ログ ハウス 自作。 ログハウスキットを立てるため、独立基礎を自作します。

ログハウスを自分で建てる?セルフビルドについて ログハウスの作り方

ログ ハウス 自作

ログハウスの作り方 「安い金額でログハウスを建てたいので、 ログキットを購入し、セルフビルドに挑戦してみたい。 でもどういう作業があるのかわからないから、おおまかな作業を知りたい。 」 ログハウスをセルフビルドするにしても、 どんな作業をどのように進めたらよいのかわからないという方も多いでしょう。 セルフビルドを応援しているキートスのホームページでは、 ログハウスを実際に自分で建てた セルフビルド 例を多く紹介しています。 みなさんの建築記ページを見ればログ作業の主な流れはわかると思いますが、 もう少し詳しく知りたい方のために、ここではログハウス作業を簡単にご紹介しましょう。 基礎工事 ログハウス作りの第一歩は、基礎工事から。 建築する土地の条件 地盤や傾斜いetc や予算、建物の大きさなどにより 布基礎、ベタ基礎、独立基礎などいろいろな基礎があります。 この基礎はログハウスだからといって特別なことは無く、 一般住宅を建てるときの基礎とほぼ同じと考えてください。 基礎もセルフビルドされる方もいますが、一般的には業者さんに依頼します。 ログハウスをセルフビルドされる方にとっては初めての経験なので 手配するにも不安があるかもしれませんが、 キートスからしっかりとした基礎図面が出ますし、 業者手配についてのサポートもキートスではしっかり行っていますので 難しくはありません。 土台材・シルログ施工 木工事の最初は、土台敷き 基礎工事が終わってログ部材が届いたら、次はいよいよログ建築作業の開始です。 一段目のログ シルログ を積む前に、防虫・防腐処理を施した土台材を敷きます。 土台材を敷き終わったら、 次は一段目のログ を組みます。 一段目のログ材 シルログ は図面をよく確認して、慎重に配置しましょう。 断熱材も忘れずに! ログ組み ログハウス建築の醍醐味は、ログ積み作業 ここからが本格的なログビルディング! 一段ずつ組み上げていきます。 「自分たちでログハウスを作ってる!」 そういうセルフビルドの醍醐味が味わえるでしょう。 ログ材には 番号札が 付いています。 ログ組み図面を確認しながら、番号順(A-1、B-1など)にログ材を積みます。 窓やドアなどの開口部分はログ材の形が変わったりしますので 特に気をつけて積みましょう。 必要なログ材は予め探しておきますが、 人数が多いときは「部材探し隊」と「ログ積み隊」に 分かれて作業すると スムーズにログ積みが進みます。 一段一段積むときに、ログの間には「ログ間断熱材」を入れます。 これでより断熱効果のあるログハウスが出来上がるのです。 ログとログは「ダボ」という木製つなぎ材でしっかりと密着させて、 壁に強度をもたせます。 (このダボを打ち込む穴はフィンランド工場でログに加工してあります) ログ材にはこのダボ穴と同じ大きさで 電気配線用穴や通しボルト用穴があいているので注意が必要です。 こまめに図面でチェックしましょう。 なんといっても ログ積みはログハウス作りのメインイベント! みんなで協力し、楽しく ケガのないように作業を進めましょう。 通常はこの桁ログの上に2階の床板を直張りします。 1階から見上げたときに2階床板の底面がそのまま一階の天井ということになり、 この桁ログは現しとなります。 この桁ログを組むことによって壁同士がしっかりとつながり、 地震などでもビクともしない強固な建物(ログハウス)となります。 テラス屋根付仕様やバルコニー付の場合は、桁ログがテラス上部まで延長されます。 延長された桁ログはポスト 柱 で受け、セトリング対策用にジャッキボルトを取り付けます。 妻壁「ログ積み仕様」 ログ材を積み上げる仕様の妻壁 妻壁には「ログ積み仕様」と「 パネル仕様」があります。 ログを積み上げる妻壁は図面の番号順にログを積み上げていけば 自然と屋根の形に組みあがります。 この時、2階床にコンパネなどで仮床を敷けば安全で、 作業効率もアップします。 こんな感じでログ妻壁完成!! セルフビルドの場合はこの「ログ積み仕様」が簡単ですね。 また、防火規定がある建築地の場合、妻壁をログ積みにすることで防火仕様になります。 妻壁「パネル仕様」 フレームとログパネルで仕上げる仕様の妻壁 妻壁のフレームに壁仕上材を張って妻壁を作ります。 キートスでは通常「ログパネル」という無垢板を使用 このときも2階床に仮床を敷き、正面・裏側の壁パネル2枚を作ります。 パネル仕様 は手間はかかりますが、予算を低く抑えることができます。 また、ロフトを間仕切壁で仕切る場合は、 ログハウスのロフト部分にセトリングが起こらないので内装施工がラクです。 