先生なんて嫌いです ネタバレ。 官能先生【ネタバレ2巻】わたしだって悪ですのよ!

青春パンツ越し【先生なんて嫌いです。】ひなこ / 感想ネタバレレビュー

先生なんて嫌いです ネタバレ

もくじ• 「愛になんて溺れない」7話|ネタバレあらすじ 「恋になんて二度と溺れない」 自分のマンションに誘おうとする二ノ宮に、「口より手が早い男は嫌いです」と一刀両断する怜。 クライアントのシステム総括部長・古澤から、二ノ宮と会食をしたいと連絡がきます。 追加依頼以外は断るように指示する二ノ宮。 怜は、おそらく二ノ宮の引き抜き話だろうと推測していました。 一緒に自宅へ昼食を食べに行こうと誘う二ノ宮に、「本気じゃなきゃ嫌です」と断る怜。 恋はしばらくしたくない。 二ノ宮さんならいっぱいセフレがいるはず。 「アンタは違う」 「アンタだから欲しい」 仕事の電話がかかってきて、電話をしながら怜を手で払いのける二ノ宮。 「切り替え早っ」 どうするか悩む怜なのでした。 ww 一方二ノ宮は、幸男から「恋愛っていいよね」という言葉に、まだしっくりこない様子。 古澤からの電話がしつこいので、会食の場に行くことにした二ノ宮。 古澤の要件は、やはり引き抜きの話でした。 そして、営業担当の怜のサポートがあるから。 今は」 足早に会社に戻った二ノ宮は、怜と幸男の姿を発見。 「この会社でやりたいことがあるんだ。 幸男と一緒に。 」 「アンタの力も必要だ」 幸男をさっさと帰し、怜にキスをする怜。 「参ったなあ、嫌いじゃないなあ」 二ノ宮のドストレートな想いに、少しずつ気持ちが揺らぎだした怜なのでした。 ちょっとずつですが良い感じになってきた怜と二ノ宮。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 というわけで今回はここまで。 次回もお楽しみに!.

次の

『だからもう愛なんて知らない』 ネタバレ|1話から結末まで♪

先生なんて嫌いです ネタバレ

BLジャンル• 片思い• 切ないストーリー• ツンデレ受け• 腹黒眼鏡攻め• それは、親友で想い人・慎吾の車掌姿を眺めることだ。 しかしある朝、「結婚することになった」と結婚報告をされてしまう! ショックを受ける拓。 それもその筈、なんと結婚を後押ししたのは、慎吾の弟・勇吾だという。 大のブラコンで、いつも邪魔ばかりしてくる勇吾のことが、拓は昔から嫌いだった。 嫌いなお前に抱かれたい|ネタバレ 鉄道オタクからしてみれば、大好きな電車に乗って通勤できるという時間も幸せの一つ! 大好きな電車に、大好きな人…。 朝から好きな物に会える幸せを噛みしめ、ニッコニコの 主人公・拓。 親友で片思いの相手、慎吾に朝の挨拶をし何気ない会話をしようとした瞬間「結婚するんだ!」と言葉を遮られた。 片思いあるある…… 同じ趣味持ってるのに、なんで自分じゃないの?って気持ち、みんな1度が体験したことあるんじゃないかな… モヤモヤした気持ちの中、雄吾は「職場でも上手くいってないんじゃない?」と小言を挟んでくる。 「お前さえ邪魔してなければ!!!」と怒号を飛ばしそうになった時、急ピッチで飲んでいた酒に酔って倒れてしまう…! 目を覚ますと、そこには慎吾の姿が…… 「お前本当に幸せなの?我慢ばっかりさせられてるんじゃないの?」 積もり積もった不満や、感情が抑えられず言葉になって出てしまう。 「いや……分かってる。 趣味を後回しにしちゃうくらい、あの子が好きなんだよな…?」 自分の気持ちが、悲しみや片思いの辛さが一気に溢れ出して、涙が流れる…。 お前のこと、ずっとずっと好きだった。 一度でいいから、抱いてほしい… 慎吾は、拓にそっとキスをしてきて……!? 嫌いなお前に抱かれたい|感想・考察 鉄道オタク同士、仲良くやってきたつもりだったし、これからも一番近くに居るのは自分だと思っていた拓。 いきなり「結婚する!」と言われてあ然…。 結婚式に呼ばれたってそりゃ嬉しくないし、むしろ「その横に居るのは俺だったはずだろ!?」とか思っちゃうよね…と苦しくなりました。 男性同士で結婚式なんて日本では出来ないけど…好きな人の結婚式になんて行きたくない! どんなに好きでも、気持ちを伝えなければ相手には分からないし。 「俺の方が、ずっとずっと好きだったのに…」 どうかお願いだから、一度だけ抱いてくれないか?と涙を流す拓に胸が締め付けられるストーリーでした! そして、勘違いから始まった2人の関係!.

