弁当 屋 の おばさん。 人生初めてのバイトをお弁当屋さんで始めたんですけど、覚えることが多くて覚え...

人生初めてのバイトをお弁当屋さんで始めたんですけど、覚えることが多くて覚え...

弁当 屋 の おばさん

いったいどんなお店なのだろうか。 ボヤ騒ぎとしか思えないお弁当屋さんと遭遇しました。 安いしめっちゃおいしい。 だが、店の窓からは勢いよく燃えている炎が噴き出しているのが見える。 ちょっと危険な状況としか思えないが、本当に大丈夫なのだろうか。 ツイッターには、さまざまな声が寄せられている。 「間違って通報しちゃうレベルですね」 「炙りとスモーク料理は旨そう 炭で本格的に焼いてるけど、店舗焼かないでね」 「こういう飯が1番うめぇんだよなぁ... 」 この煙ボーボーの店は、東京都江戸川区篠崎にある「鯖の助」という弁当店だ。 旨いものに目がないトラックドライバーたちが行列を作ると噂され、「安いしめっちゃおいしい」店として知られている。 Jタウンネット編集部は、「鯖の助」主人の川和秀動(かわわ・しゅうどう)さんに話を聞いた。

次の

愛すべき近所のインディーズ系弁当屋さんの「のりから明太弁当」の話

弁当 屋 の おばさん

駅前にチェーン店の弁当屋さんがあります。 24時間営業ですから、深夜族のらくた、度々利用しています。 で、らくた、その弁当屋さんでも顔を覚えられてます。 中でも、六十代くらいのおばさんがいるんですが、弁当を買いに行くと「あら先生遅くまでお疲れさまです つまり僕は商売の話までしたことがあるわけですが… 」みたいな調子で迎えてくれます。 他にレジ待ちのお客さんがいなければ、弁当待ちの時間は他愛ない世間話に花を咲かせています。 そして弁当を受け取ると「お疲れさまでした。 ありがとうございます。 お気を付けて」と、満面の笑顔で送り出してくれます。 ところで、以前外食チェーン店のマネージャー出身の上司がいまして、ずいぶん勉強させてもらったのですが、その中に「クレームを出さないことを旨とする対応」という言葉がしばしば出てきました。 「どの店に行っても誰が行っても均質で、決して不快感を与えないサービス」ということに尽きるようです。 それが僕のいる業界に妥当なのかは今は議論しないとして、そうだとすれば「失礼のないように」作りものの笑顔を浮かべながら、マニュアル通りの対応をして、無機質にかつ敏速に商品と貨幣を交換していくのがもっとも効率的で上質な「サービス」だということになります。 ただ、それってサービスなんでしょうか…。 もちろんおばちゃんだって、全てのお客さんと世間話に花を咲かせているわけではないでしょう。 また、僕が別の店舗に行ったら完全に見知らぬ客になります。 その意味でおばちゃんの対応は「均質」とは対局にあります。 その意味でおばちゃんの対応は完全な「間違い」です。 なのに僕は「おばちゃん」いる時の方が得をした気分で帰っていったりします。 いや、もちろん全ての客と世間話なんかいらないんでしょうし、僕でもできるだけ早くお目当ての品物を手に入れて帰りたいことは少なくありません。 いくら暇人の僕だって「効率」を求める場面は多々あります。 ただ、もっとのんびり、世間話でもしながら買い物をしたいことだってあります。 それなのにただ無意味に「効率」ばかりを求めてしまう…もっと言えば求めさせられてしまうことも少なくありません。 そして結果として「効率」よりも大事なものを見失っていることも少なくない気がするんですよ…。 この「効率偏重主義」みたいなものが、世の中のいろいろな歪みを生み出す一つの大きな原因になっているような気がします。 しかしそこから一人でずらかることもできない。 かと言って喜んで受け入れている人も少ないでしょう…。 何ともまとまらない文になってしまいましたが、このテーマがきちんと説明できた時点で僕の「第一期ブログライフ」が終わるくらいの大きなテーマです。 まあまた考え考え書いていきます。

次の

弁当屋のおばさんをコントロール!おばさんを最大戦力化する方法!

弁当 屋 の おばさん

弁当屋の売上は1日に5万あれば儲けが出る 見出しにも書いてしまったんですが、弁当屋は、 1日5万円あれば儲けを出すことが出来る。 ちなみに、弁当の売上5万円を作る為に、500円の弁当を100個販売する必要があります。 なぜ、5万円で儲けを出すことが出来るかは、次に説明します。 1日5万円あれば儲けられる理由 条件として、弁当を500円で販売したとする。 営業日は25日。 そして、1日に5万円を売り上げると、月(25日営業)に125万円です。 人件費30万、家賃10万、水道光熱費5万、もろもろの経費15万円。 合計60万円(固定費) 変動費437,500円+固定費600,000円=1,037,500円 売上1,250,000円-1,037,500円= 212,500円の儲けとなります。 1日に換算すると、36,923円。 500円の弁当の場合、約74食販売すれば、赤黒トントン。 一応、損益分岐点の計算式 商売するなら損益分岐点の計算方式は頭に入れておくべきです。 固定費は、弁当屋ごとに違う為、一概には言えない。 書いていない経費 今回書いた経費の条件は、人件費30万、家賃10万、水道光熱費5万、もろもろの経費15万と書きましたが、他にも、保険代、修繕費、通信費、など弁当屋ごとに違います。 それに、家賃も10万と書きましたが、もっと高いかもしれない。 そして、人件費ももっとかかるかもしれない。 よって、今回書いた記事では、5万円で儲けが出ると書いたが、条件次第ではもっと売上を作る必要性があるかもしれないのは忘れないでほしい。 損益分岐点の改善方法 弁当屋バージョン) 損益分岐点を改善する方法は、2つあります。 売上を増やす 経費を下げる 売上を増やす方法 売上を増やす為の方法は、いろんな記事を書いたのでそれを参照してほしい。 経費を下げる 経費の中にも、固定費と変動費がある。 変動費は、材料費として考えます。 弁当屋の場合、変動費は35%が理想的です。 しかし、35%以下で弁当屋のビジネスを考えると普通の弁当販売では不可能かもしれない。 けど、世の中、35%以下で弁当屋をやっているビジネスモデルがあるので、それを参考にしてほしい。 以下が、その事を書いた記事ですので読んでほしいです。 それと、固定費を下げる方法は、いろいろありますが、けっこう頭をひねらないとできないものです。 閃き1つで状況は変わるんですが、その閃きがなかなか出ないものです。 例を書くと、 車を使わない弁当配達。 広告代を圧倒的に少なくする為、SNSを活用する。 事務所を持たない弁当屋。 など、無謀なことを書きましたが、普段使っている目線を変えないと固定費は減らない。 ちなみに、人件費を必要以上に削減することは推奨しない。 弁当のクオリティーが下がるだけなので、やめた方がいい。 ちなみに、その記事も書いてあるので読んでほしい。 1日5万!材料費35%で、儲けられる! 結局は、材料費と売上が大事なんです。 材料費を35%を維持しつつ、売上を5万円ずつ作っていくビジネスモデルをかんがえると、弁当屋は出来ます。 特に私が弁当屋の事を知らない人に薦めているのが、『ほっともっと』のフランチャイズです。 ほっともっとは全国各地に展開している店舗型の弁当屋で、有名。 材料費を抑えつつ、高値で販売できる弁当が特徴です。 その理由は、本部のメニュー開発が素晴らしいからです。 素人が考えるようなメニューではないので、お客様も「おっ!」と言わせるものばかりです。 そういう、弁当屋コンテンツができると強いですよね!.

次の