棟上げ クレーンを使って棟木をあげます。 まず妻壁の垂直を出し、筋交いで固定します。 その妻壁の上に棟木を上げます。 棟木にも筋交いを取り付けて固定。 棟木はかなりの重量がありますので、 安全面を考えて 棟上には クレーンを手配した方が良いでしょう。 屋根垂木施工 屋根の骨組み「屋根タル木」を取り付けます。 垂木(タル木)配置寸法を図面でよく確認しながら垂木を取り付けます。 高所作業が続きます。 垂木が掛かると随分ログハウスっぽくなりましたよ! 屋根野地板 屋根下地材はキット仕様によって無垢材またはコンネパを使用。 垂木の次は、屋根下地となる野地板を張ります。 無垢板やコンパネなどログハウスの仕様によって野地板材の種類は変わりますが、 屋根の全面に張ります。 天窓や煙突は、野地板を全体に張った後に 取付用の開口を作った方が作業が簡単で早いです。 ドア・窓などの建具を取り付ける前に、ログの溝にTボードを取り付けます。 このTボードは、ログハウス特有のセトリング対策に欠かせないものです。 ドアや窓はTボードに取り付けます。 ログハウスに使用されているドアや窓は枠と一体になったものが多く、 重いので落とさないように要注意! 外部化粧板、内部化粧板を取り付けたら完成です。 室内天井板 室内側から 天井板を張ります。 屋根垂木間に断熱材を入れて、下から天井板を張ります。 ログハウスキットの場合は天井用板材が本実加工 ほんざねかこう の無垢板なので、 セルフビルドでも美しく仕上がり、木の香りがするのが特徴。 本実加工とは板の一方を凹、反対側を凸に加工したもので、 凹に凸を差し込みながら張っていきます。 1階&2階床板 室内床板を施工します。 床板も無垢材です。 1階は床下 床根太間 に断熱材を入れてから床板を張ります。 キートスのログハウスキットは、床板も本実加工 ほんざねかこう です。 2階床 ロフト も同じように施工しますが、通常2階床下には断熱材を入れません。 根太の間から落ちないように注意しましょう。 無垢で厚みのある床板は、美しいですね!! 【 電気工事 】 ログ壁や必要な場所に電気配線をします。 棟上をして屋根垂木がかかった時点で、ログ壁の電気配線をしておきます。 内装作業時にログ壁の電気穴にボックス用の穴を開け、電線を通します。 ログハウスだからコンセントやスイッチ類の取り付けが特に大変ということはありません。 キッチン・風呂・洗面・トイレetc 設備工事 水周りと呼ばれる部分です。 床板が張り終わったら、設備機器などの工事を開始します。 ユニットバスは間仕切り壁を作る前に入れましょう。 (場合によっては床板を張る前に搬入) フルユニットバスの場合は上部セトリングスペースが必要なので、天高に注意。 システムキッチンもセッティング。 レンジフードや吊り戸棚などもセトリングを考慮し、取り付けます。 トイレや洗面台を取り付ければ、室内の水周りは ほぼ完了です。 上下水道やガス管などの工事は、業者さんに依頼するのが一般的です。 内装壁・室内間仕切り壁 ログハウス内部にお部屋を仕切る場合の壁立て。 ログハウスに部屋を仕切ったりする場合は、柱を立てて間仕切り壁を作ります。 この作業は一般建築と同じように見えますが、、、 室内壁では セトリング対策が特に重要です。 常にセトリングのことを頭において 作業しましょう。 配電盤などに接続する電線の束は、 ログ壁を通すよりこの室内壁を通した方が簡単です。 上下水道の配管などを通すことも可能です。 ログハウスにあると便利な テラスや バルコニーの施工です。 雨や風が当たる場所なので、雨水などが下に抜けるように 隙間をあけながら防腐処理を施したテラス板を 張ります。 遊び心あふれるテラスは、ログハウスならではの空間ですね。 塗装 外壁には必ず防腐塗料を塗ってください。 外壁塗装は、ログハウスの屋根が掛かったらできるだけ早く塗りましょう。 低いところは、家族みんなで楽しくぬりぬり。 高いところは、無理をせず慎重に。 足場があれば、安全で安心! 防腐塗料はいろんなものが市販されています。 自分の好みに合った色や素材のものを 選んでください。 外壁は木材保護という観点から、浸透性の防腐塗料を塗ります。 室内塗料も自然系ワックスからニス系のものまで様々なものが売られています。 なかには、 「せっかく無垢のログハウスなんだから木そのものの感触を楽しみたい」 ということで、ログハウスの内部を 無塗装にされている方もいらっしゃいます。 ただ、無塗装の場合はコーヒーなどをこぼすと即シミになるので、そのつもりで。 キートスのセルフビルダーさん達は上手に業者さんに部分工事をお願いしながら 無理なく、楽しくログハウスを完成させています。 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

