人びとの、香の御唐櫃に入れたりけるが、いとなつかしき香したるをたてまつりければ、いかがはせむに、着替へたまひて、かの煤けたる御几帳引き寄せておはす。 入りたまひて、 「年ごろの隔てにも、心ばかりは変はらずなむ、思ひやりきこえつるを、さしもおどろかいたまはぬ恨めしさに、今までこころみきこえつるを、しるさに、え過ぎでなむ、負けきこえにける」 とて、帷子をすこしかきやりたまへれば、例の、いとつつましげに、とみにも応へきこえたまはず。 かくばかり分け入りたまへるが浅からぬに、思ひ起こしてぞ、ほのかに聞こえ出でたまひける。 「かかる草隠れに過ぐしたまひける年月のあはれも、おろかならず、また変はらぬ心ならひに、人の御心のうちもたどり知らずながら、分け入りはべりつる露けさなどを、いかが思す。 年ごろのおこたり、はた、なべての世に思しゆるすらむ。 今よりのちの御心にかなはざらむなむ、負ふべき」 など、さしも思されぬことも、情け情けしう聞こえなしたまふことども、 立ちとどまりたまはむも、所のさまよりはじめ、まばゆき御ありさまなれば、つきづきしうのたまひすぐして、出でたまひなむとす。 月のほどもあはれに、夢のやうなる御身のありさまも思し続けらる。 「藤波のうち過ぎがたく見えつるは 松こそ宿のしるしなりけれ 数ふれば、こよなう積もりぬらむかし。 都に変はりにけることの多かりけるも、さまざまあはれになむ。 今、のどかにぞの物語も聞こえ尽くすべき。 年経たまへらむ春秋の暮らしがたさなども、誰にかは愁へたまはむと、うらもなくおぼゆるも、かつは、あやしうなむ」 など聞こえたまへば、 「年を経て待つしるしなきわが宿を 花のたよりに過ぎぬばかりか」 と忍びやかにうちみじろきたまへるけはひも、袖の香も、「昔よりはねびまさりたまへるにや」と思さる。 月入り方になりて、西の妻戸の開きたるより、障はるべき渡殿だつ屋もなく、軒のつまも残りなければ、いとはなやかにさし入りたれば、あたりあたり見ゆるに、昔に変はらぬ御しつらひのさまなど、の見るめよりは、みやびかに見ゆるを、昔物語に塔こぼちたる人もありけるを思しあはするに、同じさまにて年古りにけるもあはれなり。 ひたぶるにものづつみしたるけはひの、さすがにあてやかなるも、心にくく思されて、さる方にて忘れじと心苦しく思ひしを、年ごろさまざまのもの思ひに、ほれぼれしくて隔てつるほど、つらしと思はれつらむと、いとほしく思す。 かの花散里も、あざやかに今めかしうなどはまはぬ所にて、御目移しこよなからぬに、咎多う隠れにけり。 第四章 末摘花の物語 その後の物語 祭、御禊などのほど、御いそぎどもにことつけて、人のたてまつりたる物いろいろに多かるを、さるべき限り御心加へたまふ。 中にもこの宮にはこまやかに思し寄りて、むつましき人びとに仰せ言賜ひ、下部どもなど遣はして、蓬払はせ、めぐりの見苦しきに、板垣といふもの、うち堅め繕はせたまふ。 かう尋ね出でたまへりと、聞き伝へむにつけても、わが御ため面目なければ、渡りたまふことはなし。 御文いとこまやかに書きたまひて、二条院近き所を造らせたまふを、 「そこになむ渡したてまつるべき。 よろしき童女など、求めさぶらはせたまへ」 など、人びとの上まで思しやりつつ、訪らひきこえたまへば、かくあやしき蓬のもとには、置き所なきまで、女ばらも空を仰ぎてなむ、そなたに向きて喜びきこえける。 なげの御すさびにても、おしなべたる世の常の人をば、目止め耳立てたまはず、世にすこしこれはと思ほえ、心地にとまる節あるあたりを尋ね寄りたまふものと、人の知りたるに、かく引き違へ、何ごともなのめにだにあらぬ御ありさまを、ものめかし出でたまふは、いかなりける御心にかありけむ。 これも昔の契りなめりかし。 今は限りと、あなづり果てて、さまざまに迷ひ散りあかれし人びと、我も我も参らむと争ひ出づる人もあり。 心ばへなど、はた、埋もれいたきまでよくおはする御ありさまに、心やすくならひて、ことなることなきなま受領などやうの家にある人は、ならはずはしたなき心地するもありて、うちつけの心みえに参り帰り、君は、いにしへにもまさりたる御勢のほどにて、ものの思ひやりもまして添ひたまひにければ、こまやかに思しおきてたるに、にほひ出でて、宮の内やうやう人目見え、木草の葉もただすごくあはれに見えなされしを、遣水かき払ひ、前栽のもとだちも涼しうしなしなどして、ことなるおぼえなき下家司の、ことにほしきは、かく御心とどめて思さるることなめりと、御けしき賜はりつつ、追従し仕うまつる。 二年ばかりこの古宮に眺めたまひて、東の院といふ所になむ、後は渡したてまつりたまひける。 対面したまふことなどは、いとかたけれど、近きしめのほどにて、おほかたにも渡りたまふに、さしのぞきなどしたまひつつ、いとあなづらはしげにもてなしきこえたまはず。 かの大弐の北の方、上りて驚き思へるさま、侍従が、うれしきものの、今しばし待ちきこえざりける心浅さを、恥づかしう思へるほどなどを、今すこし問はず語りもせまほしけれど、いと頭いたう、うるさく、もの憂ければなむ。 今またもついであらむ折に、思ひ出でて聞こゆべき、とぞ。

次の

源氏物語を読む 朝顔 あさがお

源氏物語 車争ひ ものも

Genji Monogatari. Heartvine 源氏物語 桐壺帝譲位後の源氏と藤壺の宮 Heartvine 世の中変りて後、よろづものうく思され、 御身のやむごとなさも添ふにや、軽々しき 御忍び歩きもつつましうて、ここもかしこ も、おぼつかなさの嘆きを重ねたまふ報いにや、なほ我につ れなき人の御心を尽きせずのみ思し嘆く。 今は、まして隙な う、ただ人のやうにて添ひおはしますを、今后は心やましう 思すにや、内裏にのみさぶらひたまへば、立ち並ぶ人なう心 やすげなり。 をりふしに従ひては、御遊びなどを好ましう世 の響くばかりせさせたまひつつ、今の御ありさましもめでた し。 ただ、春宮をぞいと恋しう思ひきこえたまふ。 御後見の なきをうしろめたう思ひきこえて、大将の君によろづ聞こえ つけたまふも、かたはらいたきものからうれしと思す。 伊勢下向を思案する御息所と源氏の心境 まことや、かの六条御息所の御腹の前坊の 姫宮斎宮にゐたまひにしかば、大将の御心 ばへもいと頼もしげなきを、幼き御ありさ まのうしろめたさにことつけて、下りやしなましと、かねて より思しけり。 院にも、かかることなむと聞こしめして、 な ど、御気色あしければ、わが御心地にもげにと思ひ知らるれ ば、かしこまりてさぶらひたまふ。 とのたまはするにも、けしからぬ心のおほけなさを聞 こしめしつけたらむ時と、恐ろしければ、かしこまりてまか でたまひぬ。 また、かく院にも聞こしめしのたまはするに、人の御名も わがためも、すきがましう、いとほしきに、いとどやむごと なく心苦しき筋には思ひきこえたまへど、まだあらはれては わざともてなしきこえたまはず。 女も、似げなき御年のほど を恥づかしう思して心とけたまはぬ気色なれば、それにつつ みたるさまにもてなして、院に聞こしめし入れ、世の中の人 も知らぬなくなりにたるを、深うしもあらぬ御心のほどを、 いみじう思し嘆きけり。 朝顔の姫君の深慮 葵の上の懐妊 かかることを聞きたまふにも、朝顔の姫君 は、いかで人に似じ、と深う思せば、はか なきさまなりし御返りなどもをさをさなし。 さりとて、人憎くはしたなくはもてなしたまはぬ御気色を、 君も、なほことなりと、思しわたる。 大殿には、かくのみ定めなき御心を心づきなしと思せど、 あまりつつまぬ御気色の言ふかひなければにやあらむ、深う も怨じきこえたまはず。 心苦しきさまの御心地に悩みたまひ てもの心細げにおぼいたり。 めづらしくあはれと思ひきこえ たまふ。 誰も誰もうれしきものからゆゆしう思して、さまざ まの御つつしみせさせたてまつりたまふ。 かやうなるほど、 いとど御心の暇なくて、思しおこたるとはなけれど、とだえ 多かるべし。 新斎院御禊の日、葵の上物見に出る そのころ、斎院もおりゐたまひて、后腹の 女三の宮ゐたまひぬ。 帝后いとことに思 ひきこえたまへる宮なれば、筋異になりた まふをいと苦しう思したれど、他宮たちのさるべきおはせず。 儀式など、常の神事なれど、厳しうののしる。 祭のほど、限 りある公事に添ふこと多く、見どころこよなし。 人柄と見え たり。 御禊の日、上達部など数定まりて仕うまつりたまふわ ざなれど、おぼえことに、容貌あるかぎり、下襲の色、表袴 の紋、馬、鞍までみなととのへたり、とりわきたる宣旨にて、 大将の君も仕うまつりたまふ。 かねてより物見車心づかひし けり。 一条の大路所なくむくつけきまで騒ぎたり。 所どころ の御桟敷、心々にし尽くしたるしつらひ、人の袖口さへいみ じき見物なり。 大殿には、かやうの御歩きもをさをさしたまはぬに、御心- 地さへ悩ましければ、思しかけざりけるを、若き人々、と言ふを、 大宮聞こしめして、とて、にはかにめぐらし仰せた まひて見たまふ。 葵の上の一行、御息所の車に乱暴をする 日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまに て出でたまへり。 隙もなう立ちわたりたる に、よそほしうひきつづきて立ちわづらふ。 よき女房車多くて、雑々の人なき隙を思ひ定めてみなさし 退けさする中に、網代のすこし馴れたるが、下簾のさまなど よしばめるに、いたうひき入りて、ほのかなる袖口、裳の裾、 汗衫など、物の色いときよらにて、ことさらにやつれたるけ はひしるく見ゆる車二つあり。 と、口強くて手触れさ せず。 いづ方にも、若き者ども酔ひすぎ立ち騒ぎたるほどの ことは、えしたためあへず。 おとなおとなしき御前の人々は、 などいへど、え止めあへず。 斎宮の御母御息所、もの思し乱るる慰めにもやと、忍びて 出でたまへるなりけり。 つれなしづくれど、おのづから見知 りぬ。 など言ふを、その御方の人もまじれ れば、いとほしと見ながら、用意せむもわづらはしければ、 知らず顔をつくる。 つひに御車ども立てつづけつれば、副車 の奥に押しやられてものも見えず。 心やましきをばさるもの にて、かかるやつれをそれと知られぬるが、いみじうねたき こと限りなし。 榻などもみな押し折られて、すずろなる車の 筒にうちかけたれば、またなう人わろく、悔しう何に来つら ん、と思ふにかひなし。 ものも見で帰らんとしたまへど、通り出でん隙もなきに、 「事なりぬ」と言へば、さすがにつらき人の御前渡りの待た るるも心弱しや。 笹の隈にだにあらねばにや、つれなく過ぎ たまふにつけても、なかなか御心づくしなり。 げに、常より も好みととのへたる車どもの、我も我もと乗りこぼれたる下- 簾の隙間どもも、さらぬ顔なれど、ほほゑみつつ後目にとど めたまふもあり。 大殿のはしるければ、まめだちて渡りたま ふ。 御供の人々うちかしこまり、心ばへありつつ渡るを、お し消たれたるありさまこよなう思さる。 と、涙のこぼるるを人の見るもはしたなけれど、目もあやな る御さま、容貌のいとどしう、出でばえを見ざらましかば、 と思さる。 