ほうれん草 保存 レシピ。 [ほうれん草]上手な茹で方と、日持ちさせる保存方法

簡単長持ち!1~2ヶ月持つほうれん草冷凍保存! レシピ・作り方 by nikukiu|楽天レシピ

ほうれん草 保存 レシピ

葉先を手で持ちながら、茎を30秒ほどゆでます。 タイマーをセットするか、頭の中で数をかぞえています。 茎がやわらかくなってきたら、菜箸を使ってやさしく葉を湯に入れ、ほうれん草全体を30秒ほどゆでます。 分量にもよりますが、ゆで時間は1~2分が目安です。 あまり長くゆでると火が通りすぎて、ベチャッとして日持ちが悪くなります。 また、栄養が湯の中に流れ出てしまうともいわれています。 ほうれん草は「たっぷりの湯でゆでる(急激な温度低下を防ぐため)」のが一般的ですが、1袋くらいだとこのくらいの小さな鍋(直径16cm)でもじゅうぶんだと思います。 2袋以上ゆでる場合はもっと大きい鍋を使ったほうがよいです。 メモ3:ざるにあげるときのポイントと冷まし方• ゆでていると、洗い落としきれなかった土が落ちてきます。 ほうれん草に土がつかないよう、1株ずつ菜箸でつかみ、湯の中で軽くふり洗いして、ざる(または冷水をはったボウル)にあげます。 根元をまとめて手で持ち、冷水をはったボウルに入れ、冷まします。 切り分けたあとは、ギュッと両手で握って、しっかりと水気をしぼります。 力を入れすぎて、ほうれん草がつぶれないようご注意ください。 「まとめて作り置き」のときなど、冷水にさらすのがめんどうなときは、ざるにあげて冷ますこともあります。 一般的ではありませんが。 メモ4:ほうれん草の冷凍保存 ほうれん草は冷凍保存もできます。 小分けにしてラップで包み、ポリ袋に入れて保存します。 平らにして包むと解凍がはやいです。 冷凍保存の目安は3週間です。 解凍するときは、500wの電子レンジで1分ほど加熱します。 加熱時間は様子を見て調整してください。 解凍すると水分が出るので、水気を切ってから使います。 メモ5:ゆでほうれん草の食べ方 ゆでほうれん草を常備しておけば、いろいろなほうれん草おかずがさっと簡単に作れます。 ほうれん草のおかか和え.

次の

離乳食中期のほうれん草|おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法|cozre[コズレ]子育てマガジン

ほうれん草 保存 レシピ

ほうれん草を水で洗って汚れを落とし、ラップでぐるぐると巻いて包みます。 このとき、根元をきゅっと閉じるようにして、蒸気を逃がさないようにしておくのがポイントです。 電子レンジに入れて、加熱します。 目安は、ほうれん草1束なら600Wで2分。 電子レンジの状態やほうれん草の量によっても変わるので、様子を見て加熱時間を調整してください。 やけどに注意しながらほうれん草を取り出し、ラップを外します。 流水にさらして絞り、幅3cmほどのざく切りに。 カットしてから、さらに水分をよく絞っておきましょう。 容器にほうれん草を入れ、めんつゆと水を混ぜたものを注ぎます。 冷蔵庫で30分~1時間ほど置いて完成!器に盛り、かつお節などを散らしていただきましょう。

次の

簡単長持ち!1~2ヶ月持つほうれん草冷凍保存! レシピ・作り方 by nikukiu|楽天レシピ

ほうれん草 保存 レシピ

ゆでてから保存する場合の方法を紹介します。 1、なでるようにして洗います。 2、沸騰したお湯に入れます。 この時に根の部分から先にゆでるようにしましょう。 3、ゆでる時間の目安として、茎を10秒、ほうれん草全体を20秒ほどゆでます。 4、冷水を入れたボウルに入れて、冷ましていきます。 5、食べやすいサイズにカットします。 6、手に握って、水気を絞っていきます。 強く握り過ぎないように注意しましょう。 7、ラップなどで小分けに包み、フリーザーパックに入れて冷凍庫に入れます。 生で冷凍するときに比べて少し手間が多いですが、解凍後はすぐに調理に使えるので便利です。 賞味期限はおおよそ1ヶ月程度保存することができます。

次の