ログハウスを自分で建てる?セルフビルドについて ログハウスの作り方

ログ ハウス 自作

間伐材なんか使っては駄目です。 若い木は、虫が入りやすく作ってる最中にも腐り始めますよ。 乾燥にともなって暴れ出しますしね。 防腐剤をたっぷり塗布すれば防げはしますが、「ログハウスで自然いっぱいの生活」を夢見て「シックハウス症候群」となるのでは本末転倒です。 もし、本当に手間を惜しまず探す元気と体力があれば、小規模工事で伐採される木をこっちで10本、あちらで20本というように手に入れることができますよ。 どうせ、処分に困るような木です。 運び出しにもお金がかかるので、通常は運び出さず現場で小さく切って放置することもままあり、大抵は謝礼程度で無料です。 我が家の近所でも、日陰になるからと80年くらいの広葉樹を何十本も伐採したものの放置してあります。 皮をむき、乾燥させればログハウス用の材木になります。 知り合いが前述のようにして手に入れた雑木でログハウスを造りました。 彼は、林業関係の部署の職員なので職場でその手の情報を聞き休日に交渉して入手したそうです。 工事関係者とつながりをつくるところからスタートではなかなか大変ではありますが。 間伐材をてにいれたいのでしたら、各地の森林組合等に問い合わせると良いと思います。 ただし、森林組合があるような山奥の間伐材は、買うとなると運び賃だけでかなりの負担になると思います。 間伐材は確かに防腐の処理問題があるので お勧めできませんが 否定から入るのはあまり好ましくないので あえて肯定した話でお聞きください。 関西圏の間伐材ですが 滋賀朽木 福井上中の営林局に当たってみるのもひとつの手ではないでしょうか?値段というものは合って無いようなもので 実際は運賃に掛かる経費のみだと考えれば良いかと。 桶せん (シェ-ビングホ-ス)という 両手に柄の付いたなたのようなものでボ-バックした後乾燥させるに 何年も掛けなければなりませんが。 立地条件次第では これでもいける筈です。 シックハウスの元凶となる防腐剤も 極端に使わないで 長持ちさせる方法もあり 先駆者のお話も大切ですが その過程で 経験していくことこそ 大切なので もう少々研究なされては?いかがかと思います。