見物の人々源氏の美しさを賛嘆する ほどほどにつけて、装束、人のありさまい みじくととのへたりと見ゆる中にも、上達- 部はいとことなるを、一所の御光にはおし 消たれためり。 大将の御かりの随身に殿上の将監などのする ことは常のことにもあらず、めづらしき行幸などのをりのわ ざなるを、今日は右近の蔵人の将監仕うまつれり。 さらぬ御- 随身どもも、容貌、姿まばゆくととのへて、世にもてかしづ かれたまへるさま、木草もなびかぬはあるまじげなり。 壼装- 束などいふ姿にて、女房のいやしからぬや、また尼などの世 を背きけるなども、倒れまろびつつ物見に出でたるも、例は、 あながちなりや、あな憎、と見ゆるに、今日はことわりに、 口うちすげみて、髪着こめたるあやしの者どもの、手をつく りて額にあてつつ見たてまつり上げたるもをこがましげなる。 賤の男まで、おのが顔のならむさまをば知らで笑みさかえた り。 何とも見入れたまふまじきえせ受領のむすめなどさへ、 心の限り尽くしたる車どもに乗り、さまことさらび、心化粧 したるなむ、をかしきやう やうの見物なりける。 まし て、ここかしこにうち忍び て通ひたまふ所どころは、 人知れずのみ数ならぬ嘆き まさるも多かり。 式部卿宮、桟敷にてぞ見たまひける。 とゆ ゆしく思したり。 姫君は、年ごろ聞こえわたりたまふ御心ば への世の人に似ぬを、なのめならむにてだにあり、ましてか うしもいかで、と御心とまりけり。 いとど近くて見えむまで は思し寄らず。 若き人々は、聞きにくきまでめできこえあ へり。 源氏、葵の上と御息所の車争いを耳にする 祭の日は、大殿には物見たまはず。 大将の 君、かの御車の所争ひをまねびきこゆる人 ありければ、いといとほしう、うしと思し て、といとほ しくて、参うでたまへりけれど、斎宮のまだ本の宮におはし ませば、榊の憚りにことつけて、心やすくも対面したまはず。 ことわりとは思しながら、とうちつぶやかれたまふ。 祭りの日、源氏、紫の上と物見に出る 今日は、二条院に離れおはして、祭見に出 でたまふ。 西の対に渡りたまひて、惟光に 車のこと仰せたり。 とのたまひて、姫君のいとうつくしげにつくろひたてておは するをうち笑みて見たてまつりたまふ。 とて、御髪の常よりもきよらに見ゆ るをかき撫でたまひて、とて、暦の博士召して時刻問はせな どしたまふほどに、とて、童の姿 どものをかしげなるを御覧ず。 いとらうたげなる髪どもの末 はなやかに削ぎわたして、浮紋の表袴にかかれるほどけざや かに見ゆ。 とて、と削ぎわ づらひたまふ。 とて、 削ぎはてて、と祝ひきこえたまふを、少納言、あは れにかたじけなしと見たてまつる。 と聞こえたまへば、 と物に書きつけておはするさま、らうらうじきものから、若 うをかしきを、めでたしと思す。 源氏、好色女源典侍と歌の応酬をする 今日も所もなく立ちにけり。 馬場殿のほど に立てわづらひて、と やすらひたまふに、よろしき女車のいたう乗りこぼれたる より、扇をさし出でて人を招き寄せて、と聞こえたり。 いかなるすき者 ならむ、と思されて、所もげによきわたりなれば、ひき寄せ させたまひて、 とのたまへば、よしある扇の端を折りて、 とある手を思し出づれば、かの典侍なりけり。 と憎さに、はした なう、 女はつらしと思ひきこえけり。 と聞こゆ。 人とあひ乗りて簾をだに上げたまはぬを、心やま しう思ふ人多かり。 と推しはかりきこゆ。 とさうざうしく思せど、かやうにいと面なか らぬ人、はた人あひ乗りたまへるにつつまれて、はかなき御 いらへも心やすく聞こえんもまばゆしかし。 車争いのため、御息所のもの思い深まる 御息所は、ものを思し乱るること年ごろよ りも多く添ひにけり。 つらき方に思ひはて たまへど、今はとてふり離れ下りたまひな むはいと心細かりぬべく、世の人聞きも人わらへにならんこ とと思す。 さりとて立ちとまるべく思しなるには、かくこよ なきさまにみな思ひくたすべかめるも安からず、と、起き臥し思しわづらふけにや、御心地 も浮きたるやうに思されて、悩ましうしたまふ。 大将殿には、 下りたまはむことを、もて離れて、あるまじきことなども妨 げきこえたまはず、と聞こえかかづらひたまへば、 定めかねたまへる御心もや慰む、と立ち出でたまへりし御禊- 河の荒かりし瀬に、いとどよろづいとうく思し入れたり。 懐妊中の葵の上、物の怪に悩まされる 大殿には、御物の怪めきていたうわづらひ たまへば、誰も誰も思し嘆くに、御歩きな ど便なきころなれば、二条院にも時々ぞ渡 りたまふ。 さはいへど、やむごとなき方はことに思ひきこえ たまへる人の、めづらしきことさへ添ひたまへる御悩みなれ ば、心苦しう思し嘆きて、御修法や何やなど、わが御方にて 多く行はせたまふ。 物の怪、生霊などいふもの多く出で来て さまざまの名のりする中に、人にさらに移らず、ただみづか らの御身につと添ひたるさまにて、ことにおどろおどろしう わづらはしきこゆることもなけれど、また片時離るるをりも なきもの一つあり。 いみじき験者どもにも従はず、執念きけ しきおぼろけのものにあらずと見えたり。 大将の君の御通ひ 所ここかしこと思しあつるに、「この御息所、二条の君など ばかりこそは、おしなべてのさまには思したらざめれば、怨 みの心も深からめ」とささめきて、ものなど問はせたまへど、 さして聞こえあつることもなし。 物の怪とても、わざと深き 御敵と聞こゆるもなし。 過ぎにける御乳母だつ人、もしは親 の御方につけつつ伝はりたるものの、弱目に出で来たるなど、 むねむねしからずぞ乱れ現はるる。 ただ、つくづくと音をの み泣きたまひて、をりをりは胸をせき上げつついみじうたへ がたげにまどふわざをしたまへば、いかにおはすべきにかと、 ゆゆしう悲しく思しあわてたり。 院よりも御とぶらひ隙なく、御祈祷のことまで思し寄らせ たまふさまのかたじけなきにつけても、いとど惜しげなる人 の御身なり。 世の中あまねく惜しみきこゆるを聞きたまふに も、御息所はただならず思さる。 年ごろはいとかくしもあら ざりし御いどみ心を、はかなかりし所の車争ひに人の御心の 動きにけるを、かの殿には、さまでも思し寄らざりけり。 源氏、もの思いに乱れる御息所を訪問する かかる御もの思ひの乱れに御心地なほ例な らずのみ思さるれば、他所に渡りたまひて 御修法などせさせたまふ。 大将殿聞きたま ひて、いかなる御心地にかと、いとほしう、思し起こして渡 りたまへり。 例ならぬ旅所なればいたう忍びたまふ。 心より 外なる怠りなど罪ゆるされぬべく聞こえつづけたまひて、悩 みたまふ人の御ありさまもうれへきこえたまふ。 など語らひきこえたまふ。 常よりも心苦しげなる御気- 色をことわりにあはれに見たてまつりたまふ。 うちとけぬ朝ぼらけに出でたまふ御さまのをかしきにも、 なほふり離れなむことは思し返さる。 やむごとなき方に、 いとど心ざし添ひたまふべきことも出で来にたれば、ひとつ 方に思ししづまりたまひなむを、かやうに待ちきこえつつあ らむも心のみ尽きぬべきこと、なかなかもの思ひのおどろか さるる心地したまふに、御文ばかりぞ暮つ方ある。 とあるを、例のこと つけと見たまふものから、 とぞある。 御手はなほここらの人 の中にすぐれたりかし、と見たまひつつ、いかにぞやもある 世かな、心も容貌もとりどりに、棄つべくもなく、また思ひ 定むべきもなきを苦しう思さる。 御返り、いと暗うなりにた れど、など あり。 御息所、物の怪となって葵の上を苦しめる 大殿には、御物の怪いたう起こりていみじ うわづらひたまふ。 この御生霊、故父大臣 の御霊など言ふものありと聞きたまふにつ けて、思しつづくれば、身ひとつのうき嘆きよりほかに人を あしかれなど思ふ心もなけれど、もの思ひにあくがるなる 魂は、さもやあらむと思し知らるることもあり。 年ごろ、 よろづに思ひ残すことなく過ぐしつれどかうしも砕けぬを、 はかなき事のをりに、人の思ひ消ち、無きものにもてなすさ まなりし御禊の後、一ふしに思し浮かれにし心鎮まりがたう 思さるるけにや、すこしうちまどろみたまふ夢には、かの姫- 君と思しき人のいときよらにてある所に行きて、とかく引き まさぐり、現にも似ず、猛くいかきひたぶる心出で来て、う ちかなぐるなど見えたまふこと度重なりにけり。 あな心うや、 げに身を棄ててや往にけむと、うつし心ならずおぼえたまふ をりをりもあれば、さならぬことだに、人の御ためには、よ さまのことをしも言ひ出でぬ世なれば、ましてこれはいとよ う言ひなしつべきたよりなり、と思すに、いと名立たしう、 と思し返 せど、「思ふもものを」なり。 斎宮は、去年内裏に入りたまふべかりしを、さまざまさは ることありて、この秋入りたまふ。 九月には、やがて野宮に 移ろひたまふべければ、二度の御祓のいそぎとり重ねてある べきに、ただあやしうほけほけしうて、つくづくと臥し悩み たまふを、宮人いみじき大事にて、御祈祷などさまざま仕う まつる。 おどろおどろしきさまにはあらず、そこはかとなく て月日を過ぐしたまふ。 大将殿も常にとぶらひきこえたまへ ど、まさる方のいたうわづらひたまへば、御心のいとまなげ なり。 源氏、不意に御息所の物の怪と対面する まださるべきほどにもあらず、と皆人もた ゆみたまへるに、にはかに御気色ありて悩 みたまへば、いとどしき御祈祷数を尽くし てせさせたまへれど、例の執念き御物の怪ひとつさらに動か ず。 やむごとなき験者ども、めづらかなりともてなやむ。 さ すかにいみじう調ぜられて、心苦しげに泣きわびて、との たまふ。 「さればよ。 あるやうあらん」とて、近き御几帳のも とに入れたてまつりたり。 むげに限りのさまにものしたまふ を、聞こえおかまほしきこともおはするにやとて、大臣も宮 もすこし退きたまへり。 加持の僧ども声静めて法華経を読み たる、いみじう尊し。 御几帳の帷子ひき上げて見たてまつり たまへば、いとをかしげにて、御腹はいみじう高うて臥した まへるさま、よそ人だに見たてまつらむに心乱れぬべし。 ま して惜しう悲しう思す、ことわりなり。 白き御衣に、色あひ いと華やかにて、御髪のいと長うこちたきをひき結ひてうち 添へたるも、かうてこそらうたげになまめきたる方添ひてを かしかりけれと見ゆ。 御手をとらへて、とて、ものも聞こえたまはず泣き たまへば、例はいとわづらはしう恥づかしげなる御まみを、 いとたゆげに見上げてうちまもりきこえたまふに、涙のこぼ るるさまを見たまふは、いかがあはれの浅からむ。 あまりいたう泣きたまへば、心苦しき親たちの御ことを思 し、またかく見たまふにつけて口惜しうおぼえたまふにやと 思して、と慰めたまふに、 とな つかしげに言ひて、 とのたまふ声、けはひ、その人にもあらず変りたまへり。 い とあやしと思しめぐらすに、ただかの御息所なりけり。 あさ ましう、人のとかく言ふを、よからぬ者どもの言ひ出づるこ とと聞きにくく思してのたまひ消つを、目に見す見す、世に はかかることこそはありけれと、うとましうなりぬ。 と思されて、とのたまへば、ただそれなる御ありさまに、 あさましとは世の常なり。 人々近う参るもかたはらいたう思 さる。 葵の上、男子出産 御息所の苦悩深し すこし御声も静まりたまへれば、隙おはす るにやとて、宮の御湯持て寄せたまへるに、 かき起こされたまひて、ほどなく生まれた まひぬ。 