年の瀬挨拶。 年末の挨拶を英語で伝えよう!使えるあいさつの例文

「年の瀬」はいつから?意味や使い方、挨拶で使える例文、類語を紹介!

年の瀬挨拶

【一覧】時候の挨拶の月別リスト• 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 侯(こう)・・・OOの季節になりましたがの意味で使われます みぎり・・・《連体修飾を受け》 ちょうどその事が行われる(現れる)時。 「時候の挨拶」はその時々によって使い方やその後に続く「安否を尋ねる挨拶」などと組み合わせる使い方をします。 「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 例文 「時候の挨拶」+ 「安否を尋ねる挨拶」 「拝啓 時下 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 」 季節のお手紙を書く際に使える「時候の挨拶」+「安否を尋ねる挨拶」など良い表現などの例文を紹介していきます。 1月に時候の挨拶 1月の時候の挨拶の丁寧な使い方で使われることが多い季語をまとめています。 新春 (しんしゅん) 初春 (しょしゅん) 仲冬 (ちゅうとう) 大寒 (だいかん) 厳寒 (げんかん) 極寒 (ごっかん) 酷寒 (こっかん) 小寒 (しょうかん) 寒風 (かんぷう) 寒冷 (かんれい) 厳冬 (げんとう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 1月の結びの言葉• 今年も何卒よろしくお願い申し上げます。 この一年のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 寒さ厳しき折り、皆様のご自愛のほどお祈り申し上げます。 今年も昨年以上のご厚情をよろしくお願い申し上げます。 くれぐれもお風邪などを召されませぬように。 例 新春の候 新春のみぎり 1月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 立春 (りっしゅん) 残寒 (ざんかん) 余寒 (よかん) 寒明け (かんあけ) 晩冬 (ばんとう) 晩寒 (ばんかん) 残雪 (ざんせつ) 暮雪 (ぼせつ) 解氷 (かいひょう) 春寒 (しゅんかん) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 2月の結びの言葉• 春まだ浅く、寒さ厳しき折り、十分ご自愛ください。 掛の上では春でも、余寒はまだまだ続きます。 お身体にご留意ください。 春の足音とともに、いっそうのお幸せが訪れますことをお祈りしております。 向春の侯 ますますのご活躍をお祈りしています。 寒のもどりもある折り柄、お風邪などを召されませんように。 例 立春の候 立春のみぎり 2月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 早春 (そうしゅん) 初春 (しょしゅん) 春分 (しゅんぶん) 春寒 (しゅんかん) 春陽 (しゅん よう) 春暖 (しゅんだん) 浅春 (せんしゅん) 仲春 (ちゅうしゅん) 孟春 (もうしゅん) 春雪 (しゅんせつ) 解氷 (かいひょう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 3月の結びの言葉 例 早春の候 早春のみぎり 3月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 陽春 (ようしゅん) 春風 (しゅんぷう) 春雨 (はるさめ) 春がすみ (はるがすみ) 仲春 (ちゅうしゅん) 清和 (せいわ) 春宵 (しゅんしょう) 春泥 (しゅんでい) 麗春 (れいしゅん) 春爛漫 (はるらんまん) 春風駘蕩 (しゅんぷうたいとう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 4月の結びの言葉• 春暖のみぎり、お身体にはご留意ください。 天候定まらぬ季節 何とぞ、お身体だけは大切になさってください。 桜花爛漫の候みなさまのご多幸を心よりお祈り致します。 新しい職場でのますますのご活躍を心からお祈り致します。 過ぎ行く春を惜しみながらお便りさせていただきました。 例 陽春の候 陽春のみぎり 4月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 新緑 (しんりょく) 薫風 (くんぷう 若葉 (わかば) 青葉 (あおば) 初夏 (しょか) 軽夏 (けいか) 立夏 (りっか) 惜春 (せきしゅん) 暮春 (ぼしゅん) 春雪 (しゅんせつ) 芽桜 (めいさ) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 5月の結びの言葉• 天地万緑の中 いっそうのご健勝をお祈り申し上げます• 天候不順の折りくれぐれも ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 過ごしやすい季節とは言いながら 夜分には肌寒さも感じるこの頃 どうかお身体だけは大切になさってください。 