中国 コロナ 原因。 【最新情報あり】コロナ・ウィルスの真の原因が明らかに!幸福の科学・大川隆法の『中国発コロナウィルス感染霊査』を読む。

センザンコウが新型コロナウイルスに関与しているのか!?

中国 コロナ 原因

香港(CNN) 中国外務省の趙立堅報道官は14日までに、新型コロナウイルスの問題に触れ、発生源は思い込まれているような湖北省武漢市ではなく米軍が持ち込んだ可能性があるとする見解をツイッターに投稿した。 米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長が今月11日、米議会委員会で示した発言に言及し、そのビデオ映像も掲載した。 同所長は米国内で発生した一部のインフルエンザの犠牲者と新型コロナウイルスの関係が後で判明したと述べていた。 ただ、死亡の時期などには触れていなかった。 趙氏はこれを受け、米国で「いつ感染が始まったのか? 何人が感染したのか? 病院名は? 透明性を! データの公開を!」などとツイートした。 ただ、米軍の持ち込み説に関するさらなる根拠は明かさなかった。 When did patient zero begin in US? How many people are infected? What are the names of the hospitals? It might be US army who brought the epidemic to Wuhan. Be transparent! Make public your data! US owe us an explanation! — Lijian Zhao 赵立坚 zlj517 米軍兵士の数百人は昨年10月、武漢市で開催された軍のスポーツ選手の国際競技大会に参加していた。 中国外務省の別の報道官は13日、国際社会において新型肺炎の発生源については多様な意見が出ていると指摘。 陰謀論めいた趙報道官の発言は中国政府の公式的な立場なのかの質問には答えず、中国は常に科学的かつ専門的な方法で対処すべきと考えているとした。 趙報道官は今月4日の会見で、発生源について結論はまだ出ていないと表明。 中国の著名な感染症の専門家は2月27日の会見で感染は最初に中国内で判明したたものウイルスの出所は中国でない可能性があるともしていた。 趙報道官の上司でもある華春瑩報道局長は今月12日、ツイッター上でレッドフィールド所長の証言内容に触れ、「中国の新型コロナウイルスと呼ぶのは絶対的に間違いで不適切」とも主張していた。

次の

武漢肺炎「元凶は中国がカナダから盗んだコロナウイルス」説を追う(北村 豊)

中国 コロナ 原因

2月11日、世界保健機関(WHO)は中国湖北省の武漢市を発生源とする新型コロナウイルス(2019-nCoV)によって発症する感染症をCOVID-19(coronavirus disease 2019)と命名したと発表した。 また、国際ウイルス分類委員会(ICTV: International Committee on Taxonomy of Viruses)のコロナウイルス研究部会は、今まで暫定的に2019-nCovと呼ばれていた新型コロナウイルスの正式名称を「SARS-CoV-2(severe acute respiratory syndrome coronavirus 2)」と命名した。 2002年11月に中国広東省で発生し、2003年8月に沈静化するまで世界中で感染を拡大させた「SARS(severe acute respiratory syndrome)」の日本語は「重症急性呼吸器症候群」であるから、SARS-CoV-2の日本語は「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2」ということになる。 「華南海鮮市場」発生説は濡れ衣? さて、2019年12月31日に武漢市衛生健康委員会は「医療機関が診察した原因不明な肺炎患者の多くが、華南海鮮市場と何らかの関連性を持つことを発見した」と公表した。 これを受けて、翌2020年1月1日に武漢市江漢区市場監督管理局と武漢市江漢区衛生健康局は連名で公告を発表し、華南海鮮市場に対して衛生環境整備のために消毒作業を実施する名目で市場を休業するよう命じ、再開時期は別途通知するとした。 1月1日に華南海鮮市場が閉鎖された直後に、中国政府の「中国疾病予防控制中心(中国疾病予防コントロールセンター)」(以下「疾病中心」)から派遣された研究チームが華南海鮮市場へ出向き、肺炎患者と関連すると思われる商店や関係者から集中的に515件の環境サンプルを採取した。 また、同研究チームは1月12日にも華南海鮮市場を再訪し、同市場内で野生動物を販売する「野味(食材としての野鳥や野獣)」を扱う商店から70件の環境サンプルを採取した。 これら585件の環境サンプルは実験室へ送られて検査が行われたが、そのうちの33件から新型コロナウイルスのDNAを検出したし、陽性の環境サンプルからウイルスを分離することに成功したと疾病中心は表明した。 さらに、疾病中心は、「この検査結果は新型コロナウイルスが華南海鮮市場の『野味』商店で販売されていた野生動物を発生源としていることを示している」と断定したのだった。 華南海鮮市場は5万平方メートルの総建築面積を誇り、市場内は東・西両区に分かれ、鮮魚を含む海産物、食肉、「野味」などの1000軒近い商店が軒を連ねている。 問題の「野味」商店は西区の奥まった場所に十数軒が集中しており、東区にも数軒存在するが、彼らは各種の野生動物を販売して少なからぬ顧客を集めている。 1月中旬に中国のネット上に大きな赤い文字で「大衆畜牧野味」という表題が書かれた価格表で、印刷された商品名の横に価格が手書きされたものの写真が投稿されて、ネットユーザーの注目を集め、中国社会で大きな話題となった。 この価格表に着目した北京紙「新京報」の記者が1月21日に武漢市の華南海鮮市場を訪れ、東区の北側にある後附街7-13号で「大衆畜牧業味」と書かれた看板を見つけた。 当然ながら同店は休業中で閉店していたが、記者が華南海鮮市場を探訪した記事を書いたことで、「大衆畜牧業味」は知名度をさらに高めたのだった。

次の

「原因不明の肺炎患者」初確認は12月8日だった 新型コロナウィルス情報公開と対応の遅れを検証 習近平政権にふりかかる難題と試練

中国 コロナ 原因

2年前に警告はあった。 米紙ワシントン・ポストは、米当局者が2018年に中国・武漢市の中国科学院武漢ウイルス研究所を訪問後、同研究所が行っていたコウモリのコロナウイルス研究の危険性に警鐘を鳴らす公電を米国務省に送っていたと伝えた。 米トランプ政権内で注目されているという。 武漢市の封鎖を解除した中国だが、まだまだ闇は深そうだ。 同紙によると、在中国米大使館員らは18年1月に研究所を数回視察。 「コウモリのコロナウイルスが人に感染し、SARS(重症急性呼吸器症候群)のような病気を引き起こす可能性を強く示唆している」と公電に明記されていた。 安全上の懸念から、米政府に同研究所への追加の支援を要請したが実現しなかったという。 ポンペオ国務長官は14日のテレビ番組で、事実関係の確認を避ける一方で、「中国共産党は、感染発生当初の必要な時に(研究所への)米国人のアクセスを許可しなかった」と強調し、対応の不透明性を批判した。 中国政府は、新型コロナウイルスが同研究所から漏洩(ろうえい)した疑惑を強く否定している。 米共和党の保守系議員などは研究所の関与を主張している。 中国事情に詳しい評論家の石平氏は、「中国には研究所が発生源だった場合の大きな責任と、感染拡大当初の中国政府の情報隠蔽により、世界中にウイルスを拡大させた責任がある」とした上で、公電について「中国を追及する際に提示できる証拠の一つとなる可能性もある。 国際社会は調査員を派遣するなどして研究所のチェックを求めるべきだ」と語った。

次の