うれしと思すこと限りなきに、人に駆り移したまへ る御物の怪どもねたがりまどふけはひいともの騒がしうて、 後のことまたいと心もとなし。 言ふ限りなき願ども立てさせ たまふけにや、たひらかに事なりはてぬれば、山の座主、何 くれやむごとなき僧ども、したり顔に汗おし拭ひつつ急ぎま かでぬ。 多くの人の心を尽くしつる日ごろのなごりすこしう ちやすみて、今はさりともと思す。 御修法などは、またまた 始め添へさせたまへど、まづは興あり、めづらしき御かしづ きに、皆人ゆるべり。 院をはじめたてまつりて、親王たち、 上達部残るなき産養どものめづらかに厳しきを、夜ごとに見 ののしる。 男にてさへおはすれば、そのほどの作法にぎはは しくめでたし。 かの御息所は、かかる御ありさまを聞きたまひても、ただ ならず。 かねてはいとあ やふく聞こえしを、たひ らかにもはた、とうち思 しけり。 あやしう、我に もあらぬ御心地を思しつ づくるに、御衣などもただ芥子の香にしみかへりたる、あや しさに、御沮参り、御衣着かへなどしたまひて試みたまへど、 なほ同じやうにのみあれば、わが身ながらだにうとましう思 さるるに、まして人の言ひ思はむことなど、人にのたまふべ きことならねば、心ひとつに思し嘆くに、いとど御心変りも まさりゆく。 大将殿は、心地すこしのどめたまひて、あさま しかりしほどの問はず語りも心うく思し出でられつつ、いと ほど経にけるも心苦しう、またけ近う見たてまつらむには、 いかにぞや、うたておぼゆべきを、人の御ためいとほしうよ ろづに思して、御文ばかりぞありける。 いたうわづらひたまひし人の、御なごりゆゆしう、心ゆる びなげに誰も思したれば、ことわりにて御歩きもなし。 なほ いと悩ましげにのみしたまへば、例のさまにてもまだ対面し たまはず。 若君のいとゆゆしきまで見えたまふ御ありさまを、 今からいとさまことにもてかしづききこえたまふさまおろか ならず、事あひたる心地して、大臣もうれしういみじと思ひ きこえたまへるに、ただこの御心地おこたりはてたまはぬを 心もとなく思せど、さばかりいみじかりしなごりにこそはと 思して、いかでかはさのみは心をもまどはしたまはん。 源氏、左大臣家の人々、すべて参内する 若君の御まみのうつくしさなどの、春宮に いみじう似たてまつりたまへるを見たてま つりたまひても、まづ恋しう思ひ出でられ させたまふに、忍びがたくて、参りたまはむとて、と恨みきこえたまへれ ば、とて、臥したまへる所に御座近う参りたれば、入り てものなど聞こえたまふ。 御答へ時々聞こえたまふも、なほ いと弱げなり。 されど、むげに亡き人と思ひきこえし御あり さまを思し出づれば夢の心地して、ゆゆしかりしほどの事ど もなど聞こえたまふついでにも、かのむげに息も絶えたるや うにおはせしが、ひき返しつぶつぶとのたまひしことども思 し出づるに心うければ、とて、などさへあつかひきこえたまふを、何時ならひた まひけんと、人々あはれがりきこゆ。 いとをかしげなる人の、いたう弱りそこなはれて、あるか なきかの気色にて臥したまへるさま、いとらうたげに心苦し げなり。 御髪の乱れたる筋もなく、はらはらとかかれる枕の ほど、ありがたきまで見ゆれば、年ごろ何ごとを飽かぬこと ありて思ひつらむと、あやしきまでうちまもられたまふ。 など聞こえおきたまひて、いときよげにうち装束きて出でた まふを、常よりは目とどめて見出だして臥したまへり。 秋の司召あるべき定めにて、大殿も参りたまへば、君たち も功労望みたまふことどもありて、殿の御あたり離れたまは ねば、みなひき続き出でたまひぬ。 留守中に葵の上急逝、その葬送を行なう 殿の内人少なにしめやかなるほどに、には かに、例の御胸をせき上げていといたうま どひたまふ。 内裏に御消息聞こえたまふほ どもなく絶え入りたまひぬ。 足を空にて誰も誰もまかでたま ひぬれば、除目の夜なりけれど、かくわりなき御さはりなれ ば、みな事破れたるやうなり。 ののしり騒ぐほど、夜半ばか りなれば、山の座主、何くれの僧都たちもえ請じあへたまは ず。 今はさりともと思ひたゆみたりつるに、あさましければ、 殿の内の人、物にぞ当る。 所どころの御とぶらひの使など立 ちこみたれどえ聞こえつがず、揺りみちて、いみじき御心ま どひどもいと恐ろしきまで見えたまふ。 御物の怪のたびたび 取り入れたてまつりしを思して、御枕などもさながら二三日 見たてまつりたまへど、やうやう変りたまふことどものあれ ば、限りと思しはつるほど、誰も誰もいといみじ。 大将殿は、悲しきことに事を添へて、世の中をいとうきも のに思ししみぬれば、ただならぬ御あたりのとぶらひどもも 心うしとのみぞなべて思さるる。 院に思し嘆きとぶらひきこ えさせたまふさま、かへりて面だたしげなるを、うれしき瀬 もまじりて、大臣は御涙のいとまなし。 人の申すに従ひて、 厳しきことどもを、生きや返りたまふと、さまざまに残るこ となく、かつ損はれたまふことどものあるを見る見るも尽き せず思しまどへど、かひなくて日ごろになれば、いかがはせ むとて鳥辺野に率てたてまつるほど、いみじげなること多 かり。 こなたかなたの御送りの人ども、寺々の念仏僧など、そこ ら広き野に所もなし。 院をばさらにも申さず、后の宮春宮な どの御使、さらぬ所どころのも参りちがひて、飽かずいみじ き御とぶらひを聞こえたまふ。 大臣はえ立ち上りたまはず。 と恥ぢ泣きたまふを、ここらの人悲しう見たて まつる。 夜もすがらいみじうののしりつる儀式なれど、いと もはかなき御骨ばかりを御なごりにて、暁深く帰りたまふ。 常のことなれど、人ひとりか、あまたしも見たまはぬことな ればにや、たぐひなく思し焦がれたり。 八月廿余日の有明な れば、空のけしきもあはれ少なからぬに、大臣の闇にくれま どひたまへるさまを見たまふもことわりにいみじければ、空 のみながめられたまひて、 源氏、葵の上の死去を哀悼する 殿におはし着きて、つゆまどろまれたまは ず。 年ごろの御ありさまを思し出でつつ、 など、悔しきこと多 く思しつづけらるれど、かひなし。 鈍める御衣奉れるも、夢 の心地して、我先立たましかば、深くぞ染めたまはまし、と 思すさへ、 とて念誦したまへるさま、いとどなまめかしさまさりて、経 忍びやかに読みたまひつつ、とうちのた まへる、行ひ馴れたる法師よりはけなり。 若君を見たてまつ りたまふにも、と、いとど露けけれど、かか る形見さへなからましかば、と思し慰さむ。 宮は沈み入りて、そのままに起き上りたまはず、危ふげに 見えたまふを、また思し騒ぎて御祈祷などせさせたまふ。 はかなう過ぎゆけば、御法事のいそぎなどせさせたまふも、 思しかけざりし事なれば、尽きせずいみじうなむ。 なのめに かたほなるをだに、人の親はいかが思ふめる。 ましてことわ りなり。 またたぐひおはせぬをだにさうざうしく思しつるに、 袖の上の玉の砕けたりけむよりもあさましげなり。 大将の君は、二条院にだに、あからさまにも渡りたまはず、 あはれに心深う思ひ嘆きて、行ひをまめにしたまひつつ明か し暮らしたまふ。 所どころには御文ばかりぞ奉りたまふ。 かの御息所は、斎宮は左衛門の司に入りたまひにければ、 いとどいつくしき御浄まはりにことつけて聞こえも通ひたま はず。 うしと思ひしみにし世もなべて厭はしうなりたまひて、 かかる絆だに添はざらましかば、願はしきさまにもなりなま し、と思すには、まづ対の姫君のさうざうしくてものしたま ふらむありさまぞ、ふと思しやらるる。 夜は御帳の内に独り臥したまふに、宿直の人々は近うめぐ りてさぶらへど、かたはらさびしくて、と寝 覚めがちなるに、声すぐれたるかぎり選りさぶらはせたまふ 念仏の暁方など忍びがたし。 源氏と御息所和歌を贈答、ともに思い悩む 深き秋のあはれまさりゆく風の音身にしみ けるかな、とならはぬ御独り寝に、明かし かねたまへる朝ぼらけの霧りわたれるに、 菊のけしきばめる枝に、濃き青鈍の紙なる文つけて、さし置 きて往にけり。 とて見たまへば、御息所 の御手なり。 とあり。 と、さすがに置きがたう見たまふ ものから、つれなの御とぶらひや、と心うし。 さりとて、か き絶え音なうきこえざらむもいとほしく、人の御名の朽ちぬ べきことを思し乱る。 過ぎにし人は、とてもかくても、さる べきにこそはものしたまひけめ、何にさる事をさださだとけ ざやかに見聞きけむと悔しきは、わが御心ながらなほえ思し なほすまじきなめりかし。 斎宮の御浄まはりもわづらはしく やなど、久しう思ひわづらひたまへど、わざとある御返りな くは情なくやとて、紫のにばめる紙に、と 聞こえたまへり。 里におはするほどなりければ、忍びて見たまひて、ほのめ かしたまへる気色を心の鬼にしるく見たまひて、さればよ、 と思すもいといみじ。 なほいと限りなき身のうさなりけり。 かやうなる聞こえありて、院にもいかに思さむ、故前坊の同 じき御はらからといふ中にも、いみじう思ひかはしきこえさ せたまひて、この斎宮の御ことをも、懇に聞こえつけさせた まひしかば、など常にのたまはせて、と たびたび聞こえさせたまひしをだに、いとあるまじきことと 思ひ離れにしを、かく心より外に、若々しきもの思ひをして、 つひにうき名をさへ流しはてつべきこと、と思し乱るるに、 なほ例のさまにもおはせず。 さるは、おほかたの世につけて、 心にくくよしある聞こえありて、昔より名高くものしたまへ ば、野宮の御移ろひのほどにも、をかしう今めきたる事多く しなして、殿上人どもの好ましきなどは、朝夕の露分け歩く をそのころの役になむする、など聞きたまひても、大将の君 は、と、さすがに思されけり。 時雨する日源氏・三位中将・大宮の傷心の歌 御法事など過ぎぬれど、正日まではなほ籠 りおはす。 ならはぬ御つれづれを心苦しが りたまひて、三位中将は常に参りたまひつ つ、世の中の御物語など、まめやかなるも、また例の乱りが はしきことをも聞こえ出でつつ慰めきこえたまふに、かの内 侍ぞうち笑ひたまふくさはひにはなるめる。 大将の君は、と諫めた まふものから、常にをかしと思したり。 かの十六夜のさやか ならざりし秋の事など、さらぬも、さまざまのすき事どもを かたみに隈なく言ひあらはしたまふ。 はてはては、あはれな る世を言ひ言ひてうち泣きなどもしたまひけり。 時雨うちしてものあはれなる暮つ方、中将の君、鈍色の直- 衣、指貫うすらかに更衣して、いとををしうあざやかに心恥 づかしきさまして参りたまへり。 君は、西の妻の高欄にお しかかりて霜枯の前栽見たまふほどなりけり。 風荒らかに吹 き時雨さとしたるほど、涙もあらそふ心地して、とうち独りごちて頬杖つ きたまへる御さま、女にては、見棄てて亡くならむ魂必ず とまりなむかしと、色めかしき心地にうちまもられつつ、近 うついゐたまへれば、しどけなくうち乱れたまへるさまなが ら、紐ばかりをさしなほしたまふ。 これは、いますこし濃や かなる夏の御直衣に、紅の艶やかなるひきかさねてやつれた まへるしも、見ても飽かぬ心地ぞする。 中将も、いとあはれ なるまみにながめたまへり。 