陽ざしも少しずつ強くなって参りました。 お元気で夏をお迎えください。 来る夏に向け、さらなるご活躍を ご期待申し上げます。 例 新緑の候 新緑のみぎり 5月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 梅雨 (つゆ・ばいう) 入梅 (にゅうばい) 長雨 (ながあめ) 梅雨晴れ (つゆばれ) 初夏 (しょか) 向夏 (こうか) 向暑 (こうしょ) 首夏 (しゅか) 薄暑 (はくしょ) 麦秋 (ばくしゅう) 短夜 (たんや) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 6月の結びの言葉• 梅雨寒の折り、お身体にはご留意ください。 時節柄、お風邪などを召されませぬよう ご自愛ください。 雨の日の外出も風情はありますが 足もとにはご注意ください。 若葉の色も鮮やかなこの季節 末筆ながら、皆様のご健勝を 心からお祈り申し上げます。 短夜の季節 寝不足がお身体にさわりませんよう。 例 梅雨の候 梅雨のみぎり 6月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 盛夏 (せいか) 仲夏 (ちゅうか) 猛暑 (もうしょ) 大暑 (たいしょ) 炎暑 (えんしょ) 酷暑 (こくしょ) 向暑 (こうしょ) 灼熱 (しゃくねつ) 炎熱 (えんねつ) 驟雨 (しゅうう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 7月の結びの言葉• いよいよ激しい暑さに向かいます折り ご自愛のほどお祈り申し上げます。 炎天に負けず 元気な夏をお過ごしください。 ご壮健で盛夏を乗り切られますよう 心よりお祈り申し上げます。 盛夏のみぎり、どうぞ素晴らしい夏を 過ごされますよう、お祈りしています。 蝉時雨に包まれるこの頃 お元気で素晴らしい日々をお過ごしください。 例 盛夏の候 盛夏のみぎり 7月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 立秋 (りっしゅう) 季夏 (きか) 残暑 (ざんしょ) 晩夏 (ばんか) 暮夏 (ぼか) 残炎 (ざんえん) 早涼 (そうりょう) 納涼 (のうりょう) 新涼 (しんりょう) 秋暑 (しゅうしょ) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 8月の結びの言葉• 残暑厳しき折り、お身体にはご留意ください• そろそろ夏の疲れが出る頃 ご無理をなさらないで、 お身体おいといください。 厳しい暑さもあとわずかと存じます。 残り少ない夏を、 どうぞ有意義にお過ごしください。 新涼の朝はまだ遠いようです。 くれぐれもお身体にお気をつけてください。 初音のこおろぎの背を聴きつつ お便りさせていただきました。 例 盛夏の候 盛夏のみぎり 8月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 初秋 (しょしゅう・はつあき) 新秋 (しんしゅう) 爽秋 (そうしゅう) 孟秋 (もうしゅう) 新涼 (しんりょう) 秋涼 (しゅうりょう) 清涼 (せいりょう) 秋冷 (しゅうれい) 白露 (はくろ・しらつゆ) 秋晴 (しゅうせい・あきばれ) 灯火親しむ (とうかしたしむ) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 9月の結びの言葉• 日ましに肌寒さも加わって参ります。 何卒お身体には十分ご自愛ください。 実り多き秋を お祈りしております。 季節の変わり目です。 お風邪などを召されぬよう お身体をおいといください。 涼風のみぎり ますますのご活躍をお祈りしています。 残暑厳しき折り、 健康には十分ど留意ください。 例 初秋の候 初秋のみぎり 9月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 仲秋 (ちゅうしゅう) 爽秋 (そうしゅう) 爽涼 (そうりょう) 秋雨 (あきさめ) 初霜 (はつしも) 秋色 (しゅうしょく) 秋天 (しゅうてん) 秋麗 (しゅうれい) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 10月の結びの言葉• 朝冷えの深まります折り、なにとぞご自愛専一に。 