次の

ログハウスのビックボックス

ログ ハウス 自作

手作りでログハウスを建てる場合、丸太から作る方法と、あらかじめ機械で整えられた木材を使う方法があります。 どちらも体力と根気のいる作業ですが、世界でただ一つの自分で作ったログハウスが完成した時の喜びは、何にも代えがたいものです。 自作された方の中には、大工仕事はまったく経験がなく、定年後に余暇を活かして完成させた方や、会社に勤めながら休日を利用して完成させた方がいらっしゃいます。 専門の業者が建設する場合には、数か月で完成しますが、自作をする場合には実際の建設を始めるまでの下準備期間を含めて、数年かけて完成させるケースも少なくありません。 具体的にログハウスを作るにはどのような工程が必要なのか確認していきましょう。 ログハウスをセルフビルドする場合の工程 ログハウスを建て始めるまでには、周到な下準備が必要です。 下準備 土地の準備 専門の業者が建設する場合には問題になりませんが、自作をする場合には、傾斜のない平らな土地が安全にログハウスを建てられる条件の一つです。 ログ材の確保 ハンドカットログハウスをセルフビルドする場合は、丸太をログハウス用に加工する業者に依頼する方法と、ハンドカットのログハウスキットを利用する方法、丸太を自分で加工する方法があります。 自分で加工する場合には、作業ができる広い土地とトラッククレーン、チェーンソーを使う為の電気の配線、皮むきの為の曲面ガンナ、水平器、木工用電気ドリルなどの工具が必要です。 初めに木の節などをチェーンソーで整え、厚皮はドローナイフで削り取ってから、曲面ガンナで皮むきをします。 一人ですべてのログ材の皮むきをする場合には約1カ月、またはそれ以上かかります。 マシンカットログハウスをセルフビルドする場合には、ログハウスキットでログ材を確保します。 どちらの場合もキットを使う場合には、数多くあるキットの中から、自分の持っている完成イメージを実現できるタイプを選びます。 基礎工事 整地後、地縄貼りをしてログハウスを建てる位置を決めます。 次にログハウスの基礎の底面の高さまで土を掘りだし、砕石を敷き詰めて地盤を固め、その上からコンクリートを流し込みます。 次に基礎外周の枠組み、床部分のコンクリート打設、基礎内部の立ち上がり枠組みとコンクリート打設、最後に皮枠をばらして基礎工事が終了します。 ここまでの過程は、家の土台となる非常に重要なパートなので、セルフビルドであっても、専門の業者に依頼する方がほとんどです。 施工 土台 基礎の上に根太を置き、床を支える為の床下地を取り付け、その上からハーフログとシルログをのせて、基礎にボルトで固定します。 ログ積み あらかじめ業者に加工してもらったログ材がある場合には、順番に従ってログ積みをしていきます。 ログ材の重なる部分についている溝とログ材の交差部分であるノッチには断熱材を詰め込みます。 屋根 垂木を掛け、面戸板、破風板を打ち、屋根を葺きます。 2階の床組み 2階建てログハウスの場合は、1階天井と2階の床張りをします。 電気工事 業者に壁付けコンセント設置などの電気工事をしてもらいます。 建具の取り付け 窓やドアを取り付けます。 室内天井板 垂木の間に断熱材を入れてから天井板を貼ります。 室内の床板 室内の床板を貼ります。 ユニットバス 間仕切壁を作る前にユニットバスを搬入します。 間仕切壁 間柱を立て、壁を設置して、必要な場所に間仕切壁を設けます。 キッチン、洗面台、トイレを設置します。 外壁塗装 外壁に防腐塗装をします。 セルフビルドとハーフビルド ログハウスを自分で作りたいと考えた場合、どこまで自分一人でやりたいかということによって、選択肢がいくつにも分かれます。 どんなに月日がかかっても、どんなに苦労があってもとにかく自分ですべてを完成させたいという人もいれば、ログハウスを作ってみたいが、重要なポイントまで自分で手掛けるのは不安だという人もいます。 ログハウスを自作でする場合、どのようなケースがあるのでしょうか? セルフビルド ログハウスキットを利用し、基礎工事、電気工事、設備工事などの専門的な作業はすべて業者に工事を依頼するが、家の建設はすべて自分でする方法です。 