と独り言のやうなるを、 とのたまふ御気色も浅からぬほどしるく見ゆれば、と見知るに、いよいよ口惜しうおぼゆ。 よろづにつけて 光失せぬる心地して、屈じいたかりけり。 枯れたる下草の中に、龍胆、撫子などの咲き出でたるを折 らせたまひて、中将の立ちたまひぬる後に、若君の御乳母の 宰相の君して、 と聞こえたまへり。 げに何心 なき御笑顔ぞいみじううつくしき。 宮は、吹く風につけてだ に木の葉よりけにもろき御涙は、まして取りあへたまはず。 源氏、時雨につけ、朝顔の姫君と歌を贈答 なほいみじうつれづれなれば、朝顔の宮に、 今日のあはれはさりとも見知りたまふらむ と推しはからるる御心ばへなれば、暗きほ どなれど聞こえたまふ。 絶え間遠けれど、さのものとなりに たる御文なれば咎なくて御覧ぜさす。 空の色したる唐の紙に、 とあり。 御手などの心とどめて書きたまへる、 常よりも見どころありて、と人々 も聞こえ、みづからも思されければ、とて、 とのみ、ほのかなる墨つきにて思ひなし心にくし。 何ごとに つけても、見まさりは難き世なめるを、つらき人しもこそと、 あはれにおぼえたまふ人の御心ざまなる。 つれなながら、さ るべきをりをりのあはれを過ぐしたまはぬ、これこそかたみ に情も見はつべきわざなれ、なほゆゑづきよし過ぎて、人目 に見ゆばかりなるは、あまり の難も出で来けり。 対の姫君 をさは生ほしたてじ、と思す。 つれづれにて恋しと思ふらむ かし、と忘るるをりなけれど、 ただ女親なき子を置きたらむ心地して、見ぬほど、うしろめ たく、いかが思ふらむとおぼえぬぞ心やすきわざなりける。 女房ら、源氏との別離近きを悲しむ 暮れはてぬれば、御殿油近くまゐらせたま ひて、さるべきかぎりの人々、御前にて物- 語などせさせたまふ。 中納言の君といふは、 年ごろ忍び思ししかど、この御思ひのほどは、なかなかさや うなる筋にもかけたまはず。 あはれなる御心かなと見たてま つる。 おほかたには、なつかしううち語らひたまひて、とのたまへば、いとどみな泣きて、 と聞こえもやらず。 あはれ、と見わ たしたまひて、とて、灯をうちながめたまへるまみ のうち濡れたまへるほどぞめでたき。 とり分きてらうたくしたまひし小さき童の、親どももなく いと心細げに思へる、ことわりに見たまひて、とのたまへば、いみじう 泣く。 ほどなき衵、人よりは黒う染めて、黒き汗衫、萱草の 袴など着たるも、をかしき姿なり。 など、みな心長かるべきことどもをのたまへど、 と思ふに、いとど 心細し。 大殿は、人々に、際々、ほどをおきつつ、はかなき もて遊び物ども、またまことにかの御形見なるべき物など、 わざとならぬさまに取りなしつつ、みな配らせたまひけり。 源氏参院、涙ながらに左大臣家を辞去 君は、かくてのみもいかでかはつくづくと 過ぐしたまはむとて、院へ参りたまふ。 御- 車さし出でて、御前など参り集まるほど、 をり知り顔なる時雨うちそそきて、木の葉さそふ風あわたた しう吹きはらひたるに、御前にさぶらふ人々、ものいと心細 くて、すこし隙ありつる袖ども湿ひわたりぬ。 夜さりは、や がて二条院に止まりたまふべしとて、侍ひの人々も、かしこ にて待ちきこえんとなるべし、おのおの立ち出づるに、今日 にしも閉ぢむまじきことなれど、またなくもの悲し。 大臣も 宮も、今日のけしきにまた悲しさあらためて思さる。 宮の御- 前に御消息聞こえたまへり。 とあれば、いとどしく宮は目も見えたまはず沈み入りて、御- 返りも聞こえたまはず。 大臣ぞやがて渡りたまへる。 いとた へがたげに思して、御袖もひき放ちたまはず。 見たてまつる 人々もいと悲し。 大将の君は、世を思しつづくることいとさまざまにて、泣 きたまふさまあはれに心深きものから、いとさまよくなまめ きたまへり。 大臣久しうためらひたまひて、と、せめ て思ひしづめてのたまふ気色いとわりなし。 君も、たびたび 鼻うちかみて、と聞こえたまふ。 とそそのかしき こえたまふ。 源氏去って左大臣家の寂寥いよいよ深まる うち見まはしたまふに、御几帳の背後、 障子のあなたなどの開き通りたるなどに、 女房三十人ばかりおしこりて、濃き薄き鈍- 色どもを着つつ、みないみじう心細げにてうちしほたれつつ ゐ集まりたるを、いとあはれと見たまふ。 とても、泣きたまひぬ。 とて出でたまふを、大臣見送りきこえたまひて、 入りたまへるに、御しつらひよりはじめ、ありしに変ること もなけれど、空蝉のむなしき心地ぞしたまふ。 御帳の前に御硯などうち散らして手習ひ棄てたまへるを取 りて、目をおししぼりつつ見たまふを、若き人々は、悲しき 中にもほほ笑むあるべし。 あはれなる古言ども、唐のも倭 のも書きけがしつつ、草にも真字にも、さまざまめづらしき さまに書きまぜたまへり。 と、空を 仰ぎてながめたまふ。 他人に見たてまつりなさむが惜しきな るべし。 「旧き枕故き衾、誰と共にか」とある所に、 また、「霜華白し」とある所に、 一日の花なるべし、枯れてまじれり。 宮に御覧ぜさせたまひて、と、御声もえ忍びあへたまは ず泣いたまふに、御前なるおとなおとなしき人など、いと悲 しくて、さとうち泣きたる、そぞろ寒き夕のけしきなり。 若き人々は、所どころに群れゐつつ、おのがどちあはれな ることどもうち語らひて、とて、おのおの、と言ふもあれば、かたみに別れ惜し むほど、おのがじしあはれなることども多かり。 源氏、桐壺院並びに藤壺の宮に参上する 院へ参りたまへれば、と心苦 しげに思しめして、御前にて物などまゐら せたまひて、とやかくやと思しあつかひきこえさせたまへる さま、あはれにかたじけなし。 中宮の御方に参りたまへれば、 人々めづらしがり見たてまつる。 命婦の君して、と御消息聞 こえたまへり。 とて、さらぬをりだにある御気色とり添へて、いと 心苦しげなり。 無紋の表の御衣に鈍色の御下襲、纓巻きたま へるやつれ姿、華やかなる御装ひよりもなまめかしさまさり たまへり。 春宮にも久しう参らぬおぼつかなさなど聞こえた まひて、夜更けてぞまかでたまふ。 源氏、二条院に帰り、紫の上の成人を知る 二条院には、方々払ひ磨きて、男女待ち きこえたり。 上臈どもみな参う上りて、我 も我もと装束き化粧じたるを見るにつけて も、かのゐ並み屈じたりつる気色どもぞあはれに思ひ出でら れたまふ。 御装束奉りかへて西の対に渡りたまへり。 更衣の 御しつらひ曇りなくあざやかに見えて、よき若人、童べのな り、姿めやすくととのへて、少納言がもてなし心もとなきと ころなう、心にくしと見たまふ。 姫君、いとうつくしうひきつくろひておはす。 とて、 小さき御几帳ひき上げて見たてまつりたまへば、うち側みて 恥ぢらひたまへる御さま飽かぬところなし。 灯影の御かたは ら目、頭つきなど、ただかの心尽くしきこゆる人に違ふとこ ろなくもなりゆくかな、と見たまふにいとうれし。 近く寄り たまひて、おぼつかなかりつるほどのことどもなと聞こえた まひて、と語らひきこえたまふを、少納言はうれしと聞く ものから、なほあやふく思ひきこゆ。 やむごとなき忍び所多 うかかづらひたまへれば、またわづらはしきや立ちかはりた まはむと思ふぞ、憎き心なるや。 御方に渡りたまひて、中将の君といふに、御足などまゐり すさびて、大殿籠りぬ。 あしたには、若君の御もとに御文奉 りたまふ。 あはれなる御返りを見たまふにも、尽きせぬこと どものみなむ。 源氏、紫の上と新枕をかわす いとつれづれにながめがちなれど、何とな き御歩きもものうく思しなられて思しも立 たれず。 姫君の何ごともあらまほしうとと のひはてて、いとめでたうのみ見えたまふを、似げなからぬ ほどにはた見なしたまへれば、けしきばみたることなど、を りをり聞こえ試みたまへど、見も知りたまはぬ気色なり。 つれづれなるままに、ただこなたにて碁打ち、偏つぎなど しつつ日を暮らしたまふに、心ばへのらうらうじく愛敬づき、 はかなき戯れごとの中にもうつくしき筋をし出でたまへば、 思し放ちたる年月こそ、たださる方のらうたさのみはありつ れ、忍びがたくなりて、心苦しけれど、いかがありけむ、人 のけぢめ見たてまつり分くべき御仲にもあらぬに、男君はと く起きたまひて、女君はさらに起きたまはぬあしたあり。 人- 人、と見たてまつり嘆くに、君は渡りたまふとて、 御硯の箱を御帳の内にさし入れておはしにけり。 人間に、か らうじて頭もたげたまへるに、ひき結びたる文御枕のもとに あり。 何心もなくひき開けて見たまへば、 と書きすさびたまへるやうなり。 かかる御心おはすらむとは かけても思し寄らざりしかば、などてかう心うかりける御心 をうらなく頼もしきものに思ひきこえけむ、とあさましう思 さる。 昼つ方渡りたまひて、とてのぞき たまへば、いよいよ御衣ひき被きて臥したまへり。 人々は退 きつつさぶらへば、寄りたまひて、とて、御衾をひきやりたまへれば、汗 におし漬して、額髪もいたう濡れたまへり。 とて、よろづにこしらへ きこえたまへど、まことにいとつらしと思ひたまひて、つゆ の御いらへもしたまはず。 など怨じたまひて、御硯開けて見た まへど物もなければ、とらうたく見た てまつりたまひて、日ひと日入りゐて慰めきこえたまへど、 解けがたき御気色いとどらうたげなり。 源氏、三日夜の餠を紫の上に供する その夜さり、亥の子餠参らせたり。 かかる 御思ひのほどなれば、ことごとしきさまに はあらで、こなたばかりに、をかしげなる 檜破子などばかりをいろいろにて参れるを見たまひて、君、 南の方に出でたまひて、惟光を召して、と うちほほ笑みてのたまふ御気色 を、心とき者にて、ふと思ひ寄 りぬ。 惟光、たしかにもうけた まはらで、と、まめだちて申せば、とのたまふに、心得はてて立ちぬ。 もの馴れの さまや、と君は思す。 人にも言はで、手づからといふばかり、 里にてぞ作りゐたりける。 君は、こしらへわびたまひて、今はじめ盗みもて来たらむ 人の心地するもいとをかしくて、と 思さる。 のたまひし餠、忍びていたう夜更かして持て参れり。 少納- 言は大人しくて、恥づかしくや思さむ、と思ひやり深く心し らひて、むすめの弁といふを呼び出でて、とて、香壼の箱を一つさし入れたり。 と言えば、あやし、と思へど、とて取れば、と言ふ。 若き人に て、けしきもえ深く思ひよらねば、持て参りて、御枕上の御- 几帳よりさし入れたるを、君ぞ、例の、聞こえ知らせたまふ らむかし。 人はえ知らぬに、つとめて、この箱をまかでさせたまへる にぞ、親しきかぎりの人々思ひあはすることどもありける。 御皿どもなど、何時の間にかし出でけむ、華足いときよらに して、餠のさまもことさらび、いとをかしうととのへたり。 小納言は、いとかうしもや、とこそ思ひきこえさせつれ、あ はれにかたじけなく、思したらぬことなき御心ばへを、ま づうち泣かれぬ。 とささめきあへり。 紫の上と新枕の後の源氏の感懐 かくて後は、内裏にも院にも、あからさま に参りたまへるほどだに、静心なく面影に 恋しければ、あやしの心や、と我ながら思 さる。 通ひたまひし所どころよりは、怨めしげにおどろかし きこえたまひなどすれば、いとほしと思すもあれど、新手枕 の心苦しくて、と思しわづらはるれば、い とものうくて、悩ましげにのみもてなしたまひて、とのみ答へたまひつつ過ぐしたまふ。 今后は、御厘殿なほこの大将にのみ心つけたまへるを、 など大臣のたまふ に、いと憎しと思ひきこえたまひて、と、参らせたて まつらむことを、思しはげむ。 君も、おしなべてのさまには おぼえざりしを、口惜しとは思せど、ただ今は異ざまに分く る御心もなくて、と、いとど あやふく思し懲りにたり。 かの御息所はいといとほしけれど、まことのよるべと頼み きこえむには必ず心おかれぬべし、年ごろのやうにて見過ぐ したまはば、さるべきをりふしにもの聞こえあはする人にて はあらむなど、さすがに事の外には思し放たず。 この姫君を、と思ほしなり て、御裳着のこと、人にあまねくはのたまはねど、なべてな らぬさまに思しまうくる御用意など、いとあり難けれど、女- 君はこよなう疎みきこえたまひて、と、 悔しうのみ思して、さやかにも見あはせたてまつりたまはず、 聞こえ戯れたまふも、いと苦しうわりなきものに思し結ぼほ れて、ありしにもあらずなりたまへる御ありさまを、をかし うもいとほしうも思されて、と恨みきこえたま ふほどに、年も返りぬ。 源氏、参賀の後、左大臣家を訪れる 朔日は、例の、院に参りたまひてぞ、内- 裏、春宮などにも参りたまふ。 それより大- 殿にまかでたまへり。 大臣、新しき年とも 言はず、昔の御ことども聞こえ出でたまひて、さうざうしく 悲しと思すに、いとど、かくさへ渡りたまへるにつけて、念 じ返したまへどたへがたう思したり。 御年の加はるけにや、 ものものしき気さへ添ひたまひて、ありしよりけにきよらに 見えたまふ。 立ち出でて御方に入りたまへれば、人々もめづ らしう見たてまつりて忍びあへず。 若君見たてまつりたまへ ば、こよなうおよすけて、わらひがちにおはするもあはれな り。 まみ、口つき、ただ春宮の御同じさまなれば、人もこそ 見たてまつりとがむれ、と見たまふ。 御しつらひなども変ら ず、御衣掛の御装束など、例のやうにし懸けられたるに、女 のが並ばぬこそさうざうしくはえなけれ。 宮の御消息にて、など聞こえたまひて、 とて、いみじ くし尽くしたまへるものど も、また重ねて奉れたまへり。 必ず今日奉るべきと思しける 御下襲は、色も織りざまも世 の常ならず心ことなるを、か ひなくやは、とて着かへたま ふ。 来ざらましかば口惜しう思さまし、と心苦し。 御返りに は、と聞こえたまへり。 御返り、 おろかなるべきことにぞあらぬや。

次の

蓬生(源氏物語)|新編 日本古典文学全集|小学館

源氏物語 車争ひ ものも

Genji Monogatari. Heartvine 源氏物語 桐壺帝譲位後の源氏と藤壺の宮 Heartvine 世の中変りて後、よろづものうく思され、 御身のやむごとなさも添ふにや、軽々しき 御忍び歩きもつつましうて、ここもかしこ も、おぼつかなさの嘆きを重ねたまふ報いにや、なほ我につ れなき人の御心を尽きせずのみ思し嘆く。 今は、まして隙な う、ただ人のやうにて添ひおはしますを、今后は心やましう 思すにや、内裏にのみさぶらひたまへば、立ち並ぶ人なう心 やすげなり。 をりふしに従ひては、御遊びなどを好ましう世 の響くばかりせさせたまひつつ、今の御ありさましもめでた し。 ただ、春宮をぞいと恋しう思ひきこえたまふ。 御後見の なきをうしろめたう思ひきこえて、大将の君によろづ聞こえ つけたまふも、かたはらいたきものからうれしと思す。 伊勢下向を思案する御息所と源氏の心境 まことや、かの六条御息所の御腹の前坊の 姫宮斎宮にゐたまひにしかば、大将の御心 ばへもいと頼もしげなきを、幼き御ありさ まのうしろめたさにことつけて、下りやしなましと、かねて より思しけり。 院にも、かかることなむと聞こしめして、 な ど、御気色あしければ、わが御心地にもげにと思ひ知らるれ ば、かしこまりてさぶらひたまふ。 とのたまはするにも、けしからぬ心のおほけなさを聞 こしめしつけたらむ時と、恐ろしければ、かしこまりてまか でたまひぬ。 また、かく院にも聞こしめしのたまはするに、人の御名も わがためも、すきがましう、いとほしきに、いとどやむごと なく心苦しき筋には思ひきこえたまへど、まだあらはれては わざともてなしきこえたまはず。 女も、似げなき御年のほど を恥づかしう思して心とけたまはぬ気色なれば、それにつつ みたるさまにもてなして、院に聞こしめし入れ、世の中の人 も知らぬなくなりにたるを、深うしもあらぬ御心のほどを、 いみじう思し嘆きけり。 朝顔の姫君の深慮 葵の上の懐妊 かかることを聞きたまふにも、朝顔の姫君 は、いかで人に似じ、と深う思せば、はか なきさまなりし御返りなどもをさをさなし。 さりとて、人憎くはしたなくはもてなしたまはぬ御気色を、 君も、なほことなりと、思しわたる。 大殿には、かくのみ定めなき御心を心づきなしと思せど、 あまりつつまぬ御気色の言ふかひなければにやあらむ、深う も怨じきこえたまはず。 心苦しきさまの御心地に悩みたまひ てもの心細げにおぼいたり。 めづらしくあはれと思ひきこえ たまふ。 誰も誰もうれしきものからゆゆしう思して、さまざ まの御つつしみせさせたてまつりたまふ。 かやうなるほど、 いとど御心の暇なくて、思しおこたるとはなけれど、とだえ 多かるべし。 新斎院御禊の日、葵の上物見に出る そのころ、斎院もおりゐたまひて、后腹の 女三の宮ゐたまひぬ。 帝后いとことに思 ひきこえたまへる宮なれば、筋異になりた まふをいと苦しう思したれど、他宮たちのさるべきおはせず。 儀式など、常の神事なれど、厳しうののしる。 祭のほど、限 りある公事に添ふこと多く、見どころこよなし。 人柄と見え たり。 御禊の日、上達部など数定まりて仕うまつりたまふわ ざなれど、おぼえことに、容貌あるかぎり、下襲の色、表袴 の紋、馬、鞍までみなととのへたり、とりわきたる宣旨にて、 大将の君も仕うまつりたまふ。 かねてより物見車心づかひし けり。 一条の大路所なくむくつけきまで騒ぎたり。 所どころ の御桟敷、心々にし尽くしたるしつらひ、人の袖口さへいみ じき見物なり。 大殿には、かやうの御歩きもをさをさしたまはぬに、御心- 地さへ悩ましければ、思しかけざりけるを、若き人々、と言ふを、 大宮聞こしめして、とて、にはかにめぐらし仰せた まひて見たまふ。 葵の上の一行、御息所の車に乱暴をする 日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまに て出でたまへり。 隙もなう立ちわたりたる に、よそほしうひきつづきて立ちわづらふ。 よき女房車多くて、雑々の人なき隙を思ひ定めてみなさし 退けさする中に、網代のすこし馴れたるが、下簾のさまなど よしばめるに、いたうひき入りて、ほのかなる袖口、裳の裾、 汗衫など、物の色いときよらにて、ことさらにやつれたるけ はひしるく見ゆる車二つあり。 と、口強くて手触れさ せず。 いづ方にも、若き者ども酔ひすぎ立ち騒ぎたるほどの ことは、えしたためあへず。 おとなおとなしき御前の人々は、 などいへど、え止めあへず。 斎宮の御母御息所、もの思し乱るる慰めにもやと、忍びて 出でたまへるなりけり。 つれなしづくれど、おのづから見知 りぬ。 など言ふを、その御方の人もまじれ れば、いとほしと見ながら、用意せむもわづらはしければ、 知らず顔をつくる。 つひに御車ども立てつづけつれば、副車 の奥に押しやられてものも見えず。 心やましきをばさるもの にて、かかるやつれをそれと知られぬるが、いみじうねたき こと限りなし。 榻などもみな押し折られて、すずろなる車の 筒にうちかけたれば、またなう人わろく、悔しう何に来つら ん、と思ふにかひなし。 ものも見で帰らんとしたまへど、通り出でん隙もなきに、 「事なりぬ」と言へば、さすがにつらき人の御前渡りの待た るるも心弱しや。 笹の隈にだにあらねばにや、つれなく過ぎ たまふにつけても、なかなか御心づくしなり。 げに、常より も好みととのへたる車どもの、我も我もと乗りこぼれたる下- 簾の隙間どもも、さらぬ顔なれど、ほほゑみつつ後目にとど めたまふもあり。 大殿のはしるければ、まめだちて渡りたま ふ。 御供の人々うちかしこまり、心ばへありつつ渡るを、お し消たれたるありさまこよなう思さる。 と、涙のこぼるるを人の見るもはしたなけれど、目もあやな る御さま、容貌のいとどしう、出でばえを見ざらましかば、 と思さる。 見物の人々源氏の美しさを賛嘆する ほどほどにつけて、装束、人のありさまい みじくととのへたりと見ゆる中にも、上達- 部はいとことなるを、一所の御光にはおし 消たれためり。 大将の御かりの随身に殿上の将監などのする ことは常のことにもあらず、めづらしき行幸などのをりのわ ざなるを、今日は右近の蔵人の将監仕うまつれり。 さらぬ御- 随身どもも、容貌、姿まばゆくととのへて、世にもてかしづ かれたまへるさま、木草もなびかぬはあるまじげなり。 壼装- 束などいふ姿にて、女房のいやしからぬや、また尼などの世 を背きけるなども、倒れまろびつつ物見に出でたるも、例は、 あながちなりや、あな憎、と見ゆるに、今日はことわりに、 口うちすげみて、髪着こめたるあやしの者どもの、手をつく りて額にあてつつ見たてまつり上げたるもをこがましげなる。 賤の男まで、おのが顔のならむさまをば知らで笑みさかえた り。 何とも見入れたまふまじきえせ受領のむすめなどさへ、 心の限り尽くしたる車どもに乗り、さまことさらび、心化粧 したるなむ、をかしきやう やうの見物なりける。 まし て、ここかしこにうち忍び て通ひたまふ所どころは、 人知れずのみ数ならぬ嘆き まさるも多かり。 式部卿宮、桟敷にてぞ見たまひける。 とゆ ゆしく思したり。 姫君は、年ごろ聞こえわたりたまふ御心ば への世の人に似ぬを、なのめならむにてだにあり、ましてか うしもいかで、と御心とまりけり。 いとど近くて見えむまで は思し寄らず。 若き人々は、聞きにくきまでめできこえあ へり。 源氏、葵の上と御息所の車争いを耳にする 祭の日は、大殿には物見たまはず。 大将の 君、かの御車の所争ひをまねびきこゆる人 ありければ、いといとほしう、うしと思し て、といとほ しくて、参うでたまへりけれど、斎宮のまだ本の宮におはし ませば、榊の憚りにことつけて、心やすくも対面したまはず。 ことわりとは思しながら、とうちつぶやかれたまふ。 祭りの日、源氏、紫の上と物見に出る 今日は、二条院に離れおはして、祭見に出 でたまふ。 西の対に渡りたまひて、惟光に 車のこと仰せたり。 とのたまひて、姫君のいとうつくしげにつくろひたてておは するをうち笑みて見たてまつりたまふ。 とて、御髪の常よりもきよらに見ゆ るをかき撫でたまひて、とて、暦の博士召して時刻問はせな どしたまふほどに、とて、童の姿 どものをかしげなるを御覧ず。 いとらうたげなる髪どもの末 はなやかに削ぎわたして、浮紋の表袴にかかれるほどけざや かに見ゆ。 とて、と削ぎわ づらひたまふ。 とて、 削ぎはてて、と祝ひきこえたまふを、少納言、あは れにかたじけなしと見たてまつる。 と聞こえたまへば、 と物に書きつけておはするさま、らうらうじきものから、若 うをかしきを、めでたしと思す。 源氏、好色女源典侍と歌の応酬をする 今日も所もなく立ちにけり。 馬場殿のほど に立てわづらひて、と やすらひたまふに、よろしき女車のいたう乗りこぼれたる より、扇をさし出でて人を招き寄せて、と聞こえたり。 いかなるすき者 ならむ、と思されて、所もげによきわたりなれば、ひき寄せ させたまひて、 とのたまへば、よしある扇の端を折りて、 とある手を思し出づれば、かの典侍なりけり。 と憎さに、はした なう、 女はつらしと思ひきこえけり。 と聞こゆ。 人とあひ乗りて簾をだに上げたまはぬを、心やま しう思ふ人多かり。 と推しはかりきこゆ。 とさうざうしく思せど、かやうにいと面なか らぬ人、はた人あひ乗りたまへるにつつまれて、はかなき御 いらへも心やすく聞こえんもまばゆしかし。 車争いのため、御息所のもの思い深まる 御息所は、ものを思し乱るること年ごろよ りも多く添ひにけり。 つらき方に思ひはて たまへど、今はとてふり離れ下りたまひな むはいと心細かりぬべく、世の人聞きも人わらへにならんこ とと思す。 さりとて立ちとまるべく思しなるには、かくこよ なきさまにみな思ひくたすべかめるも安からず、と、起き臥し思しわづらふけにや、御心地 も浮きたるやうに思されて、悩ましうしたまふ。 大将殿には、 下りたまはむことを、もて離れて、あるまじきことなども妨 げきこえたまはず、と聞こえかかづらひたまへば、 定めかねたまへる御心もや慰む、と立ち出でたまへりし御禊- 河の荒かりし瀬に、いとどよろづいとうく思し入れたり。 懐妊中の葵の上、物の怪に悩まされる 大殿には、御物の怪めきていたうわづらひ たまへば、誰も誰も思し嘆くに、御歩きな ど便なきころなれば、二条院にも時々ぞ渡 りたまふ。 さはいへど、やむごとなき方はことに思ひきこえ たまへる人の、めづらしきことさへ添ひたまへる御悩みなれ ば、心苦しう思し嘆きて、御修法や何やなど、わが御方にて 多く行はせたまふ。 物の怪、生霊などいふもの多く出で来て さまざまの名のりする中に、人にさらに移らず、ただみづか らの御身につと添ひたるさまにて、ことにおどろおどろしう わづらはしきこゆることもなけれど、また片時離るるをりも なきもの一つあり。 いみじき験者どもにも従はず、執念きけ しきおぼろけのものにあらずと見えたり。 大将の君の御通ひ 所ここかしこと思しあつるに、「この御息所、二条の君など ばかりこそは、おしなべてのさまには思したらざめれば、怨 みの心も深からめ」とささめきて、ものなど問はせたまへど、 さして聞こえあつることもなし。 物の怪とても、わざと深き 御敵と聞こゆるもなし。 過ぎにける御乳母だつ人、もしは親 の御方につけつつ伝はりたるものの、弱目に出で来たるなど、 むねむねしからずぞ乱れ現はるる。 ただ、つくづくと音をの み泣きたまひて、をりをりは胸をせき上げつついみじうたへ がたげにまどふわざをしたまへば、いかにおはすべきにかと、 ゆゆしう悲しく思しあわてたり。 院よりも御とぶらひ隙なく、御祈祷のことまで思し寄らせ たまふさまのかたじけなきにつけても、いとど惜しげなる人 の御身なり。 世の中あまねく惜しみきこゆるを聞きたまふに も、御息所はただならず思さる。 年ごろはいとかくしもあら ざりし御いどみ心を、はかなかりし所の車争ひに人の御心の 動きにけるを、かの殿には、さまでも思し寄らざりけり。 源氏、もの思いに乱れる御息所を訪問する かかる御もの思ひの乱れに御心地なほ例な らずのみ思さるれば、他所に渡りたまひて 御修法などせさせたまふ。 大将殿聞きたま ひて、いかなる御心地にかと、いとほしう、思し起こして渡 りたまへり。 例ならぬ旅所なればいたう忍びたまふ。 心より 外なる怠りなど罪ゆるされぬべく聞こえつづけたまひて、悩 みたまふ人の御ありさまもうれへきこえたまふ。 など語らひきこえたまふ。 常よりも心苦しげなる御気- 色をことわりにあはれに見たてまつりたまふ。 うちとけぬ朝ぼらけに出でたまふ御さまのをかしきにも、 なほふり離れなむことは思し返さる。 やむごとなき方に、 いとど心ざし添ひたまふべきことも出で来にたれば、ひとつ 方に思ししづまりたまひなむを、かやうに待ちきこえつつあ らむも心のみ尽きぬべきこと、なかなかもの思ひのおどろか さるる心地したまふに、御文ばかりぞ暮つ方ある。 とあるを、例のこと つけと見たまふものから、 とぞある。 御手はなほここらの人 の中にすぐれたりかし、と見たまひつつ、いかにぞやもある 世かな、心も容貌もとりどりに、棄つべくもなく、また思ひ 定むべきもなきを苦しう思さる。 御返り、いと暗うなりにた れど、など あり。 御息所、物の怪となって葵の上を苦しめる 大殿には、御物の怪いたう起こりていみじ うわづらひたまふ。 この御生霊、故父大臣 の御霊など言ふものありと聞きたまふにつ けて、思しつづくれば、身ひとつのうき嘆きよりほかに人を あしかれなど思ふ心もなけれど、もの思ひにあくがるなる 魂は、さもやあらむと思し知らるることもあり。 年ごろ、 よろづに思ひ残すことなく過ぐしつれどかうしも砕けぬを、 はかなき事のをりに、人の思ひ消ち、無きものにもてなすさ まなりし御禊の後、一ふしに思し浮かれにし心鎮まりがたう 思さるるけにや、すこしうちまどろみたまふ夢には、かの姫- 君と思しき人のいときよらにてある所に行きて、とかく引き まさぐり、現にも似ず、猛くいかきひたぶる心出で来て、う ちかなぐるなど見えたまふこと度重なりにけり。 あな心うや、 げに身を棄ててや往にけむと、うつし心ならずおぼえたまふ をりをりもあれば、さならぬことだに、人の御ためには、よ さまのことをしも言ひ出でぬ世なれば、ましてこれはいとよ う言ひなしつべきたよりなり、と思すに、いと名立たしう、 と思し返 せど、「思ふもものを」なり。 斎宮は、去年内裏に入りたまふべかりしを、さまざまさは ることありて、この秋入りたまふ。 九月には、やがて野宮に 移ろひたまふべければ、二度の御祓のいそぎとり重ねてある べきに、ただあやしうほけほけしうて、つくづくと臥し悩み たまふを、宮人いみじき大事にて、御祈祷などさまざま仕う まつる。 おどろおどろしきさまにはあらず、そこはかとなく て月日を過ぐしたまふ。 大将殿も常にとぶらひきこえたまへ ど、まさる方のいたうわづらひたまへば、御心のいとまなげ なり。 源氏、不意に御息所の物の怪と対面する まださるべきほどにもあらず、と皆人もた ゆみたまへるに、にはかに御気色ありて悩 みたまへば、いとどしき御祈祷数を尽くし てせさせたまへれど、例の執念き御物の怪ひとつさらに動か ず。 やむごとなき験者ども、めづらかなりともてなやむ。 さ すかにいみじう調ぜられて、心苦しげに泣きわびて、との たまふ。 「さればよ。 あるやうあらん」とて、近き御几帳のも とに入れたてまつりたり。 むげに限りのさまにものしたまふ を、聞こえおかまほしきこともおはするにやとて、大臣も宮 もすこし退きたまへり。 加持の僧ども声静めて法華経を読み たる、いみじう尊し。 御几帳の帷子ひき上げて見たてまつり たまへば、いとをかしげにて、御腹はいみじう高うて臥した まへるさま、よそ人だに見たてまつらむに心乱れぬべし。 ま して惜しう悲しう思す、ことわりなり。 白き御衣に、色あひ いと華やかにて、御髪のいと長うこちたきをひき結ひてうち 添へたるも、かうてこそらうたげになまめきたる方添ひてを かしかりけれと見ゆ。 御手をとらへて、とて、ものも聞こえたまはず泣き たまへば、例はいとわづらはしう恥づかしげなる御まみを、 いとたゆげに見上げてうちまもりきこえたまふに、涙のこぼ るるさまを見たまふは、いかがあはれの浅からむ。 あまりいたう泣きたまへば、心苦しき親たちの御ことを思 し、またかく見たまふにつけて口惜しうおぼえたまふにやと 思して、と慰めたまふに、 とな つかしげに言ひて、 とのたまふ声、けはひ、その人にもあらず変りたまへり。 い とあやしと思しめぐらすに、ただかの御息所なりけり。 あさ ましう、人のとかく言ふを、よからぬ者どもの言ひ出づるこ とと聞きにくく思してのたまひ消つを、目に見す見す、世に はかかることこそはありけれと、うとましうなりぬ。 と思されて、とのたまへば、ただそれなる御ありさまに、 あさましとは世の常なり。 人々近う参るもかたはらいたう思 さる。 葵の上、男子出産 御息所の苦悩深し すこし御声も静まりたまへれば、隙おはす るにやとて、宮の御湯持て寄せたまへるに、 かき起こされたまひて、ほどなく生まれた まひぬ。 うれしと思すこと限りなきに、人に駆り移したまへ る御物の怪どもねたがりまどふけはひいともの騒がしうて、 後のことまたいと心もとなし。 言ふ限りなき願ども立てさせ たまふけにや、たひらかに事なりはてぬれば、山の座主、何 くれやむごとなき僧ども、したり顔に汗おし拭ひつつ急ぎま かでぬ。 多くの人の心を尽くしつる日ごろのなごりすこしう ちやすみて、今はさりともと思す。 御修法などは、またまた 始め添へさせたまへど、まづは興あり、めづらしき御かしづ きに、皆人ゆるべり。 院をはじめたてまつりて、親王たち、 上達部残るなき産養どものめづらかに厳しきを、夜ごとに見 ののしる。 男にてさへおはすれば、そのほどの作法にぎはは しくめでたし。 かの御息所は、かかる御ありさまを聞きたまひても、ただ ならず。 かねてはいとあ やふく聞こえしを、たひ らかにもはた、とうち思 しけり。 あやしう、我に もあらぬ御心地を思しつ づくるに、御衣などもただ芥子の香にしみかへりたる、あや しさに、御沮参り、御衣着かへなどしたまひて試みたまへど、 なほ同じやうにのみあれば、わが身ながらだにうとましう思 さるるに、まして人の言ひ思はむことなど、人にのたまふべ きことならねば、心ひとつに思し嘆くに、いとど御心変りも まさりゆく。 大将殿は、心地すこしのどめたまひて、あさま しかりしほどの問はず語りも心うく思し出でられつつ、いと ほど経にけるも心苦しう、またけ近う見たてまつらむには、 いかにぞや、うたておぼゆべきを、人の御ためいとほしうよ ろづに思して、御文ばかりぞありける。 いたうわづらひたまひし人の、御なごりゆゆしう、心ゆる びなげに誰も思したれば、ことわりにて御歩きもなし。 なほ いと悩ましげにのみしたまへば、例のさまにてもまだ対面し たまはず。 若君のいとゆゆしきまで見えたまふ御ありさまを、 今からいとさまことにもてかしづききこえたまふさまおろか ならず、事あひたる心地して、大臣もうれしういみじと思ひ きこえたまへるに、ただこの御心地おこたりはてたまはぬを 心もとなく思せど、さばかりいみじかりしなごりにこそはと 思して、いかでかはさのみは心をもまどはしたまはん。 源氏、左大臣家の人々、すべて参内する 若君の御まみのうつくしさなどの、春宮に いみじう似たてまつりたまへるを見たてま つりたまひても、まづ恋しう思ひ出でられ させたまふに、忍びがたくて、参りたまはむとて、と恨みきこえたまへれ ば、とて、臥したまへる所に御座近う参りたれば、入り てものなど聞こえたまふ。 御答へ時々聞こえたまふも、なほ いと弱げなり。 されど、むげに亡き人と思ひきこえし御あり さまを思し出づれば夢の心地して、ゆゆしかりしほどの事ど もなど聞こえたまふついでにも、かのむげに息も絶えたるや うにおはせしが、ひき返しつぶつぶとのたまひしことども思 し出づるに心うければ、とて、などさへあつかひきこえたまふを、何時ならひた まひけんと、人々あはれがりきこゆ。 いとをかしげなる人の、いたう弱りそこなはれて、あるか なきかの気色にて臥したまへるさま、いとらうたげに心苦し げなり。 御髪の乱れたる筋もなく、はらはらとかかれる枕の ほど、ありがたきまで見ゆれば、年ごろ何ごとを飽かぬこと ありて思ひつらむと、あやしきまでうちまもられたまふ。 など聞こえおきたまひて、いときよげにうち装束きて出でた まふを、常よりは目とどめて見出だして臥したまへり。 秋の司召あるべき定めにて、大殿も参りたまへば、君たち も功労望みたまふことどもありて、殿の御あたり離れたまは ねば、みなひき続き出でたまひぬ。 留守中に葵の上急逝、その葬送を行なう 殿の内人少なにしめやかなるほどに、には かに、例の御胸をせき上げていといたうま どひたまふ。 内裏に御消息聞こえたまふほ どもなく絶え入りたまひぬ。 足を空にて誰も誰もまかでたま ひぬれば、除目の夜なりけれど、かくわりなき御さはりなれ ば、みな事破れたるやうなり。 ののしり騒ぐほど、夜半ばか りなれば、山の座主、何くれの僧都たちもえ請じあへたまは ず。 今はさりともと思ひたゆみたりつるに、あさましければ、 殿の内の人、物にぞ当る。 所どころの御とぶらひの使など立 ちこみたれどえ聞こえつがず、揺りみちて、いみじき御心ま どひどもいと恐ろしきまで見えたまふ。 御物の怪のたびたび 取り入れたてまつりしを思して、御枕などもさながら二三日 見たてまつりたまへど、やうやう変りたまふことどものあれ ば、限りと思しはつるほど、誰も誰もいといみじ。 大将殿は、悲しきことに事を添へて、世の中をいとうきも のに思ししみぬれば、ただならぬ御あたりのとぶらひどもも 心うしとのみぞなべて思さるる。 院に思し嘆きとぶらひきこ えさせたまふさま、かへりて面だたしげなるを、うれしき瀬 もまじりて、大臣は御涙のいとまなし。 人の申すに従ひて、 厳しきことどもを、生きや返りたまふと、さまざまに残るこ となく、かつ損はれたまふことどものあるを見る見るも尽き せず思しまどへど、かひなくて日ごろになれば、いかがはせ むとて鳥辺野に率てたてまつるほど、いみじげなること多 かり。 こなたかなたの御送りの人ども、寺々の念仏僧など、そこ ら広き野に所もなし。 院をばさらにも申さず、后の宮春宮な どの御使、さらぬ所どころのも参りちがひて、飽かずいみじ き御とぶらひを聞こえたまふ。 大臣はえ立ち上りたまはず。 と恥ぢ泣きたまふを、ここらの人悲しう見たて まつる。 夜もすがらいみじうののしりつる儀式なれど、いと もはかなき御骨ばかりを御なごりにて、暁深く帰りたまふ。 常のことなれど、人ひとりか、あまたしも見たまはぬことな ればにや、たぐひなく思し焦がれたり。 八月廿余日の有明な れば、空のけしきもあはれ少なからぬに、大臣の闇にくれま どひたまへるさまを見たまふもことわりにいみじければ、空 のみながめられたまひて、 源氏、葵の上の死去を哀悼する 殿におはし着きて、つゆまどろまれたまは ず。 年ごろの御ありさまを思し出でつつ、 など、悔しきこと多 く思しつづけらるれど、かひなし。 鈍める御衣奉れるも、夢 の心地して、我先立たましかば、深くぞ染めたまはまし、と 思すさへ、 とて念誦したまへるさま、いとどなまめかしさまさりて、経 忍びやかに読みたまひつつ、とうちのた まへる、行ひ馴れたる法師よりはけなり。 若君を見たてまつ りたまふにも、と、いとど露けけれど、かか る形見さへなからましかば、と思し慰さむ。 宮は沈み入りて、そのままに起き上りたまはず、危ふげに 見えたまふを、また思し騒ぎて御祈祷などせさせたまふ。 はかなう過ぎゆけば、御法事のいそぎなどせさせたまふも、 思しかけざりし事なれば、尽きせずいみじうなむ。 なのめに かたほなるをだに、人の親はいかが思ふめる。 ましてことわ りなり。 またたぐひおはせぬをだにさうざうしく思しつるに、 袖の上の玉の砕けたりけむよりもあさましげなり。 大将の君は、二条院にだに、あからさまにも渡りたまはず、 あはれに心深う思ひ嘆きて、行ひをまめにしたまひつつ明か し暮らしたまふ。 所どころには御文ばかりぞ奉りたまふ。 かの御息所は、斎宮は左衛門の司に入りたまひにければ、 いとどいつくしき御浄まはりにことつけて聞こえも通ひたま はず。 うしと思ひしみにし世もなべて厭はしうなりたまひて、 かかる絆だに添はざらましかば、願はしきさまにもなりなま し、と思すには、まづ対の姫君のさうざうしくてものしたま ふらむありさまぞ、ふと思しやらるる。 夜は御帳の内に独り臥したまふに、宿直の人々は近うめぐ りてさぶらへど、かたはらさびしくて、と寝 覚めがちなるに、声すぐれたるかぎり選りさぶらはせたまふ 念仏の暁方など忍びがたし。 源氏と御息所和歌を贈答、ともに思い悩む 深き秋のあはれまさりゆく風の音身にしみ けるかな、とならはぬ御独り寝に、明かし かねたまへる朝ぼらけの霧りわたれるに、 菊のけしきばめる枝に、濃き青鈍の紙なる文つけて、さし置 きて往にけり。 とて見たまへば、御息所 の御手なり。 とあり。 と、さすがに置きがたう見たまふ ものから、つれなの御とぶらひや、と心うし。 さりとて、か き絶え音なうきこえざらむもいとほしく、人の御名の朽ちぬ べきことを思し乱る。 過ぎにし人は、とてもかくても、さる べきにこそはものしたまひけめ、何にさる事をさださだとけ ざやかに見聞きけむと悔しきは、わが御心ながらなほえ思し なほすまじきなめりかし。 斎宮の御浄まはりもわづらはしく やなど、久しう思ひわづらひたまへど、わざとある御返りな くは情なくやとて、紫のにばめる紙に、と 聞こえたまへり。 里におはするほどなりければ、忍びて見たまひて、ほのめ かしたまへる気色を心の鬼にしるく見たまひて、さればよ、 と思すもいといみじ。 なほいと限りなき身のうさなりけり。 かやうなる聞こえありて、院にもいかに思さむ、故前坊の同 じき御はらからといふ中にも、いみじう思ひかはしきこえさ せたまひて、この斎宮の御ことをも、懇に聞こえつけさせた まひしかば、など常にのたまはせて、と たびたび聞こえさせたまひしをだに、いとあるまじきことと 思ひ離れにしを、かく心より外に、若々しきもの思ひをして、 つひにうき名をさへ流しはてつべきこと、と思し乱るるに、 なほ例のさまにもおはせず。 さるは、おほかたの世につけて、 心にくくよしある聞こえありて、昔より名高くものしたまへ ば、野宮の御移ろひのほどにも、をかしう今めきたる事多く しなして、殿上人どもの好ましきなどは、朝夕の露分け歩く をそのころの役になむする、など聞きたまひても、大将の君 は、と、さすがに思されけり。 時雨する日源氏・三位中将・大宮の傷心の歌 御法事など過ぎぬれど、正日まではなほ籠 りおはす。 ならはぬ御つれづれを心苦しが りたまひて、三位中将は常に参りたまひつ つ、世の中の御物語など、まめやかなるも、また例の乱りが はしきことをも聞こえ出でつつ慰めきこえたまふに、かの内 侍ぞうち笑ひたまふくさはひにはなるめる。 大将の君は、と諫めた まふものから、常にをかしと思したり。 かの十六夜のさやか ならざりし秋の事など、さらぬも、さまざまのすき事どもを かたみに隈なく言ひあらはしたまふ。 はてはては、あはれな る世を言ひ言ひてうち泣きなどもしたまひけり。 時雨うちしてものあはれなる暮つ方、中将の君、鈍色の直- 衣、指貫うすらかに更衣して、いとををしうあざやかに心恥 づかしきさまして参りたまへり。 君は、西の妻の高欄にお しかかりて霜枯の前栽見たまふほどなりけり。 風荒らかに吹 き時雨さとしたるほど、涙もあらそふ心地して、とうち独りごちて頬杖つ きたまへる御さま、女にては、見棄てて亡くならむ魂必ず とまりなむかしと、色めかしき心地にうちまもられつつ、近 うついゐたまへれば、しどけなくうち乱れたまへるさまなが ら、紐ばかりをさしなほしたまふ。 これは、いますこし濃や かなる夏の御直衣に、紅の艶やかなるひきかさねてやつれた まへるしも、見ても飽かぬ心地ぞする。 中将も、いとあはれ なるまみにながめたまへり。 と独り言のやうなるを、 とのたまふ御気色も浅からぬほどしるく見ゆれば、と見知るに、いよいよ口惜しうおぼゆ。 よろづにつけて 光失せぬる心地して、屈じいたかりけり。 枯れたる下草の中に、龍胆、撫子などの咲き出でたるを折 らせたまひて、中将の立ちたまひぬる後に、若君の御乳母の 宰相の君して、 と聞こえたまへり。 げに何心 なき御笑顔ぞいみじううつくしき。 宮は、吹く風につけてだ に木の葉よりけにもろき御涙は、まして取りあへたまはず。 源氏、時雨につけ、朝顔の姫君と歌を贈答 なほいみじうつれづれなれば、朝顔の宮に、 今日のあはれはさりとも見知りたまふらむ と推しはからるる御心ばへなれば、暗きほ どなれど聞こえたまふ。 絶え間遠けれど、さのものとなりに たる御文なれば咎なくて御覧ぜさす。 空の色したる唐の紙に、 とあり。 御手などの心とどめて書きたまへる、 常よりも見どころありて、と人々 も聞こえ、みづからも思されければ、とて、 とのみ、ほのかなる墨つきにて思ひなし心にくし。 何ごとに つけても、見まさりは難き世なめるを、つらき人しもこそと、 あはれにおぼえたまふ人の御心ざまなる。 つれなながら、さ るべきをりをりのあはれを過ぐしたまはぬ、これこそかたみ に情も見はつべきわざなれ、なほゆゑづきよし過ぎて、人目 に見ゆばかりなるは、あまり の難も出で来けり。 対の姫君 をさは生ほしたてじ、と思す。 つれづれにて恋しと思ふらむ かし、と忘るるをりなけれど、 ただ女親なき子を置きたらむ心地して、見ぬほど、うしろめ たく、いかが思ふらむとおぼえぬぞ心やすきわざなりける。 女房ら、源氏との別離近きを悲しむ 暮れはてぬれば、御殿油近くまゐらせたま ひて、さるべきかぎりの人々、御前にて物- 語などせさせたまふ。 中納言の君といふは、 年ごろ忍び思ししかど、この御思ひのほどは、なかなかさや うなる筋にもかけたまはず。 あはれなる御心かなと見たてま つる。 おほかたには、なつかしううち語らひたまひて、とのたまへば、いとどみな泣きて、 と聞こえもやらず。 あはれ、と見わ たしたまひて、とて、灯をうちながめたまへるまみ のうち濡れたまへるほどぞめでたき。 とり分きてらうたくしたまひし小さき童の、親どももなく いと心細げに思へる、ことわりに見たまひて、とのたまへば、いみじう 泣く。 ほどなき衵、人よりは黒う染めて、黒き汗衫、萱草の 袴など着たるも、をかしき姿なり。 など、みな心長かるべきことどもをのたまへど、 と思ふに、いとど 心細し。 大殿は、人々に、際々、ほどをおきつつ、はかなき もて遊び物ども、またまことにかの御形見なるべき物など、 わざとならぬさまに取りなしつつ、みな配らせたまひけり。 源氏参院、涙ながらに左大臣家を辞去 君は、かくてのみもいかでかはつくづくと 過ぐしたまはむとて、院へ参りたまふ。 御- 車さし出でて、御前など参り集まるほど、 をり知り顔なる時雨うちそそきて、木の葉さそふ風あわたた しう吹きはらひたるに、御前にさぶらふ人々、ものいと心細 くて、すこし隙ありつる袖ども湿ひわたりぬ。 夜さりは、や がて二条院に止まりたまふべしとて、侍ひの人々も、かしこ にて待ちきこえんとなるべし、おのおの立ち出づるに、今日 にしも閉ぢむまじきことなれど、またなくもの悲し。 大臣も 宮も、今日のけしきにまた悲しさあらためて思さる。 宮の御- 前に御消息聞こえたまへり。 とあれば、いとどしく宮は目も見えたまはず沈み入りて、御- 返りも聞こえたまはず。 大臣ぞやがて渡りたまへる。 いとた へがたげに思して、御袖もひき放ちたまはず。 見たてまつる 人々もいと悲し。 大将の君は、世を思しつづくることいとさまざまにて、泣 きたまふさまあはれに心深きものから、いとさまよくなまめ きたまへり。 大臣久しうためらひたまひて、と、せめ て思ひしづめてのたまふ気色いとわりなし。 君も、たびたび 鼻うちかみて、と聞こえたまふ。 とそそのかしき こえたまふ。 源氏去って左大臣家の寂寥いよいよ深まる うち見まはしたまふに、御几帳の背後、 障子のあなたなどの開き通りたるなどに、 女房三十人ばかりおしこりて、濃き薄き鈍- 色どもを着つつ、みないみじう心細げにてうちしほたれつつ ゐ集まりたるを、いとあはれと見たまふ。 とても、泣きたまひぬ。 とて出でたまふを、大臣見送りきこえたまひて、 入りたまへるに、御しつらひよりはじめ、ありしに変ること もなけれど、空蝉のむなしき心地ぞしたまふ。 御帳の前に御硯などうち散らして手習ひ棄てたまへるを取 りて、目をおししぼりつつ見たまふを、若き人々は、悲しき 中にもほほ笑むあるべし。 あはれなる古言ども、唐のも倭 のも書きけがしつつ、草にも真字にも、さまざまめづらしき さまに書きまぜたまへり。 と、空を 仰ぎてながめたまふ。 他人に見たてまつりなさむが惜しきな るべし。 「旧き枕故き衾、誰と共にか」とある所に、 また、「霜華白し」とある所に、 一日の花なるべし、枯れてまじれり。 宮に御覧ぜさせたまひて、と、御声もえ忍びあへたまは ず泣いたまふに、御前なるおとなおとなしき人など、いと悲 しくて、さとうち泣きたる、そぞろ寒き夕のけしきなり。 若き人々は、所どころに群れゐつつ、おのがどちあはれな ることどもうち語らひて、とて、おのおの、と言ふもあれば、かたみに別れ惜し むほど、おのがじしあはれなることども多かり。 源氏、桐壺院並びに藤壺の宮に参上する 院へ参りたまへれば、と心苦 しげに思しめして、御前にて物などまゐら せたまひて、とやかくやと思しあつかひきこえさせたまへる さま、あはれにかたじけなし。 中宮の御方に参りたまへれば、 人々めづらしがり見たてまつる。 命婦の君して、と御消息聞 こえたまへり。 とて、さらぬをりだにある御気色とり添へて、いと 心苦しげなり。 無紋の表の御衣に鈍色の御下襲、纓巻きたま へるやつれ姿、華やかなる御装ひよりもなまめかしさまさり たまへり。 春宮にも久しう参らぬおぼつかなさなど聞こえた まひて、夜更けてぞまかでたまふ。 源氏、二条院に帰り、紫の上の成人を知る 二条院には、方々払ひ磨きて、男女待ち きこえたり。 上臈どもみな参う上りて、我 も我もと装束き化粧じたるを見るにつけて も、かのゐ並み屈じたりつる気色どもぞあはれに思ひ出でら れたまふ。 御装束奉りかへて西の対に渡りたまへり。 更衣の 御しつらひ曇りなくあざやかに見えて、よき若人、童べのな り、姿めやすくととのへて、少納言がもてなし心もとなきと ころなう、心にくしと見たまふ。 姫君、いとうつくしうひきつくろひておはす。 とて、 小さき御几帳ひき上げて見たてまつりたまへば、うち側みて 恥ぢらひたまへる御さま飽かぬところなし。 灯影の御かたは ら目、頭つきなど、ただかの心尽くしきこゆる人に違ふとこ ろなくもなりゆくかな、と見たまふにいとうれし。 近く寄り たまひて、おぼつかなかりつるほどのことどもなと聞こえた まひて、と語らひきこえたまふを、少納言はうれしと聞く ものから、なほあやふく思ひきこゆ。 やむごとなき忍び所多 うかかづらひたまへれば、またわづらはしきや立ちかはりた まはむと思ふぞ、憎き心なるや。 御方に渡りたまひて、中将の君といふに、御足などまゐり すさびて、大殿籠りぬ。 あしたには、若君の御もとに御文奉 りたまふ。 あはれなる御返りを見たまふにも、尽きせぬこと どものみなむ。 源氏、紫の上と新枕をかわす いとつれづれにながめがちなれど、何とな き御歩きもものうく思しなられて思しも立 たれず。 姫君の何ごともあらまほしうとと のひはてて、いとめでたうのみ見えたまふを、似げなからぬ ほどにはた見なしたまへれば、けしきばみたることなど、を りをり聞こえ試みたまへど、見も知りたまはぬ気色なり。 つれづれなるままに、ただこなたにて碁打ち、偏つぎなど しつつ日を暮らしたまふに、心ばへのらうらうじく愛敬づき、 はかなき戯れごとの中にもうつくしき筋をし出でたまへば、 思し放ちたる年月こそ、たださる方のらうたさのみはありつ れ、忍びがたくなりて、心苦しけれど、いかがありけむ、人 のけぢめ見たてまつり分くべき御仲にもあらぬに、男君はと く起きたまひて、女君はさらに起きたまはぬあしたあり。 人- 人、と見たてまつり嘆くに、君は渡りたまふとて、 御硯の箱を御帳の内にさし入れておはしにけり。 人間に、か らうじて頭もたげたまへるに、ひき結びたる文御枕のもとに あり。 何心もなくひき開けて見たまへば、 と書きすさびたまへるやうなり。 かかる御心おはすらむとは かけても思し寄らざりしかば、などてかう心うかりける御心 をうらなく頼もしきものに思ひきこえけむ、とあさましう思 さる。 昼つ方渡りたまひて、とてのぞき たまへば、いよいよ御衣ひき被きて臥したまへり。 人々は退 きつつさぶらへば、寄りたまひて、とて、御衾をひきやりたまへれば、汗 におし漬して、額髪もいたう濡れたまへり。 とて、よろづにこしらへ きこえたまへど、まことにいとつらしと思ひたまひて、つゆ の御いらへもしたまはず。 など怨じたまひて、御硯開けて見た まへど物もなければ、とらうたく見た てまつりたまひて、日ひと日入りゐて慰めきこえたまへど、 解けがたき御気色いとどらうたげなり。 源氏、三日夜の餠を紫の上に供する その夜さり、亥の子餠参らせたり。 かかる 御思ひのほどなれば、ことごとしきさまに はあらで、こなたばかりに、をかしげなる 檜破子などばかりをいろいろにて参れるを見たまひて、君、 南の方に出でたまひて、惟光を召して、と うちほほ笑みてのたまふ御気色 を、心とき者にて、ふと思ひ寄 りぬ。 惟光、たしかにもうけた まはらで、と、まめだちて申せば、とのたまふに、心得はてて立ちぬ。 もの馴れの さまや、と君は思す。 人にも言はで、手づからといふばかり、 里にてぞ作りゐたりける。 君は、こしらへわびたまひて、今はじめ盗みもて来たらむ 人の心地するもいとをかしくて、と 思さる。 のたまひし餠、忍びていたう夜更かして持て参れり。 少納- 言は大人しくて、恥づかしくや思さむ、と思ひやり深く心し らひて、むすめの弁といふを呼び出でて、とて、香壼の箱を一つさし入れたり。 と言えば、あやし、と思へど、とて取れば、と言ふ。 若き人に て、けしきもえ深く思ひよらねば、持て参りて、御枕上の御- 几帳よりさし入れたるを、君ぞ、例の、聞こえ知らせたまふ らむかし。 人はえ知らぬに、つとめて、この箱をまかでさせたまへる にぞ、親しきかぎりの人々思ひあはすることどもありける。 御皿どもなど、何時の間にかし出でけむ、華足いときよらに して、餠のさまもことさらび、いとをかしうととのへたり。 小納言は、いとかうしもや、とこそ思ひきこえさせつれ、あ はれにかたじけなく、思したらぬことなき御心ばへを、ま づうち泣かれぬ。 とささめきあへり。 紫の上と新枕の後の源氏の感懐 かくて後は、内裏にも院にも、あからさま に参りたまへるほどだに、静心なく面影に 恋しければ、あやしの心や、と我ながら思 さる。 通ひたまひし所どころよりは、怨めしげにおどろかし きこえたまひなどすれば、いとほしと思すもあれど、新手枕 の心苦しくて、と思しわづらはるれば、い とものうくて、悩ましげにのみもてなしたまひて、とのみ答へたまひつつ過ぐしたまふ。 今后は、御厘殿なほこの大将にのみ心つけたまへるを、 など大臣のたまふ に、いと憎しと思ひきこえたまひて、と、参らせたて まつらむことを、思しはげむ。 君も、おしなべてのさまには おぼえざりしを、口惜しとは思せど、ただ今は異ざまに分く る御心もなくて、と、いとど あやふく思し懲りにたり。 かの御息所はいといとほしけれど、まことのよるべと頼み きこえむには必ず心おかれぬべし、年ごろのやうにて見過ぐ したまはば、さるべきをりふしにもの聞こえあはする人にて はあらむなど、さすがに事の外には思し放たず。 この姫君を、と思ほしなり て、御裳着のこと、人にあまねくはのたまはねど、なべてな らぬさまに思しまうくる御用意など、いとあり難けれど、女- 君はこよなう疎みきこえたまひて、と、 悔しうのみ思して、さやかにも見あはせたてまつりたまはず、 聞こえ戯れたまふも、いと苦しうわりなきものに思し結ぼほ れて、ありしにもあらずなりたまへる御ありさまを、をかし うもいとほしうも思されて、と恨みきこえたま ふほどに、年も返りぬ。 源氏、参賀の後、左大臣家を訪れる 朔日は、例の、院に参りたまひてぞ、内- 裏、春宮などにも参りたまふ。 それより大- 殿にまかでたまへり。 大臣、新しき年とも 言はず、昔の御ことども聞こえ出でたまひて、さうざうしく 悲しと思すに、いとど、かくさへ渡りたまへるにつけて、念 じ返したまへどたへがたう思したり。 御年の加はるけにや、 ものものしき気さへ添ひたまひて、ありしよりけにきよらに 見えたまふ。 立ち出でて御方に入りたまへれば、人々もめづ らしう見たてまつりて忍びあへず。 若君見たてまつりたまへ ば、こよなうおよすけて、わらひがちにおはするもあはれな り。 まみ、口つき、ただ春宮の御同じさまなれば、人もこそ 見たてまつりとがむれ、と見たまふ。 御しつらひなども変ら ず、御衣掛の御装束など、例のやうにし懸けられたるに、女 のが並ばぬこそさうざうしくはえなけれ。 宮の御消息にて、など聞こえたまひて、 とて、いみじ くし尽くしたまへるものど も、また重ねて奉れたまへり。 必ず今日奉るべきと思しける 御下襲は、色も織りざまも世 の常ならず心ことなるを、か ひなくやは、とて着かへたま ふ。 来ざらましかば口惜しう思さまし、と心苦し。 御返りに は、と聞こえたまへり。 御返り、 おろかなるべきことにぞあらぬや。

次の