秋冷加わる折り どうぞお身体を大切になさってください。 紅葉美しい季節 ますますのご隆盛をお祈り致します。 灯火親しむの候 寝不足にはお気をつけくださいね。 末筆ながら ご家族皆様の実り多き秋を お祈りしております。 例 仲秋の候 仲秋のみぎり 10月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 暮秋 (ぼしゅう) 深秋 (しんしゅう) 霜秋 (そうしゅう) 初霜 (はつしも) 初雁 (はつかり) 初雪 (はつゆき) 行く秋 (ゆくあき) 夜寒 (よさむ) 冷雨 (れいう) 木枯 (こがらし) 落ち葉 (おちば) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 11月の結びの言葉• 向寒の折り、 お身体を大事になさってください。 時雨の頃を過ぎると 寒さも一段と厳しくなります。 ご自愛専一に。 夜寒ひとしおのこの頃 ご壮健にお過ごしになられますよう 心よりお祈り申し上げます。 朝夕の冷え込みが厳しくなって参りました。 くれぐれもお身体はお大事に。 例 暮秋の候 暮秋のみぎり 11月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 初冬 (しょとう) 寒冷 (かんれい) 師走 (しわす) 冬至 (とうじ) 歳晩 (さいばん) 霜寒 (そうかん) 初雪 (はつゆき) 霜夜 (しもよ) 霜枯 (しもがれ) 霜氷 (ひょうそう) 孟冬 (もうとう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 12月の結びの言葉• どうか、お元気で新年をお迎えください。 寒さ厳しき折り お身体をおいといください。 師走を前に、ご多忙の日々かと存じます。 どうぞご無理をなさらないように。 気ぜわしい毎日ですが どうぞ、よいお年をお迎えください。 来る新年が素晴らしいものであるように 心よりお祈り致します。 例 初冬の候 初冬のみぎり 12月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 時候の挨拶はビジネスのシーンでも使用することがありますが、年中使えるビジネスの例文として「時下」という言葉を使うことができます。 意味は「このところ」や「今現在」などを意味する言葉で季節を気にすることなく使うことができます。 時候の挨拶の例文・使い所 お手紙に季節感を美しく表現し品のある表現にしてくれる時候の挨拶は普段は結婚式の招待状やビジネスでのご挨拶、お礼のお手紙などの際に書き添えられる季節を表したご挨拶になります。 結婚式の招待状などで時候の挨拶を使う 結婚式の招待状で使われます。 最初に季節のご挨拶で始まり結婚式のご招待、そして結びの言葉となることが多いようです。 お詫び・お見舞いの場合 お詫びのお手紙やお見舞いの際のお手紙では時候の挨拶を記入することはありません。 お詫びの場合は単刀直入に本題の件を記載しましょう。 お見舞いの際にも同じく時候の挨拶は省いて書きます。 相手の体調や容体などへの気遣いを書くことを心がけましょう。 ビジネスの場合 ビジネスで時候の挨拶を使う場合はどんな時に使うか 時候の挨拶にぴったりの季語や歳時記&日本の年中行事を解説 普段はなかなか気にかける事の無いジャンルのものから、役立てるとすごくためになるものなども紹介しています。 時候の挨拶で始まる季節の挨拶を送ろう 社会人になると時候の挨拶というものに触れる機会が増えます。 小さい頃に両親宛に素敵な季節の言葉「季語」が取り入れられたお手紙が届いていたのを見た事があるのではないでしょうか。 それらは「時候の挨拶」や「季節のご挨拶」などと言われているもので、季節や月ごとに挨拶の仕方がかわるものなのです。 今ではメールですませがちなものですが、そんなときでも時候の言葉が入っている事でぐっとクオリティがあがるお手紙になるのでぜひお試し下さい。 暦の上で冬の最後の月である2月には春を待ち遠しく思う言葉などが並びます。 春を迎える最初の月、さらには別れの月でもある時期にふさわしい言葉があります。 新年度で花見や新入生などのある季節の言葉が多数あります。 男の子の節句のある月で新緑に関しての言葉を挨拶にすることが多いです。 梅雨の季節、長い雨の季節、じめじめした季節をさわやかにする挨拶 暑さも本番に入って来る時期、涼しさを求める挨拶の仕方が美しいです。 夏休みで行事も花火大会なども盛んな時期ですが夏が過ぎていく寂しさもある月です。 台風の後にみることができる澄み切った空が美しい季節、秋の声が聞こえてくる月です。 秋も雨の多い時期ですがそんな季節にふさわしい挨拶を集めています。 