うずらの卵カロリー。 うずらの卵の栄養は?1日いくつまで食べて大丈夫?

うずらの卵のカロリー!フライと水煮で違う?普通のたまごと比べると・・・

うずらの卵カロリー

卵類トップ!ビタミンB12 - 鶏卵の5. 2倍!貧血やめまい予防の効能 うずらの卵はビタミンB12が豊富で、卵類ではトップの含有量です。 また、100g中の鶏卵と比べると約5. 2倍も多く含んでいます。 ビタミンB12は、造血作用があり、葉酸とともに働き赤血球を作る役割があります。 造血作用によって血液量が増え、貧血やめまいを予防する効能があります。 その他にも、ビタミンB12には神経の働きを維持する効能もあります。 葉酸も含む - ビタミンB12とともに悪性貧血を予防 うずらの卵には葉酸も含まれており、鶏卵の2. 1倍の含有量です。 葉酸は、上記のビタミンB12ととともに血液をつくるため、悪性貧血の予防効能があります。 また、葉酸にはDNAやタンパク質の合成を促す効果や、胎児の先天的な異常を予防する効能があり、妊婦さんには大切な栄養素です。 ビタミンB2が含まれている - 動脈硬化の予防効能 うずらの卵にはビタミンB2が全食品の中でも比較的多く含まれています。 ビタミンB2には、3大栄養素の代謝を促してエネルギーづくりを助ける役割があります。 中でも、脂質の分解を促し、過酸化脂質を分解する効能があるため、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があります。 鉄分も含まれる - 鉄欠乏症貧血の予防 うずらの卵には、鶏卵の1. 7倍の鉄分が含まれています。 鉄分は、ミネラルのひとつで赤血球のヘモグロビンの構成成分となり、鉄欠乏症貧血を予防する効能があります。 うずらの卵には、ビタミンB12や葉酸も含むため、悪性・鉄欠乏症のどちらの貧血も予防してくれる栄養素が含まれています。 また、鉄分は全身に酸素を運ぶ役割をするため、疲労回復にも有効であると言われます。 ビタミンAも鶏卵より豊富 - 皮膚を健康に保つ効能 うずらの卵には、肌や粘膜を健康に維持するビタミンAが含まれています。 粘膜の機能が正常に働くため、ウイルスなどの侵入を防いで免疫力を高める効能もあります。 また、目の健康を維持する役割もあります。 光を感じるのに必要な網膜の主成分ロドプシンとなり、夜盲症の予防に有効です。 また、うずらの卵のビタミンA量は、鶏卵の2. 5倍にもなります。 セレンは全食品の中でも多めの順位 - 抗がん作用に期待! うずらには、ミネラルの一種であるセレンも含まれています。 セレンには、抗酸化作用があり老化や生活習慣病を予防する効能がある栄養素です。 また、ガンの発生や転移を予防する効能もあるとされ、抗がん作用が期待されています。

