函館プレミアム商品券。 【函館市プレミアム付商品券・飲食券 お引換え・ご利用について】

プレミアム付き商品券、函館は7月25日から販売開始!

函館プレミアム商品券

店舗でも商品券・飲食券をご利用いただけます。 詳しくは下記をご覧ください。 ・販売場所に丸井今井函館店をご指定いただきました方のみ、お引換えいただけます。 (他の販売場所をご指定の場合、お引換えはできかねます) ・混雑を避けるため、お客さまごとに購入引換期間が異なります。 お引換え期間のご確認をお願いいたします。 ・ご購入いただきました商品券・飲食券の包装や袋へ入れてのお渡しはできかねます。 ・購入セット数を複数回に分けて購入することはできません。 ・販売した商品券・飲食券の返品はできません。 【ご利用について】 丸井今井函館店では、函館市プレミアム付商品券・函館市プレミアム付飲食券をご利用いただけます。 ・お釣りはでません。 ・お釣りはでません。

次の

【函館市】函館市民が使える『函館市プレミアム付商品券』と『函館市プレミアム付飲食券』が発行されるそうです!(号外NET)

函館プレミアム商品券

函館市は、市民の消費喚起と観光客の誘客を促進させ、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い影響を受けた地域経済の回復を目的に、来月よりプレミアム付き商品券を3種類発行します。 函館市民向けには、『函館市プレミアム付商品券』と『函館市プレミアム付飲食券』、観光客向けには『函館市グルメクーポン券』が発行されます。 いずれも、函館市に指定された取扱店でのみ使用が可能で、使用期限は2020年7月10日(金)〜2021年1月9日(土)までです。 こちらの応募期間は、2020年6月16日(火)〜6月29日(月)で、インターネットでの「申込Webフォーム」からの申しこみか、函館市役所および各支所に設置する「申込ハガキ」での申込みで、事前予約販売となるそうです。 ただし、応募できるのは、応募方法に問わずお一人様1回のみです。 詳細は、『函館市プレミアム付商品券等の概要について』をご覧ください。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

プレミアム付き商品券、函館は7月25日から販売開始!

函館プレミアム商品券

函館市は新年度、地域住民の消費意欲を喚起し景気回復につなげようと、プレミアム付商品券を発行し、子育て世代に商品券を配布する。 市として初めての実施で、国の新たな交付金を活用し、プレミアム付商品券は総額12億円分を発行。 26日開会予定の市議会定例会で本年度一般会計補正予算案を追加提案する。 プレミアム付商品券は、プレミアム率を20%とし、1万2000円の買い物ができる商品券を1万円で販売する。 市経済部によると、小売り店以外のサービス業などでも使えるようにしたい考えで、「地域住民に広く行き渡るようにし、しっかりと効果を出せるよう努めたい」としている。 市内では2009、10年に函館商工会議所が、同会議所や市内の商工会会員の店舗を取扱店としたプレミアム付商品券を発行している。 09年はプレミアム率15%で3億4500万円分発行。 10年はプレミアム率を10%に変更し、3億3000万円分を発行した。 使用率は2年とも100%に近く、新年度の商品券発行も地域経済活性化の起爆剤としての役割が期待される。 子育て世代に対しては、15歳以下で中学校修了までの子ども1人につき1万円の商品券を配布する。 市子ども未来部によると、配布対象となる世帯は約2万世帯ほどだという。 商品券発行は、国の「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」に沿って創設した「地域住民生活等緊急支援のための交付金」(概算約5億5000万円)を活用。 いずれの商品券も発売や配布の日程、利用期限など未定で、市は今後詳細を決める。 その他の新着ニュース• 情報の閲覧及び利用については「」をよくお読み頂いた上で、承諾の上行って下さい。 内容についてはよくご確認下さい。

次の