初霜が降りたりと寒さが表れる季節に暖かい言葉でごあいさつ。 年末のバタバタとしている時期ですがお世話になった方へ今年のうちにお礼の手紙を。 四季 春 ・ ・ ・ ・ ・ 夏 ・ ・ ・ ・ ・ 秋 ・ ・ ・ ・ ・ 冬 ・ ・ ・ ・ ・ 家族のお祝い事 お宮参り 年末年始のイベント・行事・歳時記 何かとイベントの多い年末年始の行事、お正月やクリスマス、など特大の行事からマイナーだけど気になる行事まで色々と紹介しておきましょう。 お正月 お正月を彩る飾り物の代表格といえば門松やしめ飾り、そんな伝統的なものの中にもお作法というものが存在します。 最近では形だけでその意味を蔑ろにしがちですが、ここでもう一度、心新たに新年を迎えるためのうんちくを学んじゃいましょう。 そこでいろいろとある行事の中で代表的なものを紹介していきます。

次の

「年の瀬」はいつから?意味と語源!年末の挨拶文なども紹介!類語や英語も

年の瀬挨拶

ビジネスメール「挨拶」の書き方の基本 まずはじめにメールの挨拶の書き方の基本を紹介します。 3つをセットで書くことを覚えておきましょう。 株式会社〇〇営業部の田中〇〇です。 いつもお世話になっております。 「いつもお世話になっております」が一般的な言葉 ビジネスメールでよく使われる挨拶の定型文は「いつもお世話になっております」「いつも大変お世話になっております」です。 儀礼を目的としたメールでは「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」といった、手紙で用いる慣用的な表現を使うこともあります。 その他には次のような表現があります。 日ごろはお世話になり、厚くお礼申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 平素は格別のご愛顧を賜り、ありがとうございます。 先日はお世話になり、心よりお礼申し上げます。 いつもご心配をいただき、深く感謝しております。 「季節の挨拶」でコミュニケーションを深める 「毎日暑い日が続きますが、お元気でお過ごしのことと存じます」「いよいよ年の瀬を迎え、ご繁忙のことと拝察いたします」など、ビジネスメールであっても季節感を盛り込んだ挨拶文を入れるとコミュニケーションが深まります。 相手との関係性やメールの内容に応じて取り入れるとよいでしょう。 ただし、お詫びのメールなどは時候の挨拶を入れずにすぐに本文に入るのが基本です。 締めくくりに「結びの挨拶」を書く メールの最後には、「結びの挨拶」を書いて締めくくります。 一般的な言葉は「よろしくお願いいたします」です。 他には次のような結びの挨拶があります。 どうぞよろしくお願いいたします。 何とぞよろしくお願い申し上げます。 それではご検討のほど、よろしくおねがいいたします。 以上、ご報告いたします。 〇〇の詳細につきましては別途ご連絡いたします。 まずはお知らせまで。 とり急ぎメールにてご連絡いたします。 今後につなげる結びの挨拶は次のような慣用句があります。 引き続きお引き立てを賜りますようお願いいたします。 今後ともご指導くださいますようお願い申し上げます。 これからも変わらぬお力添えをくださいますようお願いいたします。 状況別の挨拶の例文 次に状況に応じた挨拶の例文を紹介します。 新年の挨拶 新年を迎えて初めてのメールでは年始の挨拶を兼ねて挨拶文を書くのがよいでしょう。 新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。 年末の挨拶 年末に送るメールには今年一年お世話になった一言を添えるとよいでしょう。 今年もあとわずかとなりましたが、本年も大変お世話になりました。 心よりお礼申し上げます。 いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。 今年一年ご指導、ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。 夏の挨拶 夏の挨拶として、暑い毎日をねぎらう表現を一言入れてみましょう。 酷暑が続いておりますが、お元気でお過ごしのことと存じます。 残暑厳しき折、お変わりなくお過ごしでしょうか。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のことと存じます。 久しぶりの相手への挨拶 久しぶりにメールをする相手への挨拶は次のような表現があります。 〇〇様におかれましてはその後お変わりございませんか。 ご一同様にはその後お元気でお過ごしでしょうか。 その後いかがお過ごしですか。 次のようなご無沙汰を詫びる挨拶を添えることもできます。 久しくご無沙汰いたしまして申し訳ございません。 長らくご無沙汰いたしまして恐縮に存じます。 