次の

鶏卵とウズラ卵・烏骨鶏卵のカロリーと三大栄養素を比較:一番高カロリーなのはうずら卵でした。

うずらの卵カロリー

鶏卵よりも栄養価が高いうずらの卵 見た目はとても小さいうずらの卵。 コロンとして可愛らしいが、栄養面では鶏卵を凌ぐパワーの持ち主。 なんと、ビタミン類は鶏卵の約2倍、ビタミンB12に関しては約5倍も多く含まれているのだから驚きだ。 うずらの卵に含まれるビタミンAはレチノールに区別され、活性化ビタミンであるため体内で変換する必要がない。 また、脂溶性であるため、油と一緒に調理することで体内での吸収率が高まるのが特徴である。 ビタミンAには 粘膜を強く丈夫にする作用があることから、目・口・鼻・喉・皮膚などの健康維持をサポートしてくれる。 また、体を酸化から守ってくれる抗酸化作用をもち、ガンの抑制効果もあるとされている。 葉酸 葉酸といえば、妊娠初期に必要となる栄養素であるが、その理由は細胞の生成に必要な栄養素だから。 犬は腸内細菌によって多少の葉酸が作られるというが、犬の1日の必要量を満たしているかまでは明らかになっていない。 不足しないよう普段の食事からも補っていきたい栄養素だ。 鉄分 鉄分が不足すると貧血になることは多くの人が知っているだろう。 鉄分は貧血予防や改善に効果的な成分。 鉄分は赤血球の中の「ヘモグロビン」を作るのに欠かせない材料であるほかにも、赤血球が酸素を運ぶ手助けをしてくれる大切な役割がある。 ビタミンB12 ビタミンB12は補酵素として、タンパク質、炭水化物、脂質などの代謝を助ける働きがある。 また、造血ビタミンの一つであるビタミンB12は、赤血球の生産には欠かせない栄養素でもあるため、老化防止、貧血防止、タンパク質合成などに効果を発揮する成分ともいわれている。 「生卵」で与えるメリット・デメリット みなさんは、「生卵の白身部分は犬に食べさせないほうが良い」という話を聞いたことはないだろうか。 逆に、黄身部分は与えても問題はないとも言われている。 ここでは、その理由を説明しよう。 なぜ生卵の白身部分は良くないの? 生卵の卵白には「アビジン」と呼ばれる成分が含まれいるのだが、この成分はビタミンの吸収を邪魔してしまう成分。 せっかくビタミンを摂取しても吸収を阻害してしまうのだ。 主に、ビオチン ビタミンB群の仲間 と呼ばれるビタミンの吸収が阻害されてしまうと、ビオチン欠乏症による食欲不振、皮膚や毛が弱くなる症状を引き起こす恐れがある。 こうした理由から、「生卵の白身部分は食べさせないほうが良い」と言われているわけだ。 では、生でも黄身の部分ならいいの? では、食べても問題ないと言われている黄身の部分。 害がある成分は含まれていないので「与えても問題ない」と言われているが、生卵は人間でも食中毒になるリスクはゼロではないことは覚えておこう。 特に、暑い夏の時期は避けるのが無難。 また、高齢犬、仔犬、病気中など、抵抗力の弱い犬に与える場合も避けるべきだろう。 うずらの卵の与え方 まずは賞味期限を知っておこう うずらの卵の賞味期限は、パック日より最大で21日間、つまり3週間だ。 意外と長持ちすると思ってしまうが、季節や保管場所の環境によっても変わることを忘れてはいけない。 また、卵は温度変化を嫌うので、冷蔵庫に保管したとしても過信しないほうが無難。 特に、茹でた場合の賞味期限は、冷蔵庫で3日以内と短くなるので注意しよう。 うずらの卵はどう与えるのがベスト? 生の場合は、うずらの白身と黄身を分けるというのは少し難しいので、やはり加熱する方が手間も少なく安全面でも心配がなくていいだろう。 また、加熱と言っても、目玉焼き、ゆで卵、半熟卵など、いろいろな調理方法があるが、基本どれを与えても問題はない。 ちなみに、ベストな与え方は半熟卵がおすすめ。 焼き玉子、ゆで卵よりも柔らかく黄身部分にも水分が残るので、食べやすい柔らかさで与えることができる。 ほかの調理方法よりも消化吸収効率がよくなるので、ぜひ試してみて欲しい。 与える前に知っておきたい2つのポイント 鶏卵と比べてカロリーが高い 鶏卵と比べて栄養価が高いうずらの卵ではあるが、実はカロリーや脂質も高い。 普通の卵と同じような感覚で与えてしまうと、愛犬がメタボになる可能性があるので注意が必要だ。 食物アレルギーがないか様子を見守ろう アレルギーの原因となるものをアレルゲンと呼ぶのだが、実は 食べ物全てにアレルゲン要素があることは知っておきたいところ。 初めて与える時は少量から与えて、痒がったり嘔吐したりしないか、愛犬の様子を見守ってあげるのも大切だ。 さいごに コロンとした小さいサイズは、まるで愛犬用のためにあるのでは?とも思えてしまう、うずらの卵。 いつも食べている鶏卵よりも栄養価が豊富なので、愛犬の食事にも是非取り入れてみたい食材だ。 今回の情報を参考に、うずらの卵を使った愛犬メニューを考えてみるのも面白い。