次の

嫌いなお前に抱かれたい《ネタバレ感想》片思いとすれ違いの切ないBL【鷹丘モトナリ】|漫画メモ

先生なんて嫌いです ネタバレ

『夏目友人帳』はララにて連載中の緑川ゆき先生の漫画です。 『夏目友人帳』の前回(103話)のあらすじは・・・ ある日、消えたニャンコ先生を探して白霞焼の里・灯邑へ。 ニャンコ先生とは途中で合流できたが、その里で出会った伴という木偶人形を操る男に襲われる夏目。 そのピンチを救ってくれたのは名取と的場だった。 廃屋でニャンコ先生と同じような猫の術具をたくさん見つけた夏目。 それらを守るため、この里に眠るという禁忌の術具を見に行く的場と夏目だが、封印はすでに破られた後だった。 伴が封印を解いたらしい、人型の陶器の術具は、その後暴走を始め伴が操ることも不可能になり、夏目達を襲い始めるが…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 幼い頃、猫探しに行った帰り、祖父の背中におんぶされて穏やかに2人で話をしていた夢だった。 暴走を始めた人型の術具。 アレを壊せば、喰われた猫たちも戻る。 名取は複雑な表情をする的場に、諦めるよう言う。 的場はあの術具を手に入れようとしていたが、納得したようでため息をつくと壊すことに同意する。 夏目は、戸室の周りを囲って離れない猫たちに話しかけていた。 ふと、戸室が目を覚ます。 その瞬間猫たちはパッとその場を離れてしまった。 戸室は起き上がると夏目をみて優しく笑いながら語りかける。 若い人がこの里に興味を持ってくれて嬉しかったこと。 先代たちへの尊敬の思いやこの里への誇りや思い出。 何故かずっと、1人ではなかった気がしていた事。 『里を守りたい』という想い。 戸室はまた眠りについた。 的場と名取が作戦会議をしている最中、猫が夏目の服を引っ張った。 ニャンコ先生が聞き『おまえからカネツグの匂いがする』と言ってるそうだ。 カネツグとは、昔の名工の名前らしい。 夏目は何か持ってるのか聞かれ、さっきの廃屋で見つけた猫が置いていった巾着袋を思い出す。 名取と的場は、式たちに案内され、暴走した術具を見つけた。 すぐに2人がかりで祓い屋として縛りの術をかけ、奴に当てる。 捕えたところで、夏目が来る。 あの猫の巾着袋に入っていた槌を持っていた。 カネツグというのが、里の名工でこの術具を作ってしまった職人。 異形と化した術具を己の手で封じたが滅するまでは出来ず、万が一再び目覚めた時のため自分が鎮めに使った槌を残した。 それを、あの猫が大事に守っていたと言うのがニャンコ先生の教えてくれた真実だった。 槌を術具に振り下ろした時、伴が与えていたコートが奴から離れ、夏目に巻きつく。 動きを封じられた夏目が見たのは、猫たちが集まりジャンプ台を作っている光景と、それに向かって走っていくニャンコ先生の後ろ姿。 夏目はニャンコ先生の名を呼び、槌を投げた。 受け取った先生は、そのまま人型術具に叩きつけ、鎮めた。 猫たちが見守ってきたもの 夏目は意識を失っている間、この里の夢を見ていた。 どの猫の記憶だろうか。 厳しい言葉と温かい手。 注がれた愛情・授かった役目。 そして禁忌を破った名工の、後悔と苦悩。 目を覚ました夏目。 同じ頃、戸室も目を覚ましていた。 夏目は猫たちを見回して、言った。 「君達は、ずっと見守ってきたんだな。 大丈夫、誰にも言わないよ。 力を貸してくれてありがとう。 会えて、良かった…」 猫たちはそれぞれ去っていく。 いらぬ災いを防ぐため、ほとぼりが冷めるまでここを離れるらしい。 ニャンコ先生は、やっと旅立てるあいつらを見送ってやれ、と言う。 戸室が走ってきた。 夏目は巾着袋を預け、いつか返してあげてほしいと言う。 木々から隠れて見ている猫を、一瞬見た戸室。 きっと、またいつか…。 戸室は穏やかに笑った。 思い出を胸に。 伴は見当たらない。 的場は伴の結界を既に壊しており、全員自由となれた。 的場は自分の迎えを呼ぶと言う。 夏目は名取にそもそも何故灯邑に来れたのか聞くと、祓い屋同士の事情というもので、反的場勢力の2つが、水面下で手を組もうとしている可能性があったという。 そのため、その片割れである女性コレクターの腹心の伴にも見張りの式を付けていた、と。 名取は預かっていた友人帳を返すが、俯いてこれはやはり夏目だけが持つべきだ、と伝える。 夏目は預かってもらえた事、友人帳に真剣に向き合ってもらったことに感謝した。 ニャンコ先生は大きく変化し、その背中に乗って夏目は帰る。 名取に挨拶をする、夏目とニャンコ先生。 ニャンコ先生の背中で、夏目はこの灯邑の里を思い返していた。 先生の故郷だ。 先生の兄弟にもたくさん会えた。 先生は『なんの思い入れもない』なんて言うけれど。 「じゃあ今、思い出ができたな、先生」 夏目は優しく、ニャンコ先生を抱きしめた。 ある日、的場は伴を呼び出した。 手を組もうとしていた2つの勢力。 女性コレクターと手を組もうとした末崎氏は的場が抑え、道具商いとして的場と手を組むことになったと報告する。 だが的場本人としては、2勢力が何かしら起こしてくれたら同時に潰せたのに、と独り言のように残念がる。 最後に的場は伴が灯邑へ行って猫の術具に手を出したことを言った。 そしてあの術具は主は絶対に喜ばないから手は出さない方がいいと釘をさす。 何故かと問う伴に、少し振り返り、的場は答えた。 「姉さんは、猫が嫌いなんですよ」 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の