初めての相手への挨拶 初めての相手には挨拶とともに社名・氏名と自己紹介を述べます。 次のような挨拶が一般的です。 初めてメールを差し上げる失礼をお許しください。 初めてご連絡いたします。 はじめまして。 返信メールの挨拶 メールを返信する時の挨拶は次のような表現があります。 このたびはお問い合わせをいただき、まことにありがとうございます。 ご連絡をいただきありがとうございます。 お忙しい中、さっそくご回答をいただき、ありがとうございます。 新年や年末に送る「挨拶メール」の例文 新年や年末に送る「挨拶メール」の例文を紹介します。 「新年の挨拶メール」例文 株式会社〇〇 〇〇様 新春のお慶びを申し上げます。 旧年中はひとかたならぬお世話になりまして、誠にありがとうございました。 本年も御社のご発展に寄与できますよう、業務に精励いたす所存でございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 「年末の挨拶メール」例文 株式会社〇〇 〇〇様 いつも大変お世話になっております。 いよいよ年の瀬も迫り、お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。 お陰様で… 来る年も変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 向寒の折から、お体を大切に、よいお年を迎えられますようお祈りいたしております。 「異動の挨拶メール」例文 株式会社〇〇 〇〇様 いつも大変お世話になっております。 さて、私こと、去る〇月〇日の人事異動により〇〇部へ異動することとなりましたので、ご連絡申し上げます。 とり急ぎメールにてご挨拶申し上げます。 追記:後任の担当者とご挨拶に伺わせていただきます。 追ってご連絡申し上げます。 まとめ ビジネスメールの挨拶の言葉は、状況に応じて使い分けられるよう、日ごろからストックを増やしておきましょう。 定型的な慣用句だけを羅列してしまうと、事務的な印象になってしまいます。 また、「お世話になっております」などの挨拶文をメールの件名にするのは好ましくありません。

次の

「年の瀬」はいつから?意味と語源!年末の挨拶文なども紹介!類語や英語も

年の瀬挨拶

しかし、社内へ年末挨拶と言ってもビジネスメールのマナーをしっかりと守る必要があります。 年末挨拶のビジネスメール社内編の例文として一つ目に紹介するのが「上司宛」のビジネスメールです。 上司に宛てメールを送る際は、ポイントを押さえましょう。 ポイントとしては、一年の感謝の気持ちをメール文章に表すことです。 また、仕事中、幾度かミスをした場合についてはきちんと謝罪をするようにしなければなりません。 年末の挨拶ビジネスメールを社内に送る際は、その謝罪についても触れましょう。 まず冒頭に「〇〇さん(もしくは役職)」とし、改行して一行空け「本年も大変お世話になりました。 」と綴り、「仕事に関してご指導頂いたことへの感謝」と、「ミスをした際の謝罪と今後の改善」を盛り込み、最後に「来年も本年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 良い年をお迎え下さい」と記載します。 年末挨拶ビジネスメール社内編例文として二つ目に紹介するのが「職場のメンバー宛」についてです。 職場のメンバーには毎日関りがあります。 日々の感謝の意を込めて挨拶メールを送るのは必須です。 基本的には上司に送るメールの内容と似ています。 ポイントとしては件名に「年末のご挨拶について」と記載しましょう。 文の始まりはその年の西暦を入れましょう。 つまり、「〇〇〇〇年も残すところあとわずかとなりました。 」というような文章にします。 その後はその年の振り返りと、職場のメンバーに対する感謝の言葉と来年の豊富や意気込みを書きます。 最後に、「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」と書いたら、締めに「新年にはまた元気な姿でお会い出来ますことを楽しみにしております。 どうぞよいお年をお迎え下さい。 」と結びメールの文末とします。 先輩や同僚などに送る年末の挨拶とは異なり、仕事でお世話になった他部署などに対してメールを送る際は敬語の使い方などに注意が必要です。 ポイントとしては、冒頭に「〇〇部署の皆様」といった社内部署宛の内容にすることです。 まず、「今年も残すところあとわずかとなりました。 」と始まり、その後は無事何事も無く一年を過ごせたことへの感謝の文章を綴りましょう。 もし、他部署との連携で上手く行った企画などありましたらその企画名(プロジェクト名)をあげ、「多大なお力添えを頂きましたこと、心より御礼申し上げます。 」と添えましょう。 