次の

うずら卵100gのカロリーと栄養は?水煮や鶏卵との比較もしてみた!

うずらの卵カロリー

うずらの卵の栄養 まずは、うずらの卵に含まれる 栄養からみていきましょう。 うずらの卵は100gだと 179kcal。 100gといっても分かりにくいですよね。 (^^; 1個分に換算すると、だいたい 23kcalくらいになります。 1個が小さいので、ひとつふたつ食べたところであまり栄養がないと思われがち。 ですが、実はビタミンB12とセレンが豊富に含まれています。 ビタミンB12はタンパク質の代謝を促し、正常な赤血球を作ってくれる作用があります。 悪性貧血から身体を守ってくれる大事な栄養素。 もう一つのセレンは抗酸化作用があり、身体のサビを取ってアンチエイジングの手助けをしてくれます。 Sponsored Link コレステロールについて さて、では次に コレステロールについてはどうでしょうか。 うずらの卵のコレステロール値は100gあたり 470mg。 普通の卵(鶏卵)のコレステロール値が420mgなので比較するとうずらの卵はコレステロールが高い! ということになりますね~。 しかし! 卵黄のコレステロール値は1400mgなので、ケーキやパンなどによく使う卵黄と比べるとコレステロール値はそこまで高くありません。 そもそも、 「コレステロール = 身体に悪いもの」 というのはちょっと違うんですよね。 コレステロールには細胞膜をつないでくれる役割やホルモンを構成する役割、ビタミンDの原料になってくれる効果があります。 コレステロールには、2種類あり、HDLコレステロールを「 善玉コレステロール」LDLコレステロールを「 悪玉コレステロール」と呼んでいます。 悪玉とはいってもLDLコレステロールのすべてが身体に悪いわけではありません。 ただ、摂りすぎてしまうと血管にへばりついて動脈硬化などを引き起こす原因になってしまうというわけです。 うずらの卵や鶏卵に含まれているのは善玉コレステロールの方。 善玉コレステロールには悪玉コレステロールの蓄積や血管の詰まりなどを防いでくれる効果があります。 なので「卵に含まれるコレステロールは身体に悪い」というのは間違いで、1~2個であれば毎日食べても大丈夫なのです。 ^^ Sponsored Link 普通の卵と比較すると? では次に、うずらの卵と普通の卵を比べてみましょう。 うずらの卵と普通の卵ってどっちが栄養が高いのでしょうか。 分かりやすく100gあたりで比較してみます。 うずらの卵 普通の卵 カロリー 179kcal 151kcal コレステロール値 470mg 420mg タンパク質 12. 6g 12. 3g 脂質 13. 1g 10. 3g 特出した栄養素 ビタミンB12、セレン ビオチン、セレン ビタミンA、ビタミンD、ビタミンKなどの各種ビタミンはうずらの卵の方が高いですね。 また、リンや鉄なども多く含まれています。 ただ普通の卵の方がビオチンの含有量が多く、また必須アミノ酸も豊富に含まれています。 栄養豊富なうずらの卵ですが、普通の卵と同じ量を摂ろうとすると5~6個くらい食べなくてはいけないので、手軽に摂取しやすいのは普通の卵の方かもしれませんね~。 どちらの方が特に優れているというわけでもなく、料理に応じて使い分ければOKみたいですね。 中華丼にはやっぱりうずらの卵を使いたいですもんね。 (^^ゞ.

次の