実際にセルフビルドを始める前に、ログハウスの展示場を回ったり、セルフビルドの講習会などに参加したりしておくと安心です。 ハーフビルド ログハウスキットを利用し、基礎工事、電気工事、設備工事などの専門的な作業に加えて、棟上げなどの高所の作業も専門家に依頼し、組み立て(ログ積み作業)をするという方法です。 プチビルド 低い場所の外壁塗装、内装など、できそうな部分だけ参加する方法です。 ログハウスキットを購入した会社のサポートを受ける 国内のメーカー産や、輸入品のログハウスキットが数多くあります。 それらのキットを販売している会社の中には、セルフビルドやハーフビルドをサポートする体制の会社もあります。 例えば、施工方法の指導、組み立てマニュアル配布、施工中のトラブルサポート、続行不可能になった場合には残りの作業を請け負うなど、様々なサポートが会社ごとに用意されています。 セルフビルドのメリットとデメリット ログハウスを自分で建てることのメリットは、なんといっても達成感だと思いますが、その他にもメリットがあります。 家族の絆と住居への思い入れ 家族で協力し合ってセルフビルドすると、家の各所各所に思い出が残り、子供たちの心に家を大事にする気持ちが育ちます。 そして家族の絆も深まるのではないでしょうか? コスト削減 費用の節約にも繋がります。 最も重要な基礎工事は専門の業者に頼むことを前提に考え、その他の工事を全て自分でした場合には、ログハウスの施工を依頼する費用の約半分が節約できます。 水道や電気の工事は依頼し、屋根工事とログ材の積み上げ、内装工事をした場合には、20~30%費用を節約できます。 ただし、経費の削減をし過ぎると、理想のログハウスからほど遠いものになってしまうケースもあります。 要となる予算は削らないことも大切です。 プロに依頼したような完璧な家にはならないことがある・完成までに時間がかかる プロに施工した家と同じような仕上がりにはならないこと、専門家に依頼するより長い期間を要することがセルフビルドのデメリットです。 期間が長引くと、周辺に駐車場や宿泊施設を借りたり、家からの往復の労力が増したり、費用も体力もかかります。 セルフビルドに挑戦する前にやっておきたいこと たとえログハウスキットを利用したとしても、会社のサポートがあったとしても、家を1件建てるということは大変なことです。 途中で挫折したり、出来上がってから、こんなはずではなかったと後悔することの無いよう、事前にできることはすべてやっておきましょう。 知識を得る• ログハウスの展示場を回る• ログハウスの建築現場を見学する• ログハウスの宿泊施設に泊まってみる• セルフビルドスクールに参加する• ログハウスの作り方について書いてある本を読む• ログ材の調達方法を調べ選択する 体力作りと家族の賛成 ログハウスのセルフビルドには、相当な体力と根気が必要です。 最後までやり遂げるためには、足や腕の筋力を鍛える、基礎体力を上げるなどの準備が必要です。 また、セルフビルドには相当な時間を取られます。 家族の協力なしにはやり遂げられないでしょう。 家族揃ってセルフビルドに挑戦するというような環境作りも大事です。 エイ・ワン(株)のログハウス エイ・ワン(株)は、Cuteの他に、ログハウスの建築も承っています。 国産のログ材を使ったエイ・ワン(株)のログハウスをご覧ください。 L字型のシックなログハウス ポーチ 玄関ホール 花にかこまれた赤い屋根のメルヘンチックなログハウス シニアご夫妻のこじんまりしたログハウス ログハウスなら、エイ・ワン(株)にご相談を エイ・ワン(株)は、施主様のライフスタイルや人生観に合わせたログハウス風の住宅の在り方を常に考え、お客様にとって最適な解決策をご提案する快適な家の創り手です。 エイ・ワン(株)では、これまでに培ったノウハウと、数多くの施主様の問題解決を行ってきた豊富な実績を基に、施主様の希望を叶える木の家のプランを設計し、ご提案いたします。 そのご提案の過程の中で、家族の夢や実現したいライフスタイルなどのご希望を存分にお聞かせください。 当社のスタッフが全力でそれに耳を傾け、お客様の家づくりに寄り添います。

次の