最後に、「また新年に元気な姿で皆様とお会いできることを楽しみにしております。 よいお年をお迎え下さい。 」と結び、文の締めとします。 メールの文章では目上の方への文章の取り扱いが大切です。 参考までに関連記事にてご紹介しますのでご参考下さい。 社外というと取引先というイメージがありますが、社外の仕事仲間であるクライアント先にもシンプルな形式の社外用年末挨拶ビジネスメールを送る必要があります。 年末挨拶ビジネスメールの社外編例文として一つ目に紹介するのが「クライアント宛シンプル形式」です。 クライアント先と言っても、関係性やコミュニケーションの度合いにもよりますが、シンプルな形式が無難であると言えます。 さらに、社外の方には必ず年末年始の休業日についてもお知らせする必要がある為、ポイントとしてはこれらの日付について記載する必要があります。 まず件名に「年末のご挨拶」と記載をしましょう。 その後は、「会社名・部署名・担当者名」を記載します。 文の始めに「お世話になります。 」とし、「自分の会社名と名前」を記載し、一年の感謝を続けて書きます。 次に「本年同様、来年もよろしくお願いいたします。 」とし、来年の年始の休業日についての案内を書いて締めに「よいお年をお迎え下さい。 」と結び終了です。 内容としては社外編例文の一つ目と同じく始まります。 「会社名・部署名・担当者名」と「お世話になります。 〇〇会社の〇〇です。 」と自己紹介をします。 「〇〇年も残りわずかとなりました。 」と書き、感謝を綴ります。 次に「なお、弊社の年末年始の休業日については下記の通りになります。 」と記載し、日付を簡単に箇条書き形式で記載していきます。 最後に「来年も本年同様変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。 」と締め終了します。 年末以外にもビジネスメールは必須のスキルです。 詳しく知りたい方は関連記事にてご参考下さい。 年末ビジネスメール例文取引編として一つ目に紹介するのが「特定の個人宛で送る場合」です。 ポイントとして、宛先を記載する際は、「取引先の会社名・部署名・担当者名」を書き込みましょう。 ただし、挨拶メールは誰にでも送るわけではありません。 取引先でお世話になった方などコミュニケーションが取れている相手に送るようにします。 冒頭文には「平素は大変お世話になっております。 」と書き、その後「自社会社・部署・名前」を記載し、本年の感謝の言葉を綴ります。 また、お世話になった案件やプロジェクト名を書いた後に上手く行ったことについて触れます。 案件もしくはプロジェクトが上手く行ったことに対しての感謝を記載した後、「今後とも何卒よろしくお願いいたします。 」と書き、「弊社年末年始の休業期間は下記の通りになります。 」とし、年末年始の休業日について書きます。 締めに体調を気遣う内容を書き込み、「新年もよろしくお願いいたします。 」として終了です。 年末挨拶ビジネスメール例文の取引先編として二つ目に紹介するのが「複数人宛に送る場合」です。 まず、件名に「年末のご挨拶について」と記載し、冒頭には「お取引先各位」と記載し、「平素より大変お世話になっております。 」と書き始めます。 そして「本年は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」と綴ります。 さらに、来年の意向を書き、「本年と変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。 」と書きます。 「尚、年末年始の休業日は下記の通りとなっております。 」として、日付を箇条書き形式で記載しましょう。 最後に来年のお力添えと、新年を迎えるにあたっての言葉を綴って終了します。 複数人宛で送る際は、末文から2行ほど改行し空け、「所属している会社名と部署名・自分の名前・会社住所・電話番号・メールアドレス」を記載しましょう。 その際も、ビジネスメールのマナーがあります。 一つ目に紹介するのが「個人宛」です。 個人宛に送る際は、懇意にして下さっているお客様に日頃の感謝を込めて文章に綴らなくてはなりません。 件名は「年末のご挨拶」とし、「お客様の名前」を「様」を付けて記載します。 その後自己紹介を書き、「年末のご挨拶を申し上げます。 」と書き、「本年は格別のご厚情を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」と書きます。 その後、感謝を綴り、「本年同様、来年も〇様のご期待に添えるよう精進してまいります。 」と書きます。 「来年が皆様にとって良い年になりますことを心よりお祈り申し上げます。 」と綴った後、年内の営業日についてのご案内をし、末文から2行ほど間を空けた後に「店名・役職・氏名・スタッフ一同・郵便番号・住所・電話番号」を書いて終了です。 複数人に宛てメールを送る際のポイントとしては、「お客様各位」と記載するのがベストです。 件名は「年末のご挨拶について」と書きます。 冒頭は「店名・名前」と記載し、「年末のご挨拶を申し上げます。 」と書きます。 次に「本年も格別のご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」と記載します。 その後、「スタッフ一同来年もお客様にご満足頂けるように精進いたしますので何卒来年も変わらぬご愛顧程、よろしくお願いいたします。 」と書きます。 結びにお客様の体の心配と新年を無事に迎える祈願の旨を記載しましょう。 最後に休業日について記載し、「店名・名前・住所・電話番号・メールアドレス」を書き込んで終了とします。 また挨拶文の中には「お蔭様で」と使用する場合があります。 この言葉は使い方によって失礼にあたる場合もありますので、意味や使い方を把握した上で使用するようにしましょう。 詳しくは関連記事にてご参考下さい。 年末の挨拶のビジネスメールマナーや注意点は? 年末挨拶ビジネスメールは送信日に気を付けるのがマナー 年末挨拶ビジネスメールの注意点やマナーについて把握しておかなくてはいけない点が「送信日に気を付けるのがマナー」です。 年末のご挨拶と聞くと、年末に送るというイメージがありますが、役職や関係性によって変わります。 それぞれ挨拶メールを送る日が常識的マナーとして存在します。 まず、社内の上司や先輩などに送る際は、年末の最終営業日(仕事納め)の午前中までに送るようにしましょう。 この時の注意点が「相手が確実にメールを読むことが出来る時間を選んで送信するようにする」ということです。 きっちり読んで貰えるように相手が暇そうな時間帯を選ぶようにしましょう。 取引先や社外、お客様などに年末挨拶のメールを送る際のマナーとしては、会社宛てに送る際は、最終営業日の1週間から3日前に送ることがベストです。 個人のお客様の時は、自分の会社の最終営業日に送るようにしましょう。 年末挨拶のビジネスメールをお客様に送る際は感謝の言葉を添えるのがマナー 年末挨拶ビジネスメールをお客様に送る際は必ず「お世話になったことへの感謝の気持ち」と「来年もよろしくお願いします」といった内容や、「営業日」について触れましょう。 ただし、会社など取引先に送る際は、「来年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」と一言書くと好印象です。 年末挨拶ビジネスメールのテンプレ文の注意点は送る相手を気にしよう ネット上での情報量が多量な現代社会は、年末挨拶ビジネスメールのテンプレが無数に無料で掲載されています。 その文章をそのままコピペをして使用すると場合によっては送った先の相手に大変失礼にあたる場合がありますので確認するという点を注意点として押さえておくようにしましょう。 マナーとしては、目上の方や上司、取引先の責任者などに送る文章の場合、テンプレ文をそのまま使用するのではなく、日頃関わってきた中でのエピソードなどを書き込むようにするととても興味の湧く文章の内容となることでしょう。 例えばミスがあり、相手の方のお蔭でピンチを切り抜けられたという場合は謝罪を記載します。 相手先の上司の場合は「今後ともご指導ご鞭撻のほど」というフレーズを使う事で、好印象が残ります。 仕事をする上で大切なのは対人です。 好印象を与えることで今後の関りにプラスに働きます。 とは言っても、友達ですので内容は堅苦しくないほうがいいでしょう。 一つ目として紹介する例文は「フランクな内容」ということです。 まずは「挨拶」です。 「こんにちは」もしくは「こんばんは」など時間帯で変えます。 次に「今年も大変お世話になりました。 来年もよろしくお願いします。 」と書いた後、友達の体調を気遣う「風邪引かないでね」という旨も記載しましょう。 結びには「良いお年を」と書き終了します。 最近ではメールではなくLINEを使って年末の挨拶を送る方も多くいます。 LINEにはスタンプ機能があり、年末の挨拶ともなるとオリジナルキャラクターや作家さんが作ったキャラクターなどのスタンプがLINEストアにて販売されています。 年末の挨拶スタンプだけでもかなりの量のスタンプが販売されていますので、お好きなものを手に入れて友達に送る年の瀬や暮れの挨拶をするようにしましょう。 年末の挨拶ビジネスメール例文を使ってその年最後の挨拶を送ろう メールは、ビジネスにとってとても大切なツールとなります。 特に、年末などは一年の締めくくりとして日頃の感謝を伝える大切なことです。 お客様や取引先の方はもちろんのこと、上司や先輩、友達らにも送らなくてはなりません。 例文をしっかりと把握してその年最後の挨拶をメールにて適切